【OB訪問実録🖋|オリエンタルランド】入園料は無料?夢の国の裏側を聞いてきました

東京ディズニーリゾートの運営で有名なオリエンタルランドですが、中で働く人の話が表舞台に出てくることはなかなかないと思います。入社してからの研修合宿、ディズニーならではの福利厚生など幅広くOB訪問で聞いて来ました!
今回はとある早慶の大学生Yが大学のバイト先の女性先輩にOB訪問をして聞いた内容を紹介します。

☆高年収限定!コンサルファーム・ハイキャリアに特化した転職エージェント☆

ハイキャリア・高年収・大企業の転職を目指したいなら、ハイキャリア特化型の転職サービスに登録しておくことがおすすめです。

他の転職サービスと比べ、そもそも扱っている求人が全く違いますし、その中から今の自分のキャリアにあった求人をエージェントが探してくれます

そのため、ハイキャリア求人限定のエージェントを活用しておきましょう!

上記2つのサービスはプロフィールを登録しておくと、今の年収からUPする前提で企業からスカウトが届くようになっています

今すぐ転職したい人も、とりあえずどんな求人があるかチェックしてみたい人も、まずは登録しておきましょう!

\年収1000万以上の求人をチェック!/

\20~30代のキャリアアップに最適!/

今回の質問

唐突ですが、周りが段々と志望業界や企業の話をし始める中、私は焦っています。笑
みんな明確に軸をもっていたりやりたいことを嬉々として話す中、

「私のやりたいことってなんだろう…」

と、答えが出ていないモヤモヤ状態から抜け出せていないから。

ただこの状態が続くとにっちもさっちもいかないので、まずは話しやすい先輩に話を聞きに行くことから始めたいと思いました。

今回はバイト先の先輩だった👩‍💼さんにお話を伺いにいくことに。接客業の経験をそのまま活かしてディズニーランドを運営するオリエンタルランドに入社した👩‍💼さん。会うのは結構久しぶり。
LINEでかしこまった文章でお願いをしたところ、

👩‍💼「Y久しぶりー!私で頼りになるかわからないけどもちろんOKだよ😆 明日ちょうど休みだから明日でもいい?」

と早速明日お話が聞けることに!

ネットでOB訪問のやり方について調べるとまずは質問リストを準備することとあったため、何を聞こうか思案中。

  • Q1|オリエンタルランドの志望動機について
  • Q2|👩‍💼さんから見た会社の良いところ・悪いところ
  • Q3|どういう人がオリエンタルランドに向いているか?

こんなところかな。たぶん、就活以外のことも話すだろうから時間的にもこのくらいのボリュームでいっか。

明日は👩‍💼さんが行ってみたかったカフェでやるみたいだから、それもちょっと楽しみ。

まずはオリエンタルランドの基本情報を紹介

あとは企業研究もしておかなきゃ、ということで以下がオリエンタルランドの基本情報です。

準社員ってアルバイトのことみたい。社員の6倍近くのアルバイトの方がいるんだ。

ディズニーの大元から「日本でもやっていいよ」という権利をもらってディズニーランドを運営しているみたい。

他にもオリエンタルランドの公式HPには面白い情報があって、特に入園者ゲストプロフィールでわかったことは

  • 2018年度のゲスト1人あたりの売上高は約12,000円
  • ゲスト1人あたりの売上高のうち、チケット収入以外の商品販売+飲食販売の収入が半分以上。
  • 男女比=3:7
  • 年代別に見ると、意外にも大人(18歳~39歳)が50%以上

企業研究ってこんなに楽しかったっけ?笑 というかこういう情報調べるのが正しいかわかりませんが…😓

テーマパークのデータに関して、より詳細な資料としてファクトブックというものを毎年出しているみたいです。
(すごく細かく載っています。)

今回お話を聞くのはフード本部の若手女性

👩‍💼「いやー平日でも混んでるねー。ごめんね、うるさくても平気?」

2人席に案内されるも店内は満席状態で少しガヤガヤしている。

───「平気です!むしろせっかくのお休み中にすみません、平日休みなんですか?」

👩‍💼「うん、今日はたまたま平日休みだったんだー。シフト制だから土日休みの時もあるよ!」

───「え、そうなんですね! XX(バイト先の名前)と同じなんですね。」

目次

人の笑顔をつくりたい。それも、より大きな規模で。

バイト先の昔話や私の大学の話を軽くして。そんな雑談を終えたところで、ペンとノートを取り出して早速質問スタート。

👩‍💼「お、えらいね。ちゃんとメモ取るんだね。」

───「はい…! メモさせて頂きます。 まずお聞きしたいのが、👩‍💼さんの志望動機についてなのですが。
 面接を受ける際はどのように話されてましたか?」

👩‍💼「私は目の前のお客さんの笑顔がつくれるという軸で就活をしてたよ!だから他にはCAとかも受けてた。一応、就活始めた当初は業界研究とか合同セミナーとかで浅く広くいろんな企業をみてたんだけどね、お客さんの顔が見えない仕事にどうしても興味をもてなくて。それで途中から思い切ってさっき言った軸にだけ絞って企業研究とか選考を進めていったよ。」

───「そうなんですね。私もいま就活ほんと始めたてでまだ軸とか何もなくて… 正直かなり不安なのですが、でもXX(バイト先の名前)でいまも働いているんですけどそこのやりがいとかはすごくあるなと思っていて。 就活して入る企業でもお客さんと近い距離で関われる仕事ができたら楽しいんだろうな、とはうっすら思っていました…!」

👩‍💼「うんうんそうだよね、私もきっかけはXX(バイト先の名前)だなー。
軸はねー、周りがその話しだすと心配かもだけど、「軸がない=就活失敗する」ってわけじゃないから焦らなくていいと思うよ。それにまだ本選考も先だし!」

そうなんだ、焦りすぎだったのか私。

───「そうなんですねー… いや、ありがとうございます。じっくり考えて、見つけていきます。
👩‍💼さんの軸の中でもオリエンタルランドを志望した理由とかってなんだったんですか?」

👩‍💼「私が志望した理由は「関わる全ての人々に感動体験を与え笑顔をつくりたい」ということをメインに話してたよ!ディズニーって来る人はもちろんだけど働いてるキャストさんとか社員さんもすごく幸せそうだな、と思って。あとはさっき言った通り、XX(バイト先の名前)で接客してたのが原体験になってる話もしてた!」

なるほど、なるほど…

👩‍💼「で、特に強調してたのはバイト先よりはるかに大きな規模でそれを実現したい、という熱意を伝えてたかな。結局、バイト先でそれができちゃったらそこに就職すればいいじゃん、ってなるなと思って、「なぜディズニーか」は結構考えて伝えてたなー。企業研究とかそれこそ今みたいなOB訪問でイメージをかためていった感じ!」

ディズニーの裏側の人って何してるの?

───「あーなるほど… わかりやすい。笑 実際にいま働いてみて👩‍💼さん的にはそれって実現しやすい仕事ですか?えっといまは…」

さっきもらった名刺をチラ見

───「フード本部 ?ですよね。」

👩‍💼「そうそう!うーん、まだ大きな仕掛けをつくるとかには携われてないけど、園内でゲスト(=お客さん)と近い距離で関われてはいるかな!1年目とかは園内のレストランで実際に接客するんだよ。笑」

───「え!それXX(バイト先の名前)と同じですね。笑」

👩‍💼「そうそう、社内で現場主義が徹底されてるから最初の1年目はトレーニング期間でどこの事業部に配属されても現場でアルバイトの方々と一緒にゲスト接客をするんだー。 で、レストランの場合は営業時間中は常にピークだからかなり体力勝負なところがあったかな。2年目以降は最前線からは少し下がって、企画とか運営みたいな業務をするようになる!」

───「なるほど… 1年目ってかなり大変そうですね…」

👩‍💼「でもトレーニング期間は残業なしって決まりがあって、勤務時間の終わりは決まってたからそれは救いだったかも。笑」

───「あ、それだとなんとか踏ん張れそう。笑 異動とかってあるんですか?」

👩‍💼「基本的に4,5年は同じ本部で働くケースが多いかな! そのあとは本社で経営戦略に携わる人とかも出て来るよ、社内では経営戦略が華型って言われてる!」

───「そうなんですね、確かにディズニーの戦略を考えるってなんか楽しそう、奥が深そうです。
特に辛い部署とかってあるんですか?」

👩‍💼「んー、同期とか先輩の話聞いてても、エンタメ本部と運営本部は結構残業多いみたい、そこ2つとも突発的なトラブルが起こりやすいんだよね、だからその対応で残るみたいな。」

帰ってから組織図を復習したけど、確かにエンタメ本部のショーとか運営本部のアトラクション管理とかの担当は大変そうだ…

シフト制による予定の立てにくさと研修合宿

───「👩‍💼さん的に会社の悪いところというか、不満なところはありますか…?」

👩‍💼「んー。やっぱシフト申請かなー。 働く月の1月前の初旬には申請していないといけなくて、他の業界の友達とかと休みが合わせにくいし予定が立てづらいのよー。」

───「それ結構ストレスですね…」

👩‍💼「まあでも結構3連休もとりやすいよ!有給とかもあるしね!
あ、でも年末年始もゴールデンウィークも普通に仕事しなきゃいけない。 インスタとか見ちゃうと萎えるよね。笑
そういうのは私が就活してた時は知らなかったからもっと早くに知りたかったなー。」

───「それは萎えますね… インスタ嫌いになりそう。笑 そういう祝日こそピークですよね…」

👩‍💼「そうそう、だからシフトで休みいれにくくてさー。あとは研修中に一泊二日の合宿するんだけどそこが地獄で。」

───「えっ、どんなことするんですか?」

👩‍💼「なんかプレゼンがあるからその準備をするんだけどもう量がやばくて全然寝れないのよ。しかも内容がかなり軍隊みたいな感じで、最後大声で宣誓みたいなこともした。笑」

福利厚生は無料チケット

───「うわ、え、それは厳しそう、てかいやです…笑 逆に良いところとかってあったりしますか…?」

👩‍💼「あるよ! 社員の人は福利厚生の制度で半期に5枚チケットがもらえるんだよね。あとは○周年記念!とか新しいアトラクションできたら追加でもらえたり。笑」

───「えーーーいいですね…! それ使って友達とか家族といけますね。」

👩‍💼「そうそう! 自分たちのお仕事を客観的にゲストとして体験できるから新たな気づきにもなるよ。
あとはやっぱり、働いてる人みんなが心の底からディズニーの世界観が好きでそれをゲストに惜しみなく届けようとする環境で働けてるのはすごくいいなと思う。 やっぱ笑顔見るとやっててよかったなって思うよ。」

あとがき

貴重なお話を聞きお店を後にし、👩‍💼さんはそのあと予定があったためその場で解散となりました。

帰り道、最後の一言がすごく胸に残りました。お客さんの笑顔か…

バイトで感じたことをそのまま就活につなげても👩‍💼さんみたいに楽しく働けるし、何よりまずは最近マンネリ化してきたバイトももう少し頑張ろうと思えました。

何よりまずは場数を踏むところから。キャリアカウンセリングなども活用して社会人と話す機会を増やしていきたいと思います…!

本記事のようなOB訪問実録は反響がありましたらまた出動したいと思います!🙆‍♂️

▼ぜひ聞いて欲しい企業や質問内容、感想やご意見を聞かせてください…!

– – – フォーム – – –

自分に合った企業・ホワイト企業を見つけるのにおすすめの就活エージェント3選

就活に成功した女子

就活を早く進めたいけど、ブラック企業や自分に合っていない企業を紹介されるようなエージェントもあるって聞くし・・・

ホワイト企業に斡旋してもらえる就活エージェントはないかな・・・。

とお困りの就活生も多いのではないでしょうか。

今の自分の状況を詳しくヒアリングしてもらい、自分に合った企業を厳選してくれる就活サービスを利用しておきましょう!

就活生の4人に1人が活用!OfferBox

オファーボックス
紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★☆
最大の特徴登録すると90%以上の確率でオファーがくる

就活エージェントに迷ったら、まずは最も人気が高いエージェントの一つOfferBoxに登録しておきましょう!

就活生の4人に1人が登録しており、登録企業数も1万社を突破している大規模就活エージェントです。

自分のプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で企業からオファーがもらえます

オファーを見て、自分に合っていない企業は無視してもOK!詳しいプロフィールを登録しておくとより自分の条件に合った就職オファーがもらえます。

就活エージェントに迷ったらまずは登録だけでもしておいて、自分に興味を持ってくれる企業からオファーを受け取りましょう!

【最短14日!】自分に合った優良企業から内定がもらえるキャリアチケット

紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴最短2週間で内定獲得が可能!
  • とにかく早く内定が欲しい
  • 徹底したサポートで内定までガイドしてもらいたい

そう考えている学生はキャリアチケットを活用することもお勧めです。

キャリアチケットはレバレジーズ株式会社という会社が運営している就活支援サービスです。

量より質という点で定評を受けているサービスであり、あなたの状況や希望条件を細かくヒアリングし、厳選した企業を斡旋してくれます。

またスピード感もかなり早く、最短2週間で内定獲得までいけるほどのスピード感を持って、エージェントがマンツーマンでサポートしてくれます

とにかく早く、自分に合った企業を見つけたい!という方はキャリアチケットを活用しましょう。

学歴不問!高確率で就職オファーがもらえるキミスカ

紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴学歴に関係なく企業から高確率でオファーがもらえる

キミスカはプロフィールを登録しておくだけで多くの上場企業、優良企業からスカウトが届く就活サービスです。

学歴や、自分に強みがないと思っている学生でもプロフィールを登録することで自己分析してもらえ、自分に合った企業を見つけてくれます。

また、プロフィールの登録でESを何度も記入する必要もありません。

就活状況次第では、一次面接、二次面接をパスして就活を進めることも可能です。

自分はFランだから、特に強みがないから、と思っている学生にこそぜひ使ってもらいたい就活サービスとなっています。

目次
閉じる