アクセンチュアの選考と学歴の関係を解説!併願すべき企業も紹介!

アクセンチュアとは、アイルランドに本拠地を置く国際的なコンサルティングファームです。そのため、アクセンチュアに入るのは難しいと考えられますが、実態はどうなのでしょうか。この記事は、アクセンチュアと学歴の関係を紹介した後、併願すべき同業他社や選考突破の方法についてもお伝えします。

☆高年収限定!コンサルファーム・ハイキャリアに特化した転職エージェント☆

ハイキャリア・高年収・大企業の転職を目指したいなら、ハイキャリア特化型の転職サービスに登録しておくことがおすすめです。

他の転職サービスと比べ、そもそも扱っている求人が全く違いますし、その中から今の自分のキャリアにあった求人をエージェントが探してくれます

そのため、ハイキャリア求人限定のエージェントを活用しておきましょう!

上記2つのサービスはプロフィールを登録しておくと、今の年収からUPする前提で企業からスカウトが届くようになっています

今すぐ転職したい人も、とりあえずどんな求人があるかチェックしてみたい人も、まずは登録しておきましょう!

\年収1000万以上の求人をチェック!/

\20~30代のキャリアアップに最適!/

アクセンチュアの選考には学歴が影響する

コンサルティング業界では、採用選考が他の業界と異なり難しいと言われています。そして、アクセンチュアでは学歴も選考に影響を与えます。

以下では、アクセンチュアの選考において学歴が影響を与える3つの理由をご紹介します。背景を知り、なぜ学歴が大切なのかを正しく理解しましょう。

目次

理由①|コンサルには地頭の良さが必要

アクセンチュアの選考に学歴が影響する1つ目の理由は、コンサルティングには地頭の良さが必要だからです。そもそも、コンサルティングとは企業や官公庁の経営問題を解決する仕事です。

これらの仕事では、正解がない中でできる限り良い成果・アウトプットを出すことが求められます。そのため、コンサルタントは優秀な頭脳である地頭の良さが必要となるのです。

そこで、アクセンチュアでは採用選考をするにあたり応募者の学歴を重視しています。なぜなら、学歴は候補者を横並びにして比較する際の指標となるからです。

理由②|肩書きがないと提案の説得力が低下

アクセンチュアの選考に学歴が影響する2つ目の理由は、肩書がないと提案の説得力が低下するからです。コンサルティング業界では、その取引先は部門長や経営者層となるため年齢層は40~50代の方となります。

そのため、知識や経験値の豊富な人に対してコンサルティングの提案をするには、一定の目途となる肩書が必要となります。なぜなら、一定の学歴があれば、優秀であるということの証明ができるからです。

理由③|コンサルだからこそ効率を追求

アクセンチュアの選考に学歴が影響する3つ目の理由は、コンサルティングだからこそ効率を追求するためです。コンサルティング業界では、いかに効率よく結果を出すかが重要な指標となります。

そのため、採用選考をする際にも無駄なプロセスが含まれることはありません。学歴が低い人の中にもポテンシャルがある人はいますが、少数であるため優先されません。

つまり、学歴によって応募者をふるいにかけることで、効率よく選考の面接を行うことができ、アクセンチュアに相応しい人材を見つけることができるのです。

アクセンチュア内定者の学歴

アクセンチュアは、以下の学歴を持つコンサルタントが働いています。

また、海外の大学ではコロンビア大学やスタンフォード大学からの就職実績があります。

アクセンチュア志望者が併願すべき同業他社

コンサルティングファームは、事業内容から以下5つに分類できます。

  • 戦略コンサル: 大企業や外資系の顧客企業に戦略立案
  • BIG4: 世界的4大監査法人のグループメンバー
  • IT系: 事業戦略からシステム導入まで行いIT部門を有する
  • 日系シンクタンク: 大手証券会社やメガバンクを親会社に持つリサーチ系
  • その他中堅: 人事や財務など特定の事業分野に特化

アクセンチュアは、その中でIT系に分類されます。

アクセンチュアにおける上位大学

アクセンチュアにおいて、就職実績がある大学で上位大学と分類することができる大学は以下の大学です。

  • 国公立大学: 東京大学、京都大学、旧帝国大学
  • 私立大学: 慶応義塾大学、早稲田大学、上智大学

これらの大学では、アクセンチュアの競合企業となるマッキンゼーやボストンコンサルティングへの就職も可能です。毎年多くの採用実績があり、学歴が認められている大学だからです。

アクセンチュアにおける下位大学

アクセンチュアにおいて、就職実績がある大学の中で下位大学と分類されるのは以下の大学です。

  • 国公立大学: 広島大学、横浜国立大学
  • 私立大学: 青山学院大学、明治大学、立教大学、法政大学、中央大学

これらの大学では、アクセンチュアの競合企業となる船井総合研究所やNTTデータ経営研究所への就職が可能です。なぜなら、一定の学歴が認められている大学だからです。

アクセンチュアの特徴

アクセンチュアは、5つの事業を展開している総合コンサルティングファームです。世界120か国以上に事業を展開し、およそ36万人の従業員を有しています。

  • ストラテジー
  • コンサルティング
  • デジタル
  • テクノロジー
  • オペレーションズ

早くからデジタル分野へ舵を切っており、他社との差別化も明確です。以下では、アクセンチュアの強みと弱みをそれぞれ見ていきます。

アクセンチュアの強み

アクセンチュアは、特にデジタル部門に強くコンサルティングファームの中でも突出しています。アクセンチュアは、「進歩するデジタルへの対応力によって、市場での生き残りが決まる」と明言しています。

情報化社会に移行する中、企業はビッグデータやAIを事業に活用することが求められています。アクセンチュアは全社員の約30%がエンジニアであり、「企業のデジタル化」に付加価値を提供できます。

机上の戦略策定や業務最適化だけに留まらず、デジタルマーケティングをも行えるため、包括的にクライアント企業の変化に貢献できます。

アクセンチュアの弱み

アクセンチュアは、激務というマイナスのイメージを払拭しきれていません。アクセンチュアは、ナスダックに上場をしているため外部監査も厳しく、労働環境の改善に力を注いでいます。

正社員の1カ月平均残業時間は25時間ほどで、年次有給休暇の取得率も70%とコンサルティング業界の中では高いと言えます。しかしながら、アクセンチュアは多忙で働き続けるのが大変というイメージが先行しています。

そのため、アクセンチュアの誤ったブランドイメージが就活生の間でも広がっていると考えられます。企業イメージは鵜呑みにせず、実態を把握することが大切となります。

記事に飛ぶ

学歴が低くてもアクセンチュアに内定する方法

学歴が低い場合、アクセンチュアから内定を受領するにはいくつかの方法があります。既に、高学歴の候補者とは差がついているためそれを挽回しなければなりません。

以下では、学歴が低くともアクセンチュアの選考を突破するためのポイントを3つ紹介します。該当する方は、これを参考にして対策を立てましょう。

①インターンで実践経験を積む

低学歴の人がアクセンチュアに内定する1つ目の方法は、インターンシップで実戦経験を積むです。インターンシップとは、学生が企業で一定期間有償・無償の仕事をすることであり、特にベンチャー企業で多く行われています。

インターンシップでは、社会人と同様の実践経験を積むことができるため、能力を向上させるだけでなく、選考面接でアピールする話題も作れます。

コンサルティング業界では、定量的に成果を出したり、問題解決をしたりすることがベースとなるので、インターンシップにおいてもこれらを意識して取り組みましょう。

②資格で学力をアピールする

低学歴の人がアクセンチュアに内定する2つ目の方法は、資格で学力をアピールすることです。ここで言う資格とは、検定の2、3級ではなく国家資格に相当する難関資格です。

例えば、コンサルティング業界では米国公認会計士(USCPA)や、米国証券アナリスト(CFA)などの資格を有する人が多いため、学生のうちにこれらを取れれば大きなアピールポイントになります。

学歴が低く未経験であっても、このような資格を保持していることは一定以上の学歴があると実証できます。そのため、在学時には資格取得に向けた勉強をすることが推奨されます。

③徹底した選考対策を行う

低学歴の人がアクセンチュアに内定する3つ目の方法は、徹底した選考対策を行うです。コンサルティング業界では、大きく分けて筆記試験とケース面接が選考における難関となります。

一般的な他の業界とは異なり、これらの選考はコンサルティング業界特有のため、対策本や経験者の指導によって十分な準備をすることが求められます。

特に、ケース面接は自分一人での練習よりも、パートナーとトレーニングをした方が良いので、実際にコンサルティング業界から内定を得た先輩などと練習をすることが望ましいでしょう。

まとめ

アクセンチュアは、コンサルティングという特殊な業務のため、選考において学歴を考慮していることがわかりました。

アクセンチュアへの就職実績がある大学の方は、併願先の決定と選考対策をしっかりと行い内定の受領に向けて準備を進めてみてはいかがでしょうか。

自分に合った企業・ホワイト企業を見つけるのにおすすめの就活エージェント3選

就活に成功した女子

就活を早く進めたいけど、ブラック企業や自分に合っていない企業を紹介されるようなエージェントもあるって聞くし・・・

ホワイト企業に斡旋してもらえる就活エージェントはないかな・・・。

とお困りの就活生も多いのではないでしょうか。

今の自分の状況を詳しくヒアリングしてもらい、自分に合った企業を厳選してくれる就活サービスを利用しておきましょう!

就活生の4人に1人が活用!OfferBox

オファーボックス
紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★☆
最大の特徴登録すると90%以上の確率でオファーがくる

就活エージェントに迷ったら、まずは最も人気が高いエージェントの一つOfferBoxに登録しておきましょう!

就活生の4人に1人が登録しており、登録企業数も1万社を突破している大規模就活エージェントです。

自分のプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で企業からオファーがもらえます

オファーを見て、自分に合っていない企業は無視してもOK!詳しいプロフィールを登録しておくとより自分の条件に合った就職オファーがもらえます。

就活エージェントに迷ったらまずは登録だけでもしておいて、自分に興味を持ってくれる企業からオファーを受け取りましょう!

【最短14日!】自分に合った優良企業から内定がもらえるキャリアチケット

紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴最短2週間で内定獲得が可能!
  • とにかく早く内定が欲しい
  • 徹底したサポートで内定までガイドしてもらいたい

そう考えている学生はキャリアチケットを活用することもお勧めです。

キャリアチケットはレバレジーズ株式会社という会社が運営している就活支援サービスです。

量より質という点で定評を受けているサービスであり、あなたの状況や希望条件を細かくヒアリングし、厳選した企業を斡旋してくれます。

またスピード感もかなり早く、最短2週間で内定獲得までいけるほどのスピード感を持って、エージェントがマンツーマンでサポートしてくれます

とにかく早く、自分に合った企業を見つけたい!という方はキャリアチケットを活用しましょう。

学歴不問!高確率で就職オファーがもらえるキミスカ

紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴学歴に関係なく企業から高確率でオファーがもらえる

キミスカはプロフィールを登録しておくだけで多くの上場企業、優良企業からスカウトが届く就活サービスです。

学歴や、自分に強みがないと思っている学生でもプロフィールを登録することで自己分析してもらえ、自分に合った企業を見つけてくれます。

また、プロフィールの登録でESを何度も記入する必要もありません。

就活状況次第では、一次面接、二次面接をパスして就活を進めることも可能です。

自分はFランだから、特に強みがないから、と思っている学生にこそぜひ使ってもらいたい就活サービスとなっています。

目次
閉じる