「この度は」の意味とは?書き出しで使う例文や類語を徹底解説!

「この度は」という表現を見聞したことがあるかと思います。ビジネスや格式ばった場面で良く用いられる表現方法で、「この度は〜」といった形でメールの書き出しでも頻出する表現です。具体的にどのような意味が込められているのでしょうか。使用方法やその例文、類語と合わせて解説します。

登録するだけで優良企業からスカウトがもらえる逆求人サイト

  • キミスカ
    • これまでの就職活動の選考状況を評価して面接工程をできるだけカット!
    • 優良企業から比較的熱量の高いスカウトが届く
  • オファーボックス(OfferBox)
    • 国内最大級、就活生の3人に1人が利用!大企業からベンチャーまで登録企業多数!
    • 登録後90%以上の確率で企業からオファーが届く
  • dodaキャンパス
    • 登録後の企業からのオファー受信率97%!手厚いサポートも受けられる!
    • 広くいろいろな業界を見たいなら登録必須!

\理系学生・大学院生がスカウトをもらえる就活サービス/

  • 理系ナビ
    • 理系学生のための逆求人サイト、理系就活を効率よく進められる
  • アカリク
    • 大学院生用の就活サイトとして研究内容を評価したオファーが届く
  • LabBase(ラボベース)
    • 理系・大学院生向けの逆求人サイト、質の高い企業からのオファーが期待できる

\IT企業を目指す学生向け逆求人サイト/

  • エンジニア就活
    • ITエンジニアに特化した就活サービス
    • 活動履歴登録でIT企業からスカウトが届く
  • キャリアセレクト
    • 新卒でITエンジニアを目指す人に特化した逆求人サイト

「この度は」とは

会社の案内状などで、「この度は」という表記を見たことがあるかもしれません。漢字で書かれると読み方がわからない、という人もいるでしょう。これは何と読めばよいのでしょう。

日本語の読み方と合わせて、英語表現についても解説します。

目次

「この度は」の読み方

「この度は」は、「このたびは」と読みます。「度」を「たび」と読むことに違和感を感じる人もいるかもしれません。「度」は音読みでは「ど」と読みますが、訓読みでは「たび」と読みます。

ちなみに「度」という意味には時間や回数という意味があります。更に意味の「時間」は未来や過去ではなく、多くの場合は「今」を表します。そのため「この度は」は「今この瞬間」などの意味を表しています。

「この度は」の意味

「この度は」は、今回、今度といった意味を丁寧に言い換えたものになります。

特に、ビジネスの現場では進行中の案件や出来事、直前の予定/直後の予定を指して使うことが多く、ニュアンスが少々異なる部分もあります。詳しくは使い方の見出しで解説します。

「この度は」の英語表現

「この度は」を英語表現で調べると、真っ先に出てくるのは「on this occasion」でしょう。「occasion」は「機会」という意味があります。「on this occasion」を直訳すると、「この機会において」という少し堅苦しい意味になります。

また、「at this time」や「now」という英語表現もあります。こちらは「on this occasion」よりも少し砕けた言い方になります。格式ばった場面でなければ、「at this time」や「now」が用いられます。

ただ、英語ではあまり「この度は」という言い方はしません。特にお礼や感謝の気持ちを表す場合は、ストレートに「Thank you」と前置きをしてから、何に対して感謝しているのかを具体的に伝えます。

「この度」の別の表記方法

「この度」には、別の表記方法がいくつかあります。見たことがある表記方法もあれば、始めてみる表記方法もあるでしょう。どんな時に別の表記方法が使われるのかも合わせて解説します。

「このたび」

「この度」は「このたび」とひらがなで表記されることがあります。実は、すべてひらがなで表記される方が正しい書き方なのです。

「このたび」に込められている意味は、「今」や「時」などを意味しています。確かに「度」にも「今」や「時」という意味はありますが、その意味合いは少し弱くなります。「度」は本来は「度合」を表すもので、「温度」などのように使われるのです。

「このたび」は「度」が表す「度合」という本来の意味からは少しずれています。この観点から「この度」ではなく「このたび」と表記するのが正しいとされています。

「此の度」、「此度」

「此の度」や「此度」などのように、「この」の部分も漢字で表記されることもあります。これは普段の案内状などで使われることはほとんどありません。すべて漢字で表記してしまうと、慇懃無礼だと感じる人もいるからです。

ただ、まったく使われていないわけではありません。文学上ではすべて漢字表記されることが多々あります。昔は「此度」などのようにすべて漢字で表記されていました。その名残が文学上にだけ残っているのです。

「この度」の使用方法と例文

「この度」という表現方法は、具体的にどのような場面で使われるのでしょう。聞いたことや見たことはあるけれど、どんな場面で使われていたのか覚えていないという人もいるかもしれません。

そこで、大きく3つの使い方に分けてそれぞれポイントも含めて解説します。

感謝を伝える

「この度」という表現は、上司など目上の人に感謝の気持ちを伝える場面で多く使われます。どれだけ自分が感謝しているのかを伝える意図を持って使用されます。「この度は」という表現を用いることで、「言葉では表現できないほど感謝しています」という気持ちを込めているのです。

例文

  • この度はご尽力いただき、誠にありがとうございます
  • この度はお忙しい中、お時間を頂戴できましたこと、感謝しております
  • この度は弊社の求人にお申込みいただき、ありがとうございます

ポイント

ポイントは、感謝の気持ちを伝える文章の先頭に「この度」という言葉を書き出しとして持ってくることです。先頭に持ってくることで、感謝の気持ちを伝えようとする意図が強くなります。

謝罪を伝える

「この度」という言葉は、上司など目上の人に謝罪の気持ちを伝える場合にも良く使われます。「申し訳ない」という気持ちを強めたいという意図があります。「本当に申し訳ないと思っています」などのような気持ちを込めているのです。

例文

  • この度は多大なご迷惑をお掛けしましたこと、深くお詫び申し上げます
  • この度の失態は弊社の不徳と致すところです。誠に申し訳ございません
  • この度は私の不手際でご迷惑をお掛け致しました。申し訳ございません。

ポイント

ポイントは、「この度」の後にどのようなことをしてしまったのかを明確に記し、その上で謝罪の言葉を持ってくることです。何に対して謝罪しているのかを「この度」の後に必ず持ってきましょう。

挨拶をする

挨拶をする時にも、「この度」という表現を用いることがあります。多くの場合は、相手を持ち上げて自分をへりくだらせる意図を持って使います。

例文

  • この度、一身上の都合で退職することとなりました
  • この度、こちらに配属になりました、〇〇と申します
  • この度はご昇進、誠におめでとうございます
  • この度はお世話になりました、この度はお世話になります
  • この度はご愁傷様です

ポイント

ポイントは、相手を自分よりも上に持ち上げる場面で使うことです。退職の挨拶の場合も、入社時の挨拶の場合も、どちらも自分よりも周囲の人たちを上に見ていることを示しています。言葉で使う場合は、必ず最後にお辞儀をすることも忘れないでください。

「この度」を使うシーン

例文や使い方を見てきた通り、「この度」という表現は使い勝手が良く様々な場面で頻出の表現です。

  • メール
  • 手紙
  • 会話
  • スピーチ

ビジネスの現場で相手に敬意を表する形で書き出しで用いることが多いのが「この度」です。使い方を習得しておくべき、と断言できるでしょう。

「この度」の類語とその違い

「この度」は他の言い方に変えることが可能です。場面や状況によっては、「この度」と言い方が失礼に当たることもあります。その場合は、他の言い方に変えて自分の思いを乗せましょう。

今回

「今回」は、今現在行われていることを指すための言葉です。「この度」には近い未来や現在を示す意味が込められているので、そのような意味合いで使う場合には「今回」と言い換えることができます。

例えば、「この度開催致しております~」は「今回開催致しております~」と言い換えることが可能です。「この度」は少し堅苦しく、わかりにくいという点があるため、明確に「今」を示す場合は「今回」に言い換えた方がいいでしょう。

今度

「今度」は、比較的近い未来を表します。今現在ではないけれど、そんなに遠い未来でもない場合には「今度」という言葉を使って言い換えることができます。

例えば、「この度、次の月曜日が~」と表現する場合は、「今度の月曜日は~」と言い換えることができます。この方がシンプルで相手にも伝わりやすくなるでしょう。

今般

「今般」は、今から見て比較的近い過去を表します。ビジネスの場面で使われることがよくあり、特に目上の人や上司が多く集まっている会議やプレゼンテーションの場で用いられます。大変堅苦しい言い方なので、使用される場面はそう多くありません。

例えば、「今般の会議で決定したことを、ご報告させて頂きます」などのように言い換えます。あまりメジャーな言い方ではありません。そのため、「今般」と言い換えても意味が分からないという人もいますから注意しましょう。

今ならまだ間に合う!優良企業に一括エントリーしちゃおう!

bizualまとめてエントリー
有名ベンチャーにまとめてエントリー!

bizualでは、2024年卒の学生の方々向けに、有名ベンチャーへの就職サポートを行っております。

  • 今をときめくITベンチャーで働いてみたい!
  • 優秀な社員の方が多数在籍する会社で働いて自分のスキルを磨きたい!
  • 大きな裁量権を持って仕事をして、やりがいと総合的なビジネス力を身につけたい!
  • ゆくゆくは独立もできるスキルを身につけたい!

上記のような学生は、ぜひbizual会員登録&エントリーから登録とエントリーをすすめてみてください!

また、他にも就活生同士の情報交換などができるbizualアカデミーも運営しています。実際に希望する会社の面接を受けてきた学生の声なども知ることができるので、ぜひ登録からすすめてみてくださいね!

まとめ

「この度」という言葉について解説してきました。最大のポイントは、文字として表記する場合、正しくは「このたび」とひらがなにすることです。改まった雰囲気を出すために感じにするのは間違いなのです。

また、「この度」という言い方は他の言葉に言い換えることで、時間軸を明確にすることが可能です。ふんわりした時間ではなく、明確な時間軸を示したい場合は、ご紹介した言葉に言い換えてみてください。

今からでもまだ間に合う!就活を速攻で進めてくれるエージェント3選

就活に成功した女子

周りの友達は就活を始めているのに・・・

まだ何もできていない・・・・

そんな就活生は、今からでも最短最速で就職面接まで繋げてくれる就活エージェントに登録して、早速進めてしまうのがおすすめです!

就活生の3人に1人が活用!【OfferBox】

オファーボックス
紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★☆
最大の特徴登録すると90%以上の確率でオファーがくる

就活エージェントって言っても色々あって、どこに登録しておけば良いかわからない。。

という方は、迷ったらまずは今就活エージェントの中で最も人気が高いエージェントの一つOfferBoxに登録しておきましょう!

就活生の4人に1人が登録しており、登録企業数も1万社を突破している大規模就活エージェントです。

自分のプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で企業からオファーがもらえます

残り少ない就活の時間を有効活用するためにも、自分で求人を探すことも大事ですが、登録しておくだけでオファーがもらえるサービスも積極的に活用しておくことをお勧めします。

最短14日で自分に合った優良企業から内定がもらえる【キャリアチケット】

紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴最短2週間で内定獲得が可能!
  • とにかく早く内定が欲しい
  • 徹底したサポートで内定までガイドしてもらいたい

そう考えている学生はキャリアチケットを活用することもお勧めです。

キャリアチケットはレバレジーズ株式会社という会社が運営している就活支援サービスです。

量より質という点で定評を受けているサービスであり、あなたの状況や希望条件を細かくヒアリングし、厳選した企業を斡旋してくれます。

またスピード感もかなり早く、最短2週間で内定獲得までいけるほどのスピード感を持って、エージェントがマンツーマンでサポートしてくれます

とにかく早く、自分に合った企業を見つけたい!という方はキャリアチケットを活用しましょう。

最終面接まで行ったことがある学生はABABAを活用してみよう!

ABABA
紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴最終面接まで進んだ方は1回の面接で内定獲得

就活時期も終盤に差し掛かっていて、まだ内定がもらえていないけど、これまで最終面接まで行ったことはある!

という学生は「ABABA」を利用しておきましょう!

ABABAは、最終面接まで行ったことがある学生のサポートに特化したサービスです。

これは最終面接まで入ったのになかなか内定を取れていない。
選考フローが長すぎてなかなか内定まで辿り着けない。

といった悩みを抱える学生と、他社で評価されている学生を積極的に面接したいと考えている企業とを繋げるサービスです。

学生にとっても企業にとってもwinwinを実現しているサービスと言えます。できるだけ就活を短縮したいと考えている学生はぜひ利用しておくべきサービスです。

目次