【MBTI】INTPの適職とは?向いていない仕事も紹介します!

「自分らしく働く」。それを就職活動の軸としている方もいることと思います。しかし、なかなか自分では分からないもの。自分の強みやアピールすべき長所が分からないときは、性格診断テストを受けてみましょう。今回はテストでINTPタイプと診断された方の長所や適職を徹底解説していきます。

就活の悩み就活ノウハウ

INTPとは

https://images.unsplash.com/photo-1549068219-ffacef098d03?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYyfQ
https://images.unsplash.com/photo-1549068219-ffacef098d03?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYyfQ

性格診断テストを受けてINTPと診断されたはいいものの、この4つのアルファベットは一体何を意味するのでしょうか。

INTPはMBTIの16種類の性格型の1つ

INTPはMBTIの16種類の性格型の1つです。

MBTIとは欧米のキャリアカウンセリングなどで用いられるパーソナリティ検査で、ユングのタイプ論を元にして作られたと言われています。彼は人間には8つの認知機能があると考え、そのうちの4つを基に個人の性格を16種類に分類しました。

それをベースにして考えたときに、主要機能が内向的(I)、知覚機能が直観(N)、判断機能が思考(T)、最も好む外交的機能が知覚機能(P)であると診断された方がINTPです。

INTPは"論理学者"型の性格

先程読んでいただいた説明では少し分かりにくかったと思いますので、続いてはもう少し分かりやすくお話ししていきます。

INTPは"論理学者"型と言われる性格の持ち主です。

「学者」らしく、知識欲を満たすことに満足感を覚え、好奇心が旺盛で自らの知性を誇りにしています。

また、INTPは人と同じであることや平凡であることが大嫌いで、独創性を大切にします。

思考は非常に論理的で、持ち前の論理でオリジナリティーあふれるアイディアを立案することが得意な反面、他人の感情を軽視したり、失敗を必要以上に恐れる傾向があります。

参考:“論理学者”型の性格

INTPの特徴

https://images.unsplash.com/photo-1456513080510-7bf3a84b82f8?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYyfQ
https://images.unsplash.com/photo-1456513080510-7bf3a84b82f8?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYyfQ

続いてはINTPの特徴について解説していきます。

長所と短所に分けて記しますので、これからの仕事選びの参考や自己分析、自己PRのネタとしてご活用ください。

長所

① 分析力がある

INTPは自らの知識欲を満たすために多くの情報を取り込み、それらを関連付けて考えることが得意です。また、物事の本質を見つけ出すことにも長けています。

そのため、他のタイプの人間なら結び付けて考えもしないような事柄を結び付けて、新たなアイディアを生み出したりすることがあります。

② 独創性がある

オリジナリティーを大切にしているのもINTPの特徴です。

INTPは人と違っていることに価値があると思っています。

人によっては誰かと同じであることに安心感を覚える人もいますが、INTPにはそれが理解できないといっても過言ではありません。

何かを始めるときも独自のやり方を重要視し、そのための努力は厭いません。

③好奇心旺盛

何かに興味を持ったINTPの集中力や探求力は目を見張るものがあります。

まさに寝食を忘れるほど没頭することもあるのですが、それは純粋な「知」への興味からであり、何か見返りを求めるわけではありません。

INTPはひとつの事柄に全力でエネルギーを注ぎ込める才能の持ち主なのです。

短所

①人づきあいが苦手

INTPは基本的にひとりを好みます。というのも、深く思考することが好きなので、その考えを邪魔されたくないという気持ちが強いのです。

口下手で他人の言葉の裏にある細かいニュアンスを汲み取ることも苦手なので、人づきあいを煩わしいと感じ、自ら避ける傾向もあります。

②共感能力が低い

INTPは論理的で筋が通っていることを重んじます。そのため、彼らは論理的でない感情というものをしばしば軽視する傾向があります。

そのため、他人の気持ちに寄り添えない、もしくは鈍感といった部分から、冷たい人に見られることもあります。

自分の感情についても他者に伝えることが苦手なので、孤立しやすい性格とも言えるかもしれません。

③行き過ぎた完璧主義

前述の通り、INTPの方は論理的であることを重要視するあまり、完璧な論理でなければ納得しないところがあります。

世の中は完璧なことばかりではありませんが、INTPはそれを見過ごすことができません。

完璧を求めるあまり、理想と現実のギャップに苦しみやすいのもINTPの特徴です。

関連する記事

監修者プロフィール

三浦拓巳みうらたくみ

1997年群馬県生まれ。20卒として就職活動を行う。就活中はエントリーシート15社中全て通過。大手広告会社志望から一転、スタートアップに内定を承諾。内定後は人材育成会社にて、エントリーシート、面接などの選考対策に従事し、約70人の生徒を担当。自身の就職活動での学びを活かし、教育事業に注力している。