最終学歴中退はマイナスではない?履歴書の書き方もご紹介します!

就活生の中には、大学を中退している人もいることでしょう。その場合、履歴書の最終学歴をどう書くべきか、悩むかもしれません。また、採用選考において、大学や専門学校を中退したことがどう影響するのかも気になるはずです。そこで今回は、大学を中退した場合に最終学歴の書き方を解説します。

学歴就活の悩み

最終学歴に中退は入るの?

https://images.unsplash.com/photo-1504817343863-5092a923803e?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjgwODQxfQ
https://images.unsplash.com/photo-1504817343863-5092a923803e?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjgwODQxfQ

最終学歴は、最も高い水準の教育機関を卒業した経歴を意味します。そのため、大学中退は最終学歴にはなりません。では大学中退者の最終学歴が高卒になるかというと、それは違います。

  • 大学中退/高校卒業後に大学に進学したが卒業はできなかった
  • 高卒/高等学校を卒業した

上記のように、大学中退と高卒では意味が異なります。しかし、履歴書は公的文書となるため、大学を中退した事実をきちんと記入しなければなりません。

中退は就活でマイナスに働くのか

https://images.unsplash.com/photo-1459499362902-55a20553e082?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjgwODQxfQ
https://images.unsplash.com/photo-1459499362902-55a20553e082?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjgwODQxfQ

大学や専門学校、高校を中退している就活生は、採用選考でその事実がマイナスに作用するのではないかと、心配に思うことでしょう。ここでは、大学中退が就活でマイナスに働くのかについて、説明します。

面接官から見た中退の印象

大学を中退した事実をきちんと履歴書に書いてあれば、採用選考の時点で不利になることはほぼありません。しかし、その影響を最小限にするために、履歴書の中で「なぜ大学を中退したのか」という理由を記載する就活生もいるようです。

また、面接の際に大学を中退した理由を詳しく聞かれることも珍しくありません。当日困らないように、きちんと回答を用意しておきましょう。そこで採用担当者が納得できる理由を説明できれば、学歴ではなく、人となりをみて判断してもらえるはずです。

就活でマイナスにならない中退の理由

大学を中退したことが就活でマイナスにならない理由には、以下のものがあります。

  • 2016年に文部科学省先導的大学改革委託推進事業として行われた「『経済的理由に よる学生等の中途大学の状況に関する実態把握・分析等 及び学生等に対する経済的支援の在り方に関する研究』報告書」によると、4年制大学並びに短期大学の全学生数の2.12%が中退している
  • 就活生が中退に至るまでに様々な理由があることを、企業側が理解している
  • 採用では、一緒に働きたいと思える人物かどうかを重視するから

企業によっては新卒採用限定の求人を行うこともありますが、応募可能なところであれば必要以上に恐れることはありません

履歴書の学歴欄の書き方

https://images.unsplash.com/photo-1450101499163-c8848c66ca85?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4Njk5fQ
https://images.unsplash.com/photo-1450101499163-c8848c66ca85?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4Njk5fQ

前述したように、履歴書は公的文書の一つです。そのため、学歴についても正確な記載をしなければなりません。ここでは大学中退者における、履歴書の学歴欄の書き方について詳述します。

虚偽の申告は学歴詐称に

大学中退は、厳密にいうと最終学歴ではありません。しかし、大学・短期大学・専門学校・高校を中退している場合には、中退した事実を明記する必要があります。大学を中退した場合の履歴書の記載例は、以下の通りです。

00年00月 ○○高等学校 入学 00年00月 ○○高等学校 卒業 00年00月 △△大学 経済学部 入学 00年00月 △△大学 経済学部 中途退学

もし、実際には大学を中退しているのに、履歴書で卒業と記載した場合は、学歴詐称となります。学歴詐称は軽犯罪法に抵触し、「公文書偽造」または「私文書等行使」の罪に問われる可能性があります。また、企業によっては学歴詐称が発覚した時点で、懲戒解雇すケースも少なくありません。

中退した理由までは書く必要はない

原則的には、履歴書の時点で中退した理由まで書く必要はありません。しかし、中退した理由によっては、書いておく方が書類選考で好意的に受け止められるケースもあります。理由を書く場合の記載方法は、以下の通りです。

00年00月 ○○高等学校 入学 00年00月 ○○高等学校 卒業 00年00月 △△大学 経済学部 入学 00年00月 △△大学 経済学部 中途退学 家庭の事情により退学

大抵の採用面接では、履歴書に中退した理由を書かなくても、採用担当者から質問を受けます。その際、大学を中退した理由だけでなく、それから採用面接を受けるまでの間にどんな経験をしたか、そこで何を得たかについて説明できるよう準備しておくと、より効果的です。

関連する記事

監修者プロフィール

三浦拓巳みうらたくみ

1997年群馬県生まれ。20卒として就職活動を行う。就活中はエントリーシート15社中全て通過。大手広告会社志望から一転、スタートアップに内定を承諾。内定後は人材育成会社にて、エントリーシート、面接などの選考対策に従事し、約70人の生徒を担当。自身の就職活動での学びを活かし、教育事業に注力している。