グループワークのコツとは?|気をつけるべきポイントや改善方法を徹底解説!

グループワークが苦手と感じる就活生は多いのではないでしょうか。グループワークも円滑に進めるコツがあります。本記事はグループワークが苦手と思っている就活生のために、グループワークのコツを紹介しています。選考を乗り越えるためには準備が必要です。コツを理解し、選考を乗り越えていきましょう。

弊社bizualでは、就活で業界選び、面接対策、ES対策などにお悩みの方向けに無料面談サポートを実施しております。

面談後、下記就活サポートが完全無料で受けられるようになっているため、就活生の方はぜひご活用ください。

bizualの無料面談サポートを受けると・・・

  • 就活生専門のコミュニティに無料参加できそこで希望業界、職種の面接を受けてきた他の就活生の感想や状況などを共有してもらえる!
  • 面談後参加できる無料コミュニティで近年の就活業界の傾向など客観的な一次情報を受け取れる
  • ES免除・1次面接無しの選考ルートを選べる!
  • 選考対策(ES添削・模擬面接)を無料サポート
  • 面接官からの合否フィードバックを共有!

グループワークに苦手意識を感じる就活生は多い

グループワークが苦手と思う人は多いのではないでしょうか。本記事ではグループワークのコツを紹介していきます。

本見出しではグループワークの概要を見ていきます。グループワークとは何なのか、どのような理由で実施するのか、担当者が見ているポイントを紹介します。

目次

グループワークとは

グループワークとは就職活動において、あるテーマに沿って応募者複数人が議論してもらう選考方法のことです。一次試験で採用されることが多く、人数が比較的多いときに実施する選考方法です。

グループワークは実際の仕事上で会議を想定した選考方法になります。

グループワークを面接で課す理由

グループワークは仕事上で必要不可欠な行動です。面接でグループワークを実施することで入社後、仕事を円滑に進めることができるかを確認する理由があると言えます。

実際の仕事で1人でできないことは周囲と力を合わせることが大切です。周囲の力を合わせる力を確認する理由と履歴書では分からない対人能力を見ていると言えます。

グループワークで人事が見ているポイント

人事が見ているポイントとして下記が上げることができます。

  • 思考能力
  • 自発的能力
  • コミュニケーション能力

グループワークでは、自分の考えを相手に伝わるように発言できているか、周囲の人に気を配れているかを担当者は見ています。履歴書や対面の面接では分からない社会的基礎能力を見ていると言えます。

グループワークが苦手な理由とその改善方法

本見出しでは、グループワークが苦手な理由と改善方法を2つ紹介します。理由と改善方法を学び、当日のグループワークを乗り越えましょう。

理由①|議論についていけないという不安

苦手と思う理由としてやることを決めつけてしまうことが上げられます。例えば、役割分担を自分で決めつけ、決めた役割しかイメージできず、グループワークに取り組めないことが理由として考えられます。

改善方法①|事前準備をする

グループワークも面接と同様、事前準備が必要です。どのような役割でも対応できるように練習する必要があります。役割については後述します。

また、普段からニュースや企業研究をしてどのようなテーマが与えられても発言できるように準備しておきましょう。

理由②|人見知り

グループワークが課題になると初対面の人と議論をすることになります。初対面で人と会話することは、人によって考えがまとまらなかったり、動揺したりする可能性もあることが苦手になる理由と言えます。

改善方法②|反応、確認をする

人見知りだと思っている人は反応、確認を徹底するといいでしょう。反応することで発言ができ、確認することで周りの認識も一致してきます。

採用担当者は社会的基礎能力を見ています。あきらめず、できることを徹底してコミュニケーションを図っていきましょう。

グループワークの役割

グループワークは役割がうまく機能しているかどうかが重要です。役割を決めることは話を円滑に進めるために必要です。本見出しでは定番となっている役割を解説します。

役割①|司会者

司会者は話し合いの中心となる人の役割です。テレビ番組ではよく司会者という役割がありイメージしやすいです。

周囲の人に話を振り、まとめるリーダー的存在が仕事となります。自分の考えを発言し、周囲の人にも気を配り続ける重要な役割と言えます。

役割②|タイムキーパー

タイムキーパーは時間を管理し、時間配分をする人の役割です。話題が膨らむと時間を忘れてしまうことも出てきます。適切なタイミングで時間配分をすることが仕事になります。

時間管理だけでなく話し合いにも参加する必要があります。器用さが求められる役割だと言えるでしょう。

役割③|書記

書記は話し合いの中で出てきた重要なことをメモしながら全体を把握する役割です。口頭だけで流れを掴むことが苦手な人は書記役に立候補してもいいでしょう。

書記役は話をメモしながら、話し合いに参加する必要があるため、取捨選択能力が必要と言えます。

グループワークで気をつけるべきポイントと注意点

本見出しではグループワークで気を付けるべきポイントと注意点を解説しています。グループワークを円滑に進めるためのポイントを解説しているため、意識して抑えていきましょう。

グループワークで気をつけるべきポイント

グループワークで必須事項と言える気を付けるべきポイントを2つ解説します。グループワークは思考力と、対人能力を見ることが目的です。

メンバーを巻き込んで協力を求めることが必要な社会活動において受け答えは必要なスキルです。

ポイント①|相手の話をよく聞く

1つ目のポイントとして相手の話をよく聞き、人の意見を考えを把握することです。相手の意見を聞かず、自分の考えに固執してしまうと評価が低くなります。

周囲の意見を聞き、柔軟な対応をすることが大切です。チームで最善のアイディアが生まれるような行動を心がけましょう。

ポイント②|必ず発言する

2つめのポイントとしてグループワーク中に発言をしないことです。発言が苦手という人もいますが、あまりにも消極的だとグループワークが円滑に進まず、採用担当者の評価も得ることができません。

仕事で全く話さないと問題が出てきます。比較的発言が求められない書記を行うか、改善対策で前述した反応と確認を少しでも実行してアピールするようにしましょう。

グループワークで気をつけるべき注意点

グループワークでマイナスとなる注意点を2つ解説します。相手を陥れようとする考えは雰囲気を悪くし、評価が低くなります。紹介する2つの中点はグループワークだけではなく、普段から意識することが大切です。

注意点①|否定しない

グループワークでは採用枠があるという考えで、他人の発言を否定してしまうことがあります。相手を否定してしまうことで雰囲気が悪くなり、うまくいかないくなる考えられます。

相手の発言を受け止め、考えを否定しないようにすることが大切です。

注意点②|敵対視しない

グループワークでは敵対視しないことが大切です。1次選考で実施することが多いグループワークでは、落とす人数が具体的に決まっていないことがほとんどです。

採用枠を競い争う相手ではないことを意識してグループワークに取り組むことを意識しましょう。

まとめ

グループワークのコツについて解説していきました。グループワークの概要、苦手と言われているな理由と改善方法、グループワークの役割、ポイントと注意点が分かる記事となっています。グループワークは複数人で実施するから意味があります。難しいテーマでも力を合わせることを意識し、選考を乗り越えていきましょう。

就活、、もうどうしたら良いかわからない。そんなあなたへ!

弊社bizualでは、就活で業界選び、面接対策、ES対策などにお悩みの方向けに無料面談サポートを実施しております。

  • 業界選びで悩んでいて、自分に合った業界についてフラットな目線でアドバイスしてほしい
  • 「持ち駒」がなくなって次どうしたら良いかわからない
  • とにかく早く内定が欲しい etc

そういった悩みを持つ学生はぜひbizual無料就活サポート面談を受けてみてください。

あなたに合った業界選び、企業選び、内定までの徹底サポートなど、専門のキャリアアドバイザーが親身に寄り添ってサポートさせていただきます。

また、面談後も下記就活サポートが全て無料で受けられるようになっているため、就活生の方はぜひご活用ください。

bizualの無料面談サポートを受けると・・・

  • 就活生専門のコミュニティに無料参加できそこで希望業界、職種の面接を受けてきた他の就活生の感想や状況などを共有してもらえる!
  • 面談後参加できる無料コミュニティで近年の就活業界の傾向など客観的な一次情報を受け取れる
  • ES免除・1次面接無しの選考ルートを選べる!
  • 選考対策(ES添削・模擬面接)を無料サポート
  • 面接官からの合否フィードバックを共有!

こんな就活生におすすめ!

  • 業界選びで悩んでおり、自分に合った業界についてフラットな目線でアドバイスしてほしい
  • 他の就活生同士で希望業界や企業の情報について交換したい
  • 内定にできるだけ早く繋げられるよう手厚いサポートをして欲しい
目次