留年を回避する方法はあるか?留年した際の学費や就職への影響と併せて解説!

「留年」は大学生が最も恐れるできごとです。留年を何とか回避したい、と強く願っている大学生は多いはずです。そこで今回は留年を回避する方法や、留年が決まったらどうするべきか、ということについて解説します。留年をしてしまいそう、という人だけでなく、すでに留年が決まってしまったという人も参考にしてください。

就活生必見!就活での自己タイプ・適性診断を受けてみよう!

就活を始めるにしても、自分がどんな業界や仕事に興味があるのかわからない・・・

自分の適性がどこにあるのかまずは知りたい・・・

そう言った悩みを持つ就活生は、まずはOfferBoxの適正診断テストを受けて自分のタイプ・適性のある業界を知りましょう!

また、診断テストを受けてプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で大手企業・ベンチャー企業・官公庁(経産省)をはじめとする優良企業からスカウトが届きます。

就活生の3人に1人が利用している「OfferBox(オファーボックス)」をぜひ活用しておきましょう!

留年を回避できなかった大学生は多い

大学生にとって「留年」はもっとも避けたい事象のひとつです。入学したときは「留年なんてするわけがない」と思っていたのに、気がつくと留年を回避することができなかったという人は多いのではないでしょうか。

これは実際に留年してしまった人のツイートです。確かに大学に入ると遊べる、というイメージはあるかもしれません。しかし度を超すとこのように留年へ繋がってしまうのです。

留年は1日や2日の行いで決まるものではありません。毎日コツコツと少しずつ単位を取っていくことが、留年を回避するための最善策と言えるでしょう。

留年を回避するためにできること

留年をしたいと思ってする人はいません。しかし、気がついたら留年の可能性が高まっていた、という人は多いようです。

以下では、留年を回避するためにできることを3つご紹介します。

目次

①自分の現状を把握する

まず1つ目は「自分の現状を把握する」ということです。極端に言えば、自分の現状が常時把握できていれば留年をすることはないはずです。足りない単位数がわかっていれば、留年をしないような生活をすることができます。

しかし、現状が把握できていないと、感覚に頼ることになり「まだ大丈夫だろう」と根拠なく安心してしまうのです。

今からでも遅くはないので、まずは「必要な単位数を確認する」「テストに向けて対策を立てる」ということを行ってください。

②シラバスで留年回避の方法を探す

2つ目は「シラバスで留年回避の方法を探す」というものです。シラバスでは、教師が設定した講義の計画を知ることができるので、よく確認することで留年回避の方法を見つけられるかもしれません。

しかし、シラバスで留年回避の方法を見つけるためには、①でお伝えしたように自分の現状を知っておく必要があります。自分の現状を確認した上でシラバスを参考にすると、効率的な回避方法が見つかりやすくなります。

また、慶應大学法学部のフェニックス制度のように、留年の救済制度を設けている大学や学部もあります。自分が通っている大学や学部にも留年救済措置がないか、ということも併せて確認しておきましょう。

③教授に相談する

①②の方法でも留年の回避方法が見いだせない、または回避方法は見つかったけれど自分の現状では間に合いそうにない、という場合は「教授に相談してみる」という方法も視野に入れてみましょう。

教授へ自分の現状と留年回避のために試みたことを話して、何とか単位をもらえるように頼んでみるというのも一つの方法ではあります。

しかし、この相談を受けてくれる教授はほとんどいないと思っておきましょう。もちろん可能性は0ではありませんので、相談をしてみれば、例外的に救済してもらえることがあるかもしれません。

教授に相談する際は相手本位の姿勢を忘れない

留年の回避を教授にお願いする場合には、注意しておかないといけないことがあります。

留年は基本的に自分の行いによる結果です。そのため、自分の努力不足や自分の反省点を顧みない相談は拒否されやすいということを知っておきましょう。

自分の留年を回避することに必死となるあまり「お願いします」を連呼したり、留年に至った言い訳ばかりを繰り返すようでは、要望を聞き入れてもらえません。

まずは自分の反省点をしっかりと洗い出し、今後その反省点についてどのように改善していくのか、なぜ留年をするわけにはいかないのか、などについて客観的に話すことが重要です。

留年のデメリット

「留年」という言葉に良いイメージを持つ人はいないでしょう。しかし、それはなぜなのかということについては、実はあまり考えられていないかもしれません。

以下では、留年のデメリットの中でも特に大きな2つをご紹介します。

①金銭的な負担になる

まず1つ目は「金銭的な負担になる」ということです。

  • 余計な学費がかかる
  • 奨学金が停止となる
  • 生活費がかかる

学費は大学に在籍する限りかかり続けますし、小さな金額ではありません。また、奨学金を受けている場合は、奨学金の支給が停止されます。さらには、生活費をどのようにして工面するのかという問題もあるでしょう。

②就活でも聞かれやすくなる

2つ目は「就活でも留年について聞かれやすくなる」ということです。留年の事実は履歴書で一目瞭然ですし、面接に進めばそこで留年について質問されることも少なくありません。

しかし、このデメリットについてはきちんと留年について回答できれば、そこまで大きな影響はないとも言われています。

「留年をしたことで得られた経験や知識を武器にして就活に臨むという覚悟」があれば、必ずしも留年が悪影響となるとは限りません。

留年したらどうするべきか

実際に留年が決まってしまった場合、まずはどうすれば良いのでしょうか。留年が決まったショックでいつまでもぼんやりしているようでは、また翌年も同じことになります。

以下では、留年が決まったときにやるべきこと、考えることについて解説します。

①親の気持ちも考えて早めに伝える

まず1つ目は「親に早く伝える」ということです。留年をした、という事実は親にとってもショックなことでしょうし、親の気持ちを考えるとすぐには言い出せないかもしれません。

しかし、子供から何も知らされていない親が、通知表などで留年を知ると大抵の場合はもめることになります。親へはできるだけ早めに伝えて、今後どのようにするのかということを相談するようにしてください。

②休学という手段もある

2つ目は「留年か休学かを選ぶ」ということです。休学には留年にはないメリットがあります。

  • 授業料が不要
  • 就活の準備期間にできる
  • 海外留学をしたい人にはオススメ

まず、休学は留年と違って授業に出ない分、授業料がかかりません。翌年の卒業に必要な単位を取る時期まで休学をして、自分で勉強をするなど努力すれば、1年間分の授業料を浮かせることができます。

他にも、休学期間中にインターンに参加するなど、卒業後の就活に備えた活動をすることも可能です。もちろん、海外留学などまとまった時間がなければできないことに挑戦するという手もあります。

これらのメリットを考慮して、留年をするのか休学をするのかを決めると良いでしょう。

③学費のためにアルバイトをしすぎるのは良くない

最後は「アルバイトについて考える」ということです。真面目な人ほど「留年したのは自分が悪いのだから、翌年の学費は自分で稼がなければ」と考え、アルバイトを増やしてしまいがちです。

しかし、留年をしたらもう後はありません。アルバイトをしすぎてまた単位を落としてしまった、アルバイトに明け暮れて翌年も留年してしまった、となっては本末転倒です。

留年をしたからには、翌年何が何でも卒業するという強い気持ちを持って、勉強に励むようにしましょう。それまでは生活を切り詰めたり、親へ支援を頼むなど他の方法も検討してみてください。

まとめ

大学生活は新鮮な楽しさが多く、つい遊びやサークル活動などに明け暮れてしまいがちです。もちろん、遊びもサークルも貴重な時間には違いがありませんし、留年という一見失敗に見えることも、長い目で見れば良い経験なのかもしれません。

しかし、どうしても留年を回避したいのであればまずは行動に出ましょう。できることをやってみて、それでもダメなら思いきって留年をする、もしくは休学をするなど、今できる最善の判断ができるように考えてみてください。

今からでもまだ間に合う!就活を速攻で進めてくれるエージェント3選

就活に成功した女子

周りの友達は就活を始めているのに・・・

まだ何もできていない・・・・

そんな就活生は、今からでも最短最速で就職面接まで繋げてくれる就活エージェントに登録して、早速進めてしまうのがおすすめです!

就活生の4人に1人が活用!【OfferBox】

オファーボックス
紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★☆
最大の特徴登録すると90%以上の確率でオファーがくる

就活エージェントって言っても色々あって、どこに登録しておけば良いかわからない。。

という方は、迷ったらまずは今就活エージェントの中で最も人気が高いエージェントの一つOfferBoxに登録しておきましょう!

就活生の4人に1人が登録しており、登録企業数も1万社を突破している大規模就活エージェントです。

自分のプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で企業からオファーがもらえます

残り少ない就活の時間を有効活用するためにも、自分で求人を探すことも大事ですが、登録しておくだけでオファーがもらえるサービスも積極的に活用しておくことをお勧めします。

最短14日で自分に合った優良企業から内定がもらえる【キャリアチケット】

紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴最短2週間で内定獲得が可能!
  • とにかく早く内定が欲しい
  • 徹底したサポートで内定までガイドしてもらいたい

そう考えている学生はキャリアチケットを活用することもお勧めです。

キャリアチケットはレバレジーズ株式会社という会社が運営している就活支援サービスです。

量より質という点で定評を受けているサービスであり、あなたの状況や希望条件を細かくヒアリングし、厳選した企業を斡旋してくれます。

またスピード感もかなり早く、最短2週間で内定獲得までいけるほどのスピード感を持って、エージェントがマンツーマンでサポートしてくれます

とにかく早く、自分に合った企業を見つけたい!という方はキャリアチケットを活用しましょう。

最終面接まで行ったことがある学生はABABAを活用してみよう!

ABABA
紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴最終面接まで進んだ方は1回の面接で内定獲得

就活時期も終盤に差し掛かっていて、まだ内定がもらえていないけど、これまで最終面接まで行ったことはある!

という学生は「ABABA」を利用しておきましょう!

ABABAは、最終面接まで行ったことがある学生のサポートに特化したサービスです。

これは最終面接まで入ったのになかなか内定を取れていない。
選考フローが長すぎてなかなか内定まで辿り着けない。

といった悩みを抱える学生と、他社で評価されている学生を積極的に面接したいと考えている企業とを繋げるサービスです。

学生にとっても企業にとってもwinwinを実現しているサービスと言えます。できるだけ就活を短縮したいと考えている学生はぜひ利用しておくべきサービスです。

目次
閉じる