留年したら1単位でも学費は満額かかるのか!?少しでも減額する方法も紹介!

学生生活の主軸は学業ですが、サークル活動やボランティア、アルバイトに精を出す学生も多いものです。しかしその結果、大学を留年してしまうのは本末転倒です。また、就職活動やその後の生活にも様々な支障が出ます。そこで今回は留年がわかる時期や、そうなった場合の学費について説明します。

就活生必見!就活での自己タイプ・適性診断を受けてみよう!

就活を始めるにしても、自分がどんな業界や仕事に興味があるのかわからない・・・

自分の適性がどこにあるのかまずは知りたい・・・

そう言った悩みを持つ就活生は、まずはOfferBoxの適正診断テストを受けて自分のタイプ・適性のある業界を知りましょう!

また、診断テストを受けてプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で大手企業・ベンチャー企業・官公庁(経産省)をはじめとする優良企業からスカウトが届きます。

就活生の3人に1人が利用している「OfferBox(オファーボックス)」をぜひ活用しておきましょう!

留年はいつ分かるか

大学では前期試験と後期試験が行われますが、留年したかどうかがわかるのは期末テストから1ヶ月~1ヶ月半後です。時期としては、毎年3月中旬から下旬にかけて送られてくる、成績表を見るとわかります。

成績表が保護者に送られる大学も多く、数日前にウェブで成績状況を開示するところもあるようです。

留年は金銭的に痛手となる

必修単位を一つでも落とすと、留年が決定します。それが1科目であっても、留年を覆すことはできません。さらに留年には様々なリスクがあります。

ここでは留年することによるリスクについて、具体的に説明します。

目次

1単位の留年でも学費は満額かかる

例え落とした必修単位が1科目だったとしても、留年すると学費は1年分満額かかります。これは大学の学費は講義を受けるために支払っているのではなく、在籍するためにかかる費用だからです。

1年で必要な学費は授業料だけでなく、施設・設備費や実習費も必要となります。その場合も支払期日が決まっているので、留年しそうな状況であれば早めに保護者に相談しておくことをおすすめします。

留年したら奨学金も停止になる

留年は、進級と卒業のタイミングで起こります。もし奨学金受給者が留年してしまった場合、奨学金が停止してしまうので注意が必要です。

打ち切りではないので、留年度に所定の単位を取得して進級すれば、支給が再開されます。

ただし再開にあたっては、単位の修得状況や授業への出席日数、成績の基準などが設けられており、再開を申請しても通らない可能性もあります。

留年時の学費を減らす3つの方法

留年した場合も、原則的には1年間の学費を支払わなければならないことは前述しました。しかしいくつかの方法を実践することで、学費負担を軽減させることは可能です。

ここでは留年時の学費負担を減らす方法を3つ、紹介します。

①留年生向けの授業料割引措置を確認する

大学の中には、留年生に対する学費を減額してくれる制度を用意しているところがあります。例えば「早稲田大学による留年生の学費に関する資料」が、その一例です。

早稲田大学の場合は、進級あるいは卒業に必要な単位数によって、学費の割引額が変わります。必要単位が4単位以下であれば半額が免除されますが、5単位~20単位だと割引は30%に止まります。

このような制度を設けている大学は多いですが、基本的には4年生を卒業させるための措置であり、低学年には適用されないところも少なくありません。きちんとリサーチしましょう。

②半期休学する

落とした単位が前期または後期で取得可能な場合は、休学制度を利用するのも選択肢の一つです。例えば「明治大学の休学費用改定」の場合、半期休学に対応しています。

明治大学では前期休学の受付は5月31日、後期休学の受付は11月20日と定めています。この期限は大学によって異なるので、まずは学生部を訪れて相談することをおすすめします。

また、明治大学では休学在籍遼として8万円を支払わなければなりません。半期分の学費と比べると低額ではありますが、休学したからといって学費が0円になるわけではないので注意が必要です。

③卒業要件を満たして秋卒業する

卒業単位が足りずに4年生で留年する場合は、半期卒業を目指すことができます。半期卒業とは、前期で必要単位を修得し、後期は在籍せずに9月に卒業するというものです。

この場合に必要となるのは前期分の学費だけなので、おすすめの方法ではあります。しかし就職で内定をもらっている人には良い方法ですが、そうでない場合は就活にマイナスになる可能性があります。

留年時の学費は誰が払うのか

半期休学が可能な場合は、学生がその期間にアルバイトをして、学費を用意することもあります。まずは保護者に相談し、誰が支払うのかを明確にしましょう。

留年のため1年間大学に通う場合、前期と後期2回の学費引き落としがあります。その金額を見て、学費の高額さに思いをはせる学生もいるようです。留年は自己責任なので、就職後に返済しようと考えているのでしょう。

必修科目であれば1科目落としただけでも、留年の憂き目にあう可能性があります。単位を落としたのは自己責任ですから、保護者に学費の支払いを拒否されることもありえると、教えてくれるコメントです。

留年したらすべきこと

残念ながら留年が決定してしまったら、支払う学費に見合うだけの学生生活を送ることをおすすめします。学費のためにアルバイトするのも良いですが、せっかくの時間を有意義に使う方法は他にもあります。

ここでは、留年したらすべきことについて説明します。

必要単位以外の授業も履修する

何年次に留年するかにもよりますが、不足単位が少ない場合は、必要単位以上の授業を履修することをおすすめします。特に低学年で留年した場合は、多めに単位を取っておくと、学年が上がってから楽になるはずです。

また、就活に役立つ講座を受講したり、資格取得の勉強にあてるのも良いでしょう。就職支援で活用できるプログラムも積極的に活用し、スキルと経験を増やしましょう。

留学・インターンで就活への影響を抑える

3年生で留年してしまうと、翌年の就活に影響が出る可能性が高まります。留年がハンデにならないように、就活に備えた動きをしておきましょう。

秋からの長期インターンシップに参加したり、半期休学を利用して海外留学するのもおすすめです。そこで得た経験は、その後の就活においてアピールポイントになるはずです。

長くなった学生生活を、自分の成長を促す経験をする時間と捉えてプラスに転じましょう。

まとめ

留年すると1年分余分に学費がかかる他、内定していた企業を諦める事態に陥る可能性もあるため、できるだけ避けたいところです。もし留年が避けられないとわかったら、学費の軽減や次年度の就活準備など、早めにできる手を打つことをおすすめします。最終的に留年が良い人生経験になるように、自分を律して学生生活を過ごしてください。

今からでもまだ間に合う!就活を速攻で進めてくれるエージェント3選

就活に成功した女子

周りの友達は就活を始めているのに・・・

まだ何もできていない・・・・

そんな就活生は、今からでも最短最速で就職面接まで繋げてくれる就活エージェントに登録して、早速進めてしまうのがおすすめです!

就活生の4人に1人が活用!【OfferBox】

オファーボックス
紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★☆
最大の特徴登録すると90%以上の確率でオファーがくる

就活エージェントって言っても色々あって、どこに登録しておけば良いかわからない。。

という方は、迷ったらまずは今就活エージェントの中で最も人気が高いエージェントの一つOfferBoxに登録しておきましょう!

就活生の4人に1人が登録しており、登録企業数も1万社を突破している大規模就活エージェントです。

自分のプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で企業からオファーがもらえます

残り少ない就活の時間を有効活用するためにも、自分で求人を探すことも大事ですが、登録しておくだけでオファーがもらえるサービスも積極的に活用しておくことをお勧めします。

最短14日で自分に合った優良企業から内定がもらえる【キャリアチケット】

紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴最短2週間で内定獲得が可能!
  • とにかく早く内定が欲しい
  • 徹底したサポートで内定までガイドしてもらいたい

そう考えている学生はキャリアチケットを活用することもお勧めです。

キャリアチケットはレバレジーズ株式会社という会社が運営している就活支援サービスです。

量より質という点で定評を受けているサービスであり、あなたの状況や希望条件を細かくヒアリングし、厳選した企業を斡旋してくれます。

またスピード感もかなり早く、最短2週間で内定獲得までいけるほどのスピード感を持って、エージェントがマンツーマンでサポートしてくれます

とにかく早く、自分に合った企業を見つけたい!という方はキャリアチケットを活用しましょう。

最終面接まで行ったことがある学生はABABAを活用してみよう!

ABABA
紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴最終面接まで進んだ方は1回の面接で内定獲得

就活時期も終盤に差し掛かっていて、まだ内定がもらえていないけど、これまで最終面接まで行ったことはある!

という学生は「ABABA」を利用しておきましょう!

ABABAは、最終面接まで行ったことがある学生のサポートに特化したサービスです。

これは最終面接まで入ったのになかなか内定を取れていない。
選考フローが長すぎてなかなか内定まで辿り着けない。

といった悩みを抱える学生と、他社で評価されている学生を積極的に面接したいと考えている企業とを繋げるサービスです。

学生にとっても企業にとってもwinwinを実現しているサービスと言えます。できるだけ就活を短縮したいと考えている学生はぜひ利用しておくべきサービスです。

目次
閉じる