任天堂の社長|古川俊太郎(ふるかわしゅんたろう)の経歴や年収、歴代社長も紹介します!

任天堂と言えば、gameboy世代から始まり様々な任天堂主機を投入してきました。最近ではwiiやswitchなどがブームとなっていますが、これらは社長の手腕による功績だと言えます。本記事では、現職の社長である古川俊太郎の経歴、実績や年収についてご紹介します。

☆高年収限定!コンサルファーム・ハイキャリアに特化した転職エージェント☆

ハイキャリア・高年収・大企業の転職を目指したいなら、ハイキャリア特化型の転職サービスに登録しておくことがおすすめです。

他の転職サービスと比べ、そもそも扱っている求人が全く違いますし、その中から今の自分のキャリアにあった求人をエージェントが探してくれます

そのため、ハイキャリア求人限定のエージェントを活用しておきましょう!

上記2つのサービスはプロフィールを登録しておくと、今の年収からUPする前提で企業からスカウトが届くようになっています

今すぐ転職したい人も、とりあえずどんな求人があるかチェックしてみたい人も、まずは登録しておきましょう!

\年収1000万以上の求人をチェック!/

\20~30代のキャリアアップに最適!/

任天堂の社長は古川俊太郎(ふるかわしゅんたろう)

古川俊太郎(ふるかわしゅんたろう)は任天堂株式会社の代表取締役社長です。代表取締役とは、株式会社を代表する経営権を有しており社内外の業務を執行しています。

  • 任天堂の基本情報
  • 古川俊太郎のプロフィール
  • 前社長である君島達己との交代
  • 任天堂の歴代社長

本見出しでは、任天堂の社長に関連して上述の4項目をご紹介します。

目次

任天堂の基本情報

本見出しでは、任天堂の公式ホームページと有価証券報告書を参照して作成した、基本情報をご紹介します。

任天堂は、家庭用レジャー機器の製造・販売 をしており、およそ70年もの歴史を持っています。

  • 任天堂の社長、君島達己の経歴や年収
  • 任天堂の職種別採用情報と選考のポイント

また、以下の記事では任天堂の前社長と採用・選考情報に関する詳しい情報をお伝えしておりますので、任天堂を志望される方は合わせてご参照下さい。

記事に飛ぶ記事に飛ぶ

任天堂の社長 古川俊太郎のプロフィール

本見出しでは、任天堂の社長である古川俊太郎のプロフィールをご紹介します。

古川俊太郎は、イラストレーターの古川タクの実子であり、任天堂への入社後は経理部門にてキャリアを築いてきました。

2015年からは経営企画室に参画し、ゲーム機やソフトの販売計画にも携わる中で、「ニンテンドーSwitch(スイッチ)」のヒットに貢献しました。

2015年に任天堂の前社長 君島達己(きみしまたつみ)と交代

本見出しでは、2015年に退任した任天堂の前社長である、君島達己のプロフィールと社長交代の経緯をご紹介します。

君島達己は、任天堂の第4代社長である岩田聡の死去に伴い代表取締役へ就任し、「ニンテンドースイッチ」の販売によって低迷していた業績を立ち直らせました。

そして、経営の若返りによって変革の激しいゲーム業界でのさらなる躍進を目的として、君島達己は後任の古川俊太郎に代表取締役の座を譲りました。

任天堂の歴代社長

以下は、任天堂の歴代社長をまとめた一覧表です。

任天堂は、花札やトランプの製造販売を中心事業として設立されましたが、その後アーケードゲームや家庭用レジャー機器の世界的な流行をもたらし躍進を遂げました。

歴代の任天堂社長は、上述のようにそれぞれ特筆すべき顕著な結果を残しています。

任天堂の社長 古川俊太郎(ふるかわしゅんたろう)の経歴と実績

本見出しでは、古川俊太郎の経歴と実績について「実母へのインタビュー記事」をもとにまとめましたので、ご参照下さい。

任天堂の社長 古川俊太郎の経歴

以下では、任天堂の社長である古川俊太郎の経歴について3つのポイントをお伝えします。

幼少期、就職期と社長就任時において、古川俊太郎がどのような考えを持って行動していたのかをご紹介します。

幼少期は、大のファミコン好きで「信長の野望」に没頭

古川俊太郎は、著名なイラストレーターである古川タク氏が実父であり、「何か一つ秀でるものがあればよい」という教育方針の元、ファミコンに熱中していました。

特に、ファミコンの「信長の野望」に没頭しており、学校や塾が終わると懸命に取り組んでいました。

また、社交的ではなくリーダーになりたがるタイプではなかったですが、様々な友人とも分け隔てなく仲良くなる性格の持ち主でもありました。

任天堂への就職では、熟慮して行動に移す

大学では、早稲田大学政治経済学部に進学しましたが、就職活動では公募されている会社の職種だけに留まらず、主体的に企業の人事部へ手紙を書き募集状況を確認していました。

例えば、任天堂では当時公募にて採用活動を行っていませんでしたが、古川俊太郎はじっくり考えた末に採用の機会を問い合わせて、見事合格を勝ち取りました。

20代前半の若者でしたが、古川俊太郎には深い考察を元に行動へ移す力が備わっていたことがわかります。

好調な経営状況の中で、世代交代のために社長に就任

任天堂では、天才プログラマーと評された第4代社長である、岩田聡の急逝後に君島達己が就任し、業績の不調を新製品によって立て直すことに成功しました。

古川俊太郎は、当時この新製品である任天堂Switchのプロジェクトへも参画していたため、功績を高く評価される結果となりました。

そして、任天堂の業績が好調な中で世代交代により経営陣の若返りを実現したい、という君島達己の考えの元、古川俊太郎は第6代代表取締役に就任しました。

任天堂の社長 古川俊太郎の実績

以下では、任天堂の社長である古川俊太郎の実績について2つのポイントをお伝えします。

任天堂は、激動のゲーム業界においてどのような発展を実現しているかにも直結する、極めて重大な局面にいると考えられます。

①世界最大級のゲーム市場である中国への参入

1つ目のポイントは、世界最大級のゲーム市場である中国において、2019年12月からニンテンドーSwitchの販売を開始したことです。

中国は、アメリカやヨーロッパのように極めて膨大なゲーム人口を抱えていますが、主流となっているのはスマホやパソコンのゲームです。

そこで、古川俊太郎は中国IT大手企業のテンセントとパートナーシップを結び、既に確立された販売チャネルを活用して、任天堂Switchの販売に取り掛かりました。

この参入実績によって、これから任天堂が業績を更に上げられるか注目が集まっています。

②スマホゲーム市場では知名度向上を目指す

2つ目のポイントは、任天堂の連結売上高においてわずか4%であるスマホゲーム市場にて、知名度向上を目指していることです。

近年、ゲーム機器やソフトウェアを必要とせず、搭載されたアプリで楽しめるスマホゲームが盛り上がりを見せていますが、任天堂は少し出遅れている状況です。

そこで、古川俊太郎は「世界中の多くの消費者に任天堂のゲームとキャラクターを知ってもらうこと」を目的として、スマホゲーム市場におけるシェア拡大を目指しています。

任天堂の社長 古川俊太郎(ふるかわしゅんたろう)の年収と評判

大手有名ゲームメーカーの、代表取締役がどのくらい稼いでいてまたどのような評判なのかを知りたいという方も多いと考えられます。

本見出しでは、任天堂の社長である古川俊太郎の年収と評判についてご紹介します。

任天堂の社長 古川俊太郎の資産・年収

本見出しでは、「任天堂の有価証券報告書(役員報酬)」を参照して、古川俊太郎の資産・年収をご紹介します。

以上は、任天堂の前代表取締役である君島達己と比較した、古川俊太郎の年収(役員報酬)です。

任天堂の業績が好調だった、前任の年収を加味するとおよそ2~3億円だと想定されます。

任天堂の社長 古川俊太郎の評判

本見出しでは、任天堂の社長である古川俊太郎の評判に関して、2つのツイートをご紹介します。

代表取締役である、古川俊太郎のユニークな人間性も垣間見えるので、任天堂の社風もイメージすることができます。

<script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script>

上記は、「最近やってるゲームは」という質問に対して、自社ではなく他社製品で答えたというツイートです。本来、宣伝も兼ねて売り込みたい自社製品を挙げるべきですが、本音で答えてしまう実直な人間性がわかります。

<script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script>

上記は、古川俊太郎がメンバーの意見をまとめるのが上手くチームプレイヤーであるというツイートです。経営者の中には、独断的なタイプの人もいますが古川俊太郎は和を大切にしつつリーダーシップを発揮しています。

任天堂の社長 古川俊太郎(ふるかわしゅんたろう)の名言

本見出しでは、「中国市場「挑戦しがいある」|任天堂社長、スイッチで攻略意欲(産経デジタル)」のインタビュー記事を元に古川俊太郎の名言をご紹介します。

「そんなに簡単に売れるとは思っていないが、挑戦のしがいがある」

こちらは、昨年末から販売を開始した中国での任天堂Switchに関するコメントであり、長期的な戦略をもってじっくり攻略を目指す古川俊太郎の堅実な姿勢が垣間見えます。

「テンセントの販売網を生かして、ゲーム機で遊ぶ楽しさを粘り強くアピールし、中国での任天堂ファンを増やしていきたい」

以上は、事業戦略の難しさを理解しつつも、自信と誇りを持って中国における任天堂のファンを拡大していこうとする、古川俊太郎の前向きな名言です。

まとめ

古川俊太郎は、任天堂の第6代代表取締役であり、前任の君島達己から引き継いだ任天堂Switchを今後さらに広めていくというミッションに取り組んでいます。

また、古川俊太郎の年収、評判や名言などから、任天堂がどのような会社なのか興味を持っていただけたかと思いますので、企業研究をしてみてはいかがでしょうか。

自分に合った企業・ホワイト企業を見つけるのにおすすめの就活エージェント3選

就活に成功した女子

就活を早く進めたいけど、ブラック企業や自分に合っていない企業を紹介されるようなエージェントもあるって聞くし・・・

ホワイト企業に斡旋してもらえる就活エージェントはないかな・・・。

とお困りの就活生も多いのではないでしょうか。

今の自分の状況を詳しくヒアリングしてもらい、自分に合った企業を厳選してくれる就活サービスを利用しておきましょう!

就活生の4人に1人が活用!OfferBox

オファーボックス
紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★☆
最大の特徴登録すると90%以上の確率でオファーがくる

就活エージェントに迷ったら、まずは最も人気が高いエージェントの一つOfferBoxに登録しておきましょう!

就活生の4人に1人が登録しており、登録企業数も1万社を突破している大規模就活エージェントです。

自分のプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で企業からオファーがもらえます

オファーを見て、自分に合っていない企業は無視してもOK!詳しいプロフィールを登録しておくとより自分の条件に合った就職オファーがもらえます。

就活エージェントに迷ったらまずは登録だけでもしておいて、自分に興味を持ってくれる企業からオファーを受け取りましょう!

【最短14日!】自分に合った優良企業から内定がもらえるキャリアチケット

紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴最短2週間で内定獲得が可能!
  • とにかく早く内定が欲しい
  • 徹底したサポートで内定までガイドしてもらいたい

そう考えている学生はキャリアチケットを活用することもお勧めです。

キャリアチケットはレバレジーズ株式会社という会社が運営している就活支援サービスです。

量より質という点で定評を受けているサービスであり、あなたの状況や希望条件を細かくヒアリングし、厳選した企業を斡旋してくれます。

またスピード感もかなり早く、最短2週間で内定獲得までいけるほどのスピード感を持って、エージェントがマンツーマンでサポートしてくれます

とにかく早く、自分に合った企業を見つけたい!という方はキャリアチケットを活用しましょう。

学歴不問!高確率で就職オファーがもらえるキミスカ

紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴学歴に関係なく企業から高確率でオファーがもらえる

キミスカはプロフィールを登録しておくだけで多くの上場企業、優良企業からスカウトが届く就活サービスです。

学歴や、自分に強みがないと思っている学生でもプロフィールを登録することで自己分析してもらえ、自分に合った企業を見つけてくれます。

また、プロフィールの登録でESを何度も記入する必要もありません。

就活状況次第では、一次面接、二次面接をパスして就活を進めることも可能です。

自分はFランだから、特に強みがないから、と思っている学生にこそぜひ使ってもらいたい就活サービスとなっています。

目次
閉じる