大手旅行会社5社の違いを徹底解説!|気になる今後の動向やランキングも紹介します!

旅行会社へ就職しようと考える人は多いです。大手旅行会社は、一般的にも知名度があります。就職活動では、大手旅行会社の情報を手に入れ、業界の動向を考える必要があります。旅行会社へ就職するメリットやデメリットも含め、本記事を参考にされご自身でも考察してみてください。

業界

就活生から人気の旅行会社

https://images.unsplash.com/photo-1436491865332-7a61a109cc05?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ
https://images.unsplash.com/photo-1436491865332-7a61a109cc05?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ

旅行会社は、就活生から人気が集中する企業のうちの1つです。旅行会社での就職を目指す人は、どんな企業があるかを知っておきましょう。

就活生の人気がある理由は何でしょうか。旅行会社に就職するメリットやデメリットをまとめ、人気が高い企業をランキングにしました。就職活動の参考にしてください。

旅行会社とは

https://images.unsplash.com/photo-1516738901171-8eb4fc13bd20?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ
https://images.unsplash.com/photo-1516738901171-8eb4fc13bd20?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ

旅行会社とは、旅行を商品として販売する会社です。交通や宿泊などを含めた旅行を案内します。法律上は旅行業と呼ばれ、旅行代理業と区別されます。

旅行業は旅行を企画でき、旅行代理業は旅行業が企画したものを販売する権利を有します。企画できるか否かが違いとなります。旅行業を中心に、旅行会社についてまとめます。

旅行会社のビジネスモデル

旅行会社には、旅行業と旅行代理業を含めて4種類あります。

  • 第1種旅行業(海外旅行など)
  • 第2種旅行業(国内旅行中心)
  • 第3種旅行業(一部の国内旅行)
  • 旅行業者代理業(販売のみ)

就職活動を行う時は、旅行会社にも4種類あることは常識となります。種類により扱える旅行が異なり、旅行業者代理業では旅行の企画ができません。

国内外を問わず旅行を企画し、販売できるのは第1種旅行業です。また、海外旅行は全体の旅行の中で3割程度しかありません。7割以上が国内旅行である点も、意識的に注目しておきましょう。

旅行会社の主な仕事

旅行会社の主な仕事は、お客様に旅行を案内することです。旅行会社で働くと、多くの仕事内容があります。大きく分けて以下の通りです。

  • 接客
  • 企画
  • 営業

接客には、ツアーコンダクターやキャビンアテンダントなどが挙げられます。企画は、ツアープランナーやオペレーター。営業ではカウンター業や団体営業などがあります。

旅行会社内での仕事は、多くの職種により役割が異なります。お客様の旅行を最高のものにするため、チームワークを図りながらそれぞれに最善を尽くしています。

旅行業界の市場規模

旅行業界は2019年までは右肩上がりの動向を見せていました。市場規模は2兆円を超え、今後も好調を維持するはずでした。2017年には、訪日外国人旅行者数は世界12位だったことも記憶に新しいものです。

しかし、2020年の新型コロナの影響が大きく、集客が見込めない状況です日本旅行業協会によると、海外旅行だけでなく国内の団体旅行、個人旅行を含める全てで旅行客激減となりました。

7月から9月ごろ、現状より回復する予想を立てています。旅行会社の市場規模が、今後どうなるか慎重に見守る必要があります。

旅行会社ランキング

https://images.unsplash.com/photo-1537522306408-8435f315b2e3?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ
https://images.unsplash.com/photo-1537522306408-8435f315b2e3?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ

旅行会社の現状は、売上や年収を見ると把握できます。売り上げが好調な企業は、将来性があると考えられます。年収が高い企業は、社員の意欲が向上しやすいです。

以下では、売上と年収のランキング表をご紹介します。旅行会社のランキングを元に、ご自身の就職活動に活かしてみてください。

売上ランキング

2018年の単体業績のランキングは以下の通りです。

商号

年売上高(百万円)

(株)エイチ・アイ・エス

459,627

(株)日本旅行

429,766

(株)ジャルパック

175,124

クラブツーリズム(株)

162,244

ANAセールス(株)

155,909

(株)JTB

139,528

東武トップツアーズ(株)

138,867

名鉄観光サービス(株)

117,416

(株)JTBビジネストラベルソリューションズ

115,133

(株)ジェイアール東海ツアーズ

98,904

参考:トラベルボイス 観光産業ニュース

上記は単体業績ですが、2018年の連結業績ではJTBが1位となりました。業績好調な企業は、日本人だけでなく海外からの旅行者を招く努力をしている傾向にあります。

経営統合などにより連結業績が変化することもありますが、単体業績は社内の人の努力の賜物であるのは間違いありません。

年収ランキング

旅行会社の売り上げと年収は比例しません。以下では、年収ランキングを作成しているサイトを元に表を作成しました。

KNT−CTホールディングス

614

ユーラシア旅行社

586

ベルトラ

559

オープンドア

529

エイチ・アイ・エス

503

エアトリ

500

アドベンチャー

462

旅工房

418

ベストワンドットコム

327

HANATOUR JAPAN

293

参考:旅行会社企業の年収ランキング1位~10位【2020年最新版】

2020年の年収ランキングは、新型コロナの影響が大きいです。ほとんどの企業で年収が下がっています。年収が下がっているのは、自粛期間が長いなどの理由が挙げられます。

になるなど、旅行会社は厳しい現状があります。訪日外国人数が99.9%減今後、新型コロナが落ち着くことでどう変化するか、最新の情報を手に入れる必要があります

関連する記事

監修者プロフィール

三浦拓巳みうらたくみ

1997年群馬県生まれ。20卒として就職活動を行う。就活中はエントリーシート15社中全て通過。大手広告会社志望から一転、スタートアップに内定を承諾。内定後は人材育成会社にて、エントリーシート、面接などの選考対策に従事し、約70人の生徒を担当。自身の就職活動での学びを活かし、教育事業に注力している。