管理職は何をするのか?|役割や必要な能力を紹介します!

仕事でキャリアを積むと、やがて管理職登用のチャンスが巡ってきます。しかし管理職になると、それまでとは違うスキルや対応が求められ、周囲の目も評価基準も変わります。そこで今回は管理職とは何か、求められる能力、向いている人、女性管理職についてなど、幅広く解説します。

職種

管理職とは

https://images.unsplash.com/photo-1584048333516-bdf1d5305f1b?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ
https://images.unsplash.com/photo-1584048333516-bdf1d5305f1b?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ

小学館のオンライン大辞泉では、「管理職」を以下のように説明しています。

官公庁・企業・学校などで、管理または監督の任にある職。また、その任にある人

その職位には責任が伴うため、管理職に登用されたからには会社が求める役割や仕事を理解し、きちんとそれを果たすことが求められます。ここでは、管理職とは何かについて説明します。

管理職の役割

管理職の役割は、経営者に代わって、自分の担当部署における決裁を行い、日常業務をスムーズに進めることです。そしてその決裁は、企業が目指している目標を達成するという基本に添ったものである必要があります。管理職の役割は、仕事内容と密接に関わっています。詳細は後述します。

管理職の仕事

管理職の仕事として、以下のものがあげられます。

  • 業務の管理・遂行/会社から課せられた目標を達成するため、手段やスケジュール、人的配置などを適宜見直し、チームをまとめて成果をあげる
  • 部下の育成/個々のスキルや強み・弱みを理解し、成長につながるキャリアプランを描きながら指導・サポートにあたるほか、モチベーションアップや能力開発につながるアドバイスを行う
  • 経営理念・方針・ルールの浸透/経営者の考えや目指す目標を部下に正確に伝達し、行動につながるよう組織全体を統率する

上記の仕事を全うするためには、社内外を問わず、部下の人間関係に配慮する必要に迫られることも少なくありません

管理職の種類

日本企業における管理職には、以下の種類があります。

  • 部長/部署におけるトップ
  • 次長/部長の補佐並びに課長の監督を行う
  • 課長/課におけるトップ

日本企業には「係長」という役職もありますが、管理職は課長以上というのが一般的な認識です。

管理職の給料

管理職は、組織の中で必要な存在であり、だからこそ一般社員より給与が高くなっています。基本給が上がるほか、役職手当が支給される会社が多いです。しかし、職位によっては残業手当がカットされることもあります。就業規則等で、確認しておきましょう。

管理職に求められる能力

https://images.unsplash.com/photo-1499750310107-5fef28a66643?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ
https://images.unsplash.com/photo-1499750310107-5fef28a66643?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ

管理職になると、部下として一般社員でいたときと、求められるスキルが変わります。だからこそ、管理職になってから困ることがないように、必要なスキルを磨いておく必要があるのです。ここでは、管理職に求められる能力について説明します。

マルチタスキング能力

1つめは、マルチタスキング能力です。マルチタスクとは、短期間あるいは同時に複数の作業を並行して行うことを意味します。管理職は、複数の部下を持つのが一般的です。業務やスキルの異なる部下の業務を管理・サポートしながら、自分に与えられた職務も全うしなければならないのが管理職です。

部下の要望や組織長としての責任を求められる場面も多く、自分の仕事に集中して没頭する時間がとれないのが現実です。そのため、マルチタスキング能力が求められます。

コミュニケーション能力

2つめは、コミュニケーション能力です。管理職は、部下一人ひとりの能力を引き出し、組織のパフォーマンスを最大限にすることが求められます。しかし、部下には個性があり、話し方や導き方によって成果が変わります。だからこそ、コミュニケーション能力が不可欠なのです。

ビジネスシーンにおいては、コミュニケーション能力の中でも「他者を巻き込む力」「理解させる・説得する力」「論理的に伝える力」の3つが重視されます。この3つの力によって、自分が部下が周囲と協調する、あるいは考えを変容させることが可能だからです。

論理的思考力

3つめは、ロジカルシンキングとも呼ばれる、論理的思考力です。管理職は部署を率いることになりますが、会議などで部下がヒートアップすると、正しく判断するのが難しくなる場面があります。その際に、部署に与えられる目標を達成するために道筋を、冷静に見極めるうえで、論理的思考力が不可欠なのです。

また、業務を遂行するうえでも、リスクを含めて様々な事態を想定し、対処法を考える必要があります。さらに、部下が納得できる説明をする際にも、論理的思考力が役に立ちます。

マネジメント能力

4つめは、マネジメント能力です。マネジメント能力については諸説ありますが、ここではハーバード大学の経営学者ロバート・カッツ氏が提唱した「カッツ理論」があります。これは、マネジメントに必要な要素を3つに分けて整理したものです。ここでは「カッツ理論」に基づいて説明します。

テクニカルスキル

1つめは、テクニカルスキルです。テクニカルスキルとは、業務を遂行するうえで必要な知識や技術、またはそれに関わる能力を意味します。そのため、業界や職種、会社によって求められる内容が異なります。ただし、このスキルが必要なのはより現場に近い管理職なので、主任や係長、リーダー職が求められるケースが大半です。

ヒューマンスキル

2つめは、ヒューマンスキルです。ヒューマンスキルとは、仕事を円滑に進める上で重要である、人間関係を構築する際に必要な対人関係能力のことです。業務上関わりのあるすべての人に対し、観察・分析の目を向け、適切に働きかける際に使われます。すべての管理職が、持っておくべきスキルといえます。

コンセプチュアルスキル

3つめは、コンセプチュアルスキルです。コンセプチュアルスキルとは、与えられた目標を達成するための手順や方法を考え、概念化する能力をさします。遂行すべきタスクの表層をとらえるのではなく、経営者の意向を汲みながら、課題の本質を見極めるために不可欠な能力です。コンセプチュアルスキルが磨かれると、企業理念や方針に即した業務遂行システムに考えが及ぶようになります。

関連する記事

監修者プロフィール

三浦拓巳みうらたくみ

1997年群馬県生まれ。20卒として就職活動を行う。就活中はエントリーシート15社中全て通過。大手広告会社志望から一転、スタートアップに内定を承諾。内定後は人材育成会社にて、エントリーシート、面接などの選考対策に従事し、約70人の生徒を担当。自身の就職活動での学びを活かし、教育事業に注力している。