薬剤師の難易度は高いのか?|薬剤師になるまでの流れと難易度を徹底解説!

薬剤師を目指している学生もいますが、薬剤師になるためにはどうしたらいいのかという疑問を持つ学生も少なくありません。薬剤師になるために通う大学の薬学部の偏差値や、薬剤師の資格を取得するための薬剤師国家試験の難易度を解説していきます。

業界

薬剤師とは

https://images.unsplash.com/photo-1547489432-cf93fa6c71ee?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjgwODQxfQ
https://images.unsplash.com/photo-1547489432-cf93fa6c71ee?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjgwODQxfQ

薬剤師とは、病気の治療や日常生活における健康維持のために、医薬品全般の幅広い知識を持っている専門家の事をいいます。求められている役割は幅広く、薬局や医療機関で処方箋に基づく調剤や患者への薬の説明、薬の販売や相談をしています。

薬剤師は大学の薬学部を卒業し、薬剤師国家試験に合格して初めて与えられる資格となっています。

今回は薬剤師の難易度について解説していますが、薬剤師を目指す方が気になるであろう年収については以下の記事で紹介しています。ぜひご一読ください。

薬剤師になるには

https://images.unsplash.com/photo-1580281845022-233f93de0671?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjgwODQxfQ
https://images.unsplash.com/photo-1580281845022-233f93de0671?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjgwODQxfQ

薬の専門家である薬剤師を目指す学生も多いと思います。しかし、薬剤師になるためにはどうしたらよいのでしょうか。

本見出しでは、薬剤師になるための流れを説明していきます。

6年制の薬学部に入学する

薬剤師になるためには、大学の六年制の薬学部に入学し、薬学課程を卒業しなければなりません。薬学課程を卒業すると、薬剤師国家試験の受験資格を得ることができます。

学費としては、国立大学では6年間で350万円から400万円程度、私立大学の場合は6年間で1,000万円から1,200万円程度となっています。そのため国立大学の方が難易度も高く、入学希望者の割合も多くなっています。

薬剤師国家試験に合格する

薬剤師になるためには薬学部を卒業後、薬剤師国家試験に合格しなければなりません。2006年4月1日の入学者から、学校教育法・薬剤師法の改正により薬学部の修業年限が4年から6年に変更されました。

そのため、原則として薬剤師国家試験を受けることができるのは、6年生薬学部を卒業した方とされています。また、創薬研究や開発などの分野に進む人材を育成するために4年制の薬学部も新たに設置されました。

4年生の薬学部を卒業した方も、いくつかの条件を満たせば薬剤師国家試験の受験資格を得ることができます。2017年度までの4年生の薬学部入学者に限り、卒業後大学院で2年間必要な科目や単位を修得した場合は、厚生労働大臣の個別審査の対象となり薬学部国家試験を受けることができる場合があります。

就職する

薬剤師の資格を取得したら、就職しなければなりません。就職先としては、調剤薬局、病院や診療所、製薬会社などがあります。

調剤薬局では、処方箋による調剤、薬の正しい使い方の指導、薬の飲み合わせのチェックなどを行います。

病院や診療所では、薬の調剤はもちろん、注射薬や点滴の調整・管理、適切な薬の飲み方の指導や薬の在庫管理や品質管理を行います。

製薬会社では、薬の研究開発や品質管理の他に、医者や薬剤師、看護師からの問い合わせに応じ適切な情報を提供します。

6年制の薬学部の難易度

https://images.unsplash.com/photo-1571260899304-425eee4c7efc?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjgwODQxfQ
https://images.unsplash.com/photo-1571260899304-425eee4c7efc?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjgwODQxfQ

薬学部へ進学することは難しいというイメージです。たしかに、国立大学や上位私立大学は非常に難しいです。特に東京大学などは入学後も成績競争の激しさがあるので、卒業することは容易ではないでしょう。

しかし、それ以外の薬学部であれば意外と簡単に入ることができます。 国立大学の薬学部へ進学するためには偏差値が65以上は必須ですが、私立の大学であれば偏差値が50以下でも試験に受かることができる大学はたくさんあります。

偏差値や学校のブランドにこだわらなければ、高い学費さえ払うことができれば薬学部へ進学することは可能です。

下記では、各大学の薬学部の偏差値と、薬剤師国家試験の合格率を表にしていますのでご参考下さい。

大学名

受験者数(名)

合格者数(名)

合格率(%)

偏差値

東京大学(国立)

12

9

75

75

九州大学(国立)

43

41

95.35

70

大阪大学(国立)

35

29

82.86

73

熊本大学(国立)

70

58

82.86

70

岐阜薬科大学(公立)

101

87

86.14

60

静岡県立大学(公立)

98

87

88.78

60

慶應義塾大学(私立)

172

156

90.7

72

日本薬科大学(私立)

330

152

46.06

57

東北医科薬科大学(私立)

346

276

79.77

55

近畿大学(私立)

182

157

86.26

66

城西大学(私立)

400

211

52.75

56

関連する記事

監修者プロフィール

三浦拓巳みうらたくみ

1997年群馬県生まれ。20卒として就職活動を行う。就活中はエントリーシート15社中全て通過。大手広告会社志望から一転、スタートアップに内定を承諾。内定後は人材育成会社にて、エントリーシート、面接などの選考対策に従事し、約70人の生徒を担当。自身の就職活動での学びを活かし、教育事業に注力している。