プロデューサー・ディレクターの違いとは?|それぞれの概要や疑問3選を紹介します!

メディア系の会社には、プロデューサーとディレクターの仕事がありますが、両者の違いは何でしょうか。また、プロデューサーとディレクターの年収や給料が気になる方もいらっしゃると思います。本記事では、まずプロデューサーとディレクターとは何か概要をご説明します。続いて、両者に関する疑問へお答えします。

職種

プロデューサー・ディレクターとは

https://images.unsplash.com/photo-1485846234645-a62644f84728?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYyfQ
https://images.unsplash.com/photo-1485846234645-a62644f84728?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYyfQ

プロデューサーやディレクターという言葉は、聞いたことがあるけれど、言葉の意味で使われているのか知らない方もいらっしゃると思います。

そこでこの見出しでは、プロデューサーとディレクターの意味をそれぞれ解説致しますのでご参照ください。

プロデューサーの意味

プロデューサーとは、制作を意味する「Produce」に人を表す「er」がついた英単語であり、「Producer」と記載します。

  • テレビ・ラジオ業界における製作者
  • 映画業界の製作者
  • ゲーム業界の製作者

以上のように、プロデューサーは幅広い業界における製作者として用いられる単語であり、何らかの物品を製作する人という意味になります。

ディレクターの意味

ディレクターとは、監督や制作責任者を意味する「Director」という英単語を日本語表記にした言葉です。

  • チームメンバーの管理
  • 企画から製作まで全体管理を行う

具体的には、このような役割をディレクターは担っていますが、プロデューサーと同様に様々な業界において用いられる言葉となります。

プロデューサーの概要

https://images.unsplash.com/photo-1478720568477-152d9b164e26?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYyfQ
https://images.unsplash.com/photo-1478720568477-152d9b164e26?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYyfQ

本見出しでは、プロデューサーの概要として以下4つのポイントを解説致します。

  • 仕事内容
  • 年収
  • やりがい
  • 向いている人

また後続の見出しでは、ディレクターの概要も説明致しますので、両者の違いをぜひご確認ください。

プロデューサーの仕事内容

以下が、プロデューサーの仕事内容になります。

  • クライアントとの折衝
  • 企画提案
  • チーム編成
  • 予算と時間管理

プロデューサーは、番組制作でもゲーム制作においても、あるプロジェクトの完遂に向けた業務を取り扱うこととなります。

そのため、プロデューサーは対外的な業界に加えて内部の調整も行わなければならず、仕事の範囲は多岐に渡ると言えます。

プロデューサーの年収

以下では、プロデューサーの年収を番組制作会社とテレビ局に分類してお伝えします。

企業

平均年収

番組制作会社

500万円〜 800万円

テレビ局

700万円〜 2,000万円

このように、番組制作会社よりはテレビ局の方が平均年収のレンジは高くなっておりますが、年齢により平均年収の幅があると考えられます。

ただし、番組制作会社でもテレビ局においても、制作した番組などがどれだけ人気となったかで評価にも繋がるため起伏があるとも言えます。

プロデューサーのやりがい

以下では、プロデューサーの仕事におけるやりがいをご紹介致します。

  • 取引先とのすり合わせや交渉
  • 番組などの制作アイディア出し
  • メンバー毎の役割分担
  • 担当業務のプロジェクト管理

このように、プロデューサーのやりがいは対外的なやりとりのみならず、社内でも企画から実行までの全体管理を担える点にあります。

1つ1つの業務では、経験や地検に基づく判断が求められますが、プロデューサーという立場だからこそできる管理業務のやりがいを味わえます。

プロデューサーに向いてる人

以下では、プロデューサーに向いている人の特徴をご説明しますので、目指す方はご自身と比較してみてはいかがでしょうか。

  • 協議の中で取引先のニーズを把握できる
  • 創造性に富んでいる
  • チーム指導のリーダーシップがある
  • プロジェクト管理力を有している

プロデューサーに求められるのは、対人コミュニケーション力のみならず、クリエイティブ性といった芸術性もあると言えます。

また、リーダーシップやプロジェクト管理力は、ビジネスの世界における管理者スキルであり、包括的な能力を持つ人が向いているとわかります。

関連する記事

監修者プロフィール

三浦拓巳みうらたくみ

1997年群馬県生まれ。20卒として就職活動を行う。就活中はエントリーシート15社中全て通過。大手広告会社志望から一転、スタートアップに内定を承諾。内定後は人材育成会社にて、エントリーシート、面接などの選考対策に従事し、約70人の生徒を担当。自身の就職活動での学びを活かし、教育事業に注力している。