【職場でのモラハラに苦しんでいませんか?】職場モラハラの判断基準や対処法を徹底解説!

職場でのハラスメントと聞くと、セクハラやパワハラをイメージする人が多いことでしょう。しかし近年は、モラハラが増えています。職場で他の社員に嫌味を言うおばさんや特定のスタッフを無視する行為も、職場のモラハラにあたります。そこで今回は、職場におけるモラハラと対処法について解説します。

職場環境

職場でのモラハラに苦しんでいる人は多い

https://images.unsplash.com/photo-1496902526517-c0f2cb8fdb6a?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYyfQ
https://images.unsplash.com/photo-1496902526517-c0f2cb8fdb6a?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYyfQ

モラハラはモラルハラスメントの略称で、倫理や道徳に反する嫌がらせを意味します。実は職場でも横行しており、被害者自身がモラハラだと認識できずに退職に追い込まれるケースも少なくありません。

モラハラや上司から部下だけでなく、同僚間でも起こります。しかしコメントにもあるように証拠が掴みにくく、職場で無視されているなどの状況を上司に訴えにくいケースもあります。その結果、被害者が退職を余儀なくされてしまいます。

ちなみに、今回ご紹介するモラハラ以外にも○○ハラと呼ばれるものは様々あります。一例として

  • アカハラ(アカデミックハラスメント)…学校内での権力を利用した学生への嫌がらせ
  • オワハラ(就活終われハラスメント)…企業が就活生に対し自分の企業に決めるような誘導
  • マタハラ(マタニティハラスメント)…妊娠中や出産後の女性に対する嫌がらせ

などがあります。以下の記事では上記の例以外にも様々なハラスメントについて解説しています。ぜひご一読ください。

職場モラハラとは

https://images.unsplash.com/photo-1528238646472-f2366160b6c1?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4Njk5fQ
https://images.unsplash.com/photo-1528238646472-f2366160b6c1?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4Njk5fQ

職場モラハラは、パワハラやセクハラと違い、どんな人間関係でも起こりえます。それは大人しかいないはずの職場で行われる、いじめや嫌がらせに匹敵するのです。

ここでは、職場モラハラとは何かについて詳述します。

職場モラハラの定義

働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト「こころの耳」では、「モラルハラスメント」を以下のように定義しています。

言葉や態度、身振りや文書などによって、働く人間の人格や尊厳を傷つけたり、肉体的、精神的に傷を負わせて、その人間が職場を辞めざるを得ない状況に追い込んたり、職場の雰囲気を悪くさせることをいいます。

そして職場モラハラの特徴として、以下の内容があげられます。

  • 加害者と被害者の間に上下関係がなくても行われる
  • 加害者は特定の被害者に対してのみ、態度を変えるケースが大半
  • 周囲の人が気がつきにくい

ここでは、職場モラハラとパワハラ・セクハラの違いを説明しておきましょう。

職場モラハラとパワハラの違い

パワハラとは、パワーハラスメントの略称です。パワハラの特徴には、以下のものがあります。

  • 加害者と被害者は上下関係にあり、上の者が立場を利用して下の者に行う
  • 加害者は被害者に対し直接的に、公然とハラスメントを行う
  • 周囲の人も気づく

モラハラは立場に関係なく嫌がらせを行いますが、パワハラは権力を利用して暴言・暴力をふるう点が異なります。

職場モラハラとセクハラの違い

セクハラはセクシャルハラスメントの略称で、性的嫌がらせを意味します。ここでのポイントは、相手を不快にさせる性的嫌がらせは、すべてセクハラと見なされることです。

  • 男性が女性に行うことが多い
  • 業務上不要な性的発言をする
  • 身体に触る
  • メールやLINEなどを通じて、しつこく関係を迫る
  • 猥褻な図画を配布・掲示する
  • 要求を拒否したことを理由に減給・降格・解雇といった被害者に不利益な扱いをする

この特徴を見ると、モラハラやパワハラと一線を画すことがわかるはずです。

職場モラハラは会社に責任が問われることもある

厚生労働省が2019年6月26日に発表した「平成30年度個別労働紛争解決制度の施行状況」によると、職場でのいじめや嫌がらせに関する相談は8万2,797件にのぼり、過去最高でした。つまり、職場でのモラハラが増加の一途を辿っているということです。

しかし雇用主である企業は、モラハラを含めたハラスメントに対し手責任を負うよう、労働契約法5条に定められています

使用者は、労働契約に伴い、労働者がその生命、身体等の安全を確保しつつ労働することができるよう、必要な配慮をするものとする。

これを安全配慮義務といい、雇用主は職場の上司や同僚からの嫌がらせを放置してはいけない、いじめ防止義務を負っています。つまり雇用主は、

  • いじめの事実の有無・内容について、迅速かつ積極的に調査する
  • いじめの制止といった防止策を講じる
  • 被害者にすみやかに謝罪する
  • 加害者に対し異動など適切な措置を行う

という対策を講じなければなりません。これに違反したことで川崎市水道局は、いじめにより自殺者が出たことを問われ、2002年に遺族に損害賠償の支払いを命じられています。

関連する記事

監修者プロフィール

三浦拓巳みうらたくみ

1997年群馬県生まれ。20卒として就職活動を行う。就活中はエントリーシート15社中全て通過。大手広告会社志望から一転、スタートアップに内定を承諾。内定後は人材育成会社にて、エントリーシート、面接などの選考対策に従事し、約70人の生徒を担当。自身の就職活動での学びを活かし、教育事業に注力している。