施工管理は激務?「辛い」「辞めたい」評判の真相や激務の理由を解説

施工管理とは工事現場における施工全体を管理する業務です。管理者は国家資格である施工管理技士に合格しなければなりません。施工管理は激務であるとよく言われます。一方で給与が良いという話も聞きます。今回は施工管理の内容を激務の実情や良い点なども含めてご紹介します。

激務

施工管理とは

https://images.unsplash.com/photo-1458829267686-b15150d4a28e?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjgwODQxfQ
https://images.unsplash.com/photo-1458829267686-b15150d4a28e?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjgwODQxfQ

施工管理とは工事現場において、現場の業務を発注通りに完成させるための工程管理のことです。

管理する人は現場業務の司令塔的役割を持ち、業務内容は予算管理から図面作成などの事務作業に至るまで幅広い範囲にわたります。

施工管理の種類

施工管理の業務に従事するためには施工管理技術検定試験に合格する必要があります。試験に合格すれば『施工管理技士』として建設現場等で作業工程の式を取ることが出来ます。

施工管理技士は工事内容によって以下のように6種類の技士が存在しています。この資格を持つという事は一定水準以上の施工技術を持つと公的に認められているという事です。

土木施工管理

土木施工管理技士は主に河川や橋、道路などに関わる土木工事の現場で施工管理する場合に必要です。施工計画作成も出来るようになります。

施工管理技士の資格を取得すると、現場で管理技術者や主任技術者として、現場監督以上の立場で指揮を執ることが出来ます。建築業界で生きていくためには大変重要な資格と言えます。

建築施工管理

建築施工管理技士とは建築現場全体を統括できる資格です。現場作業員全員の指揮を執ることになるので、高いコミュニケーション能力が要求されます。責任も大きいので資格手当が期待できる管理技士と言えます。

建設機械施工

建設機械施工技士は建設現場の機械施工に従事する技術者の技術向上を図ることを目的として定められた国家資格であり、1級と2級に分けられています。

1級は建設現場における様々な建設機械を用いた施工を指導・監督することが可能になります。従って1級は主任技術者・専任技術者・監理技術者の資格が与えられます。

2級はブルドーザーや油圧ショベルなど実際の建設機械を、運転技術者として運転・操作するために必要な資格です。一般建設現場における主任技術者・専任技術者として施工管理にあたることが出来ます。

管工事施工管理

管工事施工管理の技士は上・下水道の配管工事やエアコンなどの空調設備配置、ダクトや浄化槽などの管工事に従事するために必要な資格です。

施工全般の工程を管理する立場として、主任技術者・専任技術者・監理技術者の資格が得られます。

電気工事施工管理

電機工事の大型化・高度化に伴って定められた資格が電気工事施工管理技士です。電気工事の施工管理を行うために電気工学の基礎知識や施工管理法、電気法規の知識習得が要求されます。

造園施工管理

造園工事や街の緑化工事に携わるために必要な資格が造園施工管理技士です。従って造園業者にとっては必須の資格であると言えます。

都市環境整備に伴う造園工事など規模の大きい造園工事に携わるためには1級の資格を得なければなりません。従って近年では合格率は難関の傾向にあります。

施工管理の業務

施工管理で検索すると激務というキーワードが目につきます。実際に施工管理は激務なのでしょうか。施工管理は工事内容によって技士の資格も業務内容も異なります。

施工管理は工事現場において現場の作業工程の進捗を管理し、計画通りに現場を完成させる役割です。現場の司令塔としての業務や責任の重さがあるからこそ激務というイメージにつながるのでしょう。

施工管理という業務が激務なのかどうか探る前に、施工管理とはどういう業務内容なのか、4つの役割ごとに分かり易くまとめました。

原価管理

原価管理は収支と作業品質のバランスを保ちつつ、現場をクライアントの希望通りに仕上げるために重要な業務です。

そのためには材料や人員を、利益確保と品質確保を同時に達成するために適正に配置するというマネージメント能力が必要とされます。

安全管理

建築などの工事現場は常に危険と隣り合わせです。そのために安全を確保するために様々な実施しなければいけない施策があり、それらすべてを『安全第一』で工事が完了するよう施工管理する役割が安全管理です。

品質管理

現場をクライアントが望む品質を保ち、地方自治体が定めた品質基準を遵守して完成できるよう管理することが品質管理です。

具体的には使用する材料の企画や品質が適正基準に沿ったものか管理していきます。

工程管理

工事現場において計画通りの作業工程で工事が進んでいるか管理することが工程管理です。

予定表を常にチェックし、予期せぬトラブルが発生した時にエキストラ人員の配置やスケジュールの変更など柔軟に対応しなければなりません。

監修者プロフィール

三浦拓巳みうらたくみ

1997年群馬県生まれ。20卒として就職活動を行う。就活中はエントリーシート15社中全て通過。大手広告会社志望から一転、スタートアップに内定を承諾。内定後は人材育成会社にて、エントリーシート、面接などの選考対策に従事し、約70人の生徒を担当。自身の就職活動での学びを活かし、教育事業に注力している。

関連する記事