理系脳とは何か!?文系脳との違いや活かせる仕事、鍛え方まで紹介します!

理系脳と文系脳では、考え方や特徴が大きく異なると聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。理系脳は、仕事ができる一方で恋愛が苦手というイメージを持たれがちですが、実情はどうなのか気になりますよね。この記事では理系脳を紹介した後に、理系脳を活かせる仕事もご紹介します。

理系

理系脳と文系脳の違いは専攻ではなく考え方

https://images.unsplash.com/photo-1475938476802-32a7e851dad1?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ
https://images.unsplash.com/photo-1475938476802-32a7e851dad1?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ

理系脳と文系脳の大きな違いは、それらの考え方にあります。一般的に、理系脳は物理学部や工学部に対して、文系脳は文学部や法学部などに対して専攻学科が違うと考えられているかもしれません。

しかしながら、それぞれがどのような専攻だとしても違い付けるのは思考なのです。そのため、文系学部の専攻でも理系脳の人はいます。

理系脳の考え方の特徴

https://images.unsplash.com/photo-1456406644174-8ddd4cd52a06?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ
https://images.unsplash.com/photo-1456406644174-8ddd4cd52a06?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ

理系脳は、その考え方が文系脳とは異なるとわかりましたが、どのような特徴があるのか気になる方も多いのではないでしょうか

以下では、理系脳の特徴を4つご紹介します。理系脳に憧れていて、鍛え方を知って理系脳になりたいという方はぜひ参考にしてください。

①答えは1つしかない

理系脳の特徴の1つ目は、答えは1つしかないと考えることです。理系脳は、論理的な考え方をするため問いに対する答えは常に1つだけしかないと考えます。

問いを考える際、事実に基づいて導き出される答えは1つです。そのため、もしも答えが複数ある場合は、検証をすることで間違った答えをなくそうとします。

一方で、文系脳は見方によって答えは変わりうるので複数になると考えます。文系脳は、理系脳ほど論理を追求しないので解釈により、答えを複数導き出せるのです。

②結論を重視する

理系脳の特徴の2つ目は、結論を重視するです。理系脳は、過程よりも結果を重視する考え方であるので、結局何を言いたいのかや導き出される答えを重要視します。

理系脳は、結論という最終ゴールを予め設定してその最適解を探します。途中過程は、あくまでも結論にたどり着くためのものでしかなく、優れた結論か否かが問題となります。

これに対して、文系脳は結論よりも過程を重視します。結論は、立場や考え方によって異なるので、少しでも多い過程を提示できた方が良いと考えるのです。

③言葉を記号として捉える

理系脳の3つ目の特徴は、言葉を記号として捉えるです。理系脳の人が羅列された言葉を見た場合、その言葉の意味ではなく記号として捉えます。

例えば、並んでいる言葉に法則性はあるのか、言葉を記号として考えているのです。そのため、言葉自体の意味を細かく気にすることはありません。

一方で、文系脳は言葉の持つ意味を考えます。上述の例において、羅列された言葉を記号としてではなく、文章としてどのような意味なのかを考えます。

④合理性を重視する

理系脳の4つ目の特徴は、合理性を重視するです。理系脳は、物事を論理的に考えるので必然的に合理性を重視します。何か物事を行う際に、どのような手順で行うと最も効率が良いかと考えるのです。

これに対して、文系脳は倫理観、周囲への影響や直感も考慮します。仮に合理的な方法があるとしても、周囲の人に悪い印象を与えたり倫理的でなかったりする場合、他の選択肢を優先するのです。

人事目線での理系脳と文系脳の学生の強み

https://images.unsplash.com/photo-1475137979732-b349acb6b7e3?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ
https://images.unsplash.com/photo-1475137979732-b349acb6b7e3?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ

理系脳と文系脳の人は、それぞれ異なる特徴を持っており強みもそれぞれであると言えます。採用活動において、人事担当者は学生がどちらの脳を持っているかに注目しています。

以下では、理系脳と文系脳の強みをそれぞれ紹介します。就職活動において、どのように強みを伝えるべきかを考えてみましょう。

理系脳|数字に基づいて物事の本質を見抜ける

理系脳の強みは、数字に基づいて物事の本質を見抜くことができるです。理系脳は、データや数字による事実に基づき結論を出すことが得意です。

そのため、ビジネスにおいても論理的な結論を導くことに長けています。結論がどのように導き出されたかを説明する際、数字を使用できると説得力が高まります。

例えば、3つの製品の人気度を調べて発表する際、お客さんのニーズや満足度を数値化して確認することができます。これにより、数値に裏付けされた人気度を把握することが可能となります。

文系脳|多様な要素を考慮できる視野の広さ

文系脳の強みは、多様な要素を考慮できる視野の広さです。文系脳は、状況を幅広く把握したり、1つの言語が持つ意味を多角的に考察したりすることが得意です。

ゆえに、ビジネスにおいて議論をリードすることに長けています。複数の人が参加する場では、様々な考えや方向性を考慮できると会話がスムーズに進みます。

例えば、就職活動で課されるグループディスカッションで議論をしている時、グループとしての結論をどこに落とし込むかを見つけられます。グループ全体を見渡せることで、多様な要素を盛り込んでまとめることができます。

関連する記事

監修者プロフィール

三浦拓巳みうらたくみ

1997年群馬県生まれ。20卒として就職活動を行う。就活中はエントリーシート15社中全て通過。大手広告会社志望から一転、スタートアップに内定を承諾。内定後は人材育成会社にて、エントリーシート、面接などの選考対策に従事し、約70人の生徒を担当。自身の就職活動での学びを活かし、教育事業に注力している。