ら抜き言葉とは?|見分け方や例を徹底解説します!

就活生の中には、自分の使っているのが「ら抜き言葉」だと気づかない人も少なくないようです。ら抜き言葉とは何かはわかっていても、どれが正しい表現なのかを説明できない人もいるかもしれません。そこで今回は、ら抜き言葉とは何か、そのメリットとデメリット、見分け方について解説します。

登録するだけで優良企業からスカウトがもらえる逆求人サイト

  • キミスカ
    • これまでの就職活動の選考状況を評価して面接工程をできるだけカット!
    • 優良企業から比較的熱量の高いスカウトが届く
  • オファーボックス(OfferBox)
    • 国内最大級、就活生の3人に1人が利用!大企業からベンチャーまで登録企業多数!
    • 登録後90%以上の確率で企業からオファーが届く
  • dodaキャンパス
    • 登録後の企業からのオファー受信率97%!手厚いサポートも受けられる!
    • 広くいろいろな業界を見たいなら登録必須!

\理系学生・大学院生がスカウトをもらえる就活サービス/

  • 理系ナビ
    • 理系学生のための逆求人サイト、理系就活を効率よく進められる
  • アカリク
    • 大学院生用の就活サイトとして研究内容を評価したオファーが届く
  • LabBase(ラボベース)
    • 理系・大学院生向けの逆求人サイト、質の高い企業からのオファーが期待できる

\IT企業を目指す学生向け逆求人サイト/

  • エンジニア就活
    • ITエンジニアに特化した就活サービス
    • 活動履歴登録でIT企業からスカウトが届く
  • キャリアセレクト
    • 新卒でITエンジニアを目指す人に特化した逆求人サイト

ら抜き言葉とは

小学館のオンライン大辞泉では、「ら抜き言葉」について、以下のように説明しています。

動詞に可能の助動詞「られる」がついた「食べられる」「出られる」「見られる」などから「ら」を抜いた、「食べれる」「出れる」「見れる」などの言い方の称。文法的には破格。ら抜き表現。

つまり「ら抜き言葉」とは、本来は中に含まれている「ら」が抜けてしまったまま、使われている言葉をさします。そして文法上は、「動詞を可能という意味で活用する際に、助動詞で起こる誤り」という扱いになります。

ら抜き言葉のメリット・デメリット

文化庁が2015年に発表した「平成27年度『国語に関する世論調査』の結果の概要」によると、現代では正しい言葉遣いではなく、ら抜き言葉を使う人の方が多いことがわかりました。それは、ら抜き言葉にメリットが多いと感じる人が増えたことと、関連しているのかもしれません。

ここでは、ら抜き言葉のメリットとデメリットについて説明します。

目次

ら抜き言葉のメリット

ら抜き言葉のメリットとして、以下のことがあげられます。

  • 可能・受け身・尊敬語の区別がつきやすくなるので、動詞の意味がわかりやすくなる
  • 話し言葉で使う際には固さがなくなるので、親近感を増しやすい

1つめのメリットを補足するために、「見る」を例にあげてみましょう。「見られる」という言葉は、以下の3つの意味を持ちます。

  • スマホでも映画が見られる/可能であることを表す
  • 周囲の人にジロジロ見られる/受け身であることを表す
  • 部長が提案資料を見られる/尊敬する相手であることを表す

「見れる」というら抜き言葉は、可能であることを表すとすぐにわかります。このように、すぐに意味を理解してもらえるというメリットが、ら抜き言葉にはあります。

ら抜き言葉のデメリット

一方のら抜き言葉のデメリットには、以下のものがあります。

  • 文法的に間違っている
  • 書き言葉として使うと、意味が変容する可能性がある
  • 話し言葉で使う際も、相手に不快な思いをさせる可能性がある

尊敬語・謙譲語に代表されるように、日本人は言葉の表現を大切にする国民性を持っています。しかし、ら抜き言葉が日常化することで、そうした日本古来の国語表現の良さが失われるリスクを否定できません。

ら抜き言葉の見分け方

就活生の中には、何がら抜き言葉なのか、見分けがつかないという人もいることでしょう。しかし、就活においては書類作成の機会が多いので、正しい表現を用いる必要があります。

ここではら抜き言葉の見分け方について、具体的に説明します。

①「~よう」をつけてみる

1つめは、言葉に「~よう」がつけられるかどうかを見極めることです。例にあげて、考えてみましょう。

  • 見れる→見よう
  • 出れる→出よう

上記の場合は、ら抜き言葉になっている動詞と判断できます。しかし、「~よう」がつけられないものもあります。「売れる」は「売られる」と表現されることもありますが、「~よう」をつけることはできません。「売ろう」という表現になるため、ら抜き言葉ではないことがわかります。

②「~することができる」に置き換えてみる

2つめは、言葉を「~することができる」に置き換えてみることです。具体例は、以下のようになります。

  • 見れる→見ることができる
  • 出れる→出ることができる

「~よう」だけで見分けがつかなかった時には、この方法も併用するとよいでしょう。

ら抜き言葉の例

前述した「見れる」「出れる」以外にも、ら抜き言葉はあります。そして若者の多くは、ら抜き言葉だと意識せずに使っているものも多いです。ここではら抜き言葉の例を3つあげて、説明します。

①食べれる

1つめは、「食べれる」です。正しくは「食べられる」と表現します。この場合は、「食べることができる」という可能を表す意味と、「目上の人が食べている」ことを示す敬語と、2つの使い方が考えられます。しかし「目上の人が食べている」は、「召し上がる」などの言い換えが可能です。

②着れる

2つめは、「着れる」です。正しくは「着られる」と表現します。この場合も、「着ることができる」という可能を表す意味と、「目上の人が着ている」ことを示す敬語と、2つの使い方が考えられます。しかし、「着ることができる」は「お召しになる」という言い換えもできます。

③来れる

3つめは、「来れる」です。正しくは「来られる」と表現します。この場合は、「来ることができる」という可能を表す意味と、「目上の人が来ている」ことを示す敬語と、2つの使い方が考えられます。しかし、「目上の人が来ている」は、「いらっしゃる」といった言い換えが可能です。

今ならまだ間に合う!優良企業に一括エントリーしちゃおう!

bizualまとめてエントリー
有名ベンチャーにまとめてエントリー!

bizualでは、2024年卒の学生の方々向けに、有名ベンチャーへの就職サポートを行っております。

  • 今をときめくITベンチャーで働いてみたい!
  • 優秀な社員の方が多数在籍する会社で働いて自分のスキルを磨きたい!
  • 大きな裁量権を持って仕事をして、やりがいと総合的なビジネス力を身につけたい!
  • ゆくゆくは独立もできるスキルを身につけたい!

上記のような学生は、ぜひbizual会員登録&エントリーから登録とエントリーをすすめてみてください!

また、他にも就活生同士の情報交換などができるbizualアカデミーも運営しています。実際に希望する会社の面接を受けてきた学生の声なども知ることができるので、ぜひ登録からすすめてみてくださいね!

まとめ

今回は「ら抜き言葉」とは何か、そのメリットとデメリット、見分け方について解説しました。

日本語表現も時代と共に変容していますので、今の若い世代にとって「ら抜き言葉」は日常語なのかもしれません。しかし、社会人になった際にはそれが不適切な場面があるのも事実です。「ら抜き言葉」についての理解を深め、使い分けができるよう準備しておくことをおすすめします。

今からでもまだ間に合う!就活を速攻で進めてくれるエージェント3選

就活に成功した女子

周りの友達は就活を始めているのに・・・

まだ何もできていない・・・・

そんな就活生は、今からでも最短最速で就職面接まで繋げてくれる就活エージェントに登録して、早速進めてしまうのがおすすめです!

就活生の3人に1人が活用!【OfferBox】

オファーボックス
紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★☆
最大の特徴登録すると90%以上の確率でオファーがくる

就活エージェントって言っても色々あって、どこに登録しておけば良いかわからない。。

という方は、迷ったらまずは今就活エージェントの中で最も人気が高いエージェントの一つOfferBoxに登録しておきましょう!

就活生の4人に1人が登録しており、登録企業数も1万社を突破している大規模就活エージェントです。

自分のプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で企業からオファーがもらえます

残り少ない就活の時間を有効活用するためにも、自分で求人を探すことも大事ですが、登録しておくだけでオファーがもらえるサービスも積極的に活用しておくことをお勧めします。

最短14日で自分に合った優良企業から内定がもらえる【キャリアチケット】

紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴最短2週間で内定獲得が可能!
  • とにかく早く内定が欲しい
  • 徹底したサポートで内定までガイドしてもらいたい

そう考えている学生はキャリアチケットを活用することもお勧めです。

キャリアチケットはレバレジーズ株式会社という会社が運営している就活支援サービスです。

量より質という点で定評を受けているサービスであり、あなたの状況や希望条件を細かくヒアリングし、厳選した企業を斡旋してくれます。

またスピード感もかなり早く、最短2週間で内定獲得までいけるほどのスピード感を持って、エージェントがマンツーマンでサポートしてくれます

とにかく早く、自分に合った企業を見つけたい!という方はキャリアチケットを活用しましょう。

最終面接まで行ったことがある学生はABABAを活用してみよう!

ABABA
紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴最終面接まで進んだ方は1回の面接で内定獲得

就活時期も終盤に差し掛かっていて、まだ内定がもらえていないけど、これまで最終面接まで行ったことはある!

という学生は「ABABA」を利用しておきましょう!

ABABAは、最終面接まで行ったことがある学生のサポートに特化したサービスです。

これは最終面接まで入ったのになかなか内定を取れていない。
選考フローが長すぎてなかなか内定まで辿り着けない。

といった悩みを抱える学生と、他社で評価されている学生を積極的に面接したいと考えている企業とを繋げるサービスです。

学生にとっても企業にとってもwinwinを実現しているサービスと言えます。できるだけ就活を短縮したいと考えている学生はぜひ利用しておくべきサービスです。

目次