有給休暇の繰越はできるのか?|繰越の注意点や疑問を解説します!

定期的に与えられる有給休暇。仕事の状況などですべての有給休暇を消化できない、ということもあるでしょう。そんな時に気になるのが、有給休暇は繰越できるのかです。有給休暇は労働者に与えられた当然の権利ですが、さまざまなルールがあります。意味やルールを知ることで、繰越できるかどうかも見えてくるでしょう。

職場環境給料

有給休暇の繰越はできるのか

https://images.unsplash.com/photo-1554415707-6e8cfc93fe23?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYyfQ
https://images.unsplash.com/photo-1554415707-6e8cfc93fe23?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYyfQ

有給休暇は労働基準法により定められている、労働者に与えられた権利の一つです。定められた基準に該当する労働者には、毎年一定の有給休暇が与えられます。毎年与えられますから、当然使わなければ有給休暇はどんどん貯まっていきます。

ですが、仕事の状況などの理由から、有給休暇を取れない人や取らない人も一定数存在しています。使わなかった有給休暇はいったいどうなるのでしょうか。繰越はできるのでしょうか。その点について解説していきます。

結論|有給休暇の繰越は可能

https://images.unsplash.com/photo-1520333789090-1afc82db536a?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYyfQ
https://images.unsplash.com/photo-1520333789090-1afc82db536a?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYyfQ

結論から言うと、有給休暇の繰越は可能です。現場の状況や取り組んでいる仕事の内容によっては、与えられたすべての有給休暇を消化できないということは多々あります。そのような場合は、余っている有給休暇を繰り越すことが可能であると定められています。

企業によっては、有給休暇の繰越ができないとしているところもあるようです。ですが、有給休暇の繰越が可能であることは法律で定められています。繰越不可を主張する場合は、違法の可能性があります。

ただし、有給休暇の繰越は無期限で行なえるわけではありません。有給休暇そのものに期限が設けられていますので、その範囲内での繰越が可能です。その点に注意しましょう。繰越の注意点については以下の項目で詳しく解説します。

有給休暇の基本情報

https://images.unsplash.com/photo-1508873699372-7aeab60b44ab?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYyfQ
https://images.unsplash.com/photo-1508873699372-7aeab60b44ab?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYyfQ

そもそも、有給休暇とはどういうものなのでしょうか。有給休暇の基本的な知識を知っておくと、繰越などで違法行為があった場合に気づきやすくなります。

有給休暇とはどういうものなのか、取得条件はあるのかなどについて詳しく解説します。

有給休暇とは

有給休暇とは、正しくは「年次有給休暇」と言います。「年次」とついているように、1年に1回毎年決められた日数の有給休暇が与えられます。有給休暇は賃金が支払われる休暇のことで、有給休暇を使うと仕事を休んでも勤務時と同じだけの賃金が支払われます。

有給休暇は労働基準法に定められた労働者の権利です。その目的は「労働者が心身共にゆとりのある生活ができることを保障するため」としています。

有給休暇の取得条件

日本の有給休暇には取得条件が設けられています。その条件とは以下の通りです。

  • 雇い入れ日から起算して6か月間継続勤務していること
  • 全労働日の8割以上出勤または勤務していること

この2つの条件を満たしている労働者のみ雇い入れ日から起算して6か月目は10日間与えられます。その後は、最初の有給休暇を与えられた日から起算して1年ごとに、勤務年数に応じた有給休暇が与えられるようになっています。

有給休暇を繰越する際の注意点

https://images.unsplash.com/photo-1488190211105-8b0e65b80b4e?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYyfQ
https://images.unsplash.com/photo-1488190211105-8b0e65b80b4e?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYyfQ

有給休暇は繰越しできるからと言って、安心してはいけません。有給休暇を繰越す場合には、日数や期限などに条件が設けられています。その点を知っておかないと、損をすることになるかもしれませんから注意が必要です。

有給休暇を繰越する場合の注意点を3つご紹介し、それぞれ解説します。

①有給休暇の消滅時効は2年

有給休暇は永久不滅の休暇ではなく、消滅時効2年という期限が設けられています。2年を超えると有給休暇が消化できていなくても、消滅してしまうということです。与えられた有給休暇は2年以内に消化しなければ、損になるでしょう。

ただし、企業によっては有給休暇の消滅時効期限を2年以上に設定しているところもあります。その場合は、企業のルールが適応されます。例えば、有給休暇の消滅期限が3年と設定されている場合は、3年後に有給休暇は消滅します。

反対に有給休暇の消滅期限を2年未満に設定していた企業があったとしましょう。その場合は、違法です。有給休暇の消滅期限は2年と労働基準法で規定されているからです。

②繰越できる最大日数は40日

有給休暇は一番最初に雇い入れ日から起算して半年後に10日間、以降は最初に有給休暇が与えられた日から起算して1年ごとに11日間、12日間と増えていきます。ですが、無制限にすべての日数を繰越できるわけではなく、最大日数は40日と決められています。

これは勤続年数が6.5年以上になると、付与される有給休暇の日数が20日になるからです。有給休暇の消滅時効は2年ですから、繰越される有給休暇の日数は最大で40日という計算になります。ここから、労働基準法で定められている繰越の最大日数は40日とされています。

ただし、企業によっては付与される有給休暇の日数がそれ以上になることもあります。その場合は法律ではなく、その企業のルールが優先されます。

③契約更新時も有給休暇は繰越される

契約更新時も有給休暇は繰越されるという注意点は、正社員にはピンとこないかもしれません。この点に注意する必要があるのは、アルバイトやパートタイマーで勤務している人たちです。

有給休暇は労働基準法に定める条件をクリアしていれば、アルバイトもパートも与えられるべき労働者の権利です。ですが、アルバイトやパートは半年や1年ごとの契約になっていることが多々あります。

これを利用して契約更新と同時に有給休暇の権利が消滅すると言われることがあります。ですが、これは違法です。労働基準法に定められている労働条件を下回る既定の場合は労働基準法が優先され、契約更新時に有給休暇が消滅するということはありません

関連する記事

監修者プロフィール

三浦拓巳みうらたくみ

1997年群馬県生まれ。20卒として就職活動を行う。就活中はエントリーシート15社中全て通過。大手広告会社志望から一転、スタートアップに内定を承諾。内定後は人材育成会社にて、エントリーシート、面接などの選考対策に従事し、約70人の生徒を担当。自身の就職活動での学びを活かし、教育事業に注力している。