デンソーは激務!?「辛い」「辞めたい」の噂とその理由を徹底解説!

自動車部品メーカーのデンソーは、高年収・好待遇という恵まれた環境が特徴です。しかし、「激務」「辞めたい」「鬱病」といったネガティブな評判も少なくありません。特に、営業・生産技術の理系職の激務度が高いといえます。今回は、口コミや社風、社内制度などを検証し、その真相を探っていきましょう。

登録するだけで優良企業からスカウトがもらえる逆求人サイト

  • キミスカ
    • これまでの就職活動の選考状況を評価して面接工程をできるだけカット!
    • 優良企業から比較的熱量の高いスカウトが届く
  • オファーボックス(OfferBox)
    • 国内最大級、就活生の3人に1人が利用!大企業からベンチャーまで登録企業多数!
    • 登録後90%以上の確率で企業からオファーが届く
  • dodaキャンパス
    • 登録後の企業からのオファー受信率97%!手厚いサポートも受けられる!
    • 広くいろいろな業界を見たいなら登録必須!

\理系学生・大学院生がスカウトをもらえる就活サービス/

  • 理系ナビ
    • 理系学生のための逆求人サイト、理系就活を効率よく進められる
  • アカリク
    • 大学院生用の就活サイトとして研究内容を評価したオファーが届く
  • LabBase(ラボベース)
    • 理系・大学院生向けの逆求人サイト、質の高い企業からのオファーが期待できる

\IT企業を目指す学生向け逆求人サイト/

  • エンジニア就活
    • ITエンジニアに特化した就活サービス
    • 活動履歴登録でIT企業からスカウトが届く
  • キャリアセレクト
    • 新卒でITエンジニアを目指す人に特化した逆求人サイト

デンソーは自動車部品メーカー

株式会社デンソーは、愛知県にある自動車部品メーカーです。愛知県に拠点を構えていることから分かる通り、トヨタ自動車と非常に密接な関係があります。もともとトヨタ自動車の開発部門に属しており、今もトヨタグループ系列です。

売上高は5兆1,082億円(2018年3月期)で、従業員数は16万8,813人(連結)。自動車部品では、世界ナンバーワンのシェア率を誇ります。

デンソーで激務なのは理系職

デンソーの平均年収は730万~830万円で、ボーナスの平均額も206万円(2018年)と、一般的な企業に比べて好待遇です。しかし、なかには「激務」という評判も耳にします。特に、理系職は激務と評判です。

過去にはデンソーで理系職として働いて方の裁判も行われました。裁判では、鬱病を発症した原告と被告(デンソー側)が争われました。結局、「信義則上、安全配慮義務があったにもかかわらず、その責任を果たさなかった」として原告側を救済する勝利判決を出しています。

上記は一例ではあるものの、デンソーの裏の顔を暗示しているといえるでしょう。また、激務の理由を探るべく、以下でより詳しく検証を行っていきます。

デンソーの理系職が激務である理由

先ほどデンソーで起きた裁判の様子を簡単にお伝えしましたが、激務という評判は本当なのでしょうか。ここでは、様々な口コミや事実情報をもとに真相を検証していきましょう。

目次

理由①|突発的なトラブル対処

突発的なトラブルが起きると納期に間に合わせるために、想定外の稼働をする必要が出てきます。しかも、デンソーの理系職は、月間残業時間80時間、管理職だと120時間と、突発的トラブルの多さを物語っているようです。

従業員の働き方として、朝6時に起きてすぐに出勤し、帰宅は深夜0時すぎということも珍しくありません。過去には鬱病、過労死といった問題も表面化し、何度か裁判でも争われています。

理由②|短納期

工場の生産能力等を考えずに営業が仕事を取ってくると、工場をフル稼働させたり、それに伴う監督業務等が発生して長時間拘束されます。顧客の要望に沿って短納期で行う仕事も多いことも特徴です。

また、任される業務負荷が重すぎるという意見もありました。ワークライフバランスの見直しや、生産性改善といった課題が浮かび上がってきます。

理由③|トヨタの「カイゼン」が重荷

親会社のトヨタはトヨタシステム、カイゼン、なぜを5回繰り返す等、徹底的な合理化で有名ですが、当然、しわ寄せがくるのは工場や部品メーカーです。

求められた品質の製品を納めるには高い技術力が必要ですが、それが短納期や残業となって理系職の負担になっていることは確かでしょう。なかには、「トヨタ式にこだわるあまり、自力で新しいやり方を導入できない」といった厳しい意見も。

一方、改善活動やQCの成果発表が行われるため、社員の頑張りによっては正当な評価をしてもらえるともいえます。業務の過密さと評価システムのバランスが悪くなれば、理系職が激務と感じる方も多くなってくることでしょう。

デンソーの働き方改革は道半ば

デンソーには「激務」という評判が多く、従業員の過労問題も度々報道されています。しかし、朝型勤務や在宅勤務など、業界ではいち早くワークライフバランスの見直しに着手していることも事実です。

一方で、「実際には夜遅くまで働く人もおり、サービス残業を助長しているだけ」という、社内からの厳しい声もあがっています。

デンソーの従業員は16万人を超えますが、働き方改革の導入は順次実施というスローペースです。また、イメージダウンが売上に直結するBtoCビジネスとは違い、BtoBということで、改革のインセンティブは働きにくいでしょう。

こうした理由により、社内全体でワークライフバランスの見直しを実感できる人が少ないと思われます。

デンソーの社風

デンソーではチームワークを重視する社風があります。デンソーの元社長、現会長の加藤宣明氏も「チームワークを大切にすること」というメッセージを掲げています。

社内では「全社運動会」を開催するなど、職場の一体感を醸成する工夫も少なくありません。

一方、口コミの中では「正社員には優しく、派遣(非正規労働者)には冷たい」という声も特徴的です。社員同士にしか挨拶をしない、派遣社員の名前すら覚えないといった口コミもあり、やや偏った優遇風景が垣間見えてきます。

デンソー志望者に求められる資質

デンソーの働き方や社風を見ていると、同社の志望者に求められる資質として次の2点が表れます。

  • 資質①|協調性
  • 資質②|海外への関心

どちらもデンソーの内定を獲得するには重要な要因となるでしょう。就活生の方は、ぜひ以下をご参考ください。

資質①|協調性

チームワークを大切にするデンソーだからこそ、周りとの協調性やコミュニケーション能力が求められます。また、顧客の求める情報を得るには、社内の様々な部門・人を横断して折衝する能力も必要です。

関連会社が多く、裾野が広い自動車産業のため、多くの関係者と協力することも大切でしょう。社内だけではなく、幅広い人脈を通じて仕事を成功させていくため、価値観や立場が異なっても受け入れる度量も忘れてはいけません。

資質②|海外への関心

デンソーは日本国内だけではなく、広く世界中にグローバルネットワークを張り巡らせています。

北米と欧州を合わせると拠点数は51社、従業員数は4万人を超えます。また、アジア全体の拠点数は、日本の71社よりも多い74社です。デンソーがいかに海外に力を入れているかが分かるでしょう。

もちろんデンソーを志望する人にも、海外への強い関心や興味があることが求められています。外国語は当然として、他国文化や政治・制度、ビジネスなど多様な知識が必要不可欠です。

今ならまだ間に合う!優良企業に一括エントリーしちゃおう!

bizualまとめてエントリー
有名ベンチャーにまとめてエントリー!

bizualでは、2024年卒の学生の方々向けに、有名ベンチャーへの就職サポートを行っております。

  • 今をときめくITベンチャーで働いてみたい!
  • 優秀な社員の方が多数在籍する会社で働いて自分のスキルを磨きたい!
  • 大きな裁量権を持って仕事をして、やりがいと総合的なビジネス力を身につけたい!
  • ゆくゆくは独立もできるスキルを身につけたい!

上記のような学生は、ぜひbizual会員登録&エントリーから登録とエントリーをすすめてみてください!

また、他にも就活生同士の情報交換などができるbizualアカデミーも運営しています。実際に希望する会社の面接を受けてきた学生の声なども知ることができるので、ぜひ登録からすすめてみてくださいね!

まとめ

デンソーは、世界シェアナンバーワンの自動車部品メーカーです。給与やボーナスの水準も非常に高いことから恵まれた環境だと思われがちですが、実際には「激務」という評判も耳にします。

今回は、様々な視点から評判に対する検証を行ってきました。徐々にではあるものの、時短勤務やリモートワークの効果も表れてくることが予想されます。就職を考えている方は、中長期的な観点でデンソーを眺めてみるとよいでしょう。

自分に合った企業・ホワイト企業を見つけるのにおすすめの就活エージェント3選

就活に成功した女子

就活を早く進めたいけど、ブラック企業や自分に合っていない企業を紹介されるようなエージェントもあるって聞くし・・・

ホワイト企業に斡旋してもらえる就活エージェントはないかな・・・。

とお困りの就活生も多いのではないでしょうか。

今の自分の状況を詳しくヒアリングしてもらい、自分に合った企業を厳選してくれる就活サービスを利用しておきましょう!

就活生の4人に1人が活用!OfferBox

オファーボックス
紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★☆
最大の特徴登録すると90%以上の確率でオファーがくる

就活エージェントに迷ったら、まずは最も人気が高いエージェントの一つOfferBoxに登録しておきましょう!

就活生の4人に1人が登録しており、登録企業数も1万社を突破している大規模就活エージェントです。

自分のプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で企業からオファーがもらえます

オファーを見て、自分に合っていない企業は無視してもOK!詳しいプロフィールを登録しておくとより自分の条件に合った就職オファーがもらえます。

就活エージェントに迷ったらまずは登録だけでもしておいて、自分に興味を持ってくれる企業からオファーを受け取りましょう!

【最短14日!】自分に合った優良企業から内定がもらえるキャリアチケット

紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴最短2週間で内定獲得が可能!
  • とにかく早く内定が欲しい
  • 徹底したサポートで内定までガイドしてもらいたい

そう考えている学生はキャリアチケットを活用することもお勧めです。

キャリアチケットはレバレジーズ株式会社という会社が運営している就活支援サービスです。

量より質という点で定評を受けているサービスであり、あなたの状況や希望条件を細かくヒアリングし、厳選した企業を斡旋してくれます。

またスピード感もかなり早く、最短2週間で内定獲得までいけるほどのスピード感を持って、エージェントがマンツーマンでサポートしてくれます

とにかく早く、自分に合った企業を見つけたい!という方はキャリアチケットを活用しましょう。

学歴不問!高確率で就職オファーがもらえるキミスカ

紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴学歴に関係なく企業から高確率でオファーがもらえる

キミスカはプロフィールを登録しておくだけで多くの上場企業、優良企業からスカウトが届く就活サービスです。

学歴や、自分に強みがないと思っている学生でもプロフィールを登録することで自己分析してもらえ、自分に合った企業を見つけてくれます。

また、プロフィールの登録でESを何度も記入する必要もありません。

就活状況次第では、一次面接、二次面接をパスして就活を進めることも可能です。

自分はFランだから、特に強みがないから、と思っている学生にこそぜひ使ってもらいたい就活サービスとなっています。

目次