公務員試験の倍率はどれくらい?|気になる試験難易度も紹介します!

先が見えない世の中だからこそ、安定した仕事に就きたいという思いから、公務員試験の受験準備をしている人も多いことでしょう。その場合、合格を目指すなら倍率を知っておくことは大事です。そこで今回は、公務員試験の種類や試験内容、倍率の違いなどについて解説します。ぜひ参考にしてみてください。

業界公務員

公務員試験の倍率はどれくらい

https://images.unsplash.com/photo-1534644107580-3a4dbd494a95?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ
https://images.unsplash.com/photo-1534644107580-3a4dbd494a95?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ

公務員と一口にいっても、「国家公務員」と「地方公務員」があり、そこからさらに職種に分かれるため、様々な試験が行われています。そのため、自治体や職種によって、公務員試験の倍率が変わります。試験内容も異なるため、公務員の中でもどの職種を選ぶのかを検討し、試験に備える必要があります。

公務員試験の倍率

https://images.unsplash.com/photo-1558021212-51b6ecfa0db9?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ
https://images.unsplash.com/photo-1558021212-51b6ecfa0db9?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ

国家公務員と地方公務員、専門職か否かなど、公務員試験の倍率は試験内容によって異なります。最も高いもので138.4倍、低いと2倍以下になる例もあるようで、平均は5~6倍といわれています。ここでは、国家公務員と地方公務員の倍率について説明します。

国家公務員の倍率

ここでは「公務員試験総合ガイド」で公開されている情報に基づき、2019年の国家公務員試験倍率を表にまとめてみました。

種類

倍率

国家総合職(政治国際)

9.9倍

国家総合職(法律)

17.0倍

国家総合職(経済)

8.6倍

国家一般職(行政)

3.4倍

国税専門官

3.0倍

財務専門官

3.3倍

法務省専門職員(矯正心理A・男性)

2.8倍

法務省専門職員(矯正心理B・女性)

2.7倍

法務省専門職員(法務教官A・男性)

5.1倍

法務省専門職員(法務教官B・女性)

3.1倍

法務省専門職員(保護観察官)

2.8倍

皇宮護衛官

17.6倍

裁判所事務官(総合職)

53.7倍

裁判所事務官(一般職)

7.1倍

家裁調査官補(総合職)

8.2倍

衆議院事務局(総合職)

88.0倍

衆議院事務局(一般職)

11.5倍

国立国会図書館(総合職)

84.8倍

国立国会図書館(一般職)

138.4倍

国立国会図書館(資料保存専門職員)

31.0倍

国家公務員の倍率で一番高いものが138.4倍、低いものは2.8倍と大きな開きがあることがわかります。

地方公務員の倍率

前章同様に、「公務員試験総合ガイド」で公開されている情報に基づき、2019年の地方公務員試験倍率を表にまとめてみました。

種類

倍率

北海道(第1回)

4.8倍

北海道(第2回)

5.5倍

青森県(行政)

3.5倍

岩手県(一般行政A)

3.4倍

宮城県(行政)

6.4倍

秋田県(行政A)

6.6倍

山形県(行政)

4.6倍

福島県(行政事務)

3.6倍

茨城県(事務)

5.8倍

栃木県(行政)

5.3倍

群馬県(行政事務)

5.8倍

埼玉県(一般行政)

5.2倍

千葉県(一般行政A)

6.5倍

千葉県(一般行政B)

10.4倍

東京都(Ⅰ類B・一般方式)

5.6倍

東京都(Ⅰ類B・新方式)

6.6倍

神奈川県(行政)

4.0倍

神奈川県(秋季チャレンジ)

9.2倍

山梨県(行政Ⅰ)

7.0倍

山梨県(行政Ⅱ)

4.0倍

長野県(行政A)

6.6倍

長野県(行政B)

11.8倍

新潟県(一般行政)

4.8倍

富山県(総合行政)

4.1倍

石川県(行政)

3.7倍

福井県(行政)

3.2倍

岐阜県(行政Ⅰ)

2.9倍

岐阜県(行政Ⅱ)

7.0倍

静岡県(行政Ⅰ・従来型)

3.0倍

静岡県(行政Ⅱ・統合型)

4.5倍

愛知県(行政Ⅰ)

3.3倍

愛知県(行政Ⅱ)

5.5倍

三重県(行政Ⅰ)

3.9倍

三重県(行政Ⅱ)

5.5倍

滋賀県(行政A・専門型)

4.3倍

滋賀県(行政B・アピール型)

5.1倍

京都府(行政ⅠA)

3.5倍

京都府(行政ⅠB)

15.4倍

京都府(行政Ⅰ・10月)

4.2倍

京都府(行政Ⅱ)

31.7倍

大阪府(行政・22-25)

5.9倍

大阪府(行政・26-34)

8.3倍

兵庫県(一般事務職)

4.8倍

奈良県(行政A)

3.6倍

奈良県(行政B)

6.1倍

和歌山県(一般行政職・通常枠)

4.3倍

和歌山県(一般行政職・特別枠)

3.8倍

鳥取県(事務・一般)

3.7倍

鳥取県(事務・総合)

2.8倍

島根県(行政)

2.5倍

岡山県(行政)

4.5倍

広島県(行政・一般事務A)

3.1倍

広島県(行政・一般事務B)

3.5倍

山口県(行政)

2.6倍

徳島県(行政事務)

6.2倍

香川県(一般行政事務)

4.3倍

愛媛県(行政事務)

5.1倍

高知県(行政)

3.7倍

福岡県(行政)

10.0倍

佐賀県(行政)

6.0倍

佐賀県(行政特別枠)

20.7倍

長崎県(行政)

6.5倍

長崎県(行政・特別枠)

4.2倍

熊本県(行政)

4.8倍

大分県(行政)

3.6倍

宮崎県(一般行政)

3.4倍

鹿児島県(総合行政)

4.3倍

沖縄県(行政Ⅰ)

10.1倍

地方公務員でも一番高い倍率が31.7倍、低いものは2.5倍と大きな開きがあることがわかります。また、政令指定都市・東京特別区の公務員試験の倍率も、前述した資料を参考として以下にまとめておきます。

種類

倍率

札幌市(行政コース)

7.2倍

仙台市(事務)

7.8倍

さいたま市(行政事務)

5.8倍

千葉市(行政A)

4.8倍

千葉市(行政B)

2.4倍

特別区Ⅰ類(事務)

5.7倍

横浜市(事務)

4.2倍

川崎市(行政事務)

4.9倍

相模原市(行政)

5.4倍

新潟市(一般行政A)

9.4倍

新潟市(一般行政B)

16.5倍

静岡市(事務A)

5.1倍

静岡市(事務B)

5.4倍

浜松市(行政A)

3.2倍

浜松市(行政B)

6.0倍

名古屋市(行政一般)

6.4倍

名古屋市(法律)

3.7倍

名古屋市(経済)

2.8倍

京都市(行政・京都方式)

18.2倍

京都市(行政・一般方式)

6.7倍

大阪市(事務行政・22-25)

5.5倍

大阪市(事務行政・26-34)

14.8倍

堺市(事務・一般枠)

9.3倍

堺市(事務・特別枠)

13.3倍

神戸市(総合事務)

4.5倍

神戸市(特別枠)

15.6倍

岡山市(事務・一般枠)

4.7倍

岡山市(事務・特別枠)

12.1倍

広島市(行政事務)

4.0倍

北九州市(行政・特別枠)

14.9倍

北九州市(行政・総合)

7.7倍

北九州市(行政Ⅰ)

8.6倍

福岡市(行政)

8.1倍

福岡市(行政・特別募集)

29.8倍

熊本市(事務職)

4.9倍

いわゆる市役所職員・区役所職員として採用される公務員ですが、国家公務員より倍率が高いものも少なくありません。

公務員試験の内容

https://images.unsplash.com/photo-1509228627152-72ae9ae6848d?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ
https://images.unsplash.com/photo-1509228627152-72ae9ae6848d?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ

公務員試験は自治体や職種によって試験内容が変わるものの、「筆記試験」と「面接試験」に大別されることは共通しています。筆記試験である程度まで人数を絞り込んだうえで、面接試験が行われます。ここでは、公務員試験の内容について詳しく説明します。

筆記試験

公務員試験における筆記試験には論述試験が含まれており、「教養」と「専門」に分かれます。ここでは、それぞれの科目の特徴を詳述します。

教養科目

筆記試験における教養科目とは、正式には「教養論文試験」といいます。社会や経済など一般的な課題をテーマとして与えられ、自分の考えを論述します。時間は60~80分程度で、800~1,200文字の小論文を書くことになります。

テーマを理解し、その客観的な事実をベースに自分の考えを論理的に文章化することが求められます。これは、どの職種であっても課されます。

専門科目

筆記試験における専門科目とはあ、正式に刃「専門記述試験」といいます。国家総合職をはじめ、外務専門職、東京都Ⅰ類B(一般方式)、裁判所一般職、国税専門官、財務専門官など、一部の公務員試験で採用されています。

上記の専門職として必要な専門科目に関するテーマを与えられ、小論文を書くこととなります。

面接試験

筆記試験をクリアすると、面接に進むことになります。公務員試験で行われる面接には、以下のものがあります。

  • 個別面接/2次試験以降で必ず実施。受験者1名に対し、面接官が3~5名つく。時間は15~30分程度
  • 集団面接/受験者は3~8名、面接官が3~4名が一般的。質問に対する回答は、面接官からの指名もしくは受験者の挙手による
  • 集団討論/受験者を5~10名集め、与えられたテーマに基づいてグループ討議を行う

面接試験の回数や内容は、受ける自治体によって異なります

関連する記事

監修者プロフィール

三浦拓巳みうらたくみ

1997年群馬県生まれ。20卒として就職活動を行う。就活中はエントリーシート15社中全て通過。大手広告会社志望から一転、スタートアップに内定を承諾。内定後は人材育成会社にて、エントリーシート、面接などの選考対策に従事し、約70人の生徒を担当。自身の就職活動での学びを活かし、教育事業に注力している。