スーパーフレックスとは?導入企業や注意点などについても解説

日本の働き方改革が進む中で、スーパーフレックスを導入する企業が出始めています。しかしスーパーフレックス制度の概要が周知されているとは言い難く、就業規則や最低勤務時間をどうしているのか、疑問に思う人も多いようです。そこで今回は、スパーフレックスについて、様々な観点から解説します。

職場環境働き方

スーパーフレックス制度とは

https://images.unsplash.com/photo-1556761175-4b46a572b786?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ
https://images.unsplash.com/photo-1556761175-4b46a572b786?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ

近年は時差出勤や時短勤務を導入する企業が増えていますが、先進的なところはスーパーフレックスを導入しています。しかし従来のフレックスとの違いについて、きちんと説明できる人は多くないようです。

ここでは、スーパーフレックス制度とは何かについて説明します。

フレックスの定義

2019年4月より、フレックスタイム制の法改正が施行されています。厚生労働省・都道府県労働局・労働基準監督署が連名で発表した「フレックスタイム制のわかりやすい解説&導入の手引き」によると、フレックス制の定義は以下の通りです。

フレックスタイム制は、一定の期間についてあらかじめ定めた総労働時間の範囲内で、労働者が 日々の始業・終業時刻、労働時間を自ら決めることのできる制度です。労働者は仕事と生活の調和を図りながら効率的に働くことができます。

日本企業の多くは、出勤時間・退勤時間を就業規則で定めて運用しています。しかしフレックス制の場合は、労使間で総労働時間を定めたうえで、労働者が出退勤時間や1日の勤務時間を自分の意思で決定できます。

またフレックスタイム制度には、コアタイムと呼ばれる、必ず出勤しなければならない時間帯が存在します。

スーパーフレックス制度と他制度の違い

スーパーフレックス制度は、フレックス制度からコアタイムをなくした制度です。

これまでのように企業が勤怠管理をするのではなく、労働者が自主性と計画性をもって自己管理しながら働くスタイルといえます。

ここでは混同されやすい、スーパーフレックス制度とフレックスタイム制度、裁量労働制の違いについて説明します。

フレックス制度

小学館のオンライン大辞泉では、フレックスタイム制度について、以下のように説明しています。

一定期間の総労働時間を定めておき、その範囲内で労働者が各日の始業および就業の時刻を選択して働く制度。通常、必ず働かなければならないコアタイムと、労働者が各自の判断で始業・終業時間を決められるフレキシブルタイムによって構成される。

そこで、スーパーフレックス制度との違いを表にまとめてみました。

フレックス制度

スーパーフレックス制度

1ヶ月の労働時間

月間労働時間と同じ

月間労働時間と同じ

仕事をする場所

社内

社内・リモート・在宅などから選べる

コアタイム

あり

なし

残業手当

1ヶ月の規定労働時間を超過したら発生

1ヶ月の規定労働時間を超過したら発生

フレックス制度とスーパーフレックス制度の大きな違いは、コアタイムの有無と働く場所を労働者が選べるかどうかです。ただし、企業が定めている労働時間を満たす必要があります。

裁量労働制度

労働基準法の第38条の3に、裁量労働制度についての記述があります。

使用者が、当該事業場に、労働者の過半数で組織する労働組合があるときはその労働組合、労働者の過半数で組織する労働組合がないときは労働者の過半数を代表する者との書面による協定により、次に掲げる事項を定めた場合において、労働者を第1号に掲げる業務に就かせたときは、当該労働者は、厚生労働省令で定めるところにより、第2号に掲げる時間労働したものとみなす。

ここでいう第2号に掲げる時間労働とは「対象業務に従事する労働者の労働時間として算定される時間」を意味します。

具体的には、1日8時間勤務すると就業規則で定めていても、裁量労働制を導入した場合、それが1日7時間であっても、9時間であっても8時間勤務したとみなされるものです。

スーパーフレックス制度は1ヶ月の規定労働時間が定められているので、その点が最も違います。また、企業が制度を導入にあたっての手続きは、裁量労働制の方が複雑です。

スーパーフレックス制度が生まれた背景

https://images.unsplash.com/photo-1551434678-e076c223a692?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ
https://images.unsplash.com/photo-1551434678-e076c223a692?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ

2018年4月に厚生労働省職業安定局は、「雇用を取り巻く環境と諸課題について」というサポートを発表しました。 そこには、人口減少が進行する中で労働人口が増加しているのは、女性や高齢者による社会進出が補っていることによると明記されています。

しかし、今後もそれを維持するにあたって、以下の課題がありました。

  • 育児や介護中の人は出勤が難しい
  • 働きたいが時間に制約がある
  • 病気やケガなどを負っていて出勤できなくても働く意欲のある人が多い

こうした課題を解決すると共に、日本で常態化している長時間労働や非正規雇用者との格差改善にもつながるとして、政府主導で進められたのが、スーパーフレックス制度なのです。

日本政府はスーパーフレックス制度の導入により、労働意欲はあるものの働くことに制約がある人達が仕事できる環境を整えることで、労働人口の確保を目指しています。

関連する記事

監修者プロフィール

三浦拓巳みうらたくみ

1997年群馬県生まれ。20卒として就職活動を行う。就活中はエントリーシート15社中全て通過。大手広告会社志望から一転、スタートアップに内定を承諾。内定後は人材育成会社にて、エントリーシート、面接などの選考対策に従事し、約70人の生徒を担当。自身の就職活動での学びを活かし、教育事業に注力している。