中小企業の年収で1000万を超える企業!平均年収や年収ランキングを解説

中小企業の年収は大企業と比べると低いというイメージがあると思います。しかし、意外なことに中小企業でも年収1,000万を超える企業は数多く存在します。今回は中小企業でも年収が高い企業の紹介と年齢別中小企業の平均年収を見ていきます。中小企業の役職報酬や年収の上げ方も紹介していますので、ぜひご覧ください。

給料業界

中小企業の平均年収

https://images.unsplash.com/photo-1529400971008-f566de0e6dfc?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjY2fQ
https://images.unsplash.com/photo-1529400971008-f566de0e6dfc?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjY2fQ

経済産業省のデータによると日本の企業は99%が中小企業と言われています。就職先が中小企業になる確率は高いと言えます。

そもそも中小企業と大企業はどのような分け方をしているのでしょうか。気になる方も多いと思います。まずは中小企業と大企業の定義中企業と小企業の年収を見ていきます。

中小企業の定義

中小企業の定義は資本金と従業員数によって分かれます。業界によって大企業と中小企業の基準が変わります。

中小企業庁によると中小企業は以下のように定義されています。

業種分類

中小企業法の定義

製造業その他

資本金の額又は出資の総額が3億円以下の会社

又は常時使用する従業員の数が300人以下の会社及び個人

卸売業

資本金の額又は出資の総額が1億円以下の会社

又は常時使用する従業員の数が100人以下の会社及び個人

小売業

資本金の額又は出資の総額が5千万円以下の会社

又は常時使用する従業員の数が50人以下の会社及び個人

サービス業

資本金の額又は出資の総額が5千万円以下の会社

又は常時使用する従業員の数が100人以下の会社及び個人

上記の中小企業の定義は、中小企業政策における「原則」であるため、法律や制度によって中小企業として扱われる範囲は異なることがあります。

中企業の平均年収は339.2万円

厚生労働省が発表している平成30年賃金構造基本統計調査の概況の資料を参考に算出すると男性の平均年収は385万円、女性は293.3万円となります。

男女別

金額

男性

385万円

女性

293.3万円

中企業では男女合わせて平均を取ると339.2万円だということが分かります。

小企業の平均年収は309.4万円

小企業も厚生労働省が発表している平成30年賃金構造基本統計調査の概況の資料を参考に算出すると男性の平均年収は350.4万円、女性は268.4万円となります。

男女別

小企業平均年収

男性

350.4万円

女性

268.4万円

小企業では男女合わせて平均を取ると309.4万円だということが分かります。上記表を参考に報酬を考えると良いでしょう。

中小企業の年齢別の年収の目安

https://images.unsplash.com/photo-1517245386807-bb43f82c33c4?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjY2fQ
https://images.unsplash.com/photo-1517245386807-bb43f82c33c4?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjY2fQ

年功序列が無くなってきたと言われている日本でも30代、40代と年齢を重ねると少しずつ年収は上がります。ここでは年齢別に見た中企業、小企業別で平均年収を紹介しています。

厚生労働省が発表している平成30年賃金構造基本統計調査の概況を参考に算出しています。

中小企業の年収の目安|20代

下記は20代の平均年収の表になります。

中企業

小企業

中小企業平均

男性

269.1万円

261.2万円

265.2万円

女性

257.5万円

241.3万円

249.4万円

女性で中企業と小企業の差が16.2万円の差がありますが、まだ少ないと言えます。男性では265.2万円、女性では249.4万円が20代の目安となります。20代を基準に30代以降の平均年収と比べていきましょう。

中小企業の年収の目安|30代

下記は30代の平均年収の表になります。

中企業

小企業

中小企業平均

男性

351.9万円

331.5万円

341.7万円

女性

293.2万円

269万円

281.1万円

30代では男性が341.7万円、女性が281.1万円という数字になります。男性の年収が20代と比べて、76.5万円と大きく差が出始めて来たことが分かります。

中小企業の年収の目安|40代

下記は40代の平均年収の表になります。

中企業

小企業

中小企業平均

男性

425.3万円

386.2万円

405.8万円

女性

315.9万円

283.9万円

300万円

40代で男性では400万円、女性では300万円を超えてきました。男性側の年収がさらにアップしていることが分かります。40代は部下も増えて、社会人では一番、充実する年代だと言えます。

高い、安いの基準が出来てくると考えられます。

中小企業の年収の目安|50代

50代の平均年収は下記の表になります。

中企業

小企業

中小企業平均

男性

478.7万円

400.7万円

439.7万円

女性

316.6万円

286.4万円

301.5万円

50代では男性が439.7万円、女性が301.5万円となりました。女性は40代と比べる1.5万円となり、ほとんどアップしていないことが分かります。

平均では中企業でも500万円を超えません。年収500万を超えるには努力と実力が必要になってくると言えます。

中小企業と大企業の年収差は143.8万円

https://images.unsplash.com/photo-1552664730-d307ca884978?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjY2fQ
https://images.unsplash.com/photo-1552664730-d307ca884978?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjY2fQ

厚生労働省が発表している平成30年賃金構造基本統計調査の概況(P4)の記事を参考に算出している男女別の年収平均が下記になります。

男女

大企業

中小企業

差額

男性

464.4万円

336万円

128.4万円

女性

324.8万円

309.4万円

15.4万円

男性では100万円を超える大きな差がありますが、女性は約15万円と男性と比べると小さいです。男女で合わせると143.8万円の差があることが分かります。

女性の社会進出が増えてきていますが、日本はまだ男性社会であると言えるでしょう。

中小企業の平均年収ランキングTOP10

https://images.unsplash.com/photo-1504384308090-c894fdcc538d?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjY2fQ
https://images.unsplash.com/photo-1504384308090-c894fdcc538d?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjY2fQ

ここでは、東洋経済が発表している中小企業の年収ランキングを紹介しています。中小企業でも年収が高い企業が多いことが分かる表になっています。

順位

社名

業種

平均年収(万円)

1

GCA

コンサルティング

2,139

2

九州朝日放送

テレビ

1,313

3

ジャフコ

証券

1,110

4

ケネディクス

その他サービス

1,099

5

アイ・アールジャパンホールディングス

コンサルティング

1,089

6

ドリームインキュベータ

コンサルティング

1,066

7

レーザーテック

電気・事務機器

1,048

8

東北放送

テレビ

1,016

9

TFDコーポレーション

住宅・マンション

1,014

10

日本商業開発

不動産

980

トップ9が1000万円を超えています。1位のGCA社は平均年収2,000万円を超える企業であることが分かります。

1位のGCA社は2位の九州朝日放送社と比べると圧倒的な差があり、826万円もの差があります。

関連する記事

監修者プロフィール

三浦拓巳みうらたくみ

1997年群馬県生まれ。20卒として就職活動を行う。就活中はエントリーシート15社中全て通過。大手広告会社志望から一転、スタートアップに内定を承諾。内定後は人材育成会社にて、エントリーシート、面接などの選考対策に従事し、約70人の生徒を担当。自身の就職活動での学びを活かし、教育事業に注力している。