留年の通知はいつ、どうやってされるのか?留年した際の対応も紹介!

大学を留年した場合、その通知内容は学生にとって不安の種です。留年が決定したことは、親に事前連絡されるのかもしくはネット上での成績紹介によってなされるのかはわかりません。そこで、今回は留年が決定した場合にどのような方法で学生やその家族に対して通知がされるのかを紹介します。

就活生必見!就活での自己タイプ・適性診断を受けてみよう!

就活を始めるにしても、自分がどんな業界や仕事に興味があるのかわからない・・・

自分の適性がどこにあるのかまずは知りたい・・・

そう言った悩みを持つ就活生は、まずはOfferBoxの適正診断テストを受けて自分のタイプ・適性のある業界を知りましょう!

また、診断テストを受けてプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で大手企業・ベンチャー企業・官公庁(経産省)をはじめとする優良企業からスカウトが届きます。

就活生の3人に1人が利用している「OfferBox(オファーボックス)」をぜひ活用しておきましょう!

留年通知では「原級」という言葉が使われる

大学では、学生に毎年成績が通知されますが、留年の場合「原級」と表現されます。原級とは、文字通り同じ学級に留まるということであり、次年度も進級ができないことを示しています。留年となってしまった場合は、翌年度に、より多くの単位を取得しなければならないため、原級という言葉が何を意味するか知っておきましょう。

留年の通知は成績表上で行われる

大学では、留年の通知が成績表上で行われます。日本でも、多くの大学において授業の履修や成績の発表がウェブ上で行われています。そのため、中間や期末試験からおよそ1~1.5か月後に、成績が開示される際には必ず進級ができているのか、もしくは留年となってしまったのかを確認しましょう。

目次

学生|親より先にウェブ上の成績表で通知される

成績表がウェブ上で通知される場合、親よりも学生の方が先に留年を知ることとなります。この場合、学生の方はなぜ留年となってしまったのかを大学の事務室に確認するとともに、来年以降どのように単位を取るのかあらかじめ調べておく必要があります。

親の立場からして、子供である学生が留年をしてしまったという通知は大きな衝撃をもたらします。他人事として親から怒られるのを待つのではなく、自発的に反省をしたりこれからどのように挽回をしていくかを話すことが大切になると言えます。

親|家に郵送される成績表で通知される

成績表が郵送で通知される場合、学生よりも親が先に留年を知ることとなります。毎日送られてくる多くの郵便物の中に、子供の留年通知が入っていた場合とてもショックです。そのため、必然的に子供への教育として説教をする親が大半と言えます。

子供の立場からすると、学生にもなって親から怒られるのは不本意かもしれません。しかし、勉学は学生の本業であるため親の気持ちを汲み取りましょう。反発をするのではなく、自らの至らなかった点を認めてより一層勉強に励むことを述べるべきです。

結論|留年通知を親が先に受け取ることはない

ほぼ全ての大学がウェブ上で成績を公開するため親が先に留年を知ることはありません。このような状況において、学生である皆さんは親が留年をしたことを誰かから聞く前に、必ず自己申告しましょう。留年という悪い事実を知らされなかった場合、親であれば立腹するからです。そして、今後は留年をしないよう約束もしましょう。

4年生で留年する場合は事前に呼び出されることもある

大学4年生で留年をする場合、事前に呼び出されて留年を知らされることもあります。大学4年生は、内定を受領し既に就職先が決まっていることが多いです。そのため、留年となってしまった場合は内定先に卒業ができないことを連絡する必要があります。さらにもう1年の学生生活は辛いですが、現実を受け止めましょう。

まとめ

大学で留年をしてしまった場合、その通知はウェブ上で公開されるため親よりも先に学生が知るとわかりました。また、大学4年生で留年となった場合は就職先に内定の辞退連絡をしなければなりません。日々の授業を面倒だと思うことも多々あるかもしれませんが、後々後悔することが無いように日頃から頑張りましょう。

今からでもまだ間に合う!就活を速攻で進めてくれるエージェント3選

就活に成功した女子

周りの友達は就活を始めているのに・・・

まだ何もできていない・・・・

そんな就活生は、今からでも最短最速で就職面接まで繋げてくれる就活エージェントに登録して、早速進めてしまうのがおすすめです!

就活生の4人に1人が活用!【OfferBox】

オファーボックス
紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★☆
最大の特徴登録すると90%以上の確率でオファーがくる

就活エージェントって言っても色々あって、どこに登録しておけば良いかわからない。。

という方は、迷ったらまずは今就活エージェントの中で最も人気が高いエージェントの一つOfferBoxに登録しておきましょう!

就活生の4人に1人が登録しており、登録企業数も1万社を突破している大規模就活エージェントです。

自分のプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で企業からオファーがもらえます

残り少ない就活の時間を有効活用するためにも、自分で求人を探すことも大事ですが、登録しておくだけでオファーがもらえるサービスも積極的に活用しておくことをお勧めします。

最短14日で自分に合った優良企業から内定がもらえる【キャリアチケット】

紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴最短2週間で内定獲得が可能!
  • とにかく早く内定が欲しい
  • 徹底したサポートで内定までガイドしてもらいたい

そう考えている学生はキャリアチケットを活用することもお勧めです。

キャリアチケットはレバレジーズ株式会社という会社が運営している就活支援サービスです。

量より質という点で定評を受けているサービスであり、あなたの状況や希望条件を細かくヒアリングし、厳選した企業を斡旋してくれます。

またスピード感もかなり早く、最短2週間で内定獲得までいけるほどのスピード感を持って、エージェントがマンツーマンでサポートしてくれます

とにかく早く、自分に合った企業を見つけたい!という方はキャリアチケットを活用しましょう。

最終面接まで行ったことがある学生はABABAを活用してみよう!

ABABA
紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴最終面接まで進んだ方は1回の面接で内定獲得

就活時期も終盤に差し掛かっていて、まだ内定がもらえていないけど、これまで最終面接まで行ったことはある!

という学生は「ABABA」を利用しておきましょう!

ABABAは、最終面接まで行ったことがある学生のサポートに特化したサービスです。

これは最終面接まで入ったのになかなか内定を取れていない。
選考フローが長すぎてなかなか内定まで辿り着けない。

といった悩みを抱える学生と、他社で評価されている学生を積極的に面接したいと考えている企業とを繋げるサービスです。

学生にとっても企業にとってもwinwinを実現しているサービスと言えます。できるだけ就活を短縮したいと考えている学生はぜひ利用しておくべきサービスです。

目次
閉じる