「存じます」の意味と例文を解説。繰り返し使うとくどい?類語も紹介

存じますを初めて目にした方はその特殊な使われ方に違和感を覚えたかと思います。また、普段当たり前のように使っていても、存じますの意味や使い方、言い換え表現を知らない方もいるのではないでしょうか。今回の記事ではビジネスシーンでの存じますの例文や使う際のポイントを解説していきます。

就活生必見!就活での自己タイプ・適性診断を受けてみよう!

就活を始めるにしても、自分がどんな業界や仕事に興味があるのかわからない・・・

自分の適性がどこにあるのかまずは知りたい・・・

そう言った悩みを持つ就活生は、まずはOfferBoxの適正診断テストを受けて自分のタイプ・適性のある業界を知りましょう!

また、診断テストを受けてプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で大手企業・ベンチャー企業・官公庁(経産省)をはじめとする優良企業からスカウトが届きます。

就活生の3人に1人が利用している「OfferBox(オファーボックス)」をぜひ活用しておきましょう!

存じますとは

存じますの例文をご紹介する前にまずは意味や読み方をおさえましょう。

目次

存じますの意味は「思います」

存じますは「思います」の謙譲語です。「~~と思います」と使うように、文末にかけて「~~と存じます」と使います。

存じますには「思います」の他に「知っています」といった意味も含まれます。「思う」も「知る」も幅広いシーンで使える言葉です。存じますも様々な場面、特に敬語が重要となるビジネスシーンでは重宝される表現です。

存じますの読み方は「ぞんじます」

存じますの「存」は「ぞん」と読みます。聞き馴染みのある「存在」という熟語では「そん」と読むため、「そんじます」と間違えやすいのでご注意ください。

ビジネスシーンでは書き言葉のメールとして頻出の存じますも、話し言葉として電話などの会話で使われることもあります。読み方を間違えないようにしましょう。

存じますは口語としても使える

前述の通り、存じますは口語としても用いることができます。

ただ、口語の場合はメールなど書き言葉として残る場合ほど厳密な敬語は求められません、従い、必ずしも毎回「存じます」を使う必要はなく、「思います」という丁寧語を用いても問題はありません。

存じますのビジネスでの使い方

存じますはビジネスシーンで頻出の表現です。

以下では、ビジネスで存じますを使う際に注意して頂きたい点をご紹介します。

対象が人であれば「存じ上げております」がより丁寧

存じますには「思う」と「知る」の2つの意味があると説明しました。

対象が人である場合、「知っております」を表現する際には「存じ上げております」を用いるとより丁寧な印象を与えることができます。

例えば、上司に「取引先のAさん知ってる?」と聞かれた際に「はい、存じ上げております」「いえ、存じておりません。」と返事ができます。

対して、「今日の会議室どこか知ってる?」と聞かれた際には「はい、存じております。」「いえ、存じておりません。」と「上げる」という表現を用いないようにします。

理由は、対象が人以外のコトやモノの場合にも「存じ上げております」を用いると過剰表現になってしまうからです。敬語も使い所をおさえるからこそ相手によい印象を与えるのであり、過度な敬語表現は避けたいところです。

「いただきたく存じます」は目上の人にお願いをする際に使う

目上の人や社外の人に「~~をしてほしいと思います」と伝える際に「~~していただきたく存じます」を使います。

「~~してほしい」の謙譲語として「~~していただく」、「思う」という意味で「存じます」に置き換えた表現です。

尚、「いただきたく」は平仮名か漢字で意味合いが異なります。飲食などをいただく場合は「頂きたく」と漢字を用いて、補助動詞として使う場合は平仮名になります。例えば「ご連絡いただきたく存じます」は連絡という動詞を補助するものとして「いただきたく」を使うため、平仮名となります。

ビジネスで使う際はほとんどが平仮名の「いただきたく存じます」を使うことになります。

許可をとる際には「存じますがいかがでしょうか」

まだ承諾を得てない許可や提案をする際には、「~~と存じますがいかがでしょうか」という表現を使います。これは「~~と思いますがどうでしょうか」という意味です。

許可や提案をする際に間違えやすいのが、まだ許可を得ていないにも関わらず独断で「~~とさせて頂きたく存じます」と、さも決定事項かのような表現をしてしまうことです。必ず「~~とさせて頂きたく存じますがいかがでしょうか」と伺うようにしましょう。

存じますと思いますは併用できる

存じますは主に上司や社外の人などに用いる「思います」「知っています」を意味する謙譲語です。

社内でも部下に対しては「思います」とシンプルな丁寧語を用いることが一般的です。部下に対しても「存じます」と謙譲語を多用するのは違和感を感じる方がいるかもしれません。

上司と部下で存じますと思いますを併用してうまくコミュニケーションをとるようにしましょう。

存じますを繰り返し使うとくどい

存じますはその意味からあらゆる場面で万能に使うことができます。それ故に、全ての文章で存じますを使う、ということも稀ではありません。

しかし前述した通り、敬語は使い所が肝心です。繰り返し使うとくどい印象をもたれ、「本当に思っているのか」と疑問視されてしまうかもしれません。

存じますを使う際には他の敬語表現と織り交ぜながら、くどくならないように注意しましょう。

存じますのメール例文

存じますのビジネスでの使い方について知ったところで、実際の例文を確認していきます。

メールで存じますを使う際のキーフレーズをいくつか選出し、例文と合わせてご紹介します。

「存じ上げておりますが」の例文

「目上の方の存在を知ってはいますが」といった意味で使います。

  • 「お得意先のAさんのことは知っていますか。」
  • 「存じ上げておりますが、お会いしたことはなく本日のミーティングで初めてお会いします。」

このようなメールのやりとりで用いることができます。先ほど解説した通り、対象がお得意先のAさんという人であるため、「存じ上げる」という表現を用いることができます。コトやモノの場合はこの表現は避けましょう。

「できればと存じます」の例文

少し親しい間柄で、許可の申し出とは言わないまでも何か小さな提案や気遣いをする際に、お節介に聞こえないように使えるのがこの「できればと存じます」という表現です。

  • 「本日御社に伺いますが、どちらで待ち合わせしましょうか。」
  • 「1F入り口前にて待ち合わせできればと存じます。」

「いただければと存じます」という表現はかなりかたい印象を与えてしまいます。メールなどの書き言葉では問題ないかもしれませんが、関係が深く、電話などでは「できればと存じます」の表現を用いた方が自然です。

例文では、取引先の待ち合わせ場所に関する質問に対して「こう思っていますがどうでしょうか」といったニュアンスで軽い提案をしています。

「存じます」と「幸いです」の例文

存じますと並んで、ビジネスの文末でよく見る表現が「幸いです」になります。意味は「嬉しく思います」となり、目上の方にお願いごとをする際や手間をかけてしまう際に使います。

「幸いです」の方が存じますより少し感情要素が入った表現で、「思う」の意味として使う「存じます」とは、ほとんど同じシーンで用いることができます。例えば先ほどの例文ですと、

  • 「本日御社に伺いますが、どちらで待ち合わせしましょうか。」
  • 「1F入り口前にて待ち合わせできれば幸いです。」

このように少し控えめで丁寧な印象に変わります。存じますを繰り返し使うとくどいと述べましたが、その際にはこの「幸いです」も併用してみましょう。

また、「幸いに存じます」は「幸いでございます」よりもさらに丁寧な表現として使うことができますので、合わせて覚えておきましょう。

「ことと存じます」の例文

相手を気遣う際に合わせて使える表現が「ことと存じます」です。

  • 「ご多用かと存じますが、ご確認のほど何卒宜しくお願い致します。」

このように、相手を気遣った上で後の文章につなげやすい表現です。例文では繁忙を配慮した上で、確認のお願いをしています。このように丁寧な表現を用いることで、忙しい相手でも悪い印象なくメールを受け止めることができるクッション材のように使えます。

存じますの類語、言い換え表現

最後に、存じますの類語や言い換え表現を表にて説明します。

先ほど解説した「幸いです」が最も言い換えやすい表現になります。また、「所存」を類語と捉える方も多いとは思いますが、「存じます」とは異なり、あくまで自分の意見を表明するときに使います。混同しないように注意しましょう。

まとめ

今回の記事では「存じます」について、様々な角度から深堀りし理解を進めてきました。

敬語表現で重要なのは形式的な文法以上に相手を心から敬う気持ちです。使い方に習熟しながらもその点を忘れないようにしてください。皆様のビジネスでの活躍を祈念しております。

今からでもまだ間に合う!就活を速攻で進めてくれるエージェント3選

就活に成功した女子

周りの友達は就活を始めているのに・・・

まだ何もできていない・・・・

そんな就活生は、今からでも最短最速で就職面接まで繋げてくれる就活エージェントに登録して、早速進めてしまうのがおすすめです!

就活生の4人に1人が活用!【OfferBox】

オファーボックス
紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★☆
最大の特徴登録すると90%以上の確率でオファーがくる

就活エージェントって言っても色々あって、どこに登録しておけば良いかわからない。。

という方は、迷ったらまずは今就活エージェントの中で最も人気が高いエージェントの一つOfferBoxに登録しておきましょう!

就活生の4人に1人が登録しており、登録企業数も1万社を突破している大規模就活エージェントです。

自分のプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で企業からオファーがもらえます

残り少ない就活の時間を有効活用するためにも、自分で求人を探すことも大事ですが、登録しておくだけでオファーがもらえるサービスも積極的に活用しておくことをお勧めします。

最短14日で自分に合った優良企業から内定がもらえる【キャリアチケット】

紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴最短2週間で内定獲得が可能!
  • とにかく早く内定が欲しい
  • 徹底したサポートで内定までガイドしてもらいたい

そう考えている学生はキャリアチケットを活用することもお勧めです。

キャリアチケットはレバレジーズ株式会社という会社が運営している就活支援サービスです。

量より質という点で定評を受けているサービスであり、あなたの状況や希望条件を細かくヒアリングし、厳選した企業を斡旋してくれます。

またスピード感もかなり早く、最短2週間で内定獲得までいけるほどのスピード感を持って、エージェントがマンツーマンでサポートしてくれます

とにかく早く、自分に合った企業を見つけたい!という方はキャリアチケットを活用しましょう。

最終面接まで行ったことがある学生はABABAを活用してみよう!

ABABA
紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴最終面接まで進んだ方は1回の面接で内定獲得

就活時期も終盤に差し掛かっていて、まだ内定がもらえていないけど、これまで最終面接まで行ったことはある!

という学生は「ABABA」を利用しておきましょう!

ABABAは、最終面接まで行ったことがある学生のサポートに特化したサービスです。

これは最終面接まで入ったのになかなか内定を取れていない。
選考フローが長すぎてなかなか内定まで辿り着けない。

といった悩みを抱える学生と、他社で評価されている学生を積極的に面接したいと考えている企業とを繋げるサービスです。

学生にとっても企業にとってもwinwinを実現しているサービスと言えます。できるだけ就活を短縮したいと考えている学生はぜひ利用しておくべきサービスです。

目次
閉じる