ベンチャー企業ランキング2020|国内・海外のランキングとユニコーン企業も紹介

会社、と一括りにいっても種類は様々です。大企業もあればベンチャー企業、スタートアップ、中小企業など、それぞれに定義があります。今回はその中でも勢いがあり、面白い事業を展開している「ベンチャー企業」をまとめました。これから更なる発展を遂げるとされる「ユニコーン企業」についてもご紹介します。

☆高年収限定!コンサルファーム・ハイキャリアに特化した転職エージェント☆

ハイキャリア・高年収・大企業の転職を目指したいなら、ハイキャリア特化型の転職サービスに登録しておくことがおすすめです。

他の転職サービスと比べ、そもそも扱っている求人が全く違いますし、その中から今の自分のキャリアにあった求人をエージェントが探してくれます

そのため、ハイキャリア求人限定のエージェントを活用しておきましょう!

上記2つのサービスはプロフィールを登録しておくと、今の年収からUPする前提で企業からスカウトが届くようになっています

今すぐ転職したい人も、とりあえずどんな求人があるかチェックしてみたい人も、まずは登録しておきましょう!

\年収1000万以上の求人をチェック!/

\20~30代のキャリアアップに最適!/

ベンチャー企業とは

ここでは、ベンチャー企業の定義についてお話し、どんな人にこのタイプの企業がおすすめなのかについてみていきます。

目次

ベンチャー企業の定義

 ベンチャー企業とは、革新的な技術やアイデアをもとに新たなビジネスやサービスを育てている最中であったり、そこから展開する企業のことを指します。

 明確な定義づけとなると難しいですが、小規模・中規模で経営されていることが多く勢いのあるイメージです。
 また、大企業に比べて財政的に厳しく、「ベンチャーキャピタル(VC)」と呼ばれる投資機関から投資を受けているケースが多いと言われています。

 さらに採用面では大きく採用を行うことなく、縁故採用・リファラル採用などを用いていることも特徴です。

スタートアップとの違い

 スタートアップとは、「新しいビジネスモデルを構築し、短期間で成長・巨大な利益を得る」という意味をもつ、シリコンバレー発のビジネス用語です。

特にこのスタイルは、投資を受ける際、「IPOかM&A」かどうかを選びまずが、要は事業を売却するのか上場を目指すのか、ということです。

 ただ新規事業を起こすだけではありません。世界を変えたい・今の○○を変えたいなど、新しい切り口で社会変革を起こそうという、「イノベーション」の要素があることも特徴です。

それに比べ、ベンチャー企業はスタートアップ企業ほど短期的なスパンではなく、新規事業に対して比較的中長期的な計画を持っています。

中小企業との違い

 中小企業は、スタートアップ企業やベンチャー企業に比べて広義的な意味合いを持ちます。厳密にいうと、どちらとも中小企業に分類されます。

中小企業か否か、という区分については「資本金または出資総額」と「常時使用する従業員数」で判断されるようです。大阪にある中小企業は、工場でのラインにおける一部の部品を請け負うことなどが多くイノベーションや勢いといった点ではベンチャー企業とは異なる部分があります。

▼中小企業者の定義

製造ラインの部品製作を行う会社には、中小企業が多いというイメージがありますが、この表でも資本金の幅がかなり広い印象を受けます。

ベンチャー企業に向いている人・向いてない人

 ベンチャー企業というと、「勢いがある」「面白いことをやっている」というイメージですが、その分給与面であったり、安定という路線では大企業に劣る部分ももちろんあります。

さらには、ベンチャー企業自体が創業後間もないことも多く、「成長」という言葉が常に使われる職場環境でもあります。

「大企業かベンチャー企業か」という問いは就職活動において本質的ではないものの、やはり向き不向きは存在します。今回はどういった人がベンチャー企業に向いているのか、その逆パターンについても触れていきたいと思います。

ベンチャー企業に向いている人

①常に競争意識をもって仕事がしたい人
②「給与」以上に「やりがい」を重視したい人
③自分のコンプレックスをエネルギーに変えられる人

ベンチャー企業に向いてない人

①だれかとの競争が苦手な人
②仕事を見つけるより振ってもらう方が得意な人
③家族や親戚関係の意見を尊重したい人

ベンチャー企業でも別格の「ユニコーン企業」

 数多くある企業の中で、「ユニコーン企業」と呼ばれる企業があります。
ベンチャーの中でも特に優れた企業であるといわれていますが、
①企業価値が10億ドル以上であること
②未上場であること
③そして起業してから10年以内である、という3つの条件があります。

日本国内で有名なユニコーン企業であったものでいえばフリマサービスの「メルカリ」です。しかしながら2018年に東証マザーズへの上場を果たしたため、ユニコーン企業とは言えなくなりました。

海外の有名ユニコーン企業については後半でご紹介します。 

ベンチャー企業ランキング|国内

日本国内のベンチャーはどういった企業がランクインしているのでしょうか。あの会社ってベンチャーだったのか!なんてことがあるかもしれません。

1位|プリファード・ネットワークス

「最先端の技術を最短路で実用化する」というミッションのもと、ソフトウェアとハードウェアの融合を図り、さらなる深層学習へとつなげるための開発を行っている企業です。

各作業の自動化であったり、計算クラスタの開発、ロボティクスへの取り組みなど、「使える技術」を目指しています。

「プリファード・ネットワークス」

2位|TBM

「過去を活かして未来を創る。100年後でも持続可能な循環型イノベーション。」をビジョンに持つ企業です。

石灰岩から作られる新素材「LIMEX(ライメックス)」を紙やプラスチックに成型して販売しています。SDGs-持続可能な循環型社会の実現に大きな一歩を踏み出している企業です。

「株式会社TBM」

3位|スマートニュース

 「 世界中の良質な情報を必要な人に送り届ける」というミッションのもとニュースアプリを開発、運営している企業です。

様々なジャンルのニュースをカラフルに分解し、より身近なものに感じさせてくれます。クーポンの配信も同時に行い、ニュース・食の視点での「情報」という親和性をうまくマッチさせている企業です。

「スマートニュース株式会社」

4位|freee

 「スモールビジネスを、世界の主役に。」をミッションに掲げ、会計ソフトを開発、運営している企業です。

企業への経理面のサポートはもちろんのこと、個人事業主が開業を行う際のサポートや、確定申告のサポートまで手広く事業を行っています。オンラインで各種手続きを行うことが今後増えるこの時代に必要なサービスなのではないでしょうか。

「Freee株式会社」

5位 | エリーパワー

「安全なくらしと、人と社会のために。」をミッションに掲げ、可搬型蓄電システムを開発・販売している企業です。

 昨今の電力供給不足に着目しつつも、そこで必要とされている再生可能エネルギーの発電量の不安定さを解決するため、生まれた電力をリチウムイオン電池に蓄え、より効率的に電気を使える社会を目指しています。

「エリーパワー株式会社」

6位|オリガミ

 「お金、決済、商いの未来を創造する。」というミッションのもと、キャッシュレス決済サービスを運営している企業です。

2015年には「Origami Pay」の提供を開始し、キャッシュレス決済ブームの一端を担ってきました。2020年1月には、「メルカリ」が提供するキャッシュレスサービス専門の子会社「メルペイ」への事業売却が発表されました。

「株式会社オリガミ」

7位|ウェルスナビ

資産運用の「長期・積立・分散」をアプリ上で行うことができるサービスを開発・運用している企業です。創業者のウォール街での経験を経て、「資産作りのインフラを目指して」というビジョンのもと、従来の資産運用をすべて自動化するサービスを提供しています。

「ウェルスナビ株式会社」

8位|ビズリーチ

 「即戦力採用はビズリーチ!」というテレビ広告を見たことがある人も多いのではないでしょうか。即戦力人材を企業がダイレクトにスカウトできるビズリーチというサービスを運営している企業です。

「インターネットの力で、世の中の選択肢と可能性を広げていく」 というミッションのもと、即戦力人材採用に限らず、さまざまな人材サービスを展開しています。

「株式会社ビズリーチ」

9位|WHILL

「すべての人の移動を楽しくスマートにする」というミッションのもと、次世代型電動車椅子を開発・販売している企業です。

「デザイン×テクノロジー」で、体の状態・年齢・性別にかかわらず、だれもが乗りたいと思えば乗れる、そんな社会のインフラのような車椅子の普及を目指しています。

「WHILL株式会社」

10位|フィナテキストホールディングス

「金融をサービスとして再発明する」というミッションのもと、株取引や株価予想などのアプリを開発する、FinTech系の企業です。

特に株の取引きやFX・投資初心者のためのアプリ開発が多く行われており、中にはベテランと初心者が交流できるようなものも開発されています。

「株式会社Finatextホールディングス」

ベンチャー企業ランキング|海外

海外企業で世界的に有名なユニコーン企業をご紹介します。この中には自分がすでに使っているサービスや知っている会社があるかもしれません。
「The Global Unicorn Club |CB INSIGHTS」https://www.cbinsights.com/research-unicorn-companies 

1位|Bytedance

 アメリカ企業の「Uber」に代わって、中国企業の「Bytedance」が1位にランクインしています。2018年には企業価値が750億ドル、日本円にして約8兆円になるそうです。

日本でも昨年大流行した動画配信アプリ「tik tok」、ニュースメディアの「今日頭条( jinri toutiao )」の運営会社であることから企業価値が急上昇したものと思われます。

「toutiao」  

2位|Didi Chuxing

 ライドシェアサービスである「Didi」を運営する中国企業「Didi Chuxing」が2位にランクインしています。

アメリカのライドシェアサービス「Uber」の中国版サービスを買収して以来、企業価値は560億ドル、日本円にして約6兆円まで上昇しています。

現在は中国のインターネット最大手である「アリババ」や「百度」などから投資を受けている唯一の企業といわれています。

「Didi Chuxing」

3位|JUUL Labs

 電子タバコを販売するアメリカ企業の「JUUL Labs」が3位にランクインしています。企業価値は500億ドル、日本円にして約5兆円です。

ここ数年は世界的に電子タバコが流行するようになりました。日本では認められているIQOSが、米国では認められていないことから新興企業が勢いづいているということが背景にあるようです。

米国のたばこ産業最大手の「アルトリア」が自社製品の開発を諦め出資をしたことも企業価値上昇の理由になっています。

「JUUL Labs」  

4位|Stripe

 インターネットビジネスを行う企業に対してオンライン決済サービスを提供する「Stripe」が4位にランクインしています。

企業価値は350.5億ドル、日本円にして3.8兆円になります。
サンフランシスコに本社を構えており、サブスクリプション・シェアリングなど、オンライン決済が必要になることが増える一方で、簡単なコードを書くとすぐにオンライン決済が導入できることで人気です。

「Stripe」

5位|Airbnb

 民泊仲介大手オンラインサイトを運営する「Airbnb」が5位にランクインしています。世界中の旅行者とホストと呼ばれる部屋の提供者をオンラインでつなぐサービスで、企業価値は350億ドル、日本円にして3.5兆円になります。

インターネットでほとんどの手続きが完了し、当日カギを受け取り宿にいくだけという手軽さもあり、ユーザーは年々増え続けています。

「Airbnb」

まとめ

今回ご紹介した計15社の中には、すでに使っているサービスや、名前は知っている!といった企業があったかもしれません。
しかしこれらはまだまだ創業10年にも満たない企業がほとんどです。

就職活動で、「勢い」「面白さ」を重要視したい、毎日なにかしらの刺激が欲しい方にはぜひベンチャー企業がおすすめです。

自分に合った企業・ホワイト企業を見つけるのにおすすめの就活エージェント3選

就活に成功した女子

就活を早く進めたいけど、ブラック企業や自分に合っていない企業を紹介されるようなエージェントもあるって聞くし・・・

ホワイト企業に斡旋してもらえる就活エージェントはないかな・・・。

とお困りの就活生も多いのではないでしょうか。

今の自分の状況を詳しくヒアリングしてもらい、自分に合った企業を厳選してくれる就活サービスを利用しておきましょう!

就活生の4人に1人が活用!OfferBox

オファーボックス
紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★☆
最大の特徴登録すると90%以上の確率でオファーがくる

就活エージェントに迷ったら、まずは最も人気が高いエージェントの一つOfferBoxに登録しておきましょう!

就活生の4人に1人が登録しており、登録企業数も1万社を突破している大規模就活エージェントです。

自分のプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で企業からオファーがもらえます

オファーを見て、自分に合っていない企業は無視してもOK!詳しいプロフィールを登録しておくとより自分の条件に合った就職オファーがもらえます。

就活エージェントに迷ったらまずは登録だけでもしておいて、自分に興味を持ってくれる企業からオファーを受け取りましょう!

【最短14日!】自分に合った優良企業から内定がもらえるキャリアチケット

紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴最短2週間で内定獲得が可能!
  • とにかく早く内定が欲しい
  • 徹底したサポートで内定までガイドしてもらいたい

そう考えている学生はキャリアチケットを活用することもお勧めです。

キャリアチケットはレバレジーズ株式会社という会社が運営している就活支援サービスです。

量より質という点で定評を受けているサービスであり、あなたの状況や希望条件を細かくヒアリングし、厳選した企業を斡旋してくれます。

またスピード感もかなり早く、最短2週間で内定獲得までいけるほどのスピード感を持って、エージェントがマンツーマンでサポートしてくれます

とにかく早く、自分に合った企業を見つけたい!という方はキャリアチケットを活用しましょう。

学歴不問!高確率で就職オファーがもらえるキミスカ

紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴学歴に関係なく企業から高確率でオファーがもらえる

キミスカはプロフィールを登録しておくだけで多くの上場企業、優良企業からスカウトが届く就活サービスです。

学歴や、自分に強みがないと思っている学生でもプロフィールを登録することで自己分析してもらえ、自分に合った企業を見つけてくれます。

また、プロフィールの登録でESを何度も記入する必要もありません。

就活状況次第では、一次面接、二次面接をパスして就活を進めることも可能です。

自分はFランだから、特に強みがないから、と思っている学生にこそぜひ使ってもらいたい就活サービスとなっています。

目次
閉じる