ヘッダー画像

【即使える】地銀の志望動機のテンプレを紹介!県外の地銀志望の場合やメガバンクとの違いも解説

金融業界への就職を考えている方の中には、地銀の志望動機で何を書くべきか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。メガバンクと併願する場合、地銀への明確な志望動機を準備しておきたいですよね。そこでこの記事では、地銀の志望動機を考える手順、ポイントやテンプレートをご紹介します。

銀行志望動機

地方銀行とは

https://images.unsplash.com/photo-1462206092226-f46025ffe607?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjgwODQxfQ

地方銀行とは、一般社団法人の全国地方銀行協会の会員となっている銀行です。多くの地方銀行が、その本店が所在する都道府県において最大規模を誇っています。

以下では、地方銀行をより詳しく知るために、地方銀行の業務内容とメガバンクとの違いをそれぞれご説明します。

地方銀行の業務内容

地方銀行の業務内容は、主に以下の3つが挙げられます。

  • 融資業務: 資金を必要とするお客様に対し、お金の貸付けを行う
  • 預金業務: お客様に口座を開設し、預金の預け入れや引き出しを行う
  • 為替業務: 国内外の口座への送金を行う

地方銀行では、地域の企業や住民の暮らしを支える役割を果たしており、これらの業務によって経済の活性がなされます。 

メガバンクとの違い

地方銀行は、メガバンクと以下のような違いがあります。日本では、三菱UFJ銀行、三井住友銀行とみずほ銀行が3大メガバンクに数えられています。

  • メガバンク: 本社での営業を含めて、M&Aや調査などの幅広いキャリア
  • 地方銀行: 支店で個人もしくは法人の営業をして、支店長を目指すキャリア

メガバンクとの1番の違いは、全国展開をしているか否かです。地方銀行は、特定の地域に大きな影響力を持っており地域密着型です。

地銀の志望動機を考える手順

https://images.unsplash.com/photo-1496902526517-c0f2cb8fdb6a?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjgwODQxfQ

地方銀行の志望動機を考える場合、より説得力のある理由を提示するために以下4つの手順に沿って考えましょう

志望動機を考える手順としては、業界から特定の地方銀行へ段階的になぜを考えていきます。業界の俯瞰から、特定の地方銀行に集中するイメージです。

①なぜ金融業界か

地方銀行の志望動機を考える1つ目の志望動機は、数ある業界の中からなぜ金融業界かを考えるです。

  • 金融関係のゼミに参加している
  • インターンシップで金融業界に興味を持った
  • バンカーとして働きたい

何らかの理由で、金融業界を志望するに至った理由を明確にしましょう。

②なぜ銀行か

地方銀行の志望動機を考える2つ目の志望動機は、金融業界の中でもなぜ銀行かを考えるです。

  • 銀行
  • 証券
  • 生命保険
  • 損害保険
  • 資産運用(アセットマネジメント)

上述の通り、金融業界には銀行以外にも4つの業種があります。銀行とそれ以外の仕事の違いを正確に理解し、銀行を選ぶ理由を整理しましょう。

③なぜ地方銀行か

地方銀行の志望動機を考える3つ目の志望動機は、銀行の中でなぜメガバンクではなくなぜ地方銀行かを考えるです。

  • メガバンク: 日本国内全国だけでなく、海外でも事業展開をしている。
  • 地方銀行: 特定の地域に大きな影響力があり、活性化に貢献している

メガバンクと地方銀行は、同じ金融業でも果たすべき役割が大きく異なっているので、メガバンクではなく地方銀行を選ぶ理由を話せるよう準備しましょう。

地方銀行は、最終的に内定者がメガバンクを選び内定を辞退することを懸念しています。内定を得るためには、ここが選考過程で最大の難関となります。

④なぜ御社か

地方銀行の志望動機を考える4つ目の志望動機は、数ある地方銀行の中からなぜ御社かを考えるです。

同じ地域内で競合する地方銀行が複数ある場合、志望する地方銀行とそれ以外の地方銀行ではどのような違いがあるのかを明示しましょう。

地銀の志望動機を考えるポイント

https://images.unsplash.com/photo-1507679799987-c73779587ccf?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjgwODQxfQ

地方銀行の志望動機を考えるポイントが知りたいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。志望動機はポイントを絞ることで、面接官に伝わりやすくなります。

本見出しでは、地方銀行の志望動機を考える際の4つのポイントをご紹介します。

地域での取り組みを知る

地方銀行の志望動機を考える際の1つ目のポイントは、地域での取り組みを知るです。前述の通り、地方銀行は特定の地域経済に無くてはならない存在です。

志望動機を考えるにあたり、その地方銀行が地域で具体的にどのような取り組みをしているかを詳しく調べて知っておきましょう。

法人か個人かは問いませんが、他行との違いを説明する際に必要となります。

どのように地域や会社に貢献したいかを示す

地方銀行の志望動機を考える際の2つ目のポイントは、どのように地域や会社に貢献したいかを示すです。面接では、入社したいという熱意に加えて貢献可能性が不可欠となります。

メガバンクでは多様なキャリアの中で、特定の誰かに貢献している感が薄いです。一方で、地方銀行では支店の営業として地域に根ざし、目の前の1人1人に向き合いながら仕事をします。

そのため、どのように地域や会社に貢献したいかを強調する必要があります。

なりたい行員像を描く

地方銀行の志望動機を考える際の3つ目のポイントは、なりたい行員像を描くです。地方銀行において、OBOGや先輩行員との繋がりは選考突破のカギとなります。

選考に臨むに先立ち、どのような業務を行っているかを聞きに行くだけでなく、手本になりうる行員がどのような人か明確に描けるようにしておきましょう。

なりたい行員像を描くことは、入行後にキャリアパスを決める際にも役立ちます。

自身のエピソードに紐づける

地方銀行の志望動機を考える際の4つ目のポイントは、自分のエピソードに紐づけるです。このポイントは地方銀行に限ったことではありません。

しかし、地方銀行ではその地域や特定の地方銀行でしか語ることができまい、自信のオリジナルエピソードを伝えることが大切になります。

本当に就職したいのはここだけ、という熱意が伝わるようなエピソードを用意しましょう。

タイプ別|地銀の志望動機の考え方

https://images.unsplash.com/photo-1450101499163-c8848c66ca85?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjgwODQxfQ

志望者のタイプによって、地方銀行の志望動機の考え方は大きく異なります。以下では、地方銀行志望者によくある2つのタイプを紹介します。

メガバンクと併願

地方銀行とメガバンクを併願する場合は、双方の銀行が持つ特徴を抑えることが重要です。前述の通り、メガバンクが全国展開をしているのに対して地方銀行は特定の地域密着型です。

志望動機の切り口として前者はグローバル、後者はローカルという視点を持つと良いでしょう。そして、この違いをベースに入行してからどのような仕事がしたいかを考えましょう。

地元でない地銀を志望

地元でない地方銀行を志望する場合は、客観的な視点からその地域の良さや魅力を捉えることが重要です。地方銀行を志望する人の多くは、その地域で生まれ育った人です。

地元でないにもかかわらず、その地域の企業や人々の生活を支える地方銀行になぜ入行したいのか、印象的なエピソードを第三者目線で考察しましょう。

【テンプレ】地銀の志望動機

https://images.unsplash.com/photo-1454165804606-c3d57bc86b40?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjgwODQxfQ

実際に志望動機を書こうとすると、伝えたいことがまとまらないという悩みを持つ方も多いのではないでしょうか。

本見出しでは、地方銀行の志望動機として4つのテンプレをご紹介します。以下を参考に、志望する地方銀行に合った志望動機を練ってみてください。

地味な作業でも愚直に取り組める|182文字

私が御行を志望する理由は、地道な作業でも愚直に取り組める強みを生かして働きたいからです。レジ打ちアルバイトでは、商品を地道にスキャンしたり毎日の売上高を数えて誤差が無いか確認したりする仕事をしていました。

御行では、アルバイトで培った強みを生かして、融資を希望するお客様の財務精査や付随する書類の準備など、地道ですが正確さが問われる仕事に取り組みたいと考えています。

地域社会や住民に貢献したい|200文字

私が御行への就職を志望する理由は、地域社会や住民に貢献したいからです。大学では、東北地方の農村を対象として開発経済学を研究するゼミに所属していました。

その中で、金融とは社会やその地域で暮らす人々の暮らしを支えるだけでなく、所得水準の向上に繋がる役割を果たしていることを学びました。

御行は、私が生まれ育ったこの地域で最大の地方銀行であるので、銀行員として地域社会や住民に貢献していきたいと思っています。

日本の経済を地域発信で活性化させたい|206文字

私が御行を志望するのは、日本の経済を地域発信で活性化させたいからです。私が育った地域では、少子高齢化に伴い地方産業が担う役割は衰退の一途を辿っていると感じます。

地元で小さいころによく遊んでいた商店街は、シャッター通りになってしまっており町全体の雰囲気が落ち込んでいるような印象を受けるからです。

そこで、御行に入社し地方銀行の営業として、地域産業を支援することで日本の経済を地域発信で活性化させたいと考えています。

県内外を問わず地域を盛り上げたい|220文字

私が御行を志望するのは、県内外を問わず地域を盛り上げたいからです。大学では、国際交流を支援するサークルにて、留学生に地方社会に根付いている伝統的な文化や行事を広げて、体験してもらう活動をしていました。

この活動を通して、地方の文化や行事は海外からの観光客を誘致して盛り上げる力があることを実感しました。そこで、私が生まれ育った地域に限らず、周辺の県内外への影響力が強い御行に入社し、現地の企業を支援することで地域を盛り上げたいと考えています。

まとめ

地方銀行は、メガバンクと異なる特徴があるため、志望動機の考え方やポイントがあることがわかりました。転勤やキャリアといった特徴を踏まえて、地方銀行を選ぶ理由を考えましょう。

また、タイプ別に志望動機の考え方やテンプレもご紹介しましたので、それらを参考にエントリーシートの作成準備やOB訪問に挑戦してみてください。

監修者プロフィール

三浦拓巳みうらたくみ

1997年群馬県生まれ。20卒として就職活動を行う。就活中はエントリーシート15社中全て通過。大手広告会社志望から一転、スタートアップに内定を承諾。内定後は人材育成会社にて、エントリーシート、面接などの選考対策に従事し、約70人の生徒を担当。自身の就職活動での学びを活かし、教育事業に注力している。