芸術家タイプのあなたと相性の良い仕事|生きづらいと不安になる必要はない!

性格診断で芸術家タイプと診断されると、仕事ができず頭おかしい人や無能だと感じるかもしれません。また、芸術家は勉強法が人それぞれで、性格悪いというイメージをお持ちの方もいらっしゃると考えられます。本記事では、まず芸術家タイプ診断とその特徴をお伝えし、次に芸術家タイプの悩みや最適な仕事をご紹介します。

文系

芸術家タイプとは

https://images.unsplash.com/photo-1569172122301-bc5008bc09c5?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjY2fQ
https://images.unsplash.com/photo-1569172122301-bc5008bc09c5?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjY2fQ

読者の皆様は、「芸術家タイプとは」と聞かれた場合にどのような答えを出すでしょうか。

回答の分類

回答内容

ポジティブ

  • クリエイティブである
  • 独特な感性を持つ
  • 物作りが得意である

ネガティブ

  • 型破りな言動をする
  • 協調性が乏しい
  • 仕事が不得意である

例えば、芸術家タイプを2つにグループ分けするとこのような回答となり、評価が人によって大きく異なると考えられます。

また就活では、自己分析や性格診断をするため、芸術家タイプになったら嫌だと不安を抱いている方もいらっしゃるかもしれません。

芸術家タイプ診断

https://images.unsplash.com/photo-1513364776144-60967b0f800f?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjY2fQ
https://images.unsplash.com/photo-1513364776144-60967b0f800f?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjY2fQ

前述の見出しでは、芸術家タイプとは何かを簡潔にご説明致しましたので、どのように芸術家タイプと診断されるのか気になるかと思います。

  • 決められた方法より自由な創作が好きである
  • 論理よりも感性を大事にしている
  • 作品や音楽により心が動かされやすい
  • 人とは違うことに誇りを持っている
  • 好きなことには時間を気にせず取り組む

これらは、芸術家タイプかどうかを診断する5つの質問であり、当てはまる数が多ければ多いほど芸術家タイプであると判断できます。

また就職においては、適性検査や適職診断というものもあり、芸術家タイプかどうかをチェックすることができるため合わせてご確認ください。

芸術家タイプの特徴

https://images.unsplash.com/photo-1517697471339-4aa32003c11a?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjY2fQ
https://images.unsplash.com/photo-1517697471339-4aa32003c11a?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjY2fQ

芸術家タイプか否かの診断方法をご紹介致しましたが、具体的にはどのような特徴を芸術家タイプが持っているのか気になると考えられます。

この見出しでは、芸術家タイプの特徴10選をご説明致しますので、ご自身の特徴に当てはまるか確認をされてみてはいかがでしょうか。

①創造性がある

1つ目の特徴は、創造性があることです。創造性とは、クリエイティブ性とも言われ何かを新たに生み出したり作り出したりする力を言います。

  • スケッチブックに絵を描く
  • 楽譜で作曲をする
  • 建物を立体的に構築する

例えば、これらはいずれも創造性を発揮する行為にあたりますが、どのようにして何を創るかは創作者次第であると考えられます。

正しい回答があらかじめ決まっていたり、因果関係から答えを導く必要がないからこそ、自由に創造することができると言えます。

②独自性を持っている

2つ目の特徴は、独自性を持っていることです。独自性とは、大勢がいる中でも人とは違う選択や行動ができる力と定義されます。

  • 予想とは違う方法を選ぶ
  • ありきたりではない奇抜さがある
  • 絶えず変化をし続けている

このように、独自性を持つ人は多数派とは違う価値観を持って物事に取り組んでおり、ユニークな存在であるとも言い換えられます。

人と違うことで、偏見を持たれたり批判をされる可能性もありますが、それらに動じない強い信念を持っているとも言えます。

③直感力がある

3つ目の特徴は、直感力があることです。直感力とは、何かを分析してさらに考えてから決めるという流れがなく、咄嗟に判断することを言います。

  • 赤色か青色かを瞬時に選ぶ
  • 創り方を教わらずに決める
  • できの良し悪しを判断する

これらは、直感力がある芸術家タイプの特徴的な行動ですが、いずれも考えずに感じていると想定されます。

普通の人ならば、どちらにすべきかやどのような方法が良いかはすぐに決められないですが、芸術家タイプは直感を頼りにできるのです。

④感受性が豊か

4つ目の特徴は、感受性が豊かであることです。感受性とは、物事を見たり音を聞いたりした際に、気持ちへ直接的な影響が及ぶことを言います。

  • 壮大な自然を前にすると心が揺れ動く
  • クラシックやオペラを聞くと涙が溢れる
  • 独創的なオブジェを見ると触れてみたがる

例えば、芸術家タイプで感受性が豊かな人は以上のような行動をしたことがあり、少し変わっていると言われたこともあると考えられます。

感受性は、直感と同じように気持ちや印象により動かされているため、口ではうまく説明がしにくい特徴であると言えます。

⑤個性を大切にする

5つ目の特徴は、個性を大切にすることです。個性とは、人とは異なる点であり、自分の好きなことや得意なことに関係すると定義されます。

学校や会社において、集団生活をしていると他者と違うことに不安を抱いたり、目立たずに同じであろうと考える人が多いとも言えます。

しかし、芸術家タイプは個性として自分らしさを忘れずに、むしろ人と違う個性を大切にしようと考えているのです。

⑥感情を表現できる

6つ目の特徴は、感情を表現できることです。感情とは、心理学において以下6つに分類されます。

  • 怒り
  • 悲しみ
  • 喜び
  • 嫌悪
  • 驚き
  • 恐れ

乳幼児や子供であれば、成長途中であるためこのような感情を素直に出すことが当然ですが、学生から大人になるにつれ我慢することを覚えます。

しかし、芸術家タイプは自らが創り上げる作品や演奏する音楽において、内に秘めた感情を表現することに長けていると言えます。

⑦きめ細やかである

7つ目の特徴は、きめ細やかであることです。きめ細やかさとは、些細なポイントも見逃さずに注意を払う繊細さだと言い換えられます。

例えば作品を創る時や、何らかの音楽を奏でる時には一般的な人ならば見落としてしまいそうな点にも気を配り、表現することを忘れません。

芸術とは、これらの小さな事が積み重なり1つの作品や音楽となるため、細部にこだわるきめ細やかさを生まれながらに兼ね備えているのです。

⑧努力家である

8つ目の特徴は、努力家であることです。努力家とは、特定の課題を解決したり目標を達成するために、地道な作業を重ねる人と言えます。

  • 毎日の基礎練習を怠らない演奏家
  • 1つの作品を長期に渡り描く画家
  • アイデアを貪欲に吸収するデザイナー

このように、芸術家タイプは途方も無い時間と労力が求められる行動に対しても、熱意と意識を持って取り組み続けることができます。

良い作品や演奏は、基礎となる訓練や練習に支えられていると知っているからこそ、大変でも根を上げずにひたむきに向き合うことができます。

⑨自己主張をする

9つ目の特徴は、自己主張をすることです。芸術家タイプにとって、自己主張とは作品や演奏を通して自分を表現することと定義できます。

一般的な人であれば、恥ずかしいという感情や目立ちたくないという思いから、一歩を踏み出すことが難しい場合も多々あります。

しかし、芸術家タイプは自分の直感や創造性に確固たる自信を持っており、ここぞという場において自己主張をすることができるのです。

⑩世界観を持っている

10つ目の特徴は、世界観を持っていることです。世界観とは、自分が良いと思う判断軸や自分がいるべきコミュニティに分類されます。

  • 憧れるものと、幻滅するもの
  • 理想とする人とそうでない人

芸術家の領域では、何が正解で何が誤りかや、どうすれば良くてどうしたらダメかが明確に決まっていません。

そのため、自分自身の世界観をしっかりと持つことで、進むべき方向性を決めていると考えられます。

関連する記事

監修者プロフィール

三浦拓巳みうらたくみ

1997年群馬県生まれ。20卒として就職活動を行う。就活中はエントリーシート15社中全て通過。大手広告会社志望から一転、スタートアップに内定を承諾。内定後は人材育成会社にて、エントリーシート、面接などの選考対策に従事し、約70人の生徒を担当。自身の就職活動での学びを活かし、教育事業に注力している。