22卒向け|最終面接の結果連絡はいつ来る?遅い場合でも内定できる!

就活で最終面接まで進んだにも関わらず企業からの連絡が遅いと、落ちたのではないかと不安になるのは当然のことです。しかし最終面接後に通知が届くまでの期間は、企業によって異なります。そこで今回は、最終面接の結果がわかる期間の目安と、連絡が遅いからといって不合格とは限らない理由について解説します。

面接内定

最終面接の結果はいつ分かるのか

https://images.unsplash.com/photo-1549923746-c502d488b3ea?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4Njk5fQ
https://images.unsplash.com/photo-1549923746-c502d488b3ea?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4Njk5fQ

最終面接から採否の結果が出るまでの期間は、企業によって異なります。また、最終面接の人数が多い企業では、数日間にわたって選考が続くことも珍しくありません。

ここでは企業が最終面接から結果を知らせるまでの期間について、説明します。

その場で握手する

インターンシップに参加していた企業に応募した、あるいはベンチャー企業や中小企業の場合は、最終面接が意思確認であるケースが少なくありません。その場合は、経営者と就活生の1対1での面接になることが多いようです。その場で握手をして、内定と伝える会社もあります。

しかし内定の意思確認のためだけが、1対1で最終面接を行う理由ではありません。過信しないよう、注意しましょう。

3日~1週間後に電話で結果が来る

最終面接から内定連絡がくるまでの目安は、3日から1週間程度というのが一般的です。特に最終面接が複数の面接官を前に行われた場合は、その後に選考会議が開かれるため、時間が必要となります。

また近年は働き方改革の影響もあり、選考期間中でも土日を休む企業が増えています。そのため、最終面接が週の後半に行われると、連絡までに日数がかかります。

最終面接から1週間は連絡がないものと、あらかじめ心構えをしておくといいでしょう。

遅い場合は2週間程度かかる

経団連に所属している大手企業は、採用人数も多いため、最終面接に臨む就活生数も増えます。そのため、最終面接の日程調整にも時間がかかるため、内定通知が遅くなる傾向が高いです。

また就活解禁日に面談を一斉に行う企業も、全員と面接をするまで内定を出すことはありません。一部の大手企業の最終面接について、連絡までに早くても2週間はかかることを覚悟しておきましょう。

当日・翌日/1月後以上という場合もある

しかし、当日や翌日に連絡が来るケースもありますし、中には1か月程度経過してから結果通知が来るという企業もあります。結局いつごろ連絡が来るかは企業次第なので、連絡が遅いことに落胆する必要はありません。

最終面接の結果待ちがつらいという人は多い

https://images.unsplash.com/photo-1459499362902-55a20553e082?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4Njk5fQ
https://images.unsplash.com/photo-1459499362902-55a20553e082?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4Njk5fQ

就活生の中から最終面接まで進める人は、一握りです。しかし経営者による最終面接ですから、どんなに準備しても100%の自信を持つことは難しいでしょう。そのため最終面接が終わった後、結果を待つのが辛いという就活生はたくさんいます。

最終面接の結果を待つのがつらいという人の声

ここでは最終面接の結果を待つ、就活生のコメントの一例を紹介しましょう。

最終面接をクリアできれば内定が出ますので、やはり力が入りがちです。自分なりに努力したつもりでも、自信が持てずに不安を感じる様子がひしひしと伝わるコメントです。

何社もの最終面接に進めるのは優秀だからだと思うのですが、当人にとっては結果がわからない状態で次の最終面接の準備を行うのは気持ちの負担が大きいのでしょう。

最終面接の結果を待つ間の不安を解消する方法

面接の結果を待つ間は誰でも不安でつらいです。特に最終面接となれば内定目前な分、緊張度合いは段違いです。この期間の不安やしんどい気持ちを解消するための方法を紹介します。

①面接当日に合否の連絡方法と予定日を確認する

いつ連絡が来るかわからないというのが不安の大きな要因です。そのため、事前にいつまでに連絡が来るのか、どのような連絡方法なのか確認しておくのはひとつの手段です。

企業側から連絡する目安を教えてくれる場合もありますが、教えてくれないケースもあります。その場合は、自ら確認するようにしましょう。

②結果を待つ間に他の就活を進める

気にしすぎるというのも不安の要素です。他の作業をしている間は気がまぎれますので、最終面接の結果に意識が向かないよう、他の就活を進めましょう。万が一不合格だった場合に保険として活用できる可能性もあります。

就活は時間との勝負なので、時間を有効活用することも大事です。

③SNSなど他の就活生の情報が目に入るものを遮断する

SNSなどでは他の就活生の「内定を貰った」という情報が度々目に入ります。最終面接後は通常よりナーバスになっていることが多く、普段は気にならないことでも過剰に気にしてしまうこともあるかもしれません。

周囲の情報に惑わされるような環境からは一旦離れてみる、というのも不安を解消する手段です。自分で上手く調整してください。

ちなみに、最終面接で合格かを見極めることができるサインがあります。このサインがあれば「絶対受かる」というものではありませんが、ぜひ参考にしてみてください。

関連する記事

監修者プロフィール

三浦拓巳みうらたくみ

1997年群馬県生まれ。20卒として就職活動を行う。就活中はエントリーシート15社中全て通過。大手広告会社志望から一転、スタートアップに内定を承諾。内定後は人材育成会社にて、エントリーシート、面接などの選考対策に従事し、約70人の生徒を担当。自身の就職活動での学びを活かし、教育事業に注力している。