仮面浪人で医学部は不可能?合格の秘訣を紹介します

医学部は医師を目指す学部であり特に入学が難しい学部のひとつです。そのため医学部に現役で合格することができず仮面浪人をする人が大勢います。今回は仮面浪人をして医学部に合格することが可能かということについて解説します。これから医学部を目指す、もしくは医学部を諦められない人はぜひ参考にしてください。

就活生必見!就活での自己タイプ・適性診断を受けてみよう!

就活を始めるにしても、自分がどんな業界や仕事に興味があるのかわからない・・・

自分の適性がどこにあるのかまずは知りたい・・・

そう言った悩みを持つ就活生は、まずはOfferBoxの適正診断テストを受けて自分のタイプ・適性のある業界を知りましょう!

また、診断テストを受けてプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で大手企業・ベンチャー企業・官公庁(経産省)をはじめとする優良企業からスカウトが届きます。

就活生の3人に1人が利用している「OfferBox(オファーボックス)」をぜひ活用しておきましょう!

結論|仮面浪人でも医学部は合格できる

仮面浪人とは、大学に通いながら別の大学への合格を目指し受験勉強をする学生です。医学部のように、難易度が高い学部では毎年多くの学生が仮面浪人をして合格をしています。

この方は2年間の仮面浪人を経て旧帝大医学部に合格しています。辛かったけど頑張ってよかった、という言葉から、仮面浪人の辛さと合格したときの達成感が窺えます。

この方は、在籍していた大学の授業に加え、アルバイトや自動車学校への通学をしながらも医学部への合格を果たしています。大学生活と受験勉強の両立に成功している一例です。

このように実際に仮面浪人をして医学部に合格している人はいます。他大学で学生として通いつつ勉強をするため、当然ながら受験勉強は大変ですが、合格が可能である以上努力する価値はあるといえます。

仮面浪人して医学部を目指す際の注意点

とはいえ、仮面浪人しながら医学部を目指すことは非常に大変です。仮面浪人自体が非常に厳しい選択ですが、とりわけ医学部となると求められる学力が桁違いです。

目次

仮面浪人するメリットとデメリットをよく考える

そのため、仮面浪人のメリットとデメリットをよく考えることがとても大事です。

記事に飛ぶ記事に飛ぶ

医学部以外でも、仮面浪人をしながら大学の合格を目指すことは非常に難しく、仮面浪人生の翌年の合格率は10%以下と言われています。

仮面浪人の合格率や失敗しない仮面浪人生の特徴に関しては以下の記事で詳しく解説しています。こちらも併せてご覧ください。

記事に飛ぶ

推薦入試の情報を集める

国立では44校、私立では22校の医学部で推薦入試が導入されています。推薦入試と言えば、高校の学校長の推薦によって入試を受けることができる制度だと認識されていることが多いですが、大学によっては浪人生でも受験が可能です。それは仮面浪人でも同じです。

浪人生でも受験可能とはいっても、一浪まで可能、22歳以下可能、など学校によって条件は変わります。もちろん現役のみしか受け付けていない大学もありますのでご了承ください。

仮面浪人というと、一般入試を再受験するというイメージが強いですが、どうしても行きたい医学部がある場合、推薦入試という制度があるということも知っておくと良いでしょう。

仮面浪人は自分で情報を積極的に集めることが重要です。大学と受験勉強の両立は大変ですが、入試情報に対する敏感さも維持できると良いです。

仮面浪人してでも医学部を目指すべき人

仮面浪人は、志望する大学に受からなかった人が行うイメージがありますが、具体的にどのような人が医学部を目指しているのか気になりますよね。

以下では、仮面浪人をする人の中でも医学部を目指すべき人の特徴を2つご紹介します。

医者になる夢を諦められない

1つ目は、医者になる夢を諦められない人です。医者とは、国家資格を持ち社会的に大きな責任を伴う仕事です。

そのため、医者になる人は必ず医学部で学び卒業をしなければなりません。医者になるという強い思いがあるのなら、医学部への合格は絶対条件となります。

妥協をして後に後悔をするよりも、夢のために仮面浪人をしてでも医学部を目指すべきといえるでしょう。

僅差で不合格だった

2つ目は、僅差で不合格だった人です。医学部の大学受験では、課される科目数も多く勉強の負担は極めて大きいのが課題となります。

そのため、医学部を受験したけれどもわずかに点数が足りず受からなかったという人も大勢います。その場合は、次年度に再び受験をすれば受かる確率は高くなるかもしれません。

再び医学部の合格を目指すのは大変ではありますが、仮面浪人をしてでも再度チャレンジする価値はあると言えるでしょう。

仮面浪人してまで行くべき医学部

仮面浪人をして医学部を目指すということは、1年分の学費がかかることを意味します。私大であれば100万円前後、国立大でも50~60万円程です。

そのため、仮面浪人をして医学部を目指すのならば然るべき大学を目指すべきです。

東京大学

仮面浪人をしてでも医学部を目指すべき大学の1つ目の大学は、東京大学です。東京大学医学部は、最新の医学部大学ランキングで1位に位置しており国内トップの国立大学です。

そのため、東京大学医学部に合格するのは容易でなく中には2、3年仮面浪人をして合格をする人もいます。それだけ仮面浪人をしてでも目指す価値があるということです。

なぜなら、圧倒的な知名度はもちろんのこと、東京大学医学部ならではの学習環境や、最先端の医療研究がなされているため、将来性が極めて有望な大学だからです。

京都大学

仮面浪人をしてでも医学部を目指すべき2つ目の大学は、京都大学です。京都大学医学部は、最新の医学部大学ランキングで2位ですが、西日本ではトップの国立大学です。

東京大学医学部と並び称されており、受験の難易度では東京大学に劣りません。そのため、仮面浪人をしてでも京都大学医学部への合格を目指す学生は毎年大勢います。

京都大学は特に学術研究分野での実績が国内外から認められており、ノーベル賞受賞者も多いことが特徴です。仮面浪人をしてでも京都大学医学部を目指す意味があると言えるでしょう。

仮面浪人で医学部に合格する心構え

仮面浪人をして医学部を目指す場合、勉強でのストレスだけでなく精神的な負担にも耐えなければなりません。なぜなら、周りの人とは違う状況で自分を追い込むことが求められるからです。

そこで、以下では仮面浪人をして医学部を目指す際の心構えを3つ紹介します。ぶれない心をもって、医学部への合格を目指しましょう。

周りの誘惑に負けない

1つ目は、周りの誘惑に負けないことです。仮面浪人をして医学部を目指す場合、交友関係を狭めるだけでなく趣味や娯楽の時間も最小限にしなければなりません。

仮面浪人はいつでもやめることができるため、絶対に医学部に合格するという強い意志を持っていないと、誘惑に負けてしまう可能性が高くなります。

日々なぜ自分が仮面浪人をしてまで医学部を目指しているのか、医学部に合格したら何をしたいかを考え、誘惑を断ち切るように心がけましょう。

苦手分野に特化して勉強する

2つ目は、苦手分野に特化して勉強をすることです。医学部に合格をするためには、受験で課せられる科目全体で高得点を取る必要があります。

文系科目の世界史が苦手、理系科目の生物がダメ、など自分の弱点を研究して対処しなければなりません。

仮面浪人をして医学部を目指すのであれば、苦手分野の克服に時間を割き、特化して勉強をするなど具体的な対策を立てましょう。

上位合格を目指す

3つ目は、上位合格を目指すことです。仮面浪人をして医学部を目指す学生にとって、モチベーションの維持は重要なポイントとなります。

とりあえず医学部に受かれば良いという甘い考えでは、合格すらできなくなるかもしれません。それは、合格に必要な点を目指しても実際にはそれを下回ることが一般的だからです。

そこで、医学部を目指すのであれば上位合格をすると目標を立てましょう。上位合格をするには、全科目で90%以上の点数が必要となりモチベーションも上げる結果に繋がります。

また、以下の記事では仮面浪人をするうえで成功率を上げる方法を紹介しています。こちらもぜひ参考にしてみてください。

記事に飛ぶ

まとめ

医学部は、合格することすら難しいですが医者になるためには不可欠です。特に国公立大学の医学部は仮面浪人をしてでも目指す価値があります。

仮面浪人をして医学部を目指している時は辛くてやめたくなるかもしれませんが、人生を大きく左右するので諦めずに頑張ると良いでしょう。

今からでもまだ間に合う!就活を速攻で進めてくれるエージェント3選

就活に成功した女子

周りの友達は就活を始めているのに・・・

まだ何もできていない・・・・

そんな就活生は、今からでも最短最速で就職面接まで繋げてくれる就活エージェントに登録して、早速進めてしまうのがおすすめです!

就活生の4人に1人が活用!【OfferBox】

オファーボックス
紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★☆
最大の特徴登録すると90%以上の確率でオファーがくる

就活エージェントって言っても色々あって、どこに登録しておけば良いかわからない。。

という方は、迷ったらまずは今就活エージェントの中で最も人気が高いエージェントの一つOfferBoxに登録しておきましょう!

就活生の4人に1人が登録しており、登録企業数も1万社を突破している大規模就活エージェントです。

自分のプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で企業からオファーがもらえます

残り少ない就活の時間を有効活用するためにも、自分で求人を探すことも大事ですが、登録しておくだけでオファーがもらえるサービスも積極的に活用しておくことをお勧めします。

最短14日で自分に合った優良企業から内定がもらえる【キャリアチケット】

紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴最短2週間で内定獲得が可能!
  • とにかく早く内定が欲しい
  • 徹底したサポートで内定までガイドしてもらいたい

そう考えている学生はキャリアチケットを活用することもお勧めです。

キャリアチケットはレバレジーズ株式会社という会社が運営している就活支援サービスです。

量より質という点で定評を受けているサービスであり、あなたの状況や希望条件を細かくヒアリングし、厳選した企業を斡旋してくれます。

またスピード感もかなり早く、最短2週間で内定獲得までいけるほどのスピード感を持って、エージェントがマンツーマンでサポートしてくれます

とにかく早く、自分に合った企業を見つけたい!という方はキャリアチケットを活用しましょう。

最終面接まで行ったことがある学生はABABAを活用してみよう!

ABABA
紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴最終面接まで進んだ方は1回の面接で内定獲得

就活時期も終盤に差し掛かっていて、まだ内定がもらえていないけど、これまで最終面接まで行ったことはある!

という学生は「ABABA」を利用しておきましょう!

ABABAは、最終面接まで行ったことがある学生のサポートに特化したサービスです。

これは最終面接まで入ったのになかなか内定を取れていない。
選考フローが長すぎてなかなか内定まで辿り着けない。

といった悩みを抱える学生と、他社で評価されている学生を積極的に面接したいと考えている企業とを繋げるサービスです。

学生にとっても企業にとってもwinwinを実現しているサービスと言えます。できるだけ就活を短縮したいと考えている学生はぜひ利用しておくべきサービスです。

目次
閉じる