レベルの低い人を相手にしないメリット|周りのレベル環境は大切。

社会の中で人と関わると「レベルの低い人」「人間性が低い人」に出会うことがあります。職場の人間のレベルが低いと悩む人も少なくありません。レベルの低い人は相手にしない方がよいのでしょうか。今回は周りのレベルが低いと感じる時、レベルの低い人の特徴や相手にしないメリットなどを紹介します。

就活生必見!就活での自己タイプ・適性診断を受けてみよう!

就活を始めるにしても、自分がどんな業界や仕事に興味があるのかわからない・・・

自分の適性がどこにあるのかまずは知りたい・・・

そう言った悩みを持つ就活生は、まずはOfferBoxの適正診断テストを受けて自分のタイプ・適性のある業界を知りましょう!

また、診断テストを受けてプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で大手企業・ベンチャー企業・官公庁(経産省)をはじめとする優良企業からスカウトが届きます。

就活生の3人に1人が利用している「OfferBox(オファーボックス)」をぜひ活用しておきましょう!

レベルが高い/低いとは何か

そもそも、「レベルの低い」とひとくくりにしているものの、「レベル」とは何のことを指すのでしょうか。

また、レベルの高い人・低い人にはどのような違いがあるのでしょうか。以下ではレベル定義とレベルの高い人・低い人、それぞれの特徴について紹介します。

目次

レベルの定義

そもそもレベルとはどのように定義されるのでしょうか。「レベル」について話す時にその指標になるものとして「学歴」「教養」「スキル」「人間性」「外見」の5つが挙げられます。

この5つの要素を総合したものが「レベル」として語られます。それぞれの要素について、以下で説明します。

学歴

学歴は、レベルの中でも大きな割合を占めるものです。学歴が全てではありませんが、学歴が高いということは「勉強する努力ができる」「忍耐力・思考力がある」ことの裏付けでもあります。

学歴のある人はレベルが高いと言えますが、だからと言って自信過剰になることは禁物です。以下の記事では、高学歴なのに就職に失敗するの理由と対策について紹介しています。

学歴が高くて勉強面では優秀でも、就活に成功するのかどうかは別問題です。また、「周りのレベルが低い」と見下すような態度を取ることは避けてください。ぜひ、以下の記事も参考にすることをおすすめします。

記事に飛ぶ

教養

レベルの高い印象は、相手の持つ教養によって決まるとも言えるほどです。教養がある人は知的なイメージを与えることができ、さまざまな場面で意見やアドバイスを求められます。

教養は短期間で身に付くものではありません。日々、自身の知識欲を満たすために情報収集をしたり、読書をしている人だけが獲得できるものです。教養のある人はレベルの高い人だと言えます。

スキル

スキルの高さはわかりやすくレベルの高さに直結します。英語力、デザイン力、プログラミング力など、目に見える形のスキルの高さを有していると周りからの評価も高くなります。

高いスキルを持っている人は探究心が強く、努力を惜しみません。知識欲があり、課題に前向きに取り組みます。その姿勢があってこそ高いスキルが身についているため、スキルがある人はレベルが高いと言えます。

人間性

レベルの高い・低いはスキルや知識量、学力だけではありません。人間性が優れている人は、それだけで他の要素がなくともレベルが高いと見なされるでしょう。

人間性が優れている人は周りから好かれ、困った時にはたくさんの人が手を差し伸べてくれます。結果、何事にも成功することが多く、仕事の実績などにも繋がっていることがよくあります。

外見

外見は人の印象を決める際に大きく左右します。「人は見た目が9割」とよく言われるように、清潔感があってスタイルがよいと「レベルの高い人」だと見なされるでしょう。

また、外見がよいと相手が積極的に話してくれることが多く、仕事では業績に直結することもよくあります。以下の記事では顔採用を公言している業界や企業について紹介しています。

外見がよいと就活で有利になるのも事実です。外見がよいと一流企業に就職しやすくなる傾向もあります。自分の志望企業や業界が顔採用をしているのかどうか、確かめておきましょう。

記事に飛ぶ

レベルが高い人の特徴

レベルが高い人の特徴として、以下の3点が挙げられます。

  • 臨機応変に対応できる柔軟性がある
  • 知識やスキルの幅が広い
  • どんな人とも対等に話すことができる

それぞれの特徴について以下で解説します。

①臨機応変に対応できる柔軟性がある

レベルの高い人は、対応力のキャパシティが大きいと言えます。レベルの高さはスキルや教養、人間性が高いことを示しているため、緊急事態や予想外の出来事にもうまく対応できます。

レベルの低い人は緊急時に焦って正常な判断ができなくなります。しかし、レベルの高い人はそんな状況でも思考を巡らすことができるため、最善の決断を下し、柔軟に行動することが可能です。

②知識やスキルの幅が広い

レベルの高い人は学力や教養、スキルが高いと前述しましたが、知識欲や探究心、好奇心が強い傾向にあります。そのため、専門とする知識やスキルの幅が広く、また1つ1つが深いことも特徴として挙げられます。

知識欲が尽きないないほど自分が好きなことを仕事にできているからこそ、レベルが高いのかもしれません。ハードな仕事でも文句を言わずにこなし、さらにスキルや知識をアップさせるという好循環の中心に居ます。

③どんな人とも対等に話すことができる

レベルの高い人は、どんな人とも対等に話すことができます。取引先の社長や専門家などと対峙しても臆することなく自分の意見を述べることができ、また、わからないことは正直にその旨を伝えることができます。

また、自分よりレベルの低い人に対しても、わかりやすく説明することができるのもレベルの高い人の特徴です。決して相手のことを「レベルが低い」と見下すような態度を取ることはありません。

レベルが低い人の特徴

では、一方でレベルの低い人にはどんな特徴があるのでしょうか。

  • 自分の都合でしか物事を考えない
  • 先のことを予測しない
  • 向上心がない

レベルの低い人は総じて視野が狭いと言えるでしょう。それぞれの特徴について以下で説明します。

①自分の都合でしか物事を考えない

レベルの低い人は、自分の都合でしか物事を考えられません。「相手の立場になって考える」ことを苦手とします。そのため、仕事ぶりも独りよがりなものになりがちです。

また、自分の都合で物事を進めるため、予期しない出来事に弱いのも特徴だと言えるでしょう。不測の事態が起こった場合にパニックになり、すべて投げ出したくなってしまうことがレベルが低い人にありがちです。

②先のことを予測しない

レベルの低い人は不測の事態に弱いと述べましたが、それは先のことを予測する習慣がないからだと言えます。レベルの高い人は、常に先のことを踏まえて行動しますが、レベルの低い人はその場の感情や判断に振り回されがちです。

先のことを考えないため、当初の目標から大きくずれてしまい、軌道修正ができずに途方に暮れることもあるでしょう。未来を予測できるだけの余裕がないとも考えられます。レベルが低い人は、いつも余裕がありません。

③向上心がない

レベルの低い人は現状に甘んじる傾向があります。向上心がなく、「今のままの状況が続けばいい」と思いがちです。そのため、いつのまにか周りに取り残されてしまったり、知らない間に競争に負けていることも起こりえます。

成長欲がないために、理想や情熱もありません。レベルの低い人は無気力であることが多いのも特徴的だと言えるでしょう。

レベルの低い人を相手にしないメリットと格言

続いては、レベルの低い人を相手にしないメリットと偉人の格言を紹介します。時代を支えた偉人さえも、「レベルの低い人は相手にしなくてよい」と解釈できる格言を残しています。

もし、今レベルの低い人に囲まれてストレスを感じているなら、ぜひ一度「相手にしない」選択肢も考えてみましょう。

レベルの低い人を相手にしないメリット

レベルの低い人を相手にしないメリットには、以下の3点が挙げられます。

  • 自分の時間を無駄にせずにすむ
  • イライラせずにすむ
  • 無用な争いを避けられる

それぞれのメリットを以下で説明します。ただし、ここで言う「相手にしない」は無視したり、失礼な態度を取るということではありません。

相手が自分のレベルに合わせることを求めず、あくまで人間関係がスムーズに進むコミュニケーションをすべきだと割り切りましょう。

①自分の時間を無駄にせずにすむ

レベルの低い人には話が通じないことがよくあり、また、お互いを理解できないことも少なくありません。そんな相手にわかってもらおうと根気強く話し続けても、結局話が噛み合わずに終わってしまいます。

レベルの低い人を相手にしないと最初から決めておくと、そのようなやりとりをせずにすみます。無駄に話すことがなくなるので、自分の時間をセーブすることができます。その時間をスキル研鑽に費やしましょう。

②イライラせずにすむ

レベルの低い人は、そもそも考えている前提が全く異なることがあります。その場合、いくら話しても平行線をたどることがめずらしくありません。そんな時はイライラし、強いストレスを感じることでしょう。

元から「この人はレベルが低いから、話が通じなくて当然」と割り切っておくと、そのストレスから解放されます。食い違いや認識違いが起きても「仕方ない」とイライラせずに対処することができます。

③無用な争いを避けられる

レベルの違う者どうしが言い合いになると、終着点が見出せないことが多々あります。レベルの低い人こそ謝ったり、自分の非を認めたりすることが苦手であることもめずらしくありません。

つまり、レベルの低い人を自分のレベルまで引き上げようとすると、無用な争いを生むことに繋がります。しかし、最初から相手にしないことで無用な争いを避けることができ、人間関係に波風が立つこともありません。

「レベルの低い人を相手にしない」に近い意味の格言

歴史に名を残す人物も、「レベルの低い人を相手にするな」ということを示唆しています。

以下では、アメリカの政治家であるベンジャミン・フランクリンと、日本が誇る坂本龍馬の格言を紹介します。

ベンジャミン・フランクリンの格言

どんな愚かな者でも他人の短所を指摘できる。
そして、たいていの愚かな者がそれをやりたがる。

ベンジャミン・フランクリンはアメリカの政治家で、アメリカ独立の際に多大な貢献をした人物です。その貢献が讃えられ、現在ではアメリカの100ドル紙幣に印刷されています。

ベンジャミン・フランクリンは「他人の短所の指摘をするのは愚か者だ」と言っています。つまり、レベルの高い人は他人を気にしないということです。レベルの低い人は相手にする必要がないと言えるでしょう。

坂本龍馬の格言

俺は議論はしない、議論に勝っても、人の生き方は変えられぬ。

上記は江戸幕府倒幕・明治維新に寄与した幕末の志士、坂本龍馬の格言です。時代を変えた人物でさえ、人を変えようとはしませんでした。

坂本龍馬が説いているように、レベルの低い人相手に議論をしてもその人の生き方や考え方自体を変えられるわけではありません。それなら、そもそも最初から相手をしない方がよいのかもしれません。

「周りのレベルが低い」と感じる人にも誤解している人はいる

一度立ち止まって考えてみてください。「周りのレベルが低い」と感じる時、それは本当なのでしょうか。それとも、現実を正しく認識できていないだけではないのでしょうか。

よくある勘違いは、就活や受験に失敗したケースです。第一志望に受かることができず、滑り止めに行くことになった時に「周りのレベルが低い」「第一志望はもっとレベルが高いはずだ」と思ってしまいがちです。

しかし、企業にせよ大学にせよ、今いるところが実際の自分のレベルなのです。周りのレベルの低さは、自分の誤った認識によってそう感じているだけかもしれません。

まずは周りのレベルは自分のレベルだと、素直に受け止めるようにしてみてください。

まとめ

今回はレベルの低い人を相手にしないメリットを中心に解説しました。

レベルの低い人を自分のレベルまで引き上げるのは相当な時間と精神的なストレスを伴うだけでなく、失敗に終わることがほとんどです。自分のためにも、レベルの低い人は相手にしないことが一番でしょう。

ただし、「相手のレベルが低い」かどうかは慎重に判断しましょう。また、相手を見下すような態度を取ることは禁物です。たとえレベルが低い人であっても、丁寧で円滑なコミュニケーションを心がけるようにしてください。

今からでもまだ間に合う!就活を速攻で進めてくれるエージェント3選

就活に成功した女子

周りの友達は就活を始めているのに・・・

まだ何もできていない・・・・

そんな就活生は、今からでも最短最速で就職面接まで繋げてくれる就活エージェントに登録して、早速進めてしまうのがおすすめです!

就活生の4人に1人が活用!【OfferBox】

オファーボックス
紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★☆
最大の特徴登録すると90%以上の確率でオファーがくる

就活エージェントって言っても色々あって、どこに登録しておけば良いかわからない。。

という方は、迷ったらまずは今就活エージェントの中で最も人気が高いエージェントの一つOfferBoxに登録しておきましょう!

就活生の4人に1人が登録しており、登録企業数も1万社を突破している大規模就活エージェントです。

自分のプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で企業からオファーがもらえます

残り少ない就活の時間を有効活用するためにも、自分で求人を探すことも大事ですが、登録しておくだけでオファーがもらえるサービスも積極的に活用しておくことをお勧めします。

最短14日で自分に合った優良企業から内定がもらえる【キャリアチケット】

紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴最短2週間で内定獲得が可能!
  • とにかく早く内定が欲しい
  • 徹底したサポートで内定までガイドしてもらいたい

そう考えている学生はキャリアチケットを活用することもお勧めです。

キャリアチケットはレバレジーズ株式会社という会社が運営している就活支援サービスです。

量より質という点で定評を受けているサービスであり、あなたの状況や希望条件を細かくヒアリングし、厳選した企業を斡旋してくれます。

またスピード感もかなり早く、最短2週間で内定獲得までいけるほどのスピード感を持って、エージェントがマンツーマンでサポートしてくれます

とにかく早く、自分に合った企業を見つけたい!という方はキャリアチケットを活用しましょう。

最終面接まで行ったことがある学生はABABAを活用してみよう!

ABABA
紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴最終面接まで進んだ方は1回の面接で内定獲得

就活時期も終盤に差し掛かっていて、まだ内定がもらえていないけど、これまで最終面接まで行ったことはある!

という学生は「ABABA」を利用しておきましょう!

ABABAは、最終面接まで行ったことがある学生のサポートに特化したサービスです。

これは最終面接まで入ったのになかなか内定を取れていない。
選考フローが長すぎてなかなか内定まで辿り着けない。

といった悩みを抱える学生と、他社で評価されている学生を積極的に面接したいと考えている企業とを繋げるサービスです。

学生にとっても企業にとってもwinwinを実現しているサービスと言えます。できるだけ就活を短縮したいと考えている学生はぜひ利用しておくべきサービスです。

目次
閉じる