【地元外進学者必見!】Uターン就職するのは難しい?Uターン就職のメリット・デメリットや支援制度を徹底解説!

就活生の中には地元にUターン就職を考えている人もいます。しかし、Uターン就職は仕事があるのか、という不安もあり難しいと思う人もいます。またUターン就職したい理由も人によって様々です。今回はUターン就職の割合や補助金の制度を解説していきます。

就活の悩み

Uターン就職とは

https://images.unsplash.com/photo-1476231790875-016a80c274f3?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjY2fQ
https://images.unsplash.com/photo-1476231790875-016a80c274f3?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjY2fQ

就活の中でUターン就職という言葉をよく耳にしますが、その言葉の意味を知っている人も、知らない人もいると思います。本見出しではUターン就職の意味や類語について説明していきます。

Uターンの意味

Uターンとは地方で生まれ育った人が、大学や就職などで都心に行った後、再び生まれ育った地方に戻り就職することです。

文字通りUターンすることから、地方で生まれ育った人が、大学や就職などで都心に行った後、再び生まれ育った地方に戻り就職することをUターン就職といわれています。

Uターンの類語

Uターン以外にも、その類語はあります。特によく使われるのがIターンやJターンです。

①Iターン

Iターンとは生まれ育った地方以外で就職することです。首都圏で生まれ育った人が地方で就職する場合もIターン就職といわれます。

②Jターン

Jターンとは生まれ育った地方から大学などの進学で都心に行った人が、生まれ育った地方に近い都市で就職することです。生まれ育った場所に戻るわけではなく、生まれ育った場所に近い都市に戻るので、UターンでなはくJターンといわれています。

Uターン就職を希望する人の割合は49.8%

https://images.unsplash.com/photo-1531257336103-a2cd558206fc?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjY2fQ
https://images.unsplash.com/photo-1531257336103-a2cd558206fc?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjY2fQ

「2020年卒マイナビ大学生Uターン・地元就職に関する調査」では地元就職希望率の全国平均は49.8%となっています。この数字は、調査依頼初めて5割を下回りました。その理由として、地元就職で障害を感じることに、費用や距離や時間といった問題があります。

地元の企業まで面接を受けに行く費用もかかり、距離も遠く、時間もかかるといった問題です。特に「地元までの交通費」の問題が一番大きく、調査の中でも26.0%と高い割合でした。

Uターン就職の評判

https://images.unsplash.com/photo-1494232410401-ad00d5433cfa?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjY2fQ
https://images.unsplash.com/photo-1494232410401-ad00d5433cfa?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjY2fQ

Uターン就職して良かったや後悔したなどの声もあります。Uターン就職はどんなことが良くて、どんな後悔があるのか口コミからみていきます。

Uターン就職して良かったという人の声

Uターン就職して良かったという声もたくさんあります。その一部をみていきます。

災害のことを考えると、都会よりも地方の地元が良いという人も少なくありません。災害の少ない地方はそれだけでも安心できます。また、慣れ親しんだ地元で、周りの人とも繋がりがあるので災害が起こったときでも助け合っていけます。

都会は人も多く、通勤時の満員電車のことを考えるだけでもストレスになります。地方ののんびりした場所でストレスなく通勤したいと考える人も多いです。

Uターン就職して後悔しているという人の声

Uターン就職した人の中には、Uターン就職して後悔したという声もたくさんあります。

Uターン就職した人の中には、地方は合わないという人もいます。価値観の違いや、娯楽のなさや近所付き合いが面倒くさいなど、田舎には田舎ならではの悩みがあります。

地方にいると自分の将来に不安を持つ人も少なくありません。衰退していく姿を目の当たりにし、不安が大きくなる人もいます。また、田舎は何かと不便なのでその部分に不満を持つ人も多いです。

Uターン就職の6つのメリット

https://images.unsplash.com/photo-1501621965065-c6e1cf6b53e2?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjY2fQ
https://images.unsplash.com/photo-1501621965065-c6e1cf6b53e2?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjY2fQ

Uターン就職にはメリットもありますが、デメリットもあります。本見出しではUターン就職のメリットを紹介していきます。

メリット①|慣れ親しんだ地元で働ける

慣れ親しんだ地元で働くことができるのは精神的にも大きいです。知っている人のいる土地で働くのと、知らない土地で一人で働くのとでは精神的な安定感が違います。

慣れ親しんだ地元で働くということは、精神的に安定した環境で働くことができるので、そのメリットは大きいです。

メリット②|生活費や家賃が安い

をみても分かるように、地方特に田舎は「小売物価統計調査(構造編)」生活費や家賃が安いです。都道府県の物価水準は東京都では104.4%と最も高いです。対する群馬県では95.9&と最も低く、その差は約10%にも及びます。

生活費や家賃のことを考えると、それだけでも地方や田舎に住むというメリットは大きいです。

メリット③|満員電車からの解放や通勤時間の短縮が望める

「総務省 平成20年住宅・土地統計調査」によると東京都に隣接している県では通勤時間は40分以上となっています。しかし、宮崎県では17.5分と最も短くなっています。

通勤時間の面においても、通勤に時間をとられることなくプライベートの時間も多くなるので、地方の方がのんびり暮らすことができます。

メリット④|自然豊かな土地で健康的な生活ができる

都会は排気ガスも充満し、空気も悪く、健康に良くありません。しかし、地方や田舎は自然も多く、土地も豊かで健康的な生活ができます。空気も綺麗なため、外に出るだけでも気持ちよく、朝や夕方などに散歩している人も多いです。

そういった生活習慣の改善も見込むことができるので、地方のほうが健康的に生活できます。

メリット⑤|子育てがしやすい

によると、都市部と地方では待機児度の数や保育所数に差があります。東京都では待機児童の数が約3600人に対し、「厚生労働省 保育所等関連状況取りまとめ(平成31年4月1日)」青森県や鳥取県では0人となっています。

保育所の設置数も年々少しずつですが増えてきています。しかし、都市部では、保育所の数がまだまだ足りないため、待機児童は年々増加傾向にあります。

メリット⑥|Uターン採用枠や補助金がある

UターンやIターンする人も向けの採用枠があり、自治体によっては補助金が出る場合もあります。そういった制度については、下の方の見出しで詳しく説明しています。気になる方は是非ご参照ください。

関連する記事

監修者プロフィール

三浦拓巳みうらたくみ

1997年群馬県生まれ。20卒として就職活動を行う。就活中はエントリーシート15社中全て通過。大手広告会社志望から一転、スタートアップに内定を承諾。内定後は人材育成会社にて、エントリーシート、面接などの選考対策に従事し、約70人の生徒を担当。自身の就職活動での学びを活かし、教育事業に注力している。