【2022卒】就活を11月まで何もしてない人がやるべきこと

就職活動と言ってもどんなことから始めれば良いかわからない人も少なくないと思います。今回は、11月から就職活動を始める時に何から手を付けるのか、先輩たちは同じ時期に何を考えていたのかなどをご紹介します。

就活生必見!就活での自己タイプ・適性診断を受けてみよう!

就活を始めるにしても、自分がどんな業界や仕事に興味があるのかわからない・・・

自分の適性がどこにあるのかまずは知りたい・・・

そう言った悩みを持つ就活生は、まずはOfferBoxの適正診断テストを受けて自分のタイプ・適性のある業界を知りましょう!

また、診断テストを受けてプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で大手企業・ベンチャー企業・官公庁(経産省)をはじめとする優良企業からスカウトが届きます。

就活生の3人に1人が利用している「OfferBox(オファーボックス)」をぜひ活用しておきましょう!

就活は11月からでも間に合う

近年、就職活動の形が変わってきました。大手企業と言われる人気企業であっても、他社と違う時期に採用活動を行う場合があるので11月での就活開始は一概にスタートが遅いと言われる時期ではありません。

予定の採用人数に到達しなかった、業績に応じた追加募集をかけたいなど、企業側の事情はさまざまです。

業界研究や自己分析に熱が入っているこの時期に仕事にマッチした人材を採用したいという理由で、時期をずらして採用活動を行う企業もあります。

したがって、この時期は就活に出遅れたという印象は持たないことが良い就職活動をするためには大切です。  

目次

秋のインターンには間に合わない

残念ながら11月にはほとんどの秋のインターンシップの募集は終わっています。11月に開催されるインターンシップは、夏の後半には募集及び選考が終了しているケースが多いです。

皆さんが知っているような大手企業のインターンシップでは、秋のインターンシップの募集のために、その前年や、開催する年の春には募集が終了してしまっているということもあります。

こまめに情報を集めておくことは就活生のみならず社会人になっても重要になってくるので、すぐに情報集めに入るのが良いでしょう。

冬のインターンに向けて準備する

インターンシップは季節ごとに開催している企業もありますので、興味のある業界、志望度が高い業界のインターンシップを調べて、参加するようにしましょう。

年明けにはインターンシップが終了してしまうことや、年末年始では受け入れが厳しいという事情もありますので秋口から準備をしておいても損はありません。秋と冬のインターンシップは、同時期の募集だけはやっているということもあるようです。

業界を絞ることができたら、インターンシップ用のESを書き始めましょう。新卒に関しては手書きESを提出してくださいという企業が未だに多いのが現実ではないでしょうか。

就活を11月に始める人がやること

この記事を読んでいる皆さんの中には、これまで就職活動に対して本格的に情報収集をおこなってこなかった人もいるのではないでしょうか。

しかし情報収集はとても大切ですので皆さんが社会人になってから「もう少し頑張って就職活動を行っていたらもっといい企業に就職できたのかな」とつぶやくことが無いように頑張ってください。

まずはインターンの日程を確認

まずは、皆さんが興味のある業界や志望している企業においてインターンシップが開催されているかの確認を行いましょう。開催している企業のホームページから採用ページを見ると、インターンシップについて紹介する項目が必ずあるでしょう。

その次におすすめしたいのが、大学のキャリアセンターです。大学のキャリアセンターには、皆さんの先輩方が就職された企業からインターンシップの案内がくる場合があります。場合によっては、その大学専用のインターンシップとなっているので、志望している企業、業界のインターンシップに参加しやすいかもしれません。

まずは、インターンシップの有無、日程の確認を行わないことには先に進みませんのでこれを怠らないようにしましょう。

業界研究、自己分析をする

インターンシップにおいても、実際の企業選考のように書類の提出を求められることや、面接を受けることがあります。そこでは、これまでの皆さんのことや、性格、考え方についても選考の対象となってきます。

また、お互いのことを知る場でもあるので、皆さんもインターンシップ先の企業、業界のことについても調べておきましょう。何も知らずにインターンシップに参加するのと、ある程度の前情報をもって参加するのではスタート地点が違ってくるのではないでしょうか。

自己分析についてですが、多くの就職活動の書籍で語られているように、中学生からこれまでの人生を振り返ってみるのが良いでしょう。周囲の人にどのような性格の人間かを尋ねてみることも一つではないでしょうか。

ESを書いて先輩に添削してもらう

業界のことや皆さん自身のことについてある程度の情報収集を行うことができたら、ESを作成しましょう。企業ごとのルールを確認し、期限を守って提出しましょう。

手書きでESを求める企業も多いですが、最近はパソコンスキルを確認するため、パソコンでの提出を求める企業もあります。

ある程度の形となったら周囲の人に確認してもらいましょう。皆さんの気持ちに近い先輩方は心強い味方となります。ですが気を付けたいのは、先輩方も卒論などで忙しい時期なので、事前に先輩の予定を確認する方が良いでしょう。

周りの就活生の11月の状況を参考にする

ここではあるデータを紹介したいと思います。皆さんの先輩たちは、3回生の11月という時期に就職活動に対して、どんなことを考えていたのかをまとめたものです。

注目すべきは3回生の11月に志望業界を絞っていた先輩たちは全体の約20%だったということです。残りの約80%の人は、まだ、ぼんやりとした志望だったことが伺えます。

他にも情報をまとめたものが公開されているので、こちらからご覧ください。

まとめ

今回の記事にある通り皆さんがこれから冬のインターンに向けてまずやるべきことは自己分析と業界研究です。その上で志望する企業を決定しインターンの日程確認とエントリーを行いましょう。

そして1番大切なのはこの時期に就職活動に対して危機意識を持つことです。他の就活生も11月には就活をスタートさせる場合が多いので他の就活生よりも早いスタートをきり、大切な就活を成功させましょう。

今からでもまだ間に合う!就活を速攻で進めてくれるエージェント3選

就活に成功した女子

周りの友達は就活を始めているのに・・・

まだ何もできていない・・・・

そんな就活生は、今からでも最短最速で就職面接まで繋げてくれる就活エージェントに登録して、早速進めてしまうのがおすすめです!

就活生の4人に1人が活用!【OfferBox】

オファーボックス
紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★☆
最大の特徴登録すると90%以上の確率でオファーがくる

就活エージェントって言っても色々あって、どこに登録しておけば良いかわからない。。

という方は、迷ったらまずは今就活エージェントの中で最も人気が高いエージェントの一つOfferBoxに登録しておきましょう!

就活生の4人に1人が登録しており、登録企業数も1万社を突破している大規模就活エージェントです。

自分のプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で企業からオファーがもらえます

残り少ない就活の時間を有効活用するためにも、自分で求人を探すことも大事ですが、登録しておくだけでオファーがもらえるサービスも積極的に活用しておくことをお勧めします。

最短14日で自分に合った優良企業から内定がもらえる【キャリアチケット】

紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴最短2週間で内定獲得が可能!
  • とにかく早く内定が欲しい
  • 徹底したサポートで内定までガイドしてもらいたい

そう考えている学生はキャリアチケットを活用することもお勧めです。

キャリアチケットはレバレジーズ株式会社という会社が運営している就活支援サービスです。

量より質という点で定評を受けているサービスであり、あなたの状況や希望条件を細かくヒアリングし、厳選した企業を斡旋してくれます。

またスピード感もかなり早く、最短2週間で内定獲得までいけるほどのスピード感を持って、エージェントがマンツーマンでサポートしてくれます

とにかく早く、自分に合った企業を見つけたい!という方はキャリアチケットを活用しましょう。

最終面接まで行ったことがある学生はABABAを活用してみよう!

ABABA
紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴最終面接まで進んだ方は1回の面接で内定獲得

就活時期も終盤に差し掛かっていて、まだ内定がもらえていないけど、これまで最終面接まで行ったことはある!

という学生は「ABABA」を利用しておきましょう!

ABABAは、最終面接まで行ったことがある学生のサポートに特化したサービスです。

これは最終面接まで入ったのになかなか内定を取れていない。
選考フローが長すぎてなかなか内定まで辿り着けない。

といった悩みを抱える学生と、他社で評価されている学生を積極的に面接したいと考えている企業とを繋げるサービスです。

学生にとっても企業にとってもwinwinを実現しているサービスと言えます。できるだけ就活を短縮したいと考えている学生はぜひ利用しておくべきサービスです。

目次
閉じる