営業に向いてない人の特徴10選を徹底解説!|自己PRでアピールするポイントも紹介します!

営業には、住宅営業や新規開拓営業などがありますが、内向的で向いてないとおわれる人もいます。営業に向いていない場合、克服か異動が可能ですが、Yahoo!知恵袋や2chで意見を求める方もいます。この記事では、営業に向いていない人の特徴10選、向いている人の特徴3選や自己PRのポイントを解説致します。

就活の悩み仕事の悩み

営業には向いている人と向いていない人がいる

https://images.unsplash.com/photo-1533135044283-42dc2b70abfa?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ
https://images.unsplash.com/photo-1533135044283-42dc2b70abfa?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ

就活では、様々な職種を選択できますが、営業には向いている人と向いていない人がいると言われています。

  • 自身の特徴に合った最適な職種を選択する
  • 営業に必要な特徴を努力して身につける

仮に営業を目指していても向いていない場合、上述のいずれかから選択をすることになります。

以下の見出しでは、営業に向いていない人の特徴と、営業に向いている人の特徴を解説して参りますので、お悩みの方はぜひご参照下さい。

営業に向いていない人の特徴10選

https://images.unsplash.com/photo-1559526324-4b87b5e36e44?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ
https://images.unsplash.com/photo-1559526324-4b87b5e36e44?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ

冒頭の見出しでは、営業に向いている人と営業に向いていない人の両方がおり、適性に応じて2つの選択肢から選べることをお伝え致しました。

こちらの見出しでは、営業に向いていない人の特徴10選をご説明致しますので、営業に興味のある方はどれくらいあてはまるか検討して下さい。

特徴①|人と話すことにストレスを感じる

1つ目の特徴は、人と話すことにストレスを感じてしまうことです。

  • 人と話すと汗がにじみ出て震えが止まらない
  • 人と話すことに不安や緊張をいつも感じる
  • 人と話す際目を合わせて話すことができない

このように、人と話すことにストレスを感じる人は以上のようなパターンに分類することができますが、いずれも営業には不向きだと言えます。

この特徴は、人と話す経験を積んでいくことで軽減することができますが、慣れるまでは営業職の仕事がひたすら苦に感じる懸念もあります。

特徴②|人間関係の把握が苦手である

2つ目の特徴は、人間関係の把握が苦手であり、関係構築や売り込みに支障をきたすことです。

  • 応対してくれた方の名前と顔が一致できない
  • 人の名前を忘れがちだと自覚している
  • 組織内の上下関係を会話から把握できない

営業職では、誰に何を話すかも売り込みが成立するか否かのカギを握る重要なポイントであり、人間関係の把握はその基本情報にあたります。

そのため、もしも取引先の方の名前が覚えられなかったり、上司と部下を見極められないと営業には不向きだという懸念が挙げられます。

特徴③|人との関係構築に時間がかかる

3つ目の特徴は、人との関係構築に時間ぎかかるため、社交的でないと言われがちなことです。

  • 初対面で話すと緊張しておどおどしてしまう
  • 人を簡単には信じられず、疑ってしまう
  • 自分の本音や感情を伝えるのが苦手である

例えば、これらのようなタイプの人は営業として訪問をしても、本音で会話が出来るまでに比較的時間を有するという課題が想定されます。

営業職であれば、相手のタイプに応じて話し方を変えて出来るだけ早く良好な人間関係を築き、信頼を得ることが不可欠だと考えられます。

特徴④|悲観的な性格である

4つ目の特徴は、悲観的な性格であるために自信を持って物事が進められないことです。

  • 自分には長所より短所が多いと考えている
  • 自分は人よりも劣った存在だと感じる
  • 努力をしても結果に繋がらないと考えている

このように、悲観的な性格の人は自己評価が著しく低く、常に自分の行動は成功に繋がらないと考えがちだと言えます。

営業職は、成功より失敗の方がはるかに多いため、悲観的な性格だとすぐに自信喪失になり、仕事が手に付かなくなると懸念されます。

特徴⑤|暗い表情をしている

5つ目の特徴は、常に暗い表情をしていて周囲の人からは避けられがちであることです。

  • いつも何か不安や心配ごとが頭にある
  • 失敗した経験をくよくよと考えがちである
  • 疑心暗鬼で人には近寄ってほしくない

暗い表情をしている人は、以上のような心理状態であることが想定されますが、ネガティブな印象を常に与え続けていると考えられます。

営業職では、ポジティブで太陽のように明るい性格や、前向きで熱いタイプが多いため、営業職に適応することが難しいと懸念されます。

特徴⑥|感情の起伏が表に出やすい

6つ目の特徴は、感情の起伏が表に出やすく、イライラを人にぶつけることもあることてす。

  • 嫌なことがあると我慢できず顔に出てしまう
  • 腹が立つとカッとなり人に当たりやすい
  • 落ち込んでいると話す気持ちすらわかない

このように、感情の起伏が表に出やすい人は、自分な感情をコントロールすることができないため、人と接する仕事には不向きだと言えます。

特に、営業職は社内と社外の板挟みになりがちであり、その都度に感情を当て散らすような行為は営業として不適切だと考えられます。

特徴⑦|自分の立場でばかり考える

7つ目の特徴は、自分の立場でばかり考えてしまい、相手の立場で考えられないことです。

  • 自分が不利にならないようリスクを避ける
  • 自分の手柄を最優先にして判断をする
  • 自分のためには人の犠牲も厭わない

例えば、このような考え方や人間性の人では、お客のニーズを把握して的確な商品やサービスを提案することは極めて難しいと言えます。

状況に応じて、利害をトレードオフして双方にとって良い結果を出すことは問題ないですが、独善的な思考は好ましくないと考えられます。

特徴⑧|人への献身性が弱い

8つ目の特徴は、人への献身性が弱く、自分の目標や課題を最優先してしまうことです。

  • 相手が困ってもわざわざ手を差し伸べない
  • 自分が無駄なく結果を得られれば良い
  • 人のために自分が苦労をするのは嫌だ

営業職は、売り上げによって会社から評価される立場ですが、業務としてはお客様第一の献身的な職種であると言えます。

仮に、上述のように我が身を優先した考えと行動を取ってしまうタイプであれば、営業職としては不向きだとみなされる懸念があります。

特徴⑨|場当たり的に考えがちである

9つ目の特徴は、場当たり的に考えがちであり、順序などを考慮して行動していないことです。

  • 業務をプロセス化して進めるイメージがない
  • その時々の思いつきで仕事を進めている
  • 網羅的に選択肢を考慮することができない

営業職では、自社内外の様々な人の利害関係により、どのような手順で仕事を進めるのか状況に応じて判断できるよう準備しなければなりません。

しかし、場当たり的に考えがちな人は、選択肢の漏れや抜けを見落としてしまうため、結果的にも適切な成果をだすことができないと言えます。

特徴⑩|問題解決の願望が乏しい

10つ目の特徴は、問題解決の願望が乏しいため、とりあえず仕事をしていることです。

  • 開発エンジニアの理想を形にしたい
  • お客様のニーズを満たしてあげたい
  • 目指している売上額を突破したい

このように、自ら目標を設定して貪欲に取り組んだり、或いは誰かが直面している課題を解決したいという思いは、営業職には必要となります。

しかし、これらのような問題解決の願望が予め無かったり乏しいと、惰性で仕事をしがちになり売上という結果には至りにくいと考えられます。

関連する記事

監修者プロフィール

三浦拓巳みうらたくみ

1997年群馬県生まれ。20卒として就職活動を行う。就活中はエントリーシート15社中全て通過。大手広告会社志望から一転、スタートアップに内定を承諾。内定後は人材育成会社にて、エントリーシート、面接などの選考対策に従事し、約70人の生徒を担当。自身の就職活動での学びを活かし、教育事業に注力している。