東レの社長|日覺昭廣(にっかくあきひろ)の学歴や年収、韓国との関係について解説!

東レは知らない人がいないくらいの超有名企業ですが、現在の社長である日覺氏の実像について理解してる人は少ないのではないでしょうか。日覺氏と韓国との噂の真相も気になるところです。今回は東レ社長である日覺氏の学歴や韓国との関係に加えて、日覺氏の年収や前任者の榊原会長などにも踏み込んで解説します。

☆高年収限定!コンサルファーム・ハイキャリアに特化した転職エージェント☆

ハイキャリア・高年収・大企業の転職を目指したいなら、ハイキャリア特化型の転職サービスに登録しておくことがおすすめです。

他の転職サービスと比べ、そもそも扱っている求人が全く違いますし、その中から今の自分のキャリアにあった求人をエージェントが探してくれます

そのため、ハイキャリア求人限定のエージェントを活用しておきましょう!

上記2つのサービスはプロフィールを登録しておくと、今の年収からUPする前提で企業からスカウトが届くようになっています

今すぐ転職したい人も、とりあえずどんな求人があるかチェックしてみたい人も、まずは登録しておきましょう!

\年収1000万以上の求人をチェック!/

\20~30代のキャリアアップに最適!/

東レの社長は日覺昭廣(にっかくあきひろ)

「日覺昭廣(にっかくあきひろ)」氏は東レ株式会社の代表取締役社長です。就職先として東レを検討してる人は東レという企業だけでなく、現在の社長である日覺氏に関するある程度の知識を得ておく必要があります。

ではこれから東レの企業概要を押さえたうえで、日覺氏の経歴や年収・資産などその実像に迫っていきましょう。

目次

前任は元経団連会長の榊原定征

日覺氏の前任社長は「榊原定征(さかきばらさだゆき)」氏です。榊原氏は経団連会長を始め官民を問わず多くの要職を務めました。

榊原氏は東レの社長を日覺氏に引き継いだ後会長に就任しますが、経団連会長に就任した際中立性確保の観点から東レの代表権を返上しました。

その後、 2015年に東レ相談役最高顧問に、2018年に特別顧問に就任しますが、2019年には特別顧問を退きます。現在東レは肩書きスリム化の一環で、 会長職や特別顧問職を置いていません。

東レの社長を交代したのは2010年

日覺氏が東レの社長に就任したのは2010年です。日覺氏の東レにおける正式な肩書きは「代表取締役社長(CEO兼COO)」です。CEOは最高経営責任者で、COOは最高執行責任者です。

会長職がある場合は、会長がCEOを務め、社長がCOOを務めるのが一般的ですが、東レの場合全ての権限が日覺氏に集中しているといえます。

日覺氏のモットーは「現場主義」です。社長就任以来毎年30カ所以上に及ぶ国内外の事業所や工場を視察しています。自分のビジョンを現場に徹底するとともに、現場の課題を吸い上げるためです。

東レは大手化学メーカー

東レは日本を代表する大手化学メーカーです。古くから合成繊維・合成樹脂などの化学製品を取り扱っていますが、近年では情報関連素材や炭素製品、浄水関連機器などが有名です。

東レは国内外に関連会社を275社持つグローバル企業です。関連企業を含む従業員数は約4万8千人で、連結売上高は約2兆4千億円(2018年度)です。

日本が世界に誇る素材メーカーである東レですが、2017年には品質データの改ざんが露呈しました。神戸製鋼の品質改ざんや、日産の無資格者による品質検査が話題になった時期でもあり、記憶に新しい事件です。この際、日覺昭廣氏も会見に登場し、謝罪を行なっています。

東レの社長(日覺昭廣)の出身や経歴

東レの概要がわかったところで、次に日覺氏の出身地や経歴を見てみましょう。間違ってると思ったら先生のいうことも聞かない、ちょっと変わった小学生だったようです。

日覺氏は韓国との関連が噂になったことがありましたが、その真相にも迫っていきます。

東レの社長(日覺昭廣)は兵庫県出身で東京大学大学院を卒業

日覺氏は1949年、兵庫県の出身です。野菜や牛乳の卸しを営む一家に生まれ、3人の姉と1人の妹の4人の兄弟に囲まれて育ちます。子供の頃は一風変わった子で、通信簿をもらわないで帰ってきて母親が代わりに受け取りに行ったというエピソードも残っています。

中学時代はバスケットボール部として過ごしますが、成績は優秀で、地元の県立三木高校を卒業して東京大学に進学します。

東京大学の工学部で船舶機械工学を学んだ後、同大学の大学院で産業機械工学の修士課程を修了し、1973年、東レに就職します。

東レの社長(日覺昭廣)は新卒で同社に入社

日覺氏は東京大学の修士課程修了後に新卒で東レに入社しますが、東レ一筋の生粋のエンジニアです。45年以上東レに勤めています。

当時東レでは大学院修了者は中央研究所に配属されるのが一般的でしたが、 日覺氏はプラント設計という、ものづくりの現場に近い部署を希望しました。入社後は岐阜工場と静岡の三島工場という2つの拠点で計9つのフィルム生産ラインの設計に携わり、経験を積みます。

その後、40才でアメリカ駐在を経験します。ロードアイランド州に着任し、新たな生産拠点の立ち上げに尽力しました。

その際、工期に間に合わないことを気にせず自由に働くアメリカ人と対立し、難しい交渉を迫られたようです。しかしながら、強い信念をもち、その場しのぎではなく根本的な原因にアプローチした日覺昭廣氏は、文化の壁を乗り越えて工期を守り、見事な手腕を発揮することとなりました。

現場一筋で2010年より社長に就任

現場や海外で経験を積んだ日覺昭廣氏は、その後、順調に出世をしていきます。以下は、同氏の2000年代に入ってからの経歴になります。

  • 2001年:エンジニアリング部門長、工務第2部長
  • 2002年:取締役
  • 2004年:常務取締役
  • 2006年:専務取締役
  • 2007年:代表取締役副社長
  • 2010年:代表取締役社長 COO
  • 2011年:代表取締役社長 CEO兼COO

入社後の一切のキャリアを東レで過ごした日覺昭廣氏ですが、現場一筋で苦労もたくさんしており、たたき上げの社長であることが分かります。

東レの社長(日覺昭廣)が在日であるという噂は虚構

ネット上には日覺昭廣氏が在日韓国人であるという書き込みも目立ち、気になる方もいるかと思います。

しかしながら、この手の情報に根拠は皆無です。

2010年代には韓国から撤退する製造メーカーも多い中、東レは韓国に積極的に投資をする姿勢を見せています。

そのような経緯から、東レのトップである日覺昭廣氏が在日韓国人であると主張したものと思われます。

また、「日覺」というのが珍しいものであること、加えて前述の積極投資に対する見返りとして、政府より表彰されていることも噂に拍車をかけています。東レは韓国に対する1,000億円を超える投資を行い4,000人近い雇用を創出した功績が評価され、「金塔産業勲章」を授章しています。

東レの社長(日覺昭廣)の資産や年収

東レの2018年度の有価証券報告書によると、日覺昭廣氏の年収は1億5,300万円であることが分かります。上場企業において、1億円以上の役員報酬をもらう役員の氏名は公表されなければならないことになっています。

1億5,300万円の内訳は、基本報酬が1億400万円、賞与が2600万円、さらにはストックオプションが2200万円となっています。

資産については不明ですが、日覺昭廣氏は2010年より東レの社長を務めており、その頃から現在と同水準の給与を得ていたと考えられます。そのため、数億円単位、もしかすると数十億円単位の資産があることは間違いないでしょう。

東レの社長(日覺昭廣)が考える未来の東レ

素材業界は、納品先が大手で取引量も莫大であり、長らく非常に安定した業界と考えられてきました。しかし、近年の社会情勢の変化や技術革新によって、東レも新規事業への積極投資を迫られています。

日覺昭廣氏が社長を務める2016年に発表した「未来創造研究センター」が2019年に完成し、将来に向けた投資は順調です。また、東レは以下のような新規事業にも注力しています。

  • 水処理事情
  • ヘルスケア事業

特に水処理では、汚染された水を浄化するための膜に東レの技術力が生かされています。近い将来、アフリカやインドで爆発的な人口増加が原因で世界的な水不足に陥るとも言われているため、水の再利用を可能にする東レの水処理事業は大きな可能性を秘めています。

一方、ヘルスケア事業では、薬のパッケージ事業などに挑戦しています。今後も需要が堅調に伸びていく業界だけに、新たな収益の柱として期待できそうです。

東レの社長(日覺昭廣)をもっと知りたい方

東レの社長である日覺昭廣氏は日本の大企業経営者の中でもその手腕を高く評価されている一人です。ここまで日覺氏の経歴や年収などについて見てきましたが、もう少しその実像に迫ってみましょう。

マネー現代の記事「東レの社長が実践! 長期視点経営を続けるための『3つの覚悟』」では、日覺氏が徹底した「現場主義」を貫くと同時に、長期的視点に立った経営をしていることが分かります。長い時間を要する研究・技術開発に理解を示し、炭素繊維は50年以上かけて取り組み実用化したことを強調しています。

JMAのトップマネジメント研修プログラムによる日覺昭廣氏へのインタビュー記事では、「全ての答えは現場にある」としています。ITは効果的だが、PCのデータばかり見ていてはダメだとし、アメリカそのものが変化しているのだから、過去のアメリカに追随することは意味がないとしています。

まとめ

東レ社長の日覺氏について解説しました。東京大学卒業というブランドを持ちながら、現場一筋を貫くたたき上げ社長の実像がうかがわれます。

東レへの就職を考えている人は、東レの企業概要だけでなく、この記事で解説したような日覺氏の経営ビジョンをしっかり理解したうえで就活に臨んでいきましょう。

自分に合った企業・ホワイト企業を見つけるのにおすすめの就活エージェント3選

就活に成功した女子

就活を早く進めたいけど、ブラック企業や自分に合っていない企業を紹介されるようなエージェントもあるって聞くし・・・

ホワイト企業に斡旋してもらえる就活エージェントはないかな・・・。

とお困りの就活生も多いのではないでしょうか。

今の自分の状況を詳しくヒアリングしてもらい、自分に合った企業を厳選してくれる就活サービスを利用しておきましょう!

就活生の4人に1人が活用!OfferBox

オファーボックス
紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★☆
最大の特徴登録すると90%以上の確率でオファーがくる

就活エージェントに迷ったら、まずは最も人気が高いエージェントの一つOfferBoxに登録しておきましょう!

就活生の4人に1人が登録しており、登録企業数も1万社を突破している大規模就活エージェントです。

自分のプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で企業からオファーがもらえます

オファーを見て、自分に合っていない企業は無視してもOK!詳しいプロフィールを登録しておくとより自分の条件に合った就職オファーがもらえます。

就活エージェントに迷ったらまずは登録だけでもしておいて、自分に興味を持ってくれる企業からオファーを受け取りましょう!

【最短14日!】自分に合った優良企業から内定がもらえるキャリアチケット

紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴最短2週間で内定獲得が可能!
  • とにかく早く内定が欲しい
  • 徹底したサポートで内定までガイドしてもらいたい

そう考えている学生はキャリアチケットを活用することもお勧めです。

キャリアチケットはレバレジーズ株式会社という会社が運営している就活支援サービスです。

量より質という点で定評を受けているサービスであり、あなたの状況や希望条件を細かくヒアリングし、厳選した企業を斡旋してくれます。

またスピード感もかなり早く、最短2週間で内定獲得までいけるほどのスピード感を持って、エージェントがマンツーマンでサポートしてくれます

とにかく早く、自分に合った企業を見つけたい!という方はキャリアチケットを活用しましょう。

学歴不問!高確率で就職オファーがもらえるキミスカ

紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴学歴に関係なく企業から高確率でオファーがもらえる

キミスカはプロフィールを登録しておくだけで多くの上場企業、優良企業からスカウトが届く就活サービスです。

学歴や、自分に強みがないと思っている学生でもプロフィールを登録することで自己分析してもらえ、自分に合った企業を見つけてくれます。

また、プロフィールの登録でESを何度も記入する必要もありません。

就活状況次第では、一次面接、二次面接をパスして就活を進めることも可能です。

自分はFランだから、特に強みがないから、と思っている学生にこそぜひ使ってもらいたい就活サービスとなっています。

目次
閉じる