マネージャー面接を乗り切ろう!位置付けから想定質問まで完全対策!

1次面接を通過したあとに、現場の管理職クラスの人と面接を実施することがあります。マネージャー面接は1次・最終面接とは意味合いが大きく異なります。この記事ではマネージャー面接を通過する為に知っておきたい、1次・最終面接との違いやマネージャー面接での大事なポイントをお伝えしていきます。

面接

マネージャー面接とは何か

https://images.unsplash.com/photo-1551836022-d5d88e9218df?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ
https://images.unsplash.com/photo-1551836022-d5d88e9218df?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ

マネージャー面接は名の通り、現場のマネージャークラスの人材が面接を行います。マネージャーは直接的に部下の評価や育成に責任を持つ立場になり、より就活生のスキルや入社後の活躍をイメージできるかに焦点を当てて面接を行います。

人事部の面接とは違い入社後の上司目線で面接の評価をくだすのが大きな特徴です。

マネージャー面接は就活で最大の関門

https://images.unsplash.com/photo-1552819401-700b5e342b9d?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ
https://images.unsplash.com/photo-1552819401-700b5e342b9d?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ

マネージャー面接は、内定を得る上で最大の関門です。企業研究をして準備しなければ、面接の通過は難しいと言えます。1次面接でそれとなく結果がでたとしても、同じ気持ちでマネージャー面接に臨むことは絶対に避けたい所です。

ここでは、マネージャー面接の特徴や面接を通過する為のポイントをご紹介します。

マネージャー面接は2、3次面接に相当する

マネージャー面接は選考ステップの中で、2、3次面接に相当します。最終面接前の位置づけで、より学生の経験やスキルに関する具体的な質問が多いのが特徴です。1次面接を通過した学生の中から、企業に適した人材を本格的に絞り込むという側面を持っています。

管理職クラスが担当する為、企業に入社して活躍できる人材か判断するのがマネージャー面接です。逆に就活生もマネージャー面接を通して企業のイメージを掴むことができます。

入社した際に面接とのギャップを生まないよう自身でしっかりと準備をして面接に臨むことが大切です。

1次面接・最終面接との違い

マネージャー面接の特徴として、企業に入社した後のイメージがきちんとあるかを判断されることが挙げられます。これは1次面接や最終面接と比較して大きく異なる点です。

現場の管理職クラスが面接を担当する為、付け焼刃で用意した回答では、マネージャー面接を通過することは難しく、より具体的に面接官の質問に答える必要性があります。

質問に具体的に答えるには、自身の強みが企業に入社した際にどのように発揮できるかを面接官に明確にイメージしてもらうのが重要です。勢いだけでなく、より深い内容を求められるのがマネージャー面接になります。

1次面接で重視されるのはコミュニケーション能力

1次面接で重視されているのは、基本的なコミュニケーション能力です。面接官の質問に対してはっきりと返答すること、的を得た返答をすることを心がければ、対策としては十分といえます。

近年は売り手市場のため、企業側はマネージャー面接に進む学生の母数をある程度確保しておきたいと考えており、1次面接を通過することはそれほど難しいことではなくなっています。ただ、1次面接と同じような気持ちでマネージャー面接に臨むのは、危険な行為です。

最終面接で重視されるのは志望度

最終面接に辿りつく学生は、企業としても内定を出したい人材です。今までのマネージャー面接を通じて、能力面では問題ないと判断されているからです。

最終面接の合否を分けるのは、間違いなく志望度です。

マネージャー面接をぎりぎりのラインで通過した就活生にとって、企業側に志望度の高さを伝えることは内定の確率アップに繋がります。

逆にマネージャー面接が高評価でも、志望度が低いと不採用になる可能性は十分にあります。よほどの理由がない限り、企業に対して「第1志望」と伝えることをおすすめします。

関連する記事

監修者プロフィール

三浦拓巳みうらたくみ

1997年群馬県生まれ。20卒として就職活動を行う。就活中はエントリーシート15社中全て通過。大手広告会社志望から一転、スタートアップに内定を承諾。内定後は人材育成会社にて、エントリーシート、面接などの選考対策に従事し、約70人の生徒を担当。自身の就職活動での学びを活かし、教育事業に注力している。