公務員試験の年齢制限とは?|国家公務員と地方公務員の違いについても解説します!

市役所へ社会人枠で入る場合、公務員試験の受験が必要ですが、年齢制限や難易度を考慮する必要があります。また、高卒を後悔したり公務員に年齢制限があるのはおかしいので、撤廃すべきという意見もあります。本記事では、公務員試験に年齢制限はあるのかという、部署ごとの実情や30歳で応募可能な公務員をご紹介します。

今からでもまだ間に合う!90%以上の確率で優良企業からオファーが届く!?

自分がどんな業界や仕事に興味・適正があるのかわからない・・・

周りのみんなはどんどん内定を獲得していく。早く企業から内定を獲得したい・・・。

そう言った悩みを持つ2023年卒業予定の就活生は、まずOfferBoxに登録して企業から就職オファーを受け取りましょう!

オファーボックスはプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で登録情報にマッチした大手企業・ベンチャー・官公庁(経産省)をはじめとする優良企業からスカウトが届きます。

\登録して企業からの就職オファーを受け取る/

就活生の3人に1人が利用している「OfferBox(オファーボックス)」をまだ利用できていない学生は、この機会にぜひ活用しておきましょう!

公務員試験に年齢制限はあるのか

民間企業から公務員への転職を目指す場合、公務員試験に年齢制限はあるのかという疑問を抱くかもしれませんが、実態として公務員試験には年齢制限があります。

  • 2007年に年齢制限の禁止が義務化されたが実態としては残っている
  • 採用する側はできるだけ若手を集めて長期雇用がしたい
  • 中途採用者への教育指導者は40台以上の年齢層に該当している

このように、原則として年齢制限をかけて公務員を雇うことはできませんが、それでも採用対象者を年齢制限で絞っている公務員職はまだまだ数多いと考えられます。

以下の見出しでは、各公務員ごとに年齢制限が何歳となっているのかをご紹介致しますので、公務員を目指すか迷っている方もまずはご参照頂ければ幸いです。

公務員試験の年齢制限は部署によって異なる

前述の見出しにて、公務員試験には年齢制限が依然として残っているという実情をご説明致しましたが、具体的に何歳以下の制限なのか気になったかもしれません。

そこでこちらの見出しでは国家公務員と地方公務員に分類して、公務員試験の年齢制限は部署によって異なっているという事情をご紹介致します。

目次

国家公務員の年齢制限

国家公務員試験は行政府(人事院)、司法府(裁判所)と立法府(衆議院と参議院)に分かれており、それぞれの国家公務員の年齢制限も異なっているのが実態です。

このように、国家公務員は所属先によって公務員試験を管理する団体も違いますが、同様に職種によって年齢制限も幅広く設定されていることが特徴として挙げられます。

社会人から国家公務員への転職を希望する場合、まずは転職先が何に分類されていて、さらにどの職種を目指しているのかで年齢制限を確認することができます。

地方公務員の年齢制限

地方公務員は、各都道府県の自治体別に公務員試験を行っており、地方公務員の年齢制限は都道府県ごとに異なっているのが実態です。

このように、代表的な5都道府県の地方公務員職では、多くが30歳以下という年齢制限を課しており、公務員試験を受ける際には事前に確認をする必要性があります。

1年間かけて、地方公務員試験の準備勉強をしてきたけれども、いざ受験要綱を見たら地方公務員試験の年齢制限で受験資格がないという事態は避けるように気を付けましょう。

公務員試験は年齢制限を正しく理解することが重要

前述の見出しでは、国家公務員と地方公務員に分類して様々な年齢制限をご紹介致しましたが、公務員試験は年齢制限を正しく理解することが重要だと結論付けられます。

  • 受験を希望する公務員の採用ホームページを参照する
  • 就職を希望する公務員職に就いている人から話を聞く
  • 公務を行っているところへ行き受験資格を確認する

そのため、公務員を目指している方は以上のような方法を行い、公務員試験で課せられている年齢制限をクリアしているか否かをあらかじめ確認しておくと良いでしょう。

30歳からでも応募できる公務員試験

上述の見出しでは、公務員試験の年齢制限を事前に確認すべきだとお伝えしましたが、本見出しではこの記事の締めくくりとして、30歳からでも応募可能な公務員試験をご紹介します。

  • 人事院が運営している国家公務員総合職
  • 司法府が運営している裁判所総合職
  • 東京都庁が運営しているⅠ類A職
  • 神奈川県庁が運営している行政職

このように、国家公務員職と地方公務員職ではどちらも30歳からでも応募可能な公務員試験があり、それぞれの公式ホームページにて詳細の確認が可能となっています。

公務員試験は、一般教養と専門科目の勉強に加えて、論文対策や面接の練習も求められるので、社会人で公務員を目指す方は最低でも半年以上の準備期間を設けると良いでしょう。

今ならまだ間に合う!優良企業に一括エントリーしちゃおう!

bizualまとめてエントリー
有名ベンチャーにまとめてエントリー!

bizualでは、2024年卒の学生の方々向けに、有名ベンチャーへの就職サポートを行っております。

  • 今をときめくITベンチャーで働いてみたい!
  • 優秀な社員の方が多数在籍する会社で働いて自分のスキルを磨きたい!
  • 大きな裁量権を持って仕事をして、やりがいと総合的なビジネス力を身につけたい!
  • ゆくゆくは独立もできるスキルを身につけたい!

上記のような学生は、ぜひbizual会員登録&エントリーから登録とエントリーをすすめてみてください!

また、他にも就活生同士の情報交換などができるbizualアカデミーも運営しています。実際に希望する会社の面接を受けてきた学生の声なども知ることができるので、ぜひ登録からすすめてみてくださいね!

まとめ

本記事では、公務員では国家公務員と地方公務員でそれぞれ異なる年齢制限が課されており、応募に先立って年齢制限を正しく理解することが必要だとご説明致しました。

また、30歳からでも応募可能な公務員試験もご紹介致しましたので、公務員への転職を目指す方は、応募先の選択にご活用ください。

今からでもまだ間に合う!就活を速攻で進めてくれるエージェント3選

就活に成功した女子

周りの友達は就活を始めているのに・・・

まだ何もできていない・・・・

そんな就活生は、今からでも最短最速で就職面接まで繋げてくれる就活エージェントに登録して、早速進めてしまうのがおすすめです!

就活生の3人に1人が活用!【OfferBox】

オファーボックス
紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★☆
最大の特徴登録すると90%以上の確率でオファーがくる

就活エージェントって言っても色々あって、どこに登録しておけば良いかわからない。。

という方は、迷ったらまずは今就活エージェントの中で最も人気が高いエージェントの一つOfferBoxに登録しておきましょう!

就活生の4人に1人が登録しており、登録企業数も1万社を突破している大規模就活エージェントです。

自分のプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で企業からオファーがもらえます

残り少ない就活の時間を有効活用するためにも、自分で求人を探すことも大事ですが、登録しておくだけでオファーがもらえるサービスも積極的に活用しておくことをお勧めします。

最短14日で自分に合った優良企業から内定がもらえる【キャリアチケット】

紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴最短2週間で内定獲得が可能!
  • とにかく早く内定が欲しい
  • 徹底したサポートで内定までガイドしてもらいたい

そう考えている学生はキャリアチケットを活用することもお勧めです。

キャリアチケットはレバレジーズ株式会社という会社が運営している就活支援サービスです。

量より質という点で定評を受けているサービスであり、あなたの状況や希望条件を細かくヒアリングし、厳選した企業を斡旋してくれます。

またスピード感もかなり早く、最短2週間で内定獲得までいけるほどのスピード感を持って、エージェントがマンツーマンでサポートしてくれます

とにかく早く、自分に合った企業を見つけたい!という方はキャリアチケットを活用しましょう。

最終面接まで行ったことがある学生はABABAを活用してみよう!

ABABA
紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴最終面接まで進んだ方は1回の面接で内定獲得

就活時期も終盤に差し掛かっていて、まだ内定がもらえていないけど、これまで最終面接まで行ったことはある!

という学生は「ABABA」を利用しておきましょう!

ABABAは、最終面接まで行ったことがある学生のサポートに特化したサービスです。

これは最終面接まで入ったのになかなか内定を取れていない。
選考フローが長すぎてなかなか内定まで辿り着けない。

といった悩みを抱える学生と、他社で評価されている学生を積極的に面接したいと考えている企業とを繋げるサービスです。

学生にとっても企業にとってもwinwinを実現しているサービスと言えます。できるだけ就活を短縮したいと考えている学生はぜひ利用しておくべきサービスです。

目次