嘱託(しょくたく)社員って何?|役割や臨時社員との違いを徹底解説!

企業と雇用契約を結ぶにあたり、勤務形態は大事な要素です。「嘱託社員」も勤務形態の一つですが、正社員とは異なるため、給与や待遇などについて、きちんと理解して雇用契約を結ぶ必要があります。そこで今回は「嘱託社員」とは何か、「臨時社員」や「契約社員」との違いなどについて解説します。

職種

「嘱託」の意味

https://images.unsplash.com/photo-1524639064490-254e0a1db723?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjgwODQxfQ
https://images.unsplash.com/photo-1524639064490-254e0a1db723?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjgwODQxfQ

Goo辞書」にある小学館のオンライン大辞泉では、「嘱託」の意味を以下のように説明しています。

1 仕事を頼んで任せること。委嘱。「資料収集を―する」 2 正式の雇用関係や任命によらないで、ある業務に従事することを依頼すること。また、その依頼された人やその身分

この記事では、2の意味にあたる「嘱託」について解説していきます。

嘱託社員とは

https://images.unsplash.com/photo-1561889601-b55700f61168?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjY2fQ
https://images.unsplash.com/photo-1561889601-b55700f61168?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjY2fQ

前述した小学館のオンライン大辞泉では、「嘱託社員」を以下のように説明しています。

定年退職後に、同じ職場で有期の労働契約を結んで働く社員をいう

少子高齢化が進み労働人口が減少する現代において、大手企業を中心に嘱託社員の採用を進めるところが増えています。また、嘱託社員は有期契約の非正規雇用者です。

嘱託社員の役割

嘱託社員は、それまで勤務していた企業の所属部署に、立場を変えて再雇用されるのが一般的です。しかし定年退職によって職位はなくなり、現劇時代と同じように成果をあげることを期待されているわけでもありません。

どちらかというと、部長や課長といった直属の上司では担えない、若手の育成やサポート役を求められることが多いようです。若手社員の指導係、あるいは教育係の役割を担うと考えればよいでしょう。

嘱託社員の仕事

嘱託社員の仕事は、定年退職前と大きく変わることはありません。営業や経理など、それまでと同じ所属部署で仕事を続けるのが一般的です。しかし役職者ではないので、決裁権はなくなります。

現在の労働基準法では、本人が望めば企業は65歳まで雇用機会を与えなければならないので、1年単位で継続雇用するところが大半となっています。

労働時間

嘱託社員の労働時間は、企業の裁量によります。定年退職前と同じフルタイム勤務をする人もいれば、週3~4日で働く人もいます。同様に1日の労働時間も、8時間ではなく6時間などに短縮可能です。

ただし、勤務先の就業規則によりますので、まずは内容を確認してください。また、企業から提示される雇用契約書も、隅々まで目を通すことをおすすめします。

給料

嘱託社員の給料は、1日の労働時間や勤務日数、担当する業務内容によって異なります。しかし大手企業を見ると、定年退職前の6~7割程度の給料を支給しているところが多いようです。これは、定年退職後に年金を受給しながら働くにあたり、調整をしている嘱託社員が少なくないからです。

また、賞与については勤務先の就業規則によります。一般的には契約社員と同様に、支給しない企業が多いようです。雇用契約書も合わせて、きちんとチェックしておきましょう。

「嘱託社員」「臨時社員」「契約社員」の違い

https://images.unsplash.com/photo-1520607162513-77705c0f0d4a?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjgwODQxfQ
https://images.unsplash.com/photo-1520607162513-77705c0f0d4a?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjgwODQxfQ

会社員には、様々な雇用形態があります、ここでは厚生労働省の「さまざまな雇用形態」をはじめ、各種サイトの情報をもとに、「嘱託社員」「臨時社員」「契約社員」の違いをまとめてみました。

雇用形態

特徴

嘱託社員

  • 企業と有期雇用契約を結んでいる・労働時間や勤務日数が少ないことが多い・定年退職後の再雇用である

臨時社員

  • 企業と有期雇用契約を結んでいる・比較的短い時間あるいは日数で就業する・パートやアルバイトと呼ばれることもある

契約社員

  • 企業と有期雇用契約を結んでいる・労働時間や勤務日数は正社員と同じ・原則的に異動や転勤はない

大きな違いは、嘱託社員が「定年退職後の再雇用」であることだけです。臨時社員や契約社員であっても、雇用条件は企業によって異なるため、有期雇用であることを除けば、共通するとはいいきれないのです。

嘱託社員のメリット・デメリット

https://images.unsplash.com/photo-1570717173024-ec8081c8f8e9?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjY2fQ
https://images.unsplash.com/photo-1570717173024-ec8081c8f8e9?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjY2fQ

厚生年金の受給が段階的に65歳まで引き上げられる状況や、社会保障制度への不安をぬぐえないことから、定年退職後も仕事を続けようと考える人は珍しくありません。その選択肢の一つに、嘱託社員になることがあげられます。

ここでは、嘱託社員として働くメリットとデメリットについて説明します。

メリット

ここでは、嘱託社員として働く3つのメリットについて紹介します。

メリット①|正社員ほどの責任を負う必要がない

1つめは、正社員ほどの責任を負う必要がない点です。嘱託社員は定年前の所属部署にそのまま雇用されるケースがほとんどですが、役職が外れて「専任」などの肩書がつくケースが一般的です。そのため、道義的な責任はあっても、実務面では軽減します。その結果、成果に対するプレッシャーを感じることなく、ノビノビ働いている嘱託社員も少なくありません。

メリット②|自分の能力を生かせることが多い

2つめは、自分の能力を生かせることが多い点です。数十年かけて会社で積んできたキャリアやノウハウを、定年退職後もそのまま役立てることができます。業務に就くために、新たな勉強をする必要もなく、取引先との人間関係なども継続したまま、仕事を続けることが可能です。

メリット③|処遇がよいこともある

3つめは、企業によっては処遇がよい点です。中小企業においては、キャリアのある嘱託社員は貴重な戦力でもあります。そのため、正社員には劣るものの厚遇を用意し、役職もそのままという企業も珍しくありません。年金受給に影響がないように調整しながら、高めの給料が受け取れる可能性があります。

デメリット

ここでは、嘱託社員として働く3つのデメリットについて紹介します。

デメリット①|契約更新される保証はない

1つめは、契約更新される保証はないことです。年金受給年齢を段階的に進めるため、日本政府は企業に対し65歳までの雇用延長を求めています。しかし企業に体力がなければ、定年退職後の再雇用はできません。景気の状況によっては、契約更新されない可能性があることを念頭におく必要があります。

デメリット②|正社員より給料は低い

2つめは、正社員より雇用条件は悪いことです。嘱託社員でもフルタイムで働くケースは珍しくありませんが、その場合でも正社員ほどの給料が受け取れることは、ほとんどないようです。何より、大半の企業では嘱託社員に賞与を支給していないので、同じ仕事をしていても、正社員より年収は低くなります。

デメリット③|モチベーションを保ちにくい

3つめは、モチベーションを保ちにくいことです。嘱託社員は給料が下がる分、職務への責任も軽減されます。定年退職前まで役職者でバリバリ働いていた人が嘱託社員になった際に、責任や権限のない仕事をすることで、モチベーションが下がるケースがみられるようです。その結果、生産性が下がる人もいます。

関連する記事

監修者プロフィール

三浦拓巳みうらたくみ

1997年群馬県生まれ。20卒として就職活動を行う。就活中はエントリーシート15社中全て通過。大手広告会社志望から一転、スタートアップに内定を承諾。内定後は人材育成会社にて、エントリーシート、面接などの選考対策に従事し、約70人の生徒を担当。自身の就職活動での学びを活かし、教育事業に注力している。