「アソシエイト」って何をする人?|役職やビジネス上の使い方を徹底解説!

近年職場において「アソシエイト」という言葉が、よく使われるようになりました。しかし、外資系企業と日本企業では、その職位や意味が異なっているようです。そこで今回は「アソシエイト」の言葉の意味や類義語から、どのような職種で使われているのか、WEB業界での使用方法まで幅広く解説します。

職種

「アソシエイト」とは

https://images.unsplash.com/photo-1507679799987-c73779587ccf?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYyfQ
https://images.unsplash.com/photo-1507679799987-c73779587ccf?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYyfQ

職場でどのような使い方をするかを知る前に、「アソシエイト」の言葉の意味を理解していくべきでしょう。ここでは「アソシエイト」の意味と類語について、説明します。

「アソシエイト」の意味

weblio辞書で「アソシエイト」を検索すると、実用日本語表現辞典にその意味が記載されています。

アソシエイト(英: associate)とは、仲間や同僚、共同経営者という意味。「アソシエート」と表記する場合もある。「アソシエイト」の語源は英語の動詞・名詞associateで、「関連づける」「関係させる」「仲間に加える」「交際する」「賛同する」といった意味がある。文脈によっては「准」「準」などと訳されることもある

しかしビジネスシーンにおいては、その意味は異なります。詳しくは後述します。

「アソシエイト」の類義語

類語辞典には、「アソシエイト」の類義語は掲載されていませんでした。しかし「准」「準」と訳されるケースがあることを考えると、以下の言葉が適していると考えられます。

  • アシスタント/助手
  • スタッフ/分担して仕事を進めるための構成員

特に日本企業においては、職位がつかない一般社員をサポート役として登用する際に、こうした類義語を使うことが多いです。

ビジネスで使われる「アソシエイト」とは

https://images.unsplash.com/photo-1578574577315-3fbeb0cecdc2?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYyfQ
https://images.unsplash.com/photo-1578574577315-3fbeb0cecdc2?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYyfQ

ビジネスシーンにおいては、外資系企業か日本企業かで意味が異なります。そのため「アソシエイト」という言葉を使う機会ときには、外資系企業か日本企業かを考えて使わなければなりません。ここでは、ビジネスシーンにおける「アソシエイト」の使われ方について説明します。

「準」・「副」を表すことが多い

「アソシエイト」の意味の引用文の中に、「准」「準」と訳されることがあると明記されていました。「アソシエイト」は職業やポジションの前に付き、「補佐する役割を担う人」をさす「準」「副」を表すこともあるのです。具体例については、後述します。

こんなにある「アソシエイト〇〇」

職業やポジションの前に「アソシエイト」が付くものは、意外と多いです。ここでは「アソシエイト〇〇」の具体例を5つ取り上げ、その業務内容を説明します。

アソシエイト職

日本企業では、事務職員や契約社員を「アソシエイト職」と呼ぶことが多いです。外資系企業の場合は、「アソシエイト職」は平社員という意味で使われます。そのため、求人広告に「アソシエイト職」という記載があった場合には、企業について調べることが大事です。

アソシエイト社員

外資系企業では、販売管理や財務会計、人事といった企業活動で重要な業務を担当する者を「アソシエイト社員」と呼ぶことが多いです。ただし、役職者ではなく、一般社員であることが前提です。

アソシエイト弁護士

弁護士事務所を共同で運営するパートナーの下で補佐役を担うのが、「アソシエイト弁護士」です。かつては「イソ弁」と呼ばれた、弁護士事務所に雇用されている弁護士を意味します。

アソシエイトプロデューサー

テレビ番組や映画、広告などを制作する際に全体の統括を行うプロデューサーの補佐役を務めるのが「アソシエイトプロデューサー」です。予算や人員、スケジュールなど制作に関わるすべての工程に関わり、プロデューサーの指示の下で分担して作業を担います。

アソシエイトエンジニア

アソシエイトエンジニアとは、いわゆるアシスタント時期にあるエンジニアのことです。1人前に仕事を任せてもらう前の段階にいるため、業界や専門の知識や技術について学びながら、研鑽を積む時期のエンジニアと言い換えてよいかもしれません。

その他

上記の他にも「アソシエイト」が付く職業があります。

  • アソシエイトナース/担当患者を持たず補助に入る看護師
  • アソシエイトプロフェッサー/准教授

上記は、身近で聞くことが多いものといえるでしょう。

関連する記事

監修者プロフィール

三浦拓巳みうらたくみ

1997年群馬県生まれ。20卒として就職活動を行う。就活中はエントリーシート15社中全て通過。大手広告会社志望から一転、スタートアップに内定を承諾。内定後は人材育成会社にて、エントリーシート、面接などの選考対策に従事し、約70人の生徒を担当。自身の就職活動での学びを活かし、教育事業に注力している。