【1000万の奨学金を抱える人へ】計画的に返済して借金から解放されよう!

奨学金は、学生生活において必要になるかもしれませんが1000万円を超える場合不安も多いのではないでしょうか。学生の段階において、既に1000万円もの借金を抱えている状態となるため、返済プランやデメリットが気になるところです。そこで、この記事では奨学金が1000万円を超える場合のポイントを紹介します。

就活生必見!就活での自己タイプ・適性診断を受けてみよう!

就活を始めるにしても、自分がどんな業界や仕事に興味があるのかわからない・・・

自分の適性がどこにあるのかまずは知りたい・・・

そう言った悩みを持つ就活生は、まずはOfferBoxの適正診断テストを受けて自分のタイプ・適性のある業界を知りましょう!

また、診断テストを受けてプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で大手企業・ベンチャー企業・官公庁(経産省)をはじめとする優良企業からスカウトが届きます。

就活生の3人に1人が利用している「OfferBox(オファーボックス)」をぜひ活用しておきましょう!

1000万の奨学金を抱える背景

学生時代に1000万円もの奨学金が必要となる背景として、学生時代の支出が挙げられます。以下は、その具体例です。

目次

①私立大学・医療系の学部に通う

私立大学や、医療系の学部に通う場合、その授業料は国公立よりもさらに高くなります。例えば、私立大や医学部生が年間授業料200万円程であるのに対して、国公立であれば60~90万円程で済む場合もあります。そのため、入学する大学の授業料がいくらとなるのかをあらかじめ確認して、入学試験を受けるように気を付けましょう。

②上京後の生活費を奨学金で賄う

地方から都会の大学に通う場合、上京後の生活費を奨学金で賄う場合があります。大学に入学した後、授業料だけでなく家賃や食費など多くの生活費が必要となります。これら全てをアルバイトだけで賄うことは実質的に不可能であるため、必然的に奨学金を借りざるを得ない学生が多くいるのです。

③大学院まで進学する

もしも、大学院まで進学をする場合奨学金が必要となります。大学院では、大学以上に日常生活の時間を勉学や研究に割かなければなりません。そのため、生活費はこれまで通りかかるとしてもさらに2~4年間分の授業料と、アルバイトができなくなることにより必要となる生活費を奨学金で賄わなければならないのです。

1000万の奨学金を抱えるデメリット

奨学金が1000万円を超えてしまう場合、メリットよりもデメリットが多いのではないでしょうか。金銭的なストレスによって、不安を感じたり奨学金の返済に悩むばかり、学生としての本業を全うできない可能性が考えられます。そこで、以下では3つのデメリットを紹介していきます。

①大学生活を楽しめない

1000万円以上の奨学金による1つ目のデメリットは、大学生活を楽しめないことです。一般的に、奨学金を借りていない学生であればバイトやサークル活動を楽しむことができます。しかし、1000万円もの奨学金を借りてしまうと返済の不安から大学生活そのものが嫌になってしまうケースがあります。

②学業・研究にも集中できない

1000万円以上の奨学金による2つ目のデメリットは、学業・研究にも集中できないことです。学生であれば、多かれ少なかれ大学の授業や研究に楽しさを感じることがあります。しかしながら、奨学金が多額過ぎるとそもそも学業や研究に興味を持つことすらできなくなってしまうことがあるのです。

③入社後も返済に追われる

1000万円以上の奨学金による3つ目のデメリットは、入社後も返済に追われることです。原則として、奨学金はいつどのくらい返済をするかは借りた人の自由です。しかしながら、現実としては奨学金を返し始められるのは社会人になってからであるため、入社してからも毎月返済に追われてしまいます。

1000万の奨学金を返済するプラン

奨学金が1000万円を超える場合、どのように返済をするかプランを立てることが特に重要となります。具体的には、毎月一定額のみの返済で無理なく完済を目指すプランと、毎月の負担が大きくても早期に完済をするプランです。以下では、それぞれの詳細を説明しますので該当する場合は参考にしてください。

①毎月の負担を増やさずに返済したい人

1000万円の奨学金を完済するプランの1つ目は、毎月の負担を増やさずに返済する方法です。例えば、返済期間を20年と設定した場合、月々2万5千円の返済で計600万円を返済し、残る400万円は年2回のボーナスで10万ずつ返済をするプランになります。

この返済プランであれば、日々の生活を逼迫させることなく奨学金を返済できます。1000万円の返済まで途方もなく長く感じるかもしれませんが、毎月着実に返済をすることを心掛けましょう。千里の道も一歩よりといえます。

②早く返済したい人

1000万円の奨学金を完済するプランの2つ目は、早く返済する方法です。例えば、返済期間を10年と設定した場合、月々5万円以上の返済で計600万円以上。また、残る400万円程は年2回のボーナスでそれぞれ15万ずつ返済するプランとなります。

早く返済をすることは、総額で支払うべき金利も減らすことができるため得であると言えます。しかしながら、毎月きっちりとした財務管理が必要になるため、食欲や物欲を抑えなければなりません。辛抱強く計画的な人にオススメのプランです。

余裕を持って返済するための条件

奨学金の借入額が多額の場合、余裕をもって返済するための条件を満たすことが重要です。なぜなら、1000万円もの奨学金を返済するには、弊害となる条件をクリアしておくことが大切だからです。以下では、余裕をもって返済するための条件を3つご紹介します。返済プランを立てるにあたり、参照してください。

条件①|初任給20万以上の大企業に就職

1つ目の条件は、初任給20万円以上の大企業に就職することです。大企業に就職することにはメリットとして、住宅費や食費の補助といった福利厚生だけでなく、残業代が確実に支払われることも挙げられます。これは、計画的な返済にとても重要です。

なぜなら月々の生活費を企業が一部負担をしてくれる場合、その費用を奨学金の返済にあてがうことができるからです。また、大企業であれば勤続年数に応じて年収が上がっていくことも期待できるため、返済期間の縮小にもつながると言えます。

条件②|実家暮らし・寮生活

2つ目の条件は、実家暮らしか寮生活を行うことです。生活費において、通常は家賃が最大となるため実家暮らしは有効な手段です。例えば、実家暮らしをすることで毎月6~8万円程の家賃を削減することができ、奨学金の返済に活用できます。

また、会社が寮を保有していればこれを利用するのも有効な手段です。会社の寮は、一般的に家賃の一部負担で済むため毎月3~4万円程に抑えることができます。仮に家を借りる場合と比べて2~3万円程を削減できるため、費用削減の手段と言えます。

条件③|返済中は結婚しない

3つ目の条件は、奨学金の返済中は結婚をしないことです。結婚をしないという選択は人生においても難しい決断となるでしょう。しかし、長期的に考えれば結婚をすることで相手や子供の生活費をさらに負担する必要性が生じるため、現実的ではありません。

奨学金を返済するまでの間と決めておけば、たとえ意中の相手がいたとしても結婚まで待ってくれる可能性も期待できます。長い人生をより良く生きるためには、短期的な目標よりも長期的な目標を選択する必要が時にあることを覚えておくと良いでしょう。

1000万の奨学金を返済する際の疑問

奨学金を1000万円返済する場合、学生の皆さんにとっていくつかの疑問がわくかもしれません。これまでの生活において、奨学金を借り入れていなければ当然ですし、これから直面しうる状況を事前に把握しておくことは賢明な判断です。そこで、以下では奨学金を返済する場合の疑問を2つ説明します。

①返済は前倒しすべきか

奨学金を返済する場合における1つ目の疑問は、返済を前倒しすべきか否かです。もし、奨学金を前倒しで返済することができれば返済にかかる金利手数料も削減することができ、毎月の生活費を切り詰めなければならないというリスクからも解放されます。

そのため、毎月の生活費に3万円以上の余裕が定期的に出るのであれば前倒しの返済も検討すると良いでしょう。多少の余裕が出たからすぐに返済にあてるのではなく、中長期的にその収支状況を維持できるかを考えた上で決断をすることが最適と言えます。

②奨学金の返済は重荷なのか

奨学金を返済する場合における2つ目の疑問は、奨学金の返済は重荷なのかです。基本的に、上述の条件を2つ満たしていれば奨学金の返済は重荷にはなりません。なぜなら、収支の管理をしていれば奨学金は着実に返済ができるものだからです。

しかしながら、病気や怪我によって毎月の収入が得られなくなった場合や、追加での支払いなどが生じた場合は重荷になります。この場合、奨学金の返済プランを全て見直さなければならなくなるため、精神的だけでなく実質的な負担も増えることとなります。

1000万の奨学金を抱える学生がすべきこと

学生の時点で、もしも奨学金を1000万円抱えている場合取り組むべきことがいくつかあります。これらは、奨学金の返済をどのようにすれば早く実現できるのかと、返済に伴う負担を減らすという目標に直結しています。多額の奨学金で不安を感じていても、冷静に現状を分析して適切な行動を選択しましょう。

①最低限のアルバイトはしても良い

1000万円以上の奨学金を抱えている場合、最低限のアルバイトをしても良いです。奨学金を借りている学生の中には、アルバイトを行うという選択肢自体がとれないと誤解している人もいます。しかし、アルバイトをすべき理由がいくつかあります。

  • アルバイトをすることで生活費の足しになる
  • 大学以外のコミュニティで知り合える友人と気分転換ができる
  • 生活のメリハリがつくため、多額の奨学金という不安に苛まれなくなる
  • 収支のバランスを意識することとなるため、返済がより容易になる

このように、奨学金を抱えていてもアルバイトをすべき理由はあります。肉体的に負担でも、挑戦してみてはいかがでしょうか。

②就職後を見据えてスキルアップに励む

1000万円以上の奨学金を抱えている場合、就職後を見据えてスキルアップに励むべきです。学生の多くは、社会人になった途端に勉強を辞めてしまい、勤続年数と経験による社内昇進のみを期待するキャリアプランです。しかし、転職も選択肢の1つです。

しかしながら、就職をした後でもどん欲に勉強を続けて資格やスキルを高めることは、極めて重要です。なぜなら、結果的には年収の向上に繋がるため、奨学金の返済期間を短くして、精神的な負担や心配をも軽減することに繋がるといえるからです。

まとめ

奨学金が1000万円以上の場合、返済期間や金額を計画的に決めることが重要です。奨学金を返済するため行うべきことや、反対に一定期間の間行うべきでないこともあることがわかりました。学生生活を充実させるため、奨学金は選択肢の1つですが本当に借りる必要があるのかを事前に検討しましょう。

今からでもまだ間に合う!就活を速攻で進めてくれるエージェント3選

就活に成功した女子

周りの友達は就活を始めているのに・・・

まだ何もできていない・・・・

そんな就活生は、今からでも最短最速で就職面接まで繋げてくれる就活エージェントに登録して、早速進めてしまうのがおすすめです!

就活生の4人に1人が活用!【OfferBox】

オファーボックス
紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★☆
最大の特徴登録すると90%以上の確率でオファーがくる

就活エージェントって言っても色々あって、どこに登録しておけば良いかわからない。。

という方は、迷ったらまずは今就活エージェントの中で最も人気が高いエージェントの一つOfferBoxに登録しておきましょう!

就活生の4人に1人が登録しており、登録企業数も1万社を突破している大規模就活エージェントです。

自分のプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で企業からオファーがもらえます

残り少ない就活の時間を有効活用するためにも、自分で求人を探すことも大事ですが、登録しておくだけでオファーがもらえるサービスも積極的に活用しておくことをお勧めします。

最短14日で自分に合った優良企業から内定がもらえる【キャリアチケット】

紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴最短2週間で内定獲得が可能!
  • とにかく早く内定が欲しい
  • 徹底したサポートで内定までガイドしてもらいたい

そう考えている学生はキャリアチケットを活用することもお勧めです。

キャリアチケットはレバレジーズ株式会社という会社が運営している就活支援サービスです。

量より質という点で定評を受けているサービスであり、あなたの状況や希望条件を細かくヒアリングし、厳選した企業を斡旋してくれます。

またスピード感もかなり早く、最短2週間で内定獲得までいけるほどのスピード感を持って、エージェントがマンツーマンでサポートしてくれます

とにかく早く、自分に合った企業を見つけたい!という方はキャリアチケットを活用しましょう。

最終面接まで行ったことがある学生はABABAを活用してみよう!

ABABA
紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴最終面接まで進んだ方は1回の面接で内定獲得

就活時期も終盤に差し掛かっていて、まだ内定がもらえていないけど、これまで最終面接まで行ったことはある!

という学生は「ABABA」を利用しておきましょう!

ABABAは、最終面接まで行ったことがある学生のサポートに特化したサービスです。

これは最終面接まで入ったのになかなか内定を取れていない。
選考フローが長すぎてなかなか内定まで辿り着けない。

といった悩みを抱える学生と、他社で評価されている学生を積極的に面接したいと考えている企業とを繋げるサービスです。

学生にとっても企業にとってもwinwinを実現しているサービスと言えます。できるだけ就活を短縮したいと考えている学生はぜひ利用しておくべきサービスです。

目次
閉じる