ソニーの子会社まとめ|主要子会社の事業内容や採用情報を紹介!

ソニーとは半導体や金融といった事業を行う多国籍企業です。事業展開では、ハードウェア分野をはじめ、映画や音楽分野にも重点を置いており多くの子会社があります。ここでいう子会社とは、事業方針を親会社であるソニーが決定する会社です。今回は、そんなソニーの子会社を4社紹介していきますのでぜひ参考にして下さい。

登録するだけで優良企業からスカウトがもらえる逆求人サイト

  • キミスカ
    • これまでの就職活動の選考状況を評価して面接工程をできるだけカット!
    • 優良企業から比較的熱量の高いスカウトが届く
  • オファーボックス(OfferBox)
    • 国内最大級、就活生の3人に1人が利用!大企業からベンチャーまで登録企業多数!
    • 登録後90%以上の確率で企業からオファーが届く
  • dodaキャンパス
    • 登録後の企業からのオファー受信率97%!手厚いサポートも受けられる!
    • 広くいろいろな業界を見たいなら登録必須!

\理系学生・大学院生がスカウトをもらえる就活サービス/

  • 理系ナビ
    • 理系学生のための逆求人サイト、理系就活を効率よく進められる
  • アカリク
    • 大学院生用の就活サイトとして研究内容を評価したオファーが届く
  • LabBase(ラボベース)
    • 理系・大学院生向けの逆求人サイト、質の高い企業からのオファーが期待できる

\IT企業を目指す学生向け逆求人サイト/

  • エンジニア就活
    • ITエンジニアに特化した就活サービス
    • 活動履歴登録でIT企業からスカウトが届く
  • キャリアセレクト
    • 新卒でITエンジニアを目指す人に特化した逆求人サイト

ソニーの事業はゲーム、音楽、映像など多岐にわたる

ソニーはその事業領域の多様さから、一見してどのような会社か判断することが難しい方も多いです。

以下はソニーの公式HPを参考に作成した当社の基本データです。

まさに大企業と呼ぶにふさわしい人員・売上規模と事業展開です。
普段生活する中ではあまり見かけない、金融事業なども手堅く手がけております。

なお、ソニーの統合報告書では吉田憲一郎CEO自らが”テクノロジーに裏打ちされた クリエイティブエンタテインメントカンパニー”
という表現を用いております。

ソニーの社長である吉田憲一郎氏の経歴や名言については以下の記事をご一読ください。

記事に飛ぶ

また、ソニー自体の採用情報が気になるという就活生も多いのではないでしょうか。以下の記事では、ソニーの採用情報や強み・弱み、将来性などを解説しています。興味のある方はこちらも併せてご覧ください。

記事に飛ぶ

ソニーの子会社との関係

ソニーに関する最低限の知識についてご紹介したところで、本題のソニーの子会社について解説をしていきます。

目次

子会社とは

まずは改めて子会社の定義を確認しましょう。

子会社とは、親会社が50%以上の議決権(株式)を保有する企業のことです。
この保有比率に比例して、親会社の意思決定権も大きくなります。

この議決権が100%に達すると完全子会社となります。
本記事でご紹介するソニーの子会社は全てこの完全子会社となっています。

また、議決権が20~50%のときは関連会社となります。

ソニーの有価証券報告書を参照しますと、2019年3月31日現在ソニーの子会社数は1,588社、関連会社数は145社にのぼります。
ソニーは上場企業の中でも最も連結子会社数が多いと言われています。

ソニーと子会社との関係

ソニーの事業ごとにそれぞれ子会社数社を束にして、グループ全体で事業展開をしております。
例えば、金融事業には以下4社が配置されております。

  • ソニーファイナンシャルホールディングス(株)
  • ソニー生命保険株式会社
  • ソニー損害保険株式会社
  • ソニー銀行株式会社

また、事業が異なっても親和性の高い映像 – 音楽 などは共に事業シナジーをうむ取り組みも行なっています。

子会社との親子上場も問題に

2019年6月、米国の著名ファンド サード・ポイントより、前述したソニーファイナンシャルホールディングスの株式売却や半導体部門のスピンオフなどを求める意見書を提出しました。

同ファンドの代表ダニエル・ローブ氏曰く、ソニーはその事業展開の複雑性により企業価値が過小評価されており、また親子上場による少数株主の利益が損なわれると主張。

上場会社である子会社のソニーファイナンシャルホールディングスの過半数以上の株式を取得する親会社ソニーは、このように株主側の利益についても応えることが求められています。

ソニーの主要子会社

今回の記事では、ソニーの2019年3月期有価証券報告書をもとに当社の子会社を4社紹介します。

  • 株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント
  • ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社
  • ソニーホームエンタテインメント&サウンドプロダクツ株式会社
  • 株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント

株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント

株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメントとは、ソニーグループの音楽系事業統括会社です。以下では、株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメントの基本データと事業概要をそれぞれ紹介します。

基本データ

以下は、株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメントの公式HPおよび、親会社ソニー株式会社の有価証券報告書を参考に作成した基本データが以下です。

事業概要

ソニーミュージックグループ全体統括を行うとともに、総合エンタテインメントカンパニーとして事業を多角化しています。また、マーケティング、タイアップやタレント等の発掘と育成も行っています。

そして、近年ではVRやAIなどの新技術を駆使したデジタルコンテンツ事業、電子書籍事業にスポーツエンタテインメント事業も行っています。これらは、今後さらなる成長が期待される事業分野です。

このように、株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメントは、既存の事業にとらわれず新たな事業を展開しています。

ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社

ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社とは、ソニーの子会社である大手家電メーカーです。以下では、ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社の基本データと事業概要をご説明します。

基本データ

以下は、ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社の公式HPおよび、親会社ソニー株式会社の有価証券報告書を参考に作成した基本データです。

事業概要

ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社では、日本の大手家電メーカーとして主力のスマートフォンである「Xperia」などの商品を提供しています。

スマートフォン業界は競争が熾烈であるため、ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社は合併を行いました。これにより、スマートフォン事業だけでなく、通信インフラ事業にも力を注いでいます。

また、One SONYとして連携をすることで、Sony Tabletやブラビアなどの技術革新にも尽力しています。今後、さらなる事業の多角化が期待されます。

ソニーホームエンタテインメント&サウンドプロダクツ株式会社

ソニーホームエンタテインメント&サウンドプロダクツ株式会社とは、ビデオ・サウンド機器を製造・販売する企業です。以下では、ソニーホームエンタテインメント&サウンドプロダクツ株式会社の基本データと事業概要をお伝えします。

基本データ

以下は、ソニーホームエンタテインメント&サウンドプロダクツ株式会社の公式HP、および親会社ソニー株式会社の有価証券報告書を参考に作成した基本データです。

事業概要

ソニーホームエンタテインメント&サウンドプロダクツ株式会社では、主力のウォークマンやブラビアをはじめとするビデオ・サウンド機器を販売しています。

ソニーグループにおいて、テレビや音楽機器に特化した子会社であり、スピーカー、レコーダーやヘッドフォンなどの事業にも取り組んでいます。

事業では、オーディオ・ビジュアル領域における高付加価値戦略を推し進めています。これにより、競合の企業と差別化を図り将来的に新たな顧客価値を生み出し、さらなる事業拡大を見込んでいます。

株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント

株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントとは、家庭用ゲーム機を扱うソニーの子会社です。以下では、株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントの基本データと事業概要をご説明します。

基本データ

以下が、株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントの公式HP、および親会社ソニー株式会社の有価証券報告書を参考に作成した基本データです。

事業概要

株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントでは、PlayStationをはじめとする家庭用ゲーム機器の製造販売を行っています。また、100%出資子会社として、ポリフォニー・デジタルと各地域子会社を有しています。

競争の激しい家庭用ゲーム業界において、高い処理性能を持つゲーム機を生み出すことで他社と差別化を図っています。また、開発するゲーム機器においては互換性を有する周辺機器も開発しています。

そして、近年はクラウドストリーミングサービスにも事業を拡大しており、既存のPlayStationを軸として更なる発展を目指しています。

今ならまだ間に合う!優良企業に一括エントリーしちゃおう!

bizualまとめてエントリー
有名ベンチャーにまとめてエントリー!

bizualでは、2024年卒の学生の方々向けに、有名ベンチャーへの就職サポートを行っております。

  • 今をときめくITベンチャーで働いてみたい!
  • 優秀な社員の方が多数在籍する会社で働いて自分のスキルを磨きたい!
  • 大きな裁量権を持って仕事をして、やりがいと総合的なビジネス力を身につけたい!
  • ゆくゆくは独立もできるスキルを身につけたい!

上記のような学生は、ぜひbizual会員登録&エントリーから登録とエントリーをすすめてみてください!

また、他にも就活生同士の情報交換などができるbizualアカデミーも運営しています。実際に希望する会社の面接を受けてきた学生の声なども知ることができるので、ぜひ登録からすすめてみてくださいね!

まとめ

ソニーは、家庭用電化製品というイメージが強い会社ですが、その子会社は多種多様です。情報通信、音楽機器やゲーム機器などの市場において、大きな存在感を示しています。

ソニーへの就職を検討されている方は、併願企業としてソニーの子会社もチェックしてみてはいかがでしょうか。

自分に合った企業・ホワイト企業を見つけるのにおすすめの就活エージェント3選

就活に成功した女子

就活を早く進めたいけど、ブラック企業や自分に合っていない企業を紹介されるようなエージェントもあるって聞くし・・・

ホワイト企業に斡旋してもらえる就活エージェントはないかな・・・。

とお困りの就活生も多いのではないでしょうか。

今の自分の状況を詳しくヒアリングしてもらい、自分に合った企業を厳選してくれる就活サービスを利用しておきましょう!

就活生の4人に1人が活用!OfferBox

オファーボックス
紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★☆
最大の特徴登録すると90%以上の確率でオファーがくる

就活エージェントに迷ったら、まずは最も人気が高いエージェントの一つOfferBoxに登録しておきましょう!

就活生の4人に1人が登録しており、登録企業数も1万社を突破している大規模就活エージェントです。

自分のプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で企業からオファーがもらえます

オファーを見て、自分に合っていない企業は無視してもOK!詳しいプロフィールを登録しておくとより自分の条件に合った就職オファーがもらえます。

就活エージェントに迷ったらまずは登録だけでもしておいて、自分に興味を持ってくれる企業からオファーを受け取りましょう!

【最短14日!】自分に合った優良企業から内定がもらえるキャリアチケット

紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴最短2週間で内定獲得が可能!
  • とにかく早く内定が欲しい
  • 徹底したサポートで内定までガイドしてもらいたい

そう考えている学生はキャリアチケットを活用することもお勧めです。

キャリアチケットはレバレジーズ株式会社という会社が運営している就活支援サービスです。

量より質という点で定評を受けているサービスであり、あなたの状況や希望条件を細かくヒアリングし、厳選した企業を斡旋してくれます。

またスピード感もかなり早く、最短2週間で内定獲得までいけるほどのスピード感を持って、エージェントがマンツーマンでサポートしてくれます

とにかく早く、自分に合った企業を見つけたい!という方はキャリアチケットを活用しましょう。

学歴不問!高確率で就職オファーがもらえるキミスカ

紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴学歴に関係なく企業から高確率でオファーがもらえる

キミスカはプロフィールを登録しておくだけで多くの上場企業、優良企業からスカウトが届く就活サービスです。

学歴や、自分に強みがないと思っている学生でもプロフィールを登録することで自己分析してもらえ、自分に合った企業を見つけてくれます。

また、プロフィールの登録でESを何度も記入する必要もありません。

就活状況次第では、一次面接、二次面接をパスして就活を進めることも可能です。

自分はFランだから、特に強みがないから、と思っている学生にこそぜひ使ってもらいたい就活サービスとなっています。

目次