就活でTOEICを受けてないと無い内定?不利になる業界や対策を紹介!

就活で必ずと言ってよいほど聞かれるのがTOEICの点数です。「TOEICを受けていない」と正直に言うことがはばかられるかもしれません。就活をする上で、やはりTOEICは必須なのでしょうか。今回は就活におけるTOEICの意義や重要性について解説します。

資格

就活におけるTOEIC

https://images.unsplash.com/photo-1552652893-2aa10a0ab4df?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjgwODQxfQ
https://images.unsplash.com/photo-1552652893-2aa10a0ab4df?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjgwODQxfQ

就活では必ずと言ってよいほど聞かれるTOEICの点数ですが、TOEICにどんな意義があるのでしょうか。

TOEICを受けておくと有利なのは事実です。まずは、就活におけるTOEICについて理解しておきましょう。

資格の1つとして英語力を示せる

TOEICは資格として扱われます。ESや履歴書に資格欄があれば、TOEICの点数を書くことができます。

TOEICの点数によって自分の英語力を面接官に的確に伝えることができます。一般的には600点代、英語を使う仕事なら700〜800点代が必要だと言われています。

必須ではないが加点はされる

TOEICの受験は必須ではありません。しかし、受けておくと加点してもらえることがあります。海外展開を視野に入れている企業が増えているので、英語ができる人材が重宝されます。

「低い点数のせいでマイナスの評価になるかもしれない」と気にする必要はありません。しかし点数が高ければそれだけプラスの評価として上乗せされるということを覚えておきましょう。

就活でTOEICが重要な理由

https://images.unsplash.com/photo-1472099645785-5658abf4ff4e?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjgwODQxfQ
https://images.unsplash.com/photo-1472099645785-5658abf4ff4e?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjgwODQxfQ

では、なぜこれほどTOEICが就活で重視されるのでしょうか。TOEICの点数を求められる理由を以下で2つ紹介します。

以下の2つの理由から、学生時代にTOEICを受けていなくても社会人になってからスコアの提出を求められることもあります。できるだけ、まとまった時間を確保しやすい学生の間に受けておくことをおすすめします。

海外進出が当たり前になっている

グローバル化が進み、大企業だけでなく中小企業も海外進出が当たり前になってきています。

海外事業所の立ち上げや海外との取引・交渉など実践的な英語力を求められる機会が急激に増えてきています。そのため、企業は英語ができる人材を求める傾向にあります。

認知度高い資格で英語力を定量的に示せる

多くの企業から英語力のある人材が求められていますが、英語力を客観的にはかるのは簡単ではありません。そこで、役に立つのがTOEICです。

TOEICは2018年度は約266万人が受験しています。認知度が高く、多くの人が受けているため英語力を定量的・客観的な指標として示すことができます。

就活でTOEICを受けてない人でも内定はとれる

https://images.unsplash.com/photo-1505428221302-9d1beeaa2801?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjgwODQxfQ
https://images.unsplash.com/photo-1505428221302-9d1beeaa2801?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjgwODQxfQ

TOEICを受けておくと就活で有利になることは事実ですが、決して「TOEICを受けていないから内定がもらえない」ということはありません。

TOEICを受けていなくても内定を獲得してきた人たちはたくさんいます。もし現状内定が出ていなくても、まずはTOEICの点数以外で原因を探すようにしましょう。

就活でTOEICを受けてない人が不利になる業界

https://images.unsplash.com/photo-1516979187457-637abb4f9353?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjgwODQxfQ
https://images.unsplash.com/photo-1516979187457-637abb4f9353?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjgwODQxfQ

ほとんどの業界ではTOEICの点数がプラス評価されますが、一方で一部の業界ではTOEICを受けていないと不利になってしまうことも考えられます。

  • 外資系企業
  • 商社
  • 航空

上記3つの業界を目指すなら、TOEICを受験しておくことをおすすめします。点数が取れなくても、少なくとも「英語を頑張りたい」という姿勢を企業に見せることができるでしょう。

外資系企業

外資系企業では英語を求められることが多々あります。本社が海外なので、本社からの通達が英語できたり、英語でのメールや電話、書類作成などをしなければならないことも考えられます。

外資系企業では「外国の企業に所属している」という意識が求められます。そのためにも、TOEICの高得点を取っておくと効果的なアピールになるでしょう。

商社

商社は外国と物資の輸出入をするトレーディング業がメインです。英語で契約書を交わしたり、外国の法律を読み解いたりする高度な英語力が求められます。

また、海外駐在があるのも商社の特徴です。現地の従業員とのやりとりは基本的に英語です。TOEICの点数だけでなく、英会話力もあればさらにプラスの評価となるでしょう。

航空

航空業界は英語が必須だと言っても過言ではありません。中途採用ではTOEICの結果の提出を求める企業もあるほどで、TOEICを受けていないと選考に臨むこともできません。

外国との交渉や外国人旅客の案内、また英語でのアナウンスなど英語を日常的に使う仕事です。TOEICがないと「英語ができない」と見なされてしまい、選考で不利になってしまうことも考えられます。

関連する記事

監修者プロフィール

三浦拓巳みうらたくみ

1997年群馬県生まれ。20卒として就職活動を行う。就活中はエントリーシート15社中全て通過。大手広告会社志望から一転、スタートアップに内定を承諾。内定後は人材育成会社にて、エントリーシート、面接などの選考対策に従事し、約70人の生徒を担当。自身の就職活動での学びを活かし、教育事業に注力している。