LINEの社長|出澤剛(いでざわたけし)の経歴や家族、役員報酬を徹底解説!

LINE株式会社の社長の出澤剛氏について経歴や資産、家族構成までご紹介しています。LINEはLINEアプリケーションを始め、LINEPayやLINEモバイルなど様々なサービスが有名です。社長の出澤氏のインタビュー記事も掲載しており、今後のLINEの動向や出澤氏の人柄まで深く理解していただけます。

☆高年収限定!コンサルファーム・ハイキャリアに特化した転職エージェント☆

ハイキャリア・高年収・大企業の転職を目指したいなら、ハイキャリア特化型の転職サービスに登録しておくことがおすすめです。

他の転職サービスと比べ、そもそも扱っている求人が全く違いますし、その中から今の自分のキャリアにあった求人をエージェントが探してくれます

そのため、ハイキャリア求人限定のエージェントを活用しておきましょう!

上記2つのサービスはプロフィールを登録しておくと、今の年収からUPする前提で企業からスカウトが届くようになっています

今すぐ転職したい人も、とりあえずどんな求人があるかチェックしてみたい人も、まずは登録しておきましょう!

\年収1000万以上の求人をチェック!/

\20~30代のキャリアアップに最適!/

LINEの社長は出澤剛

出澤剛(いでざわたけし)はLINE株式会社の代表取締役社長CEOです。

LINEというアプリケーションを知らない人は少ないのではないでしょうか。

ここではLINEサービスを生み出した前CEOの森川亮氏についての経歴や、出澤氏がCEOに就任した経緯、現在の慎ジュンホ氏との経営体制について解説していきます。

目次

前任者は森川亮

LINE株式会社の前CEOは森川亮氏が務めていました。

森川氏はLINEアプリケーションサービスを立ち上げ、わずか19ヶ月でユーザー数を1億人以上まで押し上げた敏腕経営者です。

森川氏は大学を卒業後、日本テレビに入社、その後ソニー株式会社を経て2003年にLINE株式会社に入社しており、2007年に同社代表取締役CEOに就任しています。

現社長の出澤氏と共同代表という経営体制を採用していたのが特徴です。

2015年4月に退任し、2015年4月に「 C Channel株式会社 」を設立しています。

LINEの社長を交代したのは2015年4月

森川氏から出澤氏に代表取締役CEOが交代したのは2015年4月のことです。森川氏がCEO( 最高経営責任者 )で出澤氏がCOO(最高執行責任者)として、共同代表制を採用していましたので、2人の間で比較的前から交代する話があったのは事実です。

2015年頃のライン株式会社の経営環境も要因といえます。資金調達の為に上場する準備を進めていましたが、一旦白紙になっています。

ライン株式会社も海外シェアの拡大やLINEPayなどの新しいサービスの展開も進めている時期でもありました。森川氏の起業願望もあり、経営陣の刷新を図ったといえるでしょう。

慎ジュンホとの両輪体制が始まったのは2019年4月

出澤氏と慎ジュンホ氏が共同代表となり、両輪体制の組織に変更したのは2019年4月のことです。

慎ジュンホ氏はLINEの通話アプリケーションに尽力した人物であり、代表取締役CWOとして、就任しています。

CWOとは、LINE株式会社が価値観として定義している、顧客に驚き(WOW)をもたらすサービスの提供をする事業の最高責任者になります。LINE特有のポストです。

慎ジュンホ氏が共同代表に就任したことで、今後の新しいサービスの展開が期待されています。

LINEはSNSサービスを提供している

LINE株式会社はSNSサービスを中心に事業展開している企業です。

誰もが知っているLINEアプリケーションのサービスは日本のみならず、アジアを中心に海外でもユーザー数が多いのが特徴です。

近年ではキャッシュレスサービスのLINEPayを展開。今後はAI事業にも進出が期待されている企業です。

親会社は韓国のネイバー

LINE株式会社の親会社は韓国に本社を置く、大手インターネット会社のNAVER株式会社です。

LINE株式会社がLINEアプリケーションを世にヒットさせるまでは、親会社として資金提供も行っています。

LINEは日本に本社を構えているため、日本企業なのか韓国企業なのかを議論してる声も多いです。

LINEの社長(出澤剛)の出身や経歴

ここでは出澤氏の出身や経歴についてご紹介していきます。

LINEという有名なアプリケーションを有する企業のCEOになるまでに、様々な経験をつんできたことが分かります。

LINEの社長(出澤剛)は長野県出身で早稲田大学を卒業

出澤氏は1973年6月に長野県で生を受けています。高校は歴史ある野沢北高等学校を卒業しています。

野沢北高等学校は映画監督として有名な「新海誠」監督と同じ高校になります。

高校卒業後は早稲田大学政治経済学部に進学しています。早稲田の政治経済学部は偏差値が高いことで有名ですので、学生時代から優秀な人物だったのでしょう。

LINEの社長(出澤剛)は新卒で朝日生命に入社

早稲田大学を卒業後は、新卒入社で朝日生命に入社しています。

朝日生命時代のエピソードはあまりありませんが、生命保険の法人営業や営業トレーナーとして活躍しています。

営業トレーナーを務める程ですから、営業成績も良かったことが推測されます。

出澤氏の人生の転機となった出来事が2001年に起こっています。

朝日生命の社外研修制度を利用し、1年間有限会社オン・ザ・エッジ(2004年にライブドアに社名変更)に社外留学をしています。

LINEの社長(出澤剛)は堀江貴文氏と出会い、転職を決意

2001年に1年間社外留学をした出澤氏は、そこで当時のライブドア社長の堀江貴文氏と会うことになります。出澤氏のターニングポイントといえるでしょう。

堀江氏の考え方や意識に共感をうけ、2002年に朝日生命を退職して、ライブドアに転職を決断しています。

朝日生命は生保なので、安定はしていますが自分の働きがどれだけ世界に影響を与えているのかわかりずらいです。一方、ライブドアは新進気鋭のインターネットビジネスということもあり、新鮮だったといいます。転職を決意するのも分かります。

LINEの社長(出澤剛)は旧ライブドアの社長に就任

ライブドアでは順調にキャリアを重ね、2007年に堀江氏が退任した後は、ライブドアの代表取締役社長まで務めており、現在の礎になったキャリアです。

その後ライブドアが合併吸収された際に、NHN JPAN(現LINE)株式会社の取締役ウェブ本部代表に就任しています。

LINEの社長(出澤剛)の資産や役員報酬

出澤氏の資産や役員報酬について、解説していきます。2018年の有価証券報告書から出澤氏の役員報酬は3億1,500万であることが分かります。

基本報酬が8,000万・賞与額が4,900万・ストックオプションが1億8,600万の内訳です。創業年を考えるとかなりの役員報酬といえます。

LINEの社長(出澤剛)の家族構成

経営陣の家族情報はセキュリティーの兼ね合いから不明なことが多いですが、出澤氏は家族構成も公開されています。

出澤氏は結婚しています。お子様も6歳と3歳の2人で2児の父親です。

LINEのCEOとして忙しい毎日の出澤氏ですが、平日はLINE電話で子供と話したり、土曜日には公園で子供と遊ぶこともある良き父親のようです。

LINEの社長(出澤剛)のインタビュー記事を見る

LINEの社長、出澤氏についてもっと深く知りたい人は下記のインタビュー記事を読むことをおすすめします。

LINE事業の今後の展望や、出澤氏という経営者を形成してきた歴史などが垣間見れる内容です。

  • 【LINEの逆襲】出澤剛社長が語るLINE経済圏の全貌「2019年は激動の年」(BUJINESSINSIDER)
  • 守りに入らない、挑み続ける会社に–LINE出澤剛×舛田淳の“組織論”(CENT Japan)

LINEとして新たな取り組みを加速させる井澤氏の方針が分かります。

またLINEBANKの設立、スマートフォン事業のLINEモバイルなど、素早く開発し、素早く展開するLINEの社風も読み取れます。

ライブドアの会社の歪みを中間管理職として経験したエピソードやライブドア再建時に大事にしていたことなど、井澤氏の経営者としての歴史が分かります。

新卒入社で経験した生命保険の苦労など、人間味あふれるエピソードもおすすめです。

まとめ

今回はLINE株式会社の代表取締役CEOである出澤剛氏の経歴や資産、家族構成までご紹介していきました。LINEはアプリケーションとして有名ですが、現在は金融業界、携帯業界にも参入を果たしている成長速度の早い企業です。出澤氏のリーダーシップで今後も拡大していくでしょう。ぜひ参考にしてみてください。

自分に合った企業・ホワイト企業を見つけるのにおすすめの就活エージェント3選

就活に成功した女子

就活を早く進めたいけど、ブラック企業や自分に合っていない企業を紹介されるようなエージェントもあるって聞くし・・・

ホワイト企業に斡旋してもらえる就活エージェントはないかな・・・。

とお困りの就活生も多いのではないでしょうか。

今の自分の状況を詳しくヒアリングしてもらい、自分に合った企業を厳選してくれる就活サービスを利用しておきましょう!

就活生の4人に1人が活用!OfferBox

オファーボックス
紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★☆
最大の特徴登録すると90%以上の確率でオファーがくる

就活エージェントに迷ったら、まずは最も人気が高いエージェントの一つOfferBoxに登録しておきましょう!

就活生の4人に1人が登録しており、登録企業数も1万社を突破している大規模就活エージェントです。

自分のプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で企業からオファーがもらえます

オファーを見て、自分に合っていない企業は無視してもOK!詳しいプロフィールを登録しておくとより自分の条件に合った就職オファーがもらえます。

就活エージェントに迷ったらまずは登録だけでもしておいて、自分に興味を持ってくれる企業からオファーを受け取りましょう!

【最短14日!】自分に合った優良企業から内定がもらえるキャリアチケット

紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴最短2週間で内定獲得が可能!
  • とにかく早く内定が欲しい
  • 徹底したサポートで内定までガイドしてもらいたい

そう考えている学生はキャリアチケットを活用することもお勧めです。

キャリアチケットはレバレジーズ株式会社という会社が運営している就活支援サービスです。

量より質という点で定評を受けているサービスであり、あなたの状況や希望条件を細かくヒアリングし、厳選した企業を斡旋してくれます。

またスピード感もかなり早く、最短2週間で内定獲得までいけるほどのスピード感を持って、エージェントがマンツーマンでサポートしてくれます

とにかく早く、自分に合った企業を見つけたい!という方はキャリアチケットを活用しましょう。

学歴不問!高確率で就職オファーがもらえるキミスカ

紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴学歴に関係なく企業から高確率でオファーがもらえる

キミスカはプロフィールを登録しておくだけで多くの上場企業、優良企業からスカウトが届く就活サービスです。

学歴や、自分に強みがないと思っている学生でもプロフィールを登録することで自己分析してもらえ、自分に合った企業を見つけてくれます。

また、プロフィールの登録でESを何度も記入する必要もありません。

就活状況次第では、一次面接、二次面接をパスして就活を進めることも可能です。

自分はFランだから、特に強みがないから、と思っている学生にこそぜひ使ってもらいたい就活サービスとなっています。

目次
閉じる