留年はどういう意味?大学生が留年してしまう理由やデメリットを知ろう!

学生の皆さんは留年という言葉は聞いたことがあっても、留年の意味を明確に理解できていない人は多いでしょう。そこで、この記事では留年とは何かをまず初めに説明し、続いて混同しやすい言葉や留年してしまう理由を紹介します。留年をしないよう、理解を深めましょう。

就活生必見!就活での自己タイプ・適性診断を受けてみよう!

就活を始めるにしても、自分がどんな業界や仕事に興味があるのかわからない・・・

自分の適性がどこにあるのかまずは知りたい・・・

そう言った悩みを持つ就活生は、まずはOfferBoxの適正診断テストを受けて自分のタイプ・適性のある業界を知りましょう!

また、診断テストを受けてプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で大手企業・ベンチャー企業・官公庁(経産省)をはじめとする優良企業からスカウトが届きます。

就活生の3人に1人が利用している「OfferBox(オファーボックス)」をぜひ活用しておきましょう!

留年|もう一度同じ学年をやり直すこと

留年とは、もう一度同じ学年を次年度もやり直すことです。通常であれば、1年間が経つと学生としての年次は1つずつあがります。しかし、授業の単位を取ることができなかったり、一定期間の間大学を休まざるを得ない場合には留年となります。これによって、その次の年でも本年度と同じ学年を繰り返すことになります。

留年と混同しやすい言葉

留年という言葉は、学生の皆さんにとって馴染みが薄いため似たような言葉と混同することが考えられます。言葉を正しく理解していないと、誤った使い方で恥をかいたりもしくは不適切な対応をしてしまう恐れがあります。そこで、留年と混同しやすい言葉を2つ紹介しますので、この機会に覚えてみてはいかがでしょうか。

目次

原級|留年より公式な表現で意味は同じ

原級とは、成績表において留年を意味する言葉であり、留年よりも公式な表現ですが同じ意味です。大学では、留年をしてしまった場合に学生への通知方法として、ウェブ上の成績表に原級と記載されます。

留年と原級、どちらも意味としては同じですがもしも公式な表現をすべき場合には、原級を使いましょう。いずれも、同じ学年を次年度も行わなければならないという点で意味に違いはありません。

浪人|もう一度大学受験をやり直すこと

浪人とは、もう一度大学受験をやり直すことです。高校生や浪人生が大学受験をする場合、必ずしも希望する大学に合格できるとは限りません。その場合、あえて来年度も大学受験をするために、進学せずにいることを浪人と言います。

浪人も留年も、進級すべき年度になっても進級しないという点では同じであるといえます。しかしながら、浪人は大学に入学する以前の人を対象としています。そのため、大学に入学した人については浪人ではなく留年という言葉が使われます。

留年のデメリット

留年とは、次年度も進級をすることができないことだとわかりましたが、実際にどのようなデメリットがあるのでしょうか。一見、学生生活を延長できるためメリットがあると思われがちですが、実際にはデメリットの方が大きいといえます。そこで、以下では留年することによるデメリットを2つ紹介しますので、ご確認下さい。

①1年分の学費が余計にかかる

留年をすることによるデメリットの1つ目は、1年分の学費が余計にかかることです。例えば、4年生制度の大学であれば本来支払うべき学費は4年分です。しかしながら、留年をしてしまった場合さらに1年分の学費を支払わなければなりません。

近年、日本では学生数の減少に伴い私立大学を中心として、授業料の値上げが進められています。学費は、年間およそ数百万円にものぼるため、留年をしてしまった場合経済的な負担が増えます。そのため、大変でも留年する事態は避けなければなりません。

②友人は先に卒業していく

留年することによるデメリットの2つ目は、友人が先に卒業していくことです。学生時代において、友人はかけがえのない存在ですが留年をしてしまうと、その関係も希薄化します。なぜなら、履修する授業や生活リズムが異なるだけでなく、結果的には先に卒業してしまうからです。

なぜ留年するのか

留年は、様々なデメリットが多いことがわかりましたが、そもそもなぜ留年してしまうのでしょうか。以下では、留年という状況に陥ってしまう理由を2つ紹介します。留年の仕組みを正確に把握しておけば、その事態を避ける選択もとることができるのでご参照下さい。

①必要単位数を取得できない

留年してしまう理由の1つ目は、必要単位数を取得できないからです。大学では、学期の初めに履修する授業を登録して、その授業毎に単位を取れたか判断されます。高校と異なり、授業数や授業内容は学生に委ねられます。

そして、授業の欠席や試験の不合格によって必要な単位数を取得できなかった場合、留年となります。大学は、授業の選択も自由ですが単位制度を正しく理解していなかった場合、留年してしまうリスクが高まるのです。

②必修の授業の単位を落とす

留年してしまう理由の2つ目は、必修の授業の単位を落としてしまったからです。大学では、基本的にどの授業を履修するかが学生に委ねられています。しかしながら、授業の中には予め大学側が履修を強制している必修科目があります。

この必修授業は、学生の意思に関わらず単位を必ず取らなければなりません。そのため、この必修の授業単位を落としてしまった場合には、卒業までの間に再履修となり、最悪の場合は留年となるのです。

まとめ

留年とは、大学で進級する年度になっても同じ学年を繰り返すことだとわかりました。そして、留年は経済的な負担だけでなく、交友関係にも悪影響をもたらします。そのため、大学の履修制度を正確に把握してきちんと単位を取り続けることが大切です。目先の楽さではなく、人生を考えて学生生活を満喫しましょう。

今からでもまだ間に合う!就活を速攻で進めてくれるエージェント3選

就活に成功した女子

周りの友達は就活を始めているのに・・・

まだ何もできていない・・・・

そんな就活生は、今からでも最短最速で就職面接まで繋げてくれる就活エージェントに登録して、早速進めてしまうのがおすすめです!

就活生の4人に1人が活用!【OfferBox】

オファーボックス
紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★☆
最大の特徴登録すると90%以上の確率でオファーがくる

就活エージェントって言っても色々あって、どこに登録しておけば良いかわからない。。

という方は、迷ったらまずは今就活エージェントの中で最も人気が高いエージェントの一つOfferBoxに登録しておきましょう!

就活生の4人に1人が登録しており、登録企業数も1万社を突破している大規模就活エージェントです。

自分のプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で企業からオファーがもらえます

残り少ない就活の時間を有効活用するためにも、自分で求人を探すことも大事ですが、登録しておくだけでオファーがもらえるサービスも積極的に活用しておくことをお勧めします。

最短14日で自分に合った優良企業から内定がもらえる【キャリアチケット】

紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴最短2週間で内定獲得が可能!
  • とにかく早く内定が欲しい
  • 徹底したサポートで内定までガイドしてもらいたい

そう考えている学生はキャリアチケットを活用することもお勧めです。

キャリアチケットはレバレジーズ株式会社という会社が運営している就活支援サービスです。

量より質という点で定評を受けているサービスであり、あなたの状況や希望条件を細かくヒアリングし、厳選した企業を斡旋してくれます。

またスピード感もかなり早く、最短2週間で内定獲得までいけるほどのスピード感を持って、エージェントがマンツーマンでサポートしてくれます

とにかく早く、自分に合った企業を見つけたい!という方はキャリアチケットを活用しましょう。

最終面接まで行ったことがある学生はABABAを活用してみよう!

ABABA
紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴最終面接まで進んだ方は1回の面接で内定獲得

就活時期も終盤に差し掛かっていて、まだ内定がもらえていないけど、これまで最終面接まで行ったことはある!

という学生は「ABABA」を利用しておきましょう!

ABABAは、最終面接まで行ったことがある学生のサポートに特化したサービスです。

これは最終面接まで入ったのになかなか内定を取れていない。
選考フローが長すぎてなかなか内定まで辿り着けない。

といった悩みを抱える学生と、他社で評価されている学生を積極的に面接したいと考えている企業とを繋げるサービスです。

学生にとっても企業にとってもwinwinを実現しているサービスと言えます。できるだけ就活を短縮したいと考えている学生はぜひ利用しておくべきサービスです。

目次
閉じる