博報堂は激務!?「辛い」「辞めたい」の噂とその理由を徹底解説!

広告代理店は就活生から人気ですが、その中でもとりわけ就活生が集中するのが電通・博報堂です。博報堂は業界二番手にもかかわらず大人気ですが、業界の特性上、激務そうなイメージがあります。実際のところどうなのでしょうか。今回は博報堂の業務を中心に紹介していきます。

転職しようかな、でも選んだ会社が自分に合わなかったらと不安になったことはありませんか。「POSIWILLCAREER」は、20-30代に特化した、キャリアのパーソナルトレーニングです。他社との違いは転職先を紹介するだけではなく、どう生きるかの整理をすることをサービスの主目的としていることです。
あなたの実現したい将来から逆算して、後悔しない人生を生きるために必要な、将来に向けた中長期の人生の指針を一緒に作ります。気になった方は、こちらから無料で相談できますのでぜひチェックしてみてください。

☆高年収限定!コンサルファーム・ハイキャリアに特化した転職エージェント☆

ハイキャリア・高年収・大企業の転職を目指したいなら、ハイキャリア特化型の転職サービスに登録しておくことがおすすめです。

他の転職サービスと比べ、そもそも扱っている求人が全く違いますし、その中から今の自分のキャリアにあった求人をエージェントが探してくれます

そのため、ハイキャリア求人限定のエージェントを活用しておきましょう!

上記2つのサービスはプロフィールを登録しておくと、今の年収からUPする前提で企業からスカウトが届くようになっています

今すぐ転職したい人も、とりあえずどんな求人があるかチェックしてみたい人も、まずは登録しておきましょう!

\年収1000万以上の求人をチェック!/

\20~30代のキャリアアップに最適!/

博報堂とは

博報堂は広告代理店です。広告代理店は複数の専門職が協力してプロジェクトを進めます。

  • 営業(クライアント担当)
  • 営業(媒体担当)
  • プランナー
  • マーケティング
  • クリエイティブ

上記の専門職に加え、営業部門をバックアップするコーポレートについても紹介します。それぞれの役割を把握しておきましょう。

目次

営業(クライアント担当)

広告代理店の営業職はクライアントへのヒアリングを担当し、各専門職を集めてチームを作る「ハブ」的な存在でプロジェクトのリーダーです。

クライアントが要望を持ってきた時に窓口となって希望を聞き出し、その希望をかなえるために各専門職からメンバーをアサインしてプロジェクトを立ち上げます。

営業職のヒアリングがうまくいかないと、クライアントの要望から的外れな提案をしてしまいかねません。また接待なども営業の仕事なので、重要かつ体力の必要な仕事です。

営業(媒体担当)

クライアントが広告を出したい時、広告を出す枠を買わなければなりません。広告枠とは、具体的にはテレビCMや雑誌の広告、電車の中吊り広告などです。

広告枠の買い付けを担当するのが媒体担当の営業職で、「メディア部門」とも呼ばれ、媒体担当の営業職の多くはテレビ局に出入りします。博報堂では「博報堂DYメディアパートナーズ」と別会社扱いになっています。

テレビCMは枠の金額が大きく、広告代理店の大きな収益につながっています。広告枠の買い付けのみならず広告を出稿している番組の作成などにも一部関わることがあります。

プランナー

プランナーは営業職がクライアントの要望を持ってきた時に、どんな企画にするのかを形作る役割を果たし、広告代理店のブレーンとも言える存在です。

広告の企画は大きくなると、多数のメディアを巻き込みます。TVCMを打ち、電車広告を出稿し、イベントをしつつWebでキャンペーンをするなど、プランナーはその全体像を作っていかなければなりません。

多数のメディアの知識や幅広いアイデアが必要な役職で、他の専門職を経験してからプランナーに転向する人も多々います。

マーケティング

マーケティング職はストラテジックプランナーとも呼ばれ、企画の戦略を担う役割を果たします。

企画立案の際には数字が大切です。プランナーのアイデアに繋がるような数字を用意してきたり、「このような数字があるから、この企画は成功するはずだ」という説得力を持たせるために情報を集めてきます。

機密情報としてクライアント売り上げのデータなどを扱うこともあります。「このデータが欲しい」と必要な数字を営業職に言い、クライアントから調達してもらうことも仕事の1つです。

コーポレート

コーポレート部門は営業部門を支える管理部門です。人事や総務、財務や経理など、営業部門が仕事に集中できるように日々の業務をサポートしています。

博報堂では経理や財務は採用窓口が異なりますが、人事は新卒から選ばれます。人事を務め、その後専門職に移動することが多いようです。

クリエイティブ

クリエイティブは広告代理店の花形であり、博報堂からも多数のスタープレーヤーが輩出されています。クリエイティブに憧れて広告代理店を目指す就活生も少なくありません。

クリエイティブ職はデザインやキャッチコピーなど広告の中身を考えます。例えば、タワーレコードの有名なキャッチコピー「NO MUSIC, NO LIFE」も博報堂のクリエイティブ職のコピーライターが作りました。

目を引くビジュアルを作り出し、人の心に残るよう広告を形にするのがクリエイティブです。特に博報堂は「クリエイティブの質が高い」と評判であり、クリエイティブの門の狭さでも有名です。

博報堂で激務な部署は営業

博報堂は広告代理店という業種上、アイデアを追い求めなければなりません。「より磨かれたアイデア」や「魅力的なプレゼン資料作り」には終わりがないため、業務が長引きやすい傾向にあります。

その中でも激務なのが営業職です。クライアント担当・媒体担当のどちらでも忙しい毎日を送ることになります。また、営業職が広告代理店の配属の割合の多くを占めるので、配属される可能性が高いと知っておきましょう。

博報堂の営業が激務な理由

では、なぜ博報堂の営業が激務なのでしょうか。考えられる理由は以下の4つです。

  • 理由①関係構築のための飲み会
  • 理由②クライアントの都合に左右される
  • 理由③他社以上の提案を求めて残業する
  • 理由④イベントが理由で休日出勤する

それぞれの理由について以下で詳しく解説します。

理由①|関係構築のための飲み会

クライアントや媒体社との関係構築は営業職の仕事です。そのため、広告予算の大きな会社のクライアントになると特に接待などの飲み会が重要になってきます。

広告代理店は1社だけでない上に、博報堂には電通という強力なライバルがいます。そのため、接待をしてクライアントに近づき、少しでも多くの発注を勝ち取る必要があります。

また、媒体部門も飲み会が続きがちです。よい広告枠を売ってもらったり、値下げをしてもらうためにテレビ局の人たちとよい関係を築くことが大切だからです。

理由②|クライアントの都合に左右される

広告代理店はクライアントの「御用聞き」である側面が強く、クライアントの要望にはできるかぎり答えなくてはなりません。

プレゼンをした後に「追加で10案欲しい」「やっぱり別の方向で考えてほしい」と要望がくることもめずらしくありません。「月曜の朝に発表したいのでいいアイデアが欲しい」と金曜日の夜に連絡がくることもあります。

そんな場合でも、断らずにアイデアを提供しなくてはいけません。そのため、クライアント次第で残業続きになってしまうこともあります。

理由③|他社以上の提案を求めて残業する

大きなプロジェクトの場合には「競合プレゼン」が開かれます。広告代理店複数社に相談し、一番よい提案をした会社にプロジェクトを託します。

基本的に競合プレゼンに負けるとお金はもらえません。しかし、勝つと多額の利益が入ります。億以上の金額が動くこともめずらしくありません。

そのため、どの広告代理店も必死で提案を仕上げます。他の提案に負けないよう案を出しアイデアを磨き続けるため、プレゼン前には残業が続きます。特に忙しい時には数日間帰れないこともあるようです。

理由④|イベントが理由で休日出勤する

広告代理店はクライアントのプロモーションの一環としてイベントを担当します。土日になると街の中で見かける小さなブースやイベントは広告代理店が運営しています。

イベントを担当するのはプロモーション職ですが、クライアントが視察にくる際には営業職が立ち会うことが必須です。イベントの多くは土日なので、休日出勤が必要になります。

夏休みの土日期間に開催されるイベントの際には、ほぼ休日なしが1か月、ということもあるようです。

博報堂が激務で退職検討した人の声

ここではOpenwWorkの口コミより、博報堂が激務という理由で退職検討した人の声を紹介します。

朝しっかりと出社してこない。制作のクリエイターがなんでも優先される企業風土。
営業は最下層にあり、クライアント対応よりも社内営業に労力を使うのがしんどい。

やはり職種によって扱いの違いがあるようです。クライアントありきの営業では朝の遅刻や規律を乱すような行為はできません。その不満の矛先が、社内の違う職種の人に向いてしまうようです。

働き方改革の専門組織などもでき、改善しようという会社の意志は感じるが、実態としては、仕事が終わらずに、残業することが多いというのが実態。特に営業職は、まだまだ立場が弱く、クライアントからの急な依頼や、スタッフの都合に振り回されることも多く、平日のプライベートな時間はなかなか確保しづらい。

働き方改革がなかなか進んでいないなかではあるが、こうしたご時世なので、マネジメント層は若手の労働環境にはとりわけ気を配っている。引き継ぎさえきちんとしていれば、長期休みをとることもできるし、むしろちゃんと休んでいることを褒められる。

上記の口コミのように、クライアントワークで激務を強いられる現場と労働環境に注意を払うマネジメント層の間で葛藤があることがわかります。

博報堂の働き方改革・社風

博報堂の働き方改革は道半ば

同業他社の事件を受け、博報堂でも働き方改革が進められているものの、機能しているとは言えません。

午後10時以降の残業を原則禁止していますが、申請を出せば残業できます。また、会社が有給休暇の取得を進めているものの、納期が厳しければ有給休暇を取って働くこともめずらしくないようです。

リフレッシュ休暇が定められているものの現実的に取れなかったりすることもあり、働き方改革は道半ばであると言う事ができます。

博報堂の社風

博報堂はスマートだと言われることが多く、クリエイティブ力が評価されています。

業界最大手の電通は圧倒的資金力で広告枠を買い占め、いい枠をあらかじめ押さえておくこともできます。そんな電通に対抗するには、提案力で勝負するしかありません。

博報堂の提案力や高いクリエイティブ力を形成する2つの要素が「データ分析」と「個の発想力」です。

博報堂はデータ分析を非常に重視しており、データ分析ができる人材の獲得に力を入れています。また、「粒ぞろいより粒ちがい」という言葉が博報堂内で使われているように、個性を重視しています。

そのため、ベンチャー志向の人が多いのも特徴だと言えます。社内ベンチャーを応援する制度などもあり、好きなことに挑戦しやすい社風です。

博報堂は激務だからこそやりがいがある

博報堂の激務度合いに焦点を当ててきましたが、そんな労働環境だからこそやりがいもあります。

  • 個人の裁量権が大きく、若手から大手クライアントを担当することも可能
  • 多くの人が目にする広告をアウトプットすることができる

上記2点は博報堂の口コミサイトでよく見るやりがいです。

特に、競合他社の電通に比べ、博報堂はより個人戦的な働き方であると世間では認識されています。
CMや街頭で見かけた誰もが知るような広告も、能力さえあれば年次に過度に縛られず手がけることができます。

また突然ですが、本気で第一志望の企業から内定を得たくありませんか。そのような就活生の方に朗報です。年間1,000人以上の就活生を、人事や企業の欲する回答を理解することで自信を持って内定獲得まで伴走するのがこのAbuild就活です。
テストで就活力が分かるだけでなく、就活で最も差がつく自己PR法の伝授、あなたにあったオリジナルの就活戦略までたった1回のカウンセリングで可能です。しかも「無料」で、気になった方はここからチェックしてみてください。

博報堂の競合、電通は激務か

電通は2016年に起きた女子社員過労死事件を受けて働き方改革に真摯に取り組むことを社内外に公言しています。2017年に労働環境改革基本計画を公表し、以来、結果数値や進捗を公式HPなどで公表しています。

しかしながら、一部の営業職では依然として体育会的な名残があるようです。電通の営業職はなぜ激務なのか。その理由を知りたい方はぜひ以下の記事を読んで見てください。

記事に飛ぶ

同業他社の社風

一方で、同業他社の社風はどうなのでしょうか。ここでは、業界1位の電通、業界3位のアサツー・ディーケイ(以下ADK)の社風を簡単にお伝えします。

広告業界を上から順番に受けるなら、社風の違いを的確に把握し「なぜ他じゃなくうちを受けたいの?」という定番の質問に答えられるようにしておきましょう。

電通|体育会系

電通は体育会系で、特に営業部門ではその傾向が顕著です。テレビ局をはじめとする媒体社との強いパイプがありますが、地道な関係構築の成果です。

関係作りのためなら飲み会にも喜んで参加する、圧倒的な営業力が電通の社風だと言えます。

ADK|穏やかな社風

ADKは上位2社である電通・博報堂に比べて穏やかで、「ガツガツしていない」とよく言われます。アニメを使ったコンテンツビジネスに強みがあり、他にはできないビジネスをしていることも一因かもしれません。

ギスギスした雰囲気がなく、おっとりとした社風です。それでは満足できない、という人は上位2社へ転職していくようですが、比較的働きやすい会社だと評判です。

博報堂志望者に求められる資質

博報堂は就活生からの人気が高く、就職難易度が高い企業です。その分、求められる資質も高く、学生のレベルも高くなります。

  • 自分を貫く意志力
  • 仕事への情熱
  • クライアントを思いやる想像力

この3つの資質が見られていると選考で意識しておきましょう。それぞれについて詳しく以下で解説します。

資質①|自分を貫く意思力

「自分を貫く意志力」は「自然体」と言い換えることが可能かもしれません。「個」を重視する博報堂なので、相手に合わせすぎないというのは大切な資質です。

アイデアを出すことが大切な仕事なので、「自分はこう思う」「自分はこうしたい」とはっきりと言えると重宝される人材になることができるでしょう。

資質②|仕事への情熱

仕事が好きで、「誰よりもよいアイデアを出したい」という情熱が不可欠です。徹夜が続いても、「もっとよい提案をしたい」という気持ちがないと長続きすることが難しいかもしれません。

激務を耐えるにはモチベーションが不可欠です。なぜ自分は博報堂に入りたいのか、どんな仕事をしたいのかを明確にしておきましょう。

資質③|クライアントを思いやる想像力

営業職では気遣いが非常に重んじられます。また、専門職でもクライアントの事情を考え、提案を作成しなければなりません。つまり、博報堂で働く上では想像力がとても大切な資質だと言えます。

アイデアの発想力だけでなく、「クライアントが社内を説得するためにはどうすればよいのか」などにも気を回さなければいけません。相手の立場を考え、配慮する能力が求められます。

博報堂志望者が併願する業界

博報堂志望者はどのような業界を併願するのでしょうか。一般的に、広告業界を上から順番に受けていく広告志向が強い学生が多いと言えます。

ここでは、それ以外によくある選択肢について紹介します。

総合商社

博報堂の仕事はクライアントの仕事を仲介します。激務である分、高給です。これらの特徴は総合商社にも共通しています。典型的なエリート街道への希望が強い学生は総合商社も併願する傾向にあります。

ハードな労働環境に耐えられる自信は博報堂でも総合商社でも求められます。一見異なるようで広告業界と商社業界は似ていると言えるでしょう。

職種別採用を行う企業の広報

博報堂を志す就活生は「広告に携わりたい」という気持ちと「大企業に行きたい」という気持ちを持っているため、職種別採用を行う企業の広報を併願することが多々あります。

企業側として広告代理店とともに広告を作り上げていくのが広報の仕事です。日産、ソニーをはじめ、多くの大企業が職種別採用を行なっています。

まとめ

博報堂は広告代理店の中で業界2位を誇っており、業務の特性上激務になりやすいのも事実です。

一方で職種を選ぶことである程度仕事量をコントロールすることができるようにもなります。博報堂を目指すなら、まずは自分がどの職種になりたいのかを選びましょう。

激務を覚悟して志望するタフな学生が多いため、自信を持って選考を受けることが大切です。

自分に合った企業・ホワイト企業を見つけるのにおすすめの就活エージェント3選

就活に成功した女子

就活を早く進めたいけど、ブラック企業や自分に合っていない企業を紹介されるようなエージェントもあるって聞くし・・・

ホワイト企業に斡旋してもらえる就活エージェントはないかな・・・。

とお困りの就活生も多いのではないでしょうか。

今の自分の状況を詳しくヒアリングしてもらい、自分に合った企業を厳選してくれる就活サービスを利用しておきましょう!

就活生の4人に1人が活用!OfferBox

オファーボックス
紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★☆
最大の特徴登録すると90%以上の確率でオファーがくる

就活エージェントに迷ったら、まずは最も人気が高いエージェントの一つOfferBoxに登録しておきましょう!

就活生の4人に1人が登録しており、登録企業数も1万社を突破している大規模就活エージェントです。

自分のプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で企業からオファーがもらえます

オファーを見て、自分に合っていない企業は無視してもOK!詳しいプロフィールを登録しておくとより自分の条件に合った就職オファーがもらえます。

就活エージェントに迷ったらまずは登録だけでもしておいて、自分に興味を持ってくれる企業からオファーを受け取りましょう!

【最短14日!】自分に合った優良企業から内定がもらえるキャリアチケット

紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴最短2週間で内定獲得が可能!
  • とにかく早く内定が欲しい
  • 徹底したサポートで内定までガイドしてもらいたい

そう考えている学生はキャリアチケットを活用することもお勧めです。

キャリアチケットはレバレジーズ株式会社という会社が運営している就活支援サービスです。

量より質という点で定評を受けているサービスであり、あなたの状況や希望条件を細かくヒアリングし、厳選した企業を斡旋してくれます。

またスピード感もかなり早く、最短2週間で内定獲得までいけるほどのスピード感を持って、エージェントがマンツーマンでサポートしてくれます

とにかく早く、自分に合った企業を見つけたい!という方はキャリアチケットを活用しましょう。

学歴不問!高確率で就職オファーがもらえるキミスカ

紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴学歴に関係なく企業から高確率でオファーがもらえる

キミスカはプロフィールを登録しておくだけで多くの上場企業、優良企業からスカウトが届く就活サービスです。

学歴や、自分に強みがないと思っている学生でもプロフィールを登録することで自己分析してもらえ、自分に合った企業を見つけてくれます。

また、プロフィールの登録でESを何度も記入する必要もありません。

就活状況次第では、一次面接、二次面接をパスして就活を進めることも可能です。

自分はFランだから、特に強みがないから、と思っている学生にこそぜひ使ってもらいたい就活サービスとなっています。

目次
閉じる