【企業研究】三菱電機の平均年収は816万円以上|初任給やボーナスも解説

電機メーカーの老舗である三菱電機は、日本国民の平均年収と比較すると、高い年収を得ていることで知られています。しかし同業他社との年収の違いやボーナスの額など、詳細について知りたい方も多いはずです。そこで今回は、三菱電機の平均年収や初任給、ボーナスなどについて解説します。

弊社bizualでは、就活で業界選び、面接対策、ES対策などにお悩みの方向けに無料面談サポートを実施しております。

面談後、下記就活サポートが無料で受けられるようになっているため、就活生の方はぜひご活用ください。

bizualの無料面談サポートを受けると・・・

  • ES免除・1次面接無しの選考ルートを選べる
  • 選考対策(ES添削・模擬面接)を無料サポート
  • 面接官からの合否フィードバックを共有可能
  • 入社した後のキャリア全体のサクセスに寄り添った提案やフォローが受けられる
  • 面談はもちろんのことSNSやメディアでの情報収集、アカデミーでの他学生やメンターとの交流など企業紹介以外のサポートも充実

三菱電機の平均年収

三菱電機の第148期「有価証券報告書( 2018年4月1日から2019年3月31日まで)」によると、社員の平均年齢は40.4歳で、平均年収は816万9,232円となっています。40~44歳の平均年収を817万円とした場合の年代別の平均年収を「平成30年分 民間給与実態統計調査-調査結果報告-」の賃金カーブを参考に算出したものが、以下の表となります。

上記はあくまで推定値ですが、三菱電機の年収は1,000万円を少し下回る水準となっています。

目次

職種ごとの平均年収

三菱電機の採用サイトの中では、職種ごとの平均年収に関する記載がありません。各種サイトからの情報を元に、職種ごとの平均年収を以下の表にまとめました。

商品開発に関わる技術系よりも、実際に販売を行う営業職の方が平均年収が高いという結果となっています。ここでは新卒採用で募集している、事務系総合職と技術系総合職の平均年収を記載していますが、中でも管理職候補の総合職として採用された場合は、平均年収が1,096万4,000円にアップするようです。

学歴ごとの平均年収

次に学歴ごとに三菱電機の平均年収を見ていきます。先述した年代ごとの平均年収のピーク時である50代に焦点を当てて推定値を下記します。

学歴により大きな差は出ないものの、三菱電機他の日系企業同様、院卒と大卒でも違いは出ますし、それh高卒についても同様です。

役職者ごとの平均年収

三菱電機の役職者別の平均年収を以下の表にまとめました。

三菱電機は給与体系に年功序列が残っているものの、役職がつくかどうかが年収に大きく影響するようです。

三菱電機の初任給

三菱電機の採用サイトによると、初任給は以下のようになっています。

  • 学部卒:212,500円(2019年度実績)
  • 院卒:236,500円(2019年度実績)

これは、事務系総合職でも技術系総合職でも変わりはありません。しかし、事務系総合職と技術系総合職では応募条件が異なります。また、新卒採用についても春と秋の2回行われています。事前に募集要項・選考フロー・応募受付期間を、自分の目で確認しておきましょう。

三菱電機のボーナス

三菱電機の採用サイトにある「採用情報」の「待遇と勤務」の中に、「 賞与:年2回(6月・12月)」と明記されています。そして、年間に基本給の6ヶ月分がボーナスとして支給されるのが一般的なようです。各種サイトからの情報によると、職種別のボーナスは以下の通りです。

新入社員のボーナスは、1年目で前年度実績がない分、低めとなります。また、三菱電機には他社では主任にあたる「専任」という職種がありますが、この場合は基本給の6ヶ月分が支給されます。

三菱電機の年収・給与に関する評判

三菱電機の待遇がいいことは予想できますが、実際に働いている社員がどう感じているのか、気になる就活生もいるはずです。「カイシャの評判」に寄せられているコメントには、以下のものがあります。

入社2年目で給与額面430万円のため、大企業の製造業の中では高い水準だと思う。ボーナスも5.5-6ヶ月分出るためかなり恵まれている。入社10年目で、昇級試験があり、試験に合格し昇級すればボーナスが20代の二倍になるためかなり貰える。30後半で800-1000万も海外駐在を経験すれば夢ではなく、40代になり課長になると1300万、50代になり部長になると1500万と急激にあがっていく。役員クラスになれば年収1億も夢ではない。 (20代女性・営業職)

給与体系が年功序列のため、20代のうちは突出して年収が高いわけではありませんが、勤続年数が長くなるにつれてどんどん昇給していくのは魅力です。

三菱電機の年収が高い理由

三菱電機は同業他社の中でも、年収が高いといわれています。その理由に、堅実に利益を追求できるよう、優秀な人材の確保に力を入れていることがあげられます。新卒採用の60%を理系大学並びに大学院の出身者とし、優秀な人材の中途採用も積極的に行っています。

短期的な収益だけでなく、長期的な視点で利益を確保するという三菱電機の姿勢が安定した業績につながり、従業員を減らすことなく高い報酬を維持できるのだと予想されます。

三菱電機の基本情報

理系の就活生の中には、三菱電機が第一志望という人も多いことでしょう。ここでは、三菱電機に応募する前に知っておくべき基本情報について説明します。あくまでもベースの情報なので、さらなる企業研究を行うことをおすすめします。

企業情報

三菱電機の公式サイトと「第148期有価証券報告書」から、主な項目を抜粋して表にまとめました。

福利厚生・休暇制度

三菱電機の採用サイトにある「採用情報」の「待遇と勤務」の中で、福利厚生や休暇制度が記載されています。具体的には、以下の通りです。

福利厚生/ 寮・社宅、保養所、契約リゾート施設、テニスコート・体育館・プールなどのスポーツ施設、財形貯蓄、住宅融資、社員持株会、社員互助会など

休暇制度/ 傷病休職、育児休職、介護休職、セカンドライフ支援休職、出産支援休職

研修制度/階層別研修・職能別研修・ 国際化研修・技術研修などを実施

福利厚生や休暇制度も充実しており、働き心地の良さがうかがえる内容です。また、研修制度が充実しているため、キャリアアップを目標とする人にはやりがいのある職場ともいえそうです。

社風・経営理念

三菱電機の公式サイトから抜粋した企業理念は以下になります。

三菱電機グループは、技術、サービス、創造力の向上を図り、活力とゆとりある社会の実現に貢献する。

上記の企業理念に基づき、「信頼」「品質」「技術」「貢献」「遵法」「環境」「発展」という7つの行動指針に基づき、 “Changes for the Better” というコーポレートステイトメントに向かって事業展開を行っています。

「常により良いものを目指して変革する」というチャレンジ精神にあふれた企業ではありますが、給与体系が年功序列であることに代表されるように、社風は日本旧来の体制を残しているようです。

ビジネスモデル

三菱電機のビズネスモデルは、機械だけでなくシステムも同時に販売することで、クライアントとの取り引きを反復継続し、収益を得るというものです。機械の耐用年数は長くても、システムの保守・メンテナンス・改良は短いスパンで行われるものです。

そうしたワンストップサービスを提供し続けることで、容易に他社に切り替えられない環境をつくり、それを維持しているのです。また近年はZEB事業を通して、ビルの省エネ化を進めるなど、積極的に新規事業を立ち上げています。

電機メーカー業界におけるポジション

三菱電機は、電機メーカーの就職偏差値では59となっています。就職偏差値が同程度の同業他社における平均年収を各社の平成30年の有価証券報告書から抜粋し、以下にまとめました。

電機メーカーには、ソニーや京セラを筆頭とするグローバル企業も含まれています。就職偏差値が三菱電機と同じ59となっている同業他社は4社あり、その中では平均年収は高めといえそうです。

将来性

三菱電機は現在、売上高の半分を重電システム事業と産業メカトロニクス事業で占めています。、あた、機械を自由制御できる装置であるシーケンサーにおいては、国内シェアの半分以上を保有しています。

既存の事業だけでも安定が見込めますが、将来を見据えた新規事業への投資にも余念がありません。そうした意味では、三菱電機は今後も将来性がある企業としてあり続けると考えられます。

三菱電機の採用情報

三菱電機の採用サイトによると、ここ数年の採用人数の推移は以下の通りです。

また公式サイトには記載がありませんが、リクナビ2021の「三菱電機株式会社の採用情報」に、過去の採用実績大学の一覧が紹介されていました。そこには東京大学・東京大学大学院をはじめ、東京工業大学・東京工業大学大学院、京都大学・京都大学大学院、慶應義塾大学・慶應義塾大学大学院、早稲田大学・早稲田大学大学院 など、錚々たる名前がズラリと並んでいます。

bizual就活無料面談サポートを活用しよう!

弊社bizualでは、就活で業界選び、面接対策、ES対策などにお悩みの方向けに無料面談サポートを実施しております。

面談後、下記就活サポートが無料で受けられるようになっているため、就活生の方はぜひご活用ください。

bizualの無料面談サポートを受けると・・・

  • ES免除・1次面接無しの選考ルートを選べる
  • 選考対策(ES添削・模擬面接)を無料サポート
  • 面接官からの合否フィードバックを共有可能
  • 入社した後のキャリア全体のサクセスに寄り添った提案やフォローが受けられる
  • 面談はもちろんのことSNSやメディアでの情報収集、アカデミーでの他学生やメンターとの交流など企業紹介以外のサポートも充実

まとめ

今回は、三菱電機の平均年収や初任給、ボーナスなどについて解説しました。

総合家電メーカーとして知られる三菱電機ですが、現在は家電分野を撤退し、エレベーターやFAシステム、大型ディスプレイ、放送機器などの得意分野を中心に、新規事業での売り上げを上げています。高い年収が得られることが予想されるので、電機メーカー業界を志望している就活生は、エントリーを検討することをおすすめします。

就活、、もうどうしたら良いかわからない。そんなあなたへ!

弊社bizualでは、就活で業界選び、面接対策、ES対策などにお悩みの方向けに無料面談サポートを実施しております。

  • 業界選びで悩んでいて、自分に合った業界についてフラットな目線でアドバイスしてほしい
  • 「持ち駒」がなくなって次どうしたら良いかわからない
  • とにかく早く内定が欲しい etc

そういった悩みを持つ学生はぜひbizual無料就活サポート面談を受けてみてください。

あなたに合った業界選び、企業選び、内定までの徹底サポートなど、専門のキャリアアドバイザーが親身に寄り添ってサポートさせていただきます。

また、面談後も下記就活サポートが全て無料で受けられるようになっているため、就活生の方はぜひご活用ください。

bizualの無料面談サポートを受けると・・・

  • ES免除・1次面接無しの選考ルートを選べる
  • 選考対策(ES添削・模擬面接)を無料サポート
  • 面接官からの合否フィードバックを共有可能
  • 入社した後のキャリア全体のサクセスに寄り添った提案やフォローが受けられる
  • 面談はもちろんのことSNSやメディアでの情報収集、アカデミーでの他学生やメンターとの交流など企業紹介以外のサポートも充実
目次