【企業研究】日本生命保険の採用情報や募集要項、年収・評判を解説

本記事では、日本生命保険の採用情報を徹底的に解説しています。社風や企業データはもちろん、職種ごとの採用情報、実績、募集要項、平均年収などが中心です。この記事を読むだけで、日本生命保険の採用に関する内容がすべて理解できます。

☆高年収限定!コンサルファーム・ハイキャリアに特化した転職エージェント☆

ハイキャリア・高年収・大企業の転職を目指したいなら、ハイキャリア特化型の転職サービスに登録しておくことがおすすめです。

他の転職サービスと比べ、そもそも扱っている求人が全く違いますし、その中から今の自分のキャリアにあった求人をエージェントが探してくれます

そのため、ハイキャリア求人限定のエージェントを活用しておきましょう!

上記2つのサービスはプロフィールを登録しておくと、今の年収からUPする前提で企業からスカウトが届くようになっています

今すぐ転職したい人も、とりあえずどんな求人があるかチェックしてみたい人も、まずは登録しておきましょう!

\年収1000万以上の求人をチェック!/

\20~30代のキャリアアップに最適!/

日本生命保険の基本情報

本見出しでは日本生命保険の公式HP、有価証券報告書など公的なデータを用いて文章および表を作成しております。

目次

基本データ

日本生命保険の基本データは次の通りです。創業は1889年と100年以上の歴史があり、日本で3番目に古い生命保険会社となります。

主なグループ企業

日本生命保険のグループ企業は次の通りです。子会社や関連会社など様々な企業が並びますが、基本的に親会社である日本生命保険をサポートする事業内容が中心となります。

社風・経営理念

日本生命保険企業の経営理念は次の5ヶ条です。

(1)国民各層が真に求める保険を提供し、充実したサービスを行ない、契約者に対する経済的保障責任を誠実に果たすことを第一義とする。
(2)生命保険事業の公共性を自覚し、適正な資産の運用を行なうとともに、広く社会の福利増進に尽力する。
(3)英智にもとづく創造性と確信にみちた実行力とをもって、経営の生産性をたかめ、業績のあらゆる面における発展を期する。
(4)会社の繁栄とともに、全従業員の生活の向上をはかり、また、すぐれた社会人としての資質の育成につとめる。
(5)生命保険業界の一員として、自主性のある協調の立場に立ち、保険思想の普及と、業界全般の進歩発展に貢献する。

出典:日本生命保険 公式ホームページ 経営基本理念

日本生命保険の社風は、バリバリ働く社員が多く、ほとんどの人が自信をみなぎらせているようです。日本生命保険は戦後長らく生保業界でトップに君臨していたため、今でもその名残が組織の隅々に残っています。

ビジネスモデル

日本生命保険のビジネスモデルは、多くの人々からお金を預かり、必要なタイミングで保険金として支払う仕組みとなります。集めたお金は有価証券や不動産に投資し、保険金に不足が出ないように資産運用を行います。

自動車保険や火災保険とは異なり、生命保険は人間の命と密接にかかわるサービスという点が特徴です。利用者は生保会社に手数料を支払う代わりに、万が一の病気や事故のリスクを和らげることができます。

保険業界におけるポジション

保険業界は、かんぽ生命や第一生命、明治安田、住友生命などの大手企業が熾烈なシェア争いを繰り広げています。上記4社に日本生命保険を加えると「五大生保」と呼ばれ、国内でも最大規模の売上規模を誇ります。

日本生命保険は、2018年度3月期の業績で国内ナンバーワンの売上規模を記録しました。一時は他社にトップの座を奪われた同社ですが、2015年頃より積極的なM&Aを展開し、今では盤石な経営基盤を有します。

将来性

日本生命保険の新中期経営計画「全・進-next stage-(2017‐2020)」によると、期間中の保有年換算保険料を6%増加させ、国内新規契約シェアナンバーワンを目標としています。

日本生命保険は約5年間で大規模なM&Aを実施し、オーストラリアのMLCライフインシュアランスや米国のマスミューチュアル生命保険など、生保商品の幅広いラインナップ開発に努めています。

売上高に相当する保険料等収入は8兆円を超え、業界2位のかんぽ生命を大きく上回る点から見ても、日本生命保険の将来性は高いといえるでしょう。

日本生命保険の採用情報

本見出しでは日本生命保険の採用HP、ナビサイトの採用ページなど公的なデータを用いて文章および表を作成しております。

総合職

総合職は、営業や企画、経営管理、フロント職務など幅広い職種に分かれており、日本生命保険でも花形となるポジションです。ここでは、総合職の募集要項や採用実績を紹介していきます。

募集要項

総合職の募集要項は次の通りです。日本生命は全国各地に事業所を構えており、各エリアで総合職として働くことができます。地方在住の方でも働きやすい環境といえるでしょう。

採用実績

総合職の採用実績は次の通りです。総合職は年間約150名前後をコンスタントに採用しています。全国に営業所があることから、これだけ採用してもまだまだ人手不足だということが伺えます。

営業総合職

営業総合職は、入社後1~5年間は総合職と同じ業務を担当し、6年目から本格的なマネジメント業務を担当するポジションです。営業部のリーダーとなる存在なので、社内でも重要な位置づけとなります。

ここでは、営業総合職の募集要項や採用実績を紹介していきます。

募集要項

営業総合職の募集要項は次の通りです。複数の営業マンを束ねるポジションということから、総合職よりも高い初任給が用意されています。

採用実績

営業総合職の採用実績は次の通りです。営業総合職の採用人数は年々拡大傾向にあります。リーダーというやりがいのある仕事や高額な給与を求める場合、今がチャンスといえるでしょう。

福利厚生

日本生命保険の福利厚生は、次のように大変充実した内容となっています。

  • 育児休業制度
  • 介護休業制度
  • 各種福利厚生施設
  • 社内預金制度
  • 社内財形制度
  • 社内保険制度
  • 独身寮・社宅
  • 育児短時間フレックスタイム制
  • 保育所利用補助制度 など

日本生命保険は、特に女性に有利な福利厚生が整っている点が特徴です。社内では生保レディが多く、女性が中心となって働いているという事情があります。

求める人材

日本生命保険では、どのような人材が求められているのでしょうか。ここでは、人物像や資格・スキル、学歴の3つの観点から、日本生命保険に入社するために必要なものを考えていきましょう。

人物像

日本生命保険では、営業マンやエリアマネージャー、企画担当者などがチームとなって特定の業務を行っていくため、チームワークを大切にする協調性は必須です。

また、職種によっては、経験を積んでくるとルーチンワークに陥りがちとなります。そんなときでも発想を切り替えて新しいアイデアを生み出す発想力や、単調な仕事でも最後までやり抜く意志力が必要です。

資格・スキル

日本生命保険では、入社する時点で特別な資格やスキルは必要ありません。しかし、生命保険という専門的な知識・技術を扱うことから、入社後も能力を磨いていく必要があるでしょう。

たとえば、営業職だと詳細な商品知識のほか、顧客の悩みを解決するコンサルティング能力が必須です。エリアマネージャーになると、景気動向に合わせた保険内容の見直しや変更など、チーム全体を見通した総合力が求められます。

学歴

日本生命保険の採用実績は、関関同立やMARCH、早慶上智など名門大学からの入職組も珍しくありません。一方、大東亜帝国や中東和平など、大学ランクが低めな採用実績も持ちます。

こうした観点から、非常に幅広い大学から採用が行われており、学歴の高さが即採用に繋がるわけではないといえます。

日本生命保険の平均年収

日本生命保険は、2019年10月時点で未上場会社となっているため、正確な平均年収を計算することはできません(公式採用ページでも記載はありませんでした)。

ただし、企業の口コミ・評判サイトでは、実際に働く従業員のおおよその平均年収を見ることが可能です。それによると、30代では約350~450万円が平均的な年収だと分かります。

日本生命保険の評判

本見出しでは日本生命保険の口コミ・評判サービスに寄せられた投稿を用いて文章を作成しております。

もうこれは論議を待つまでもなく、日本生命は女性のパワーで成り立っている会社です。戦後の戦争未亡人を保険セールスレディーとして採用し、女性中心の会社として様々な福利厚生制度を整え、今やその水準は日本一と言っても過言ではないでしょう。内勤職種も女性が圧倒的に多く、活躍するシチュエーションも多種に及びます。これから本格的な少子高齢化社会を考えると、女性パワーを存分に発揮できる職場であると私は思っております。

参考:カイシャの評判

上記の口コミでも分かる通り、日本生命保険の主軸は「女性」です。社内には女性向けに充実した福利厚生も整っているため、女性が働きやすい環境といえます。

何も活動しないとそれなりにお給料も下がります。お客さんにきちんと会わなければどんどん会えなくなりアポも必ずとらなければいけないです。電話も自腹で3000円くらいで頼んで月末あたりは来月のアポ、予定を必ず組まなければ生き残っていけないです。毎日テレアポの日もありますし、しんどい時もあります。

参考:カイシャの評判

一方、日本生命保険についてマイナス評価をする声も。特に営業マンは成果主義が中心となるため、自主性に乏しい社員は収入面で損をすることになるでしょう。

日本生命保険の関連記事

当サイトでは、生命保険会社にまつわる様々な情報も掲載しています。

以下の関連記事では、生命保険会社の離職率が高い理由を様々な観点から紹介しています。生保といえば「激務」や「仕事がきつい」という評判が多いため、その真相を離職率ランキングから検証しています。生命保険に興味がある方はぜひ読んでみて下さい。

生命保険の離職率が高い理由をランキング形式で紹介!

まとめ

本記事では、日本生命保険の基本情報や採用情報、年収・評判を解説しました。社風や評判など実際に説明会やOB訪問を通じて企業研究を深めていくことをおすすめします。競合他社や他の人気企業の企業研究記事もぜひご覧ください。

自分に合った企業・ホワイト企業を見つけるのにおすすめの就活エージェント3選

就活に成功した女子

就活を早く進めたいけど、ブラック企業や自分に合っていない企業を紹介されるようなエージェントもあるって聞くし・・・

ホワイト企業に斡旋してもらえる就活エージェントはないかな・・・。

とお困りの就活生も多いのではないでしょうか。

今の自分の状況を詳しくヒアリングしてもらい、自分に合った企業を厳選してくれる就活サービスを利用しておきましょう!

就活生の4人に1人が活用!OfferBox

オファーボックス
紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★☆
最大の特徴登録すると90%以上の確率でオファーがくる

就活エージェントに迷ったら、まずは最も人気が高いエージェントの一つOfferBoxに登録しておきましょう!

就活生の4人に1人が登録しており、登録企業数も1万社を突破している大規模就活エージェントです。

自分のプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で企業からオファーがもらえます

オファーを見て、自分に合っていない企業は無視してもOK!詳しいプロフィールを登録しておくとより自分の条件に合った就職オファーがもらえます。

就活エージェントに迷ったらまずは登録だけでもしておいて、自分に興味を持ってくれる企業からオファーを受け取りましょう!

【最短14日!】自分に合った優良企業から内定がもらえるキャリアチケット

紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴最短2週間で内定獲得が可能!
  • とにかく早く内定が欲しい
  • 徹底したサポートで内定までガイドしてもらいたい

そう考えている学生はキャリアチケットを活用することもお勧めです。

キャリアチケットはレバレジーズ株式会社という会社が運営している就活支援サービスです。

量より質という点で定評を受けているサービスであり、あなたの状況や希望条件を細かくヒアリングし、厳選した企業を斡旋してくれます。

またスピード感もかなり早く、最短2週間で内定獲得までいけるほどのスピード感を持って、エージェントがマンツーマンでサポートしてくれます

とにかく早く、自分に合った企業を見つけたい!という方はキャリアチケットを活用しましょう。

学歴不問!高確率で就職オファーがもらえるキミスカ

紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴学歴に関係なく企業から高確率でオファーがもらえる

キミスカはプロフィールを登録しておくだけで多くの上場企業、優良企業からスカウトが届く就活サービスです。

学歴や、自分に強みがないと思っている学生でもプロフィールを登録することで自己分析してもらえ、自分に合った企業を見つけてくれます。

また、プロフィールの登録でESを何度も記入する必要もありません。

就活状況次第では、一次面接、二次面接をパスして就活を進めることも可能です。

自分はFランだから、特に強みがないから、と思っている学生にこそぜひ使ってもらいたい就活サービスとなっています。

目次
閉じる