ゼミの発表で緊張する大学生が知っておくべき、たった1つの心がけ

ゼミの発表はテーマの設定やパワポの作成、質問の想定などで忙しく、期限に間に合わないと心配になるかもしれません。今回はゼミの発表に関する悩みと解決法について説明します。緊張して発表が失敗に終わらないよう、事前に解決法を把握しておきましょう。

就活生必見!就活での自己タイプ・適性診断を受けてみよう!

就活を始めるにしても、自分がどんな業界や仕事に興味があるのかわからない・・・

自分の適性がどこにあるのかまずは知りたい・・・

そう言った悩みを持つ就活生は、まずはOfferBoxの適正診断テストを受けて自分のタイプ・適性のある業界を知りましょう!

また、診断テストを受けてプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で大手企業・ベンチャー企業・官公庁(経産省)をはじめとする優良企業からスカウトが届きます。

就活生の3人に1人が利用している「OfferBox(オファーボックス)」をぜひ活用しておきましょう!

ゼミの発表に関する悩みと解決法

ゼミの発表に関する悩みには、下記のような例が挙げられます。

  • ゼミの発表のテーマが決まらない
  • ゼミの発表に間に合わない
  • ゼミの発表で緊張してしまう
  • ゼミの発表で質問に答えられない
  • ゼミの発表を休むことになった

それぞれの悩みに関して考えられる解決法を提示します。ゼミの発表でつまずいた時のために、ぜひ確認しておいてください。

目次

悩み|ゼミの発表のテーマが決まらない

ゼミの発表は決まっているのに、何をテーマにすればよいのかわからないことがあるかもしれません。また、研究したいことがありすぎて、一つに選べないこともあるでしょう。

ゼミの発表のテーマが決まらない時にはどうすればよいのでしょうか。

解決法|先行事例を当たるか教授に相談する

ゼミの発表のテーマが決まらない時は、教授に相談するのが一番です。自分の興味や知識の程度に応じて適切なテーマ選びを手伝ってくれるでしょう。

また先行事例も、教授が把握しています。自分で調べてもよいですが時間がかかってしまうことが多いので、やはり教授に問い合わせてみることが一番の解決方法だと言えます。

悩み|ゼミの発表に間に合わない

ゼミの発表は大きなイベントです。あらかじめ日程が決められていても、なかなか期日までに発表を完璧に仕上げることは難しいものです。

「このままではゼミの発表に間に合わない」と感じたら、どうすればよいのでしょうか。

解決法|内容は今のまま、リハーサルを3回行う

時間がない場合は、このままでは間に合わない内容に時間を費やすこととをやめましょう。それよりも、今のままの内容を「どう届けるか」という部分にフォーカスする方が、発表として質の高いものに仕上がります。

時間がなくても、発表前にリハーサルを3回行いましょう。足りない部分を指摘されたら、「時間がなく手が届いていない」ことを正直に話せばよいだけです。

悩み|ゼミの発表で緊張してしまう

ゼミの発表は通常複数回に渡ります。ゼミの発表で緊張してしまう場合、発表の番が近づいてくると気が重くなってしまいます。特に他の学生が優秀だと、緊張もさらに高まってしまうでしょう。

ゼミの発表による緊張を緩和する方法はあるのでしょうか。

解決法|「聴衆は同じ学生」という意識をもつ

ゼミの発表での緊張を緩和するためには、「聞いている人たちも自分と変わらない大学生だ」ということを意識してみましょう。相手はその道のプロでも何でもありません。

つまり、少々わからないところや研究不足な部分があったとしても、誰も気づかないことがほとんどです。ミスすることを必要以上に気にすることはないので、堂々と発表するようにしましょう。

悩み|ゼミの発表で質問に答えられない

ゼミの発表での鬼門が「質疑応答」です。特に専門に詳しい先輩がいると、細かいところまで深堀りされることもあります。

質問にうまく答えられないと、きちんと用意してきた発表でも「手を抜いているように見えてしまうかも」と心配になることもあるでしょう。発表への質問にうまく答える方法はどうすればよいのでしょうか。

解決法|事前に想定質問・回答を用意しておく

ゼミで発表する内容が固まったら、どんな質問がくるのか想定しておきましょう。事前に想定質問とその回答を用意しておくことで、うまく答えられるようになります。

自分で思いつかないときは、周りの知人に協力をお願いし、一緒に考えてもらうのもよいでしょう。ゼミの発表前に教授に「どんな質問が来ると思うか」と尋ねてみてもよいかもしれません。

悩み|ゼミの発表を休むことになった

ゼミの発表はとても大切な機会です。しかし、体調不良や就活の面接など、止むを得ない事情で欠席しなければならないこともあります。

ゼミの発表を休んでしまうと、今後の評価が不安になってしまいます。ゼミの発表を休んでしまった場合、何ができるのでしょうか。

解決法|次回発表時に向けてブラッシュアップする

休んでしまったものは仕方ありません。そのまま流れてしまうこともあれば、自分の番が次回に回されることがあります。もし自分の番が延期になったなら、次回発表時に向けて発表内容をブラッシュアップしましょう。

自分がただサボっていたわけではない、と周りにアピールするためには発表の質で勝負するしかありません。教授や先輩のアドバイスなどももらいながら、内容を見直し、リハーサルを繰り返し行ってください。

まとめ

ゼミの発表に悩みはつきものです。特に、ゼミ自体大学3年生から始まるもので、ゼミの形式でのアウトプットに慣れていないので悩むのも無理はありません。

しかし、どんな悩みでも努力すれば解決することができます。事前準備をしっかりして心の持ちようを整えておけば、きっとゼミの発表はうまくいくはずです。

今からでもまだ間に合う!就活を速攻で進めてくれるエージェント3選

就活に成功した女子

周りの友達は就活を始めているのに・・・

まだ何もできていない・・・・

そんな就活生は、今からでも最短最速で就職面接まで繋げてくれる就活エージェントに登録して、早速進めてしまうのがおすすめです!

就活生の4人に1人が活用!【OfferBox】

オファーボックス
紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★☆
最大の特徴登録すると90%以上の確率でオファーがくる

就活エージェントって言っても色々あって、どこに登録しておけば良いかわからない。。

という方は、迷ったらまずは今就活エージェントの中で最も人気が高いエージェントの一つOfferBoxに登録しておきましょう!

就活生の4人に1人が登録しており、登録企業数も1万社を突破している大規模就活エージェントです。

自分のプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で企業からオファーがもらえます

残り少ない就活の時間を有効活用するためにも、自分で求人を探すことも大事ですが、登録しておくだけでオファーがもらえるサービスも積極的に活用しておくことをお勧めします。

最短14日で自分に合った優良企業から内定がもらえる【キャリアチケット】

紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴最短2週間で内定獲得が可能!
  • とにかく早く内定が欲しい
  • 徹底したサポートで内定までガイドしてもらいたい

そう考えている学生はキャリアチケットを活用することもお勧めです。

キャリアチケットはレバレジーズ株式会社という会社が運営している就活支援サービスです。

量より質という点で定評を受けているサービスであり、あなたの状況や希望条件を細かくヒアリングし、厳選した企業を斡旋してくれます。

またスピード感もかなり早く、最短2週間で内定獲得までいけるほどのスピード感を持って、エージェントがマンツーマンでサポートしてくれます

とにかく早く、自分に合った企業を見つけたい!という方はキャリアチケットを活用しましょう。

最終面接まで行ったことがある学生はABABAを活用してみよう!

ABABA
紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴最終面接まで進んだ方は1回の面接で内定獲得

就活時期も終盤に差し掛かっていて、まだ内定がもらえていないけど、これまで最終面接まで行ったことはある!

という学生は「ABABA」を利用しておきましょう!

ABABAは、最終面接まで行ったことがある学生のサポートに特化したサービスです。

これは最終面接まで入ったのになかなか内定を取れていない。
選考フローが長すぎてなかなか内定まで辿り着けない。

といった悩みを抱える学生と、他社で評価されている学生を積極的に面接したいと考えている企業とを繋げるサービスです。

学生にとっても企業にとってもwinwinを実現しているサービスと言えます。できるだけ就活を短縮したいと考えている学生はぜひ利用しておくべきサービスです。

目次
閉じる