技術営業の仕事内容とは?|年収やキャリアパスについても徹底解説!

技術営業とは技術の専門知識を生かして行う営業のことです。技術営業は理系のイメージがあり、採用している企業とそうでない企業があります。技術営業は文系でも採用されることがあるのでしょうか。技術営業に必要なスキルや、やりがいなどを紹介します。

業界

技術営業とは

https://images.unsplash.com/photo-1529400971008-f566de0e6dfc?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ
https://images.unsplash.com/photo-1529400971008-f566de0e6dfc?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ

技術営業とは、技術職などの専門知識を活かして営業をする仕事です。主にメーカー系の企業によって採用している場合が多く、セールスエンジニアとも呼ばれます。

メーカー系の企業は扱っている製品の専門性が高いので、専門的な知識や技術を必要としています。 普通の営業とは違い、取り扱う製品の専門的な勉強や知識の探究が必要となります。

技術営業に求められる知識・スキル

https://images.unsplash.com/photo-1432888498266-38ffec3eaf0a?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ
https://images.unsplash.com/photo-1432888498266-38ffec3eaf0a?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ

技術営業には普通の営業と違って専門的な知識やスキルが必要とされます。技術営業に求められる専門的な知識やスキルは、どういったものがあるのでしょうか?

本見出しでは、技術営業に求められる専門的な知識やスキルについて解説します。

専門知識

技術営業には以下のような専門知識を必要とする場合があります。

  • 商品設計
  • 製作
  • IT知識
  • 医療知識

技術営業に必要な知識はそれぞれの企業によって違います。IT関係の企業であればITの知識は必ず必要です。

医療系の企業であっても、その企業が取り扱っている商品によって組織の必要な範囲は変わります。例えば医療系の機械メーカーであれば機械の知識が必要となってくるでしょう。

営業スキル

技術営業には以下のような営業スキルを必要とします。

  • ヒアリング力
  • 問題解決能力
  • 企画力
  • マネジメント能力

技術営業には、相手側の要望や意見を引き出すためのヒアリング力が必須です。また引き出した要望や問題を解決するための問題解決能力や、より良い商品を製作するための企画力、お客様と契約した際にプロジェクトを完結させるためのマネジメント力などが必要なります。

技術営業の適性とは

https://images.unsplash.com/photo-1454165804606-c3d57bc86b40?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ
https://images.unsplash.com/photo-1454165804606-c3d57bc86b40?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ

技術営業には様々な専門知識やスキルが必要ですが、その他にも必要な適性というものがあります。

本見出しでは、技術営業に必要な適性を解説していきます。

①粘り強さ

技術営業の提案型営業では、一つの提案が完結するまで数か月はかかります。そのため粘り強さが必要です。提案が通るまで何度も企画書を作成し、先方と交渉しなければなりません。

契約を勝ち取った後もそのプロジェクトが完結するまでに何度も修正をしなければならないので、粘り強さというものは技術営業に関しては必須の適正となってきます。

②人当たりの良さ

人当たりの良さというのも、技術営業に関しては必要な適性となります。担当営業の人柄や人当たりの良さというのも評価に大きく左右し、相手に良い印象を与える人の方が契約を取ることができます。

③わかりやすく説明できる力

専門的なことをわかりやすく伝えることはできる力というものは、技術営業にとって大切です。クライアントは必ずしもその分野の専門ではない場合が多いので、そういった方でもわかるように、専門的な用語を噛み砕いて説明しなければなりません。

相手の気持ちを考えて発信できる力というのも必要となります。

技術営業のやりがい

https://images.unsplash.com/photo-1476231790875-016a80c274f3?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ
https://images.unsplash.com/photo-1476231790875-016a80c274f3?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ

専門的な知識やスキルを必要とし、様々な能力を必要とする技術営業ですが、技術営業のやりがいというものはどのようなところにあるのでしょうか。

本見出しでは、技術営業のやりがいについて説明します。

①商品の最適な方法の提案

技術営業のやりがいは、商品の最適な活用方法を提案できるという点にあります。どのような問題を抱えているのか、どのようなことを実現したいのかということはクライアントによって様々です。

自社の商品の様々な活用方法を提案し、時には修正を加えながらその問題を解決できるということは、技術営業にしかできない仕事となります。

②多くのクライアントに感謝される

技術営業はクライアントの問題を解決することから、多くのクライアントに感謝されることがあります。 商品の開発、企画提案はもちろん、アフターフォローまで行う場合があるので、よりクライアントにとって身近な存在です。

そのため、クライアントの意見を聞き出し、利益をもたらすことができれば、クライアントにとって大きな存在となることができるでしょう。

関連する記事

監修者プロフィール

三浦拓巳みうらたくみ

1997年群馬県生まれ。20卒として就職活動を行う。就活中はエントリーシート15社中全て通過。大手広告会社志望から一転、スタートアップに内定を承諾。内定後は人材育成会社にて、エントリーシート、面接などの選考対策に従事し、約70人の生徒を担当。自身の就職活動での学びを活かし、教育事業に注力している。