ビズリーチキャンパスの評判「大企業のOBOGは多い?」等の真相解明!

ビズリーチキャンパスには様々な評判があります。「高学歴や大学院卒など学歴フィルターが強い」「大学一覧の数が少ない」などです。しかし、真相を探ってみると好意的な意見も少なくありません。今回は、その評判や真相を中心に、サービスの特徴、メリット・デメリットについてもお伝えしていきます。

今からでもまだ間に合う!90%以上の確率で優良企業からオファーが届く!?

自分がどんな業界や仕事に興味・適正があるのかわからない・・・

周りのみんなはどんどん内定を獲得していく。早く企業から内定を獲得したい・・・。

そう言った悩みを持つ2023年卒業予定の就活生は、まずOfferBoxに登録して企業から就職オファーを受け取りましょう!

オファーボックスはプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で登録情報にマッチした大手企業・ベンチャー・官公庁(経産省)をはじめとする優良企業からスカウトが届きます。

\登録して企業からの就職オファーを受け取る/

就活生の3人に1人が利用している「OfferBox(オファーボックス)」をまだ利用できていない学生は、この機会にぜひ活用しておきましょう!

ビズリーチキャンパスとは

就活を有利に進めるためにOB(OG)訪問を行いたいという方は、ビズリーチキャンパスがおすすめです。

OB訪問を行う場合は、卒業生の情報や連絡先を調べるために多くの時間を割いてしまいます。しかし、ビズリーチキャンパスなら簡単にOBを探すことができるため、就活をスムーズに進めることが可能です。

ここではビズリーチキャンパスの特徴や運営会社をお伝えしていきます。

目次

ビズリーチキャンパスはOB訪問支援サービス

ビズリーチキャンパスはOB訪問支援サービスです。

サイトにはOBを探している就活生と、就活生の相談にのりたいというOBの方が登録できます(マッチングサービス)。就活生の方がサイトに登録すると、大学名や職種、業種などの項目で簡単にOBを検索することが可能です。

もちろん、検索した後にそのままOBにコンタクトできるため、OB訪問がより効率的になります。

ビズリーチキャンパスの運営会社は株式会社ビズリーチ

ビズリーチキャンパスを運営するのは株式会社ビズリーチです。就活生の方であれば名前を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

株式会社ビズリーチの代表的なサービスに「転職サイト ビズリーチ」があります。登録会員数が100万人、登録企業数が7,000社を超える大手転職サイトです。

就活支援サービスを提供する企業は多いですが、名前も聞いたことのない運営会社も少なくありません。一方、ビズリーチキャンパスは名門企業が運営していることから一定の安心感があります。

ビズリーチキャンパスを利用すべき学生とは

ビズリーチキャンパスを利用すべき学生は次の通りです。

  • 学歴の高い就活生(またはそれを生かしたい方)
  • 大企業や名門企業への就職を検討している方
  • 大企業の社会人と人脈をつくりたい方

ビズリーチキャンパスを利用できるのは、東大や京大、早稲田など名門校の学生のみですが、自身の学歴の高さを生かしたい方には最適です。OBの就職先も大企業が多いため、大手を志望する学生に向いています。

ビズリーチキャンパスを利用できる大学一覧

ビズリーチキャンパスを利用できる大学は次の通りです(50音順)。

  • 青山学院大学
  • 大阪市立大学
  • 大阪大学
  • 大阪府立大学
  • 関西大学
  • 関西学院大学
  • 学習院大学
  • 九州工業大学
  • 九州大学
  • 京都大学
  • 慶応義塾大学
  • 神戸大学
  • 国際教養大学
  • 国際基督教大学
  • 滋賀大学
  • 首都大学東京
  • 上智大学
  • 千葉大学
  • 中央大学
  • 筑波大学
  • 東京外国語大学
  • 東京工業大学
  • 東京大学
  • 東京理科大学
  • 東北大学
  • 同志社大学
  • 名古屋工業大学
  • 名古屋大学
  • 一橋大学
  • 広島大学
  • 法政大学
  • 北海道大学
  • 明治大学
  • 横浜国立大学
  • 横浜市立大学
  • 立教大学
  • 立命館アジア太平洋大学
  • 立命館大学
  • 早稲田大学

ビズリーチキャンパスの使い方

ビズリーチキャンパスの使い方は、次の5つのステップを踏むだけで完了します。

  • ①新規登録をする
  • ②OBOGを検索する
  • ③経歴を見てメッセージを送る
  • ④日程を調整する
  • ⑤OB訪問をする

OB訪問支援サービスを利用しない場合に比べ圧倒的に効率的です。それぞれの手順については以下でより詳しくお伝えしています。

①新規登録をする

まずはビズリーチキャンパスの公式サイトから新規登録を行ってください。

新規登録の手順としては、自身の大学を選択し、後は基本情報を入力していくだけで済みます。基本情報には、氏名や大学名といった個人情報のほか、OBの方にアピールするスキルやPR文章なども含みます。

また、写真があるだけでOB訪問できる確率もグッと高まるため、必ず登録しておきましょう。

②OBOGを検索する

ビズリーチキャンパスへの新規登録が完了すると、今度はOBやOGを検索していきます。大学名や企業名でピンポイントに検索することも出来れば、職種や業種など幅広い探し方も出来ます。

③経歴を見てメッセージを送る

OBを検索して気になる方を見つけた場合、必ず経歴を確認しておきましょう。プロフィール画面ではOBの詳しい経歴や紹介文を見ることができます。

その後は、OBの方へメッセージを送ります。

ビズリーチキャンパスには気さくなOBが多いため臆することはありません。ただ、「どんな内容が聞きたいのか」「なぜそのOBの話を聞きたいのか」という点はメッセージに盛り込んでおきましょう。

④日程を調整する

就活生からメッセージを送ると、ビズリーチキャンパスを通じてOBから返信が送られてきます。相手がOB訪問に応じてくれるようだと、今度は日程を調整していきましょう。

⑤OB訪問をする

日程まで調整できれば後はOB訪問を行うだけです。相手は忙しい社会人なので、短時間で必要な質問ができるよう、内容をしっかりと考えておくことが重要となります。

ビズリーチキャンパスの評判と真相

ビズリーチキャンパスは、OB訪問支援や交流会、登録者限定イベントなど幅広いサービスがあるため、ネットにも良い評判や悪い評判があふれています。ここでは3つの評判を取り上げ、その真相を探ってみました。

評判①|大企業のOBOGが多数登録

ビズリーチキャンパスに登録するOBやOGは、三菱商事やソニー、JAL、NTTドコモなど、現在大企業で活躍する人たちも少なくありません。そのため、大企業を志望する就活生にとっては非常に心強い存在にも思えます。

では、「大企業が多いから就活に強い」という評判は本当なのでしょうか。その真相を探ってみましょう。

真相①|連絡できるのは自分の大学のOBOGのみ

確かにビズリーチキャンパスには、大企業の内定を獲得したOBやOGが多数登録されています。しかし、そうしたOBに連絡できるのは自分の大学を卒業した場合に限られます。

たとえば、三井住友銀行に勤めるOBの話が聞きたかったとしましょう。この話が聞ける場合は、自分と同じ大学を卒業したOBのみです。出身大学が異なるときは、このOBに連絡することはできません。

評判②|学歴フィルターがある

ビズリーチキャンパスには大企業に勤めるOBも多いということから、学歴フィルターがあるような評判も耳にします。つまり、特定大学の出身者以外を受け付けないということです。

この評判が本当であれば、自分の出身校だけでビズリーチキャンパスの利用を躊躇してしまうこともあるでしょう。以下で真相を探ってみました。

真相②|利用できない大学もある

ビズリーチキャンパスには学歴フィルターはありません。ただ、大企業のOBOGということで一定の母数がいる大学に限ってサービスを展開しています。その意味では、利用できる就活生が限定されているといえるでしょう。

しかし、今後、OBOGが集まれば拡大していく可能性は考えられます。すでに利用できる大学の種類は増えています。

評判③|イベント情報も充実

ビズリーチキャンパスでは、OB訪問支援サービスだけでなく、インターンや交流会といった様々なイベントも利用できます。そのため、「イベント情報も充実しているサイト」という評判も少なくありません。

以下でこの評判の真相を探ってみました。

真相③|登録者限定のインターンもある

ビズリーチキャンパスには確かに様々なイベント情報があります。OB・OGとの交流会やインターン情報、就活対策セミナーなどが代表的です。

しかし、利用できるのは登録者のみに限定されています。利用できる大学がなければイベント情報も知ることができない点には注意してください。

ビズリーチキャンパスの評判をTwitterで見る

ビズリーチキャンパスについて、「すぐにOB・OGにアプローチできた」といった評判も耳にします。忙しい就活生にとって手間がかからないという点は、就活における最大のメリットともいえるでしょう。

OB訪問を行うときに気を付けたいのが会う場所です。特に女性の就活生の方は、なるべく一目の多い場所を指定したいものですよね。

上記のように、ビズリーチキャンパスでは場所や時間を指定しやすい点も良い評判として取り上げられています。

ビズリーチキャンパスのメリットとデメリット

ビズリーチキャンパスを利用する際は、そのメリットとデメリットの両面を理解しておきましょう。どんな就活支援サービスにも一長一短があります。

ここでは、まずビズリーチキャンパスを利用するメリットから紹介していきます。

メリット

ビズリーチキャンパスを利用するメリットは次の3つです。

  • 大企業のOBOGと繋がることができる
  • 条件を細かく指定できる
  • イベント・インターン情報もある

特に大企業のOBを中心に登録されている点や、使い勝手の良さという点はビズリーチキャンパスの強みといえます。それぞれ以下で詳しくお伝えしていきます。

大企業のOBOGと繋がることができる

ビズリーチキャンパスに登録しているOBは、そのほとんどが大企業に勤める方たちです。そのため、大企業を志望する就活生にとって最適なOB訪問支援サービスといえるでしょう。

条件を細かく指定できる

OBやOGを検索する場合、出身校や企業名ばかりではなく業種や職種などの条件を指定することもできます。「志望する企業は絞り込めていないけど、とりあえずOBの話を聞いてみたい」という方は、業種や職種で絞り込むと良いでしょう。

イベント・インターン情報もある

ビズリーチキャンパスは単なるOB訪問支援サービスではありません。

登録した就活生は、ほかにもイベントやインターン情報も活用することができます。特にOBとの交流会などに積極的に参加すれば、就活が成功する可能性も高まるはずです。

デメリット

ビズリーチキャンパスにはデメリット面もあるので次の3点に注意してください。

  • 特定の大学の学生しか利用できない
  • 他大学のOBOGとは会えない
  • 経歴の充実度には個人差がある

デメリット面を理解しないまま登録してしまうと、「思っていたものと違った」ということにもなりかねません。大切な時間をロスしてしまうため、必ず事前に確認しておきましょう。

特定の大学の学生しか利用できない

ビズリーチキャンパスに登録できるのは特定の大学生のみです。ビズリーチキャンパスが扱っていない大学に在学中の方は利用することができません。

もし自分の大学がないという方は、後ほど紹介する別のOB訪問支援サービスをご検討ください。

他大学のOBOGとは会えない

OBやOGに連絡がとれるのは、彼らと同じ出身校の学生のみです。たとえば、東大に在学中の方であれば、同じく東大出身のOBにしか会えないことを表しています。

OBの出身校の情報は登録してみないと分かりません。そのため、自分の大学の出身者が少ないようだと感じるようであれば、後ほど紹介する別のサービスを検討してみてください。

経歴の充実度には個人差がある

OBのプロフィール情報には、学部や企業名以外の情報が記載されていないこともあります。一方で、住所や連絡先などしっかりとプロフィールが埋まっているOBも見受けられます。

このように経歴の充実度には個人差があります。信頼できるOBを探すには、できるだけ詳細プロフィールが記載された方を選びましょう。

ビズリーチキャンパスを利用する際の注意点

ビズリーチキャンパスを利用すれば、必ずしも理想的なOB訪問ができるというわけではありません。ここでは、ビズリーチキャンパスを利用するコツや注意点をお伝えしていきます。

プロフィールはしっかり記入する

就活生のプロフィール情報は、大学名や志望する企業名のほか、OBに向けたPR文章やスキル・得意分野など入力できる項目がたくさんあります。なかには任意項目もありますが、できるだけ詳細を記載するようにしてください。

プロフィールが充実しているほど、OBにとっても就活アドバイスを行いやすくなります。また、就活生を信頼できる基礎情報にもなるため、OB訪問の成約率も高まるのです。

候補日提示は自分から行う

OB訪問を行う日程は、就活生から候補日を提示するほうが相手に親切です。3~4個ほど候補日を提示し、相手に選んでもらうようにしましょう。

不安な人は場所指定も検討する

初めて会うOBに不安を覚える方も多いはずです。過去には、OB訪問支援サービスを利用して自宅に女子学生を連れ込み、わいせつ行為を行った事件も発生しています。

不安な人は、日時だけではなく場所も指定しておくことをおすすめします。できるだけ2人きりになる場所は避け、カフェなどを指定しておくと安心です。

競合OB訪問サービスとの違い

OB訪問支援サービスはビズリーチキャンパスだけではありません。ほかにも、「Matcher(マッチャー)」や「HELLO,VISITS(ハロービジット)」などのサービスも存在します。

ただ、それぞれのサービスで利用できる機能や内容などが異なるため、以下でビズリーチキャンパスとの比較を行ってみましょう。

Matcher(マッチャー)

マッチャーもOB訪問支援サービスの一つですが、ギブアンドテイク型という特徴があります。「就活アドバイスをする代わりに、○○を買ってきて」など、就活生側も何かしらの提供を求められます。

提供するものは簡単な事柄が多いものの、純粋なOB訪問を求める方はビズリーチキャンパスを利用すべきでしょう。また、マッチャーにはイベントやインターン情報がない点にも注意してください。

HELLO, VISITS(旧VISITS OB)

ハロービジットも、OBの就活アドバイスや就活生の疑問・悩みに答えてくれるサービスです。ただ、登録しているOBはすべて企業公認という点に違いがあります。OB訪問というより、「企業と直に接するサービス」といえます。

ビズリーチキャンパスの場合は個人での登録が多いため、OBの信頼度やアドバイスの質に個人差があるという点でハロービジットに劣るでしょう。その代わり、サークルのOBに会えるなど、よりフランクで深い話を聞くことができます。

どちらも一長一短があるので、就活の方向性に合わせて選び分けてみてください。

今ならまだ間に合う!優良企業に一括エントリーしちゃおう!

bizualまとめてエントリー
有名ベンチャーにまとめてエントリー!

bizualでは、2024年卒の学生の方々向けに、有名ベンチャーへの就職サポートを行っております。

  • 今をときめくITベンチャーで働いてみたい!
  • 優秀な社員の方が多数在籍する会社で働いて自分のスキルを磨きたい!
  • 大きな裁量権を持って仕事をして、やりがいと総合的なビジネス力を身につけたい!
  • ゆくゆくは独立もできるスキルを身につけたい!

上記のような学生は、ぜひbizual会員登録&エントリーから登録とエントリーをすすめてみてください!

また、他にも就活生同士の情報交換などができるbizualアカデミーも運営しています。実際に希望する会社の面接を受けてきた学生の声なども知ることができるので、ぜひ登録からすすめてみてくださいね!

まとめ

ビズリーチキャンパスに登録することで、簡単にOBへアプローチすることができます。利用できる大学には限りはあるものの、今までより就活を効率的に進めていけるでしょう。

ビズリーチキャンパスには様々な評判がありました。しかし、必ずしも評判通りというわけではないため、今回検証した真相をしっかりと理解しておきましょう。利用料は無料なので、まずは登録から始めてみてはいかがでしょうか。

今からでもまだ間に合う!就活を速攻で進めてくれるエージェント3選

就活に成功した女子

周りの友達は就活を始めているのに・・・

まだ何もできていない・・・・

そんな就活生は、今からでも最短最速で就職面接まで繋げてくれる就活エージェントに登録して、早速進めてしまうのがおすすめです!

就活生の3人に1人が活用!【OfferBox】

オファーボックス
紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★☆
最大の特徴登録すると90%以上の確率でオファーがくる

就活エージェントって言っても色々あって、どこに登録しておけば良いかわからない。。

という方は、迷ったらまずは今就活エージェントの中で最も人気が高いエージェントの一つOfferBoxに登録しておきましょう!

就活生の4人に1人が登録しており、登録企業数も1万社を突破している大規模就活エージェントです。

自分のプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で企業からオファーがもらえます

残り少ない就活の時間を有効活用するためにも、自分で求人を探すことも大事ですが、登録しておくだけでオファーがもらえるサービスも積極的に活用しておくことをお勧めします。

最短14日で自分に合った優良企業から内定がもらえる【キャリアチケット】

紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴最短2週間で内定獲得が可能!
  • とにかく早く内定が欲しい
  • 徹底したサポートで内定までガイドしてもらいたい

そう考えている学生はキャリアチケットを活用することもお勧めです。

キャリアチケットはレバレジーズ株式会社という会社が運営している就活支援サービスです。

量より質という点で定評を受けているサービスであり、あなたの状況や希望条件を細かくヒアリングし、厳選した企業を斡旋してくれます。

またスピード感もかなり早く、最短2週間で内定獲得までいけるほどのスピード感を持って、エージェントがマンツーマンでサポートしてくれます

とにかく早く、自分に合った企業を見つけたい!という方はキャリアチケットを活用しましょう。

最終面接まで行ったことがある学生はABABAを活用してみよう!

ABABA
紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴最終面接まで進んだ方は1回の面接で内定獲得

就活時期も終盤に差し掛かっていて、まだ内定がもらえていないけど、これまで最終面接まで行ったことはある!

という学生は「ABABA」を利用しておきましょう!

ABABAは、最終面接まで行ったことがある学生のサポートに特化したサービスです。

これは最終面接まで入ったのになかなか内定を取れていない。
選考フローが長すぎてなかなか内定まで辿り着けない。

といった悩みを抱える学生と、他社で評価されている学生を積極的に面接したいと考えている企業とを繋げるサービスです。

学生にとっても企業にとってもwinwinを実現しているサービスと言えます。できるだけ就活を短縮したいと考えている学生はぜひ利用しておくべきサービスです。

目次