【22卒必見】クールビズで第一ボタンは留めるべき?|クールビズの際のマナーを解説します!

クールビズ期間でも、採用面接は続きます。就活生の中には、クールビズ期間はシャツの第一ボタンを外してもよいのか、マナーとして避けるべきなのか、悩む人も多いことでしょう。そこで今回はクールビズ期間の身だしなみのマナーや、第一ボタンを留めるべきか外してよいかについて、解説します。

就活生必見!就活での自己タイプ・適性診断を受けてみよう!

就活を始めるにしても、自分がどんな業界や仕事に興味があるのかわからない・・・

自分の適性がどこにあるのかまずは知りたい・・・

そう言った悩みを持つ就活生は、まずはOfferBoxの適正診断テストを受けて自分のタイプ・適性のある業界を知りましょう!

また、診断テストを受けてプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で大手企業・ベンチャー企業・官公庁(経産省)をはじめとする優良企業からスカウトが届きます。

就活生の3人に1人が利用している「OfferBox(オファーボックス)」をぜひ活用しておきましょう!

就活でボタンを留めるか悩む就活生は多い

就活においては、身だしなみや立ち居振る舞いも採否の影響するため、正しい知識を持つことが大切です。そのため、面接時にスーツやシャツのボタンを留めるべきか否か、悩む就活生が少なくありません。スーツのボタンを留めるか否かは、男女あるいはボタン数によって変わります。

  • 男性/2つボタンスーツは上1つ、3つボタンスーツは上2つのボタンを留める
  • 女性/2つボタンスーツ3つボタンスーツ共に、すべてのボタンを留める

以下の記事では面接に臨む際のスーツのボタンの留め方や理由について、わかりやすく解説されています。

記事に飛ぶ

スーツのボタンの留め方の本来のマナーや就活生がどう対処すべきかを理解し実践することで、ライバルより心象がよくなる可能性があります。ぜひ実践してみてください。

第一ボタンは留めるのはマナー

就活が始まると、Yシャツやブラウスを着る機会が増えます。そして、スーツにYシャツやブラウスを合わせる際には、ボタンの留め方にも配慮が必要です。Yシャツやブラウスを着る時には、第一ボタンは留めるのはマナーです。これは、ネクタイの有無に関わらず、守る必要があります。

男性の中には、ネクタイをする際にYシャツのボタンを外している人もいるようですが、これはマナー違反です。面接官に見つかると、「社会人基礎力がない」と評価を下げられる可能性があるので注意が必要です。

クールビズでは第一ボタンを留める必要があるのか

夏の面接においては、ネクタイ不着用という、クールビズを意識した格好を奨励する企業が増えています。その場合、Yシャツやブラウスで面接に臨むことになりますが、第一ボタンを外してよいのか、悩む就活生も多いようです。ここでは、クールビズでは第一ボタンを留める必要があるのかについて説明します。

目次

クールビズでの第一ボタンは止めるべき

クールビズが奨励されているとはいえ面接に臨むのですから、第一ボタンは留めるのがマナーです。これは、面接官にだらしない印象を与えないためだけでなく、社会人が来客応対や取引先に出かける際には、第一ボタンを留めているからです。就活生のうちから、マナーとして覚えておきましょう。

ノーネクタイの場合は止めなくて良い場合もある

企業の中には、クールビズを理由にノーネクタイで面接に来るように連絡してくれるところもあります。ノーネクタイと指定されている場合には、第一ボタンを外してもマナー違反になりません。しかし、だらしない印象を与えないように、Yシャツやブラウスにはしっかりアイロンをかけ、襟が立つようにしておく配慮は不可欠です。

ボタン以外で意識すべきクールビズのマナー

夏に汗だくでスーツを着るよりも、応募企業の指示通りにクールビズの服装で面接に臨む方が、質疑応答に集中できることでしょう。しかし、クールビズであっても、身だしなみには配慮しなければなりません。ここではボタン以外で意識すべきクールビズのマナーを3つ、紹介します。

マナー①|Yシャツやブラウスは白が基本

1つめは、シャツやブラウスは白が基本であることです。薄いブルーやピンク、ストライプ柄などは、業界や職種によっては避けた方が無難なところがあります。清潔感を演出する意味でも、涼しげに見せるためにも、白いものを用意しましょう。

Yシャツやブラウスを選ぶ際には、ジャストサイズを選ぶのがセオリーです。特に首元がだらしなく見えないよう、襟元に注意してサイズを選ぶのがポイントです。きちんと試着して、Yシャツやブラウスを選びましょう。

マナー②|Yシャツやブラウスは長袖を選ぶ

2つめは、Yシャツやブラウスは長袖を選ぶことです。業界や職種によっては半袖でも可とするところがありますが、企業によっては「子供っぽい」「カジュアル過ぎる」と難色を示すところもあるからです。

そして前述した通り、ジャストサイズのものを身に着けるのが基本です。袖が長くても短くても、だらしない印象を与えます。また、ボタンが取れている、ゆるんでいるなどは論外なので、前日に必ずチェックしましょう。

マナー③|Yシャツやブラウスの下に目立たない肌着を着用する

3つめは、Yシャツやブラウスの下に目立たない肌着を着用することです。これはYシャツやブラウスが汗で濡れることで、下着が透けて見えないようにするための配慮です。身だしなみは本人だけでなく、周囲の人を不快にさせないためのものですので、必ず徹底してください。

Yシャツやブラウスの下に着る肌着は、通気性と速乾性を併せ持つものがおすすめです。白やベージュなど、無難な色を複数持っていると重宝するはずです。

そもそもクールビズの期間とは

2020年のクールビズの期間は、5月1日から9月30日となっています。これまでは環境省が毎年、クールビズを呼びかけるため、実施期間を発表してきました。しかし、日本においてクールビズが定着したこともあり、2021年以降は呼びかけを廃止する予定となっています。

仮に呼びかけが廃止になったとしても、例年通り5月1日から9月30日をクールビズ期間とする企業が多いことが予想されます。暑さの感じ方には個人差があるので、心配な時は勤務先の総務担当などに問い合わせてみるとよいかもしれません。

クールビズでのマナーについて紹介してきましたが、以下の記事では就活生が迷いがちな就活カバンについて紹介しています。実際に面接に赴く際には服装だけでなく、持ち物まで意識できるようにしましょう。

記事に飛ぶ

まとめ

今回はクールビズ期間の身だしなみのマナーや、第一ボタンを留めるべきか外してよいかについて、解説しました。

早ければ6月に内定が出る就活生もいますが、新卒募集が7月以降という企業もあり、クールビズの服装が求められる人もいます。面接に臨む際には、クールビズとカジュアルでは意味が異なることを理解して、面接官の心象がよくなるよう、マナーある服装を心がけてください。

今からでもまだ間に合う!就活を速攻で進めてくれるエージェント3選

就活に成功した女子

周りの友達は就活を始めているのに・・・

まだ何もできていない・・・・

そんな就活生は、今からでも最短最速で就職面接まで繋げてくれる就活エージェントに登録して、早速進めてしまうのがおすすめです!

就活生の4人に1人が活用!【OfferBox】

オファーボックス
紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★☆
最大の特徴登録すると90%以上の確率でオファーがくる

就活エージェントって言っても色々あって、どこに登録しておけば良いかわからない。。

という方は、迷ったらまずは今就活エージェントの中で最も人気が高いエージェントの一つOfferBoxに登録しておきましょう!

就活生の4人に1人が登録しており、登録企業数も1万社を突破している大規模就活エージェントです。

自分のプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で企業からオファーがもらえます

残り少ない就活の時間を有効活用するためにも、自分で求人を探すことも大事ですが、登録しておくだけでオファーがもらえるサービスも積極的に活用しておくことをお勧めします。

最短14日で自分に合った優良企業から内定がもらえる【キャリアチケット】

紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴最短2週間で内定獲得が可能!
  • とにかく早く内定が欲しい
  • 徹底したサポートで内定までガイドしてもらいたい

そう考えている学生はキャリアチケットを活用することもお勧めです。

キャリアチケットはレバレジーズ株式会社という会社が運営している就活支援サービスです。

量より質という点で定評を受けているサービスであり、あなたの状況や希望条件を細かくヒアリングし、厳選した企業を斡旋してくれます。

またスピード感もかなり早く、最短2週間で内定獲得までいけるほどのスピード感を持って、エージェントがマンツーマンでサポートしてくれます

とにかく早く、自分に合った企業を見つけたい!という方はキャリアチケットを活用しましょう。

最終面接まで行ったことがある学生はABABAを活用してみよう!

ABABA
紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴最終面接まで進んだ方は1回の面接で内定獲得

就活時期も終盤に差し掛かっていて、まだ内定がもらえていないけど、これまで最終面接まで行ったことはある!

という学生は「ABABA」を利用しておきましょう!

ABABAは、最終面接まで行ったことがある学生のサポートに特化したサービスです。

これは最終面接まで入ったのになかなか内定を取れていない。
選考フローが長すぎてなかなか内定まで辿り着けない。

といった悩みを抱える学生と、他社で評価されている学生を積極的に面接したいと考えている企業とを繋げるサービスです。

学生にとっても企業にとってもwinwinを実現しているサービスと言えます。できるだけ就活を短縮したいと考えている学生はぜひ利用しておくべきサービスです。

目次
閉じる